Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もしあのプロ野球選手があの球団に残留していたら/外国人選手

提供: chakuwiki
2019年4月5日 (金) 19:59時点における139.101.52.59 (トーク)による版 (やらわ行)

移動先: 案内検索

もしあのプロ野球選手があの球団に残留していたら > 外国人選手

  • 項目の新規追加は登録名(原則としてファミリーネーム)の五十音順で。

あ・か行

李大浩(オリックス)

  1. 2014年のオリックスが優勝出来ていて、ソフトバンクは優勝を逃していた。
  2. オリックスファンから裏切り者扱いされることもない。
  3. オリックスはウィリー・モー・ペーニャを獲得することはなかった。
    • ペーニャは前年の成績的に、ソフトバンク残留は史実通りなかったかも。
    • 翌年にトニ・ブランコを獲得することもない。
  4. 案外江川智晃か長谷川勇也辺りが史実以上に活躍して史実通りソフトバンクが優勝したりして…

タイロン・ウッズ(横浜)

  1. それでも横浜暗黒時代が避けられていたかと言うと…
    • やはり晩年は村田に4番を譲ることが多くなっていた。
    • DeNA時代にコーチとしてオファーがかかっていた可能性も。
  2. 中日が2007年に日本一になれたかどうか怪しい。

呉昇桓(阪神)

  1. マルコス・マテオとラファエル・ドリスのどちらかが入団することはなかった。
  2. 藤川球児は2017年以降も背番号18のままだった。
    • 16年の成績次第ではスンファンが背番号22を剥奪され、史実通り球児が背番号22を付けていたかも。

トーマス・オマリー(阪神)

  1. 1995年の阪神は最下位なることはなかった。
    • 中日が最下位になっていた。
    • グレン・デービスが入団することはなかった。
      • この年、広島が優勝していたかも?
  2. 日本シリーズでも「小林-オマリーの14球」は存在していなかった。
  3. ヤクルトはジェラルド・クラークを解雇せず、一塁手にコンバートさせていた。

ユリエスキ・グリエル(横浜DeNA)

  1. もちろんルルデスjrも来日していた。
    • が、ロペス大活躍+バルディルスの契約もあり殆ど一軍に出てくる事はなかった。
  2. 2015・2016両シーズンの横浜の成績は史実より良かった。
    • 特に2016年シーズンはセカンドを固定出来たのが更なる強みになったと見られる。
    • エリアン・エレラの獲得はなかっただろう。
      • 菊池亜美(アイドリング!!!)に似ていると話題になることもない。
  3. 2017年も残留が決まった場合、田中浩康は獲得されず、柴田竜拓のブレイクも無かった。
    • 大和の獲得は史実通りな気もする。
    • 柴田次第でもあるが石川雄洋がどこかの段階で移籍していたかもしれない。

さ・た行

デニス・サファテ(広島・西武)

  1. 2017年に正力松太郎賞を受賞できたか?
広島に残留していたら
  1. 広島は2013~15年の間に優勝できていたかもしれない。
  2. 2017年に広島がCSで敗退することはなかった。
西武に残留していたら
  1. 2014~16年に西武が3年連続でBクラスになることはなかった。
    • 逆にソフトバンクは2014年は優勝を逃していたか、もしくはCSで敗退していた。
  2. 2017年の西武は辻発彦監督就任1年目で優勝出来ていたかもしれない。

ジョン・シピン(大洋)

  1. 1978年は大洋がAクラス入りしていた。
  2. 土井正三の引退が遅れていたか篠塚和典のブレイクが早まった可能性もある。

ヴィクトル・スタルヒン(巨人)

ヴィクトル・スタルヒンは戦前は巨人の大エースでしたが、戦後は藤本定義氏に招へいされ、「選手はチームが解散していない限り敗戦前のチームに戻らなければならない」という規約を無視してパシフィックに移籍しました。

もし、スタルヒンが誘いを断って、巨人に残留していたら?

  1. 1946年から1948年までの間に1回ぐらい優勝できていた。
  2. 事故死することもなかったかも。
    • 引退試合も行われていた。

ジェイソン・スタンリッジ(阪神)

  1. 李大浩が入らなかった場合と同様、ソフトバンクが2014年に優勝を逃していたかもしれない。
    • 一方の阪神は14年にレギュラーシーズンで優勝出来ていた、あるいはCS優勝→日本一に導いていた。
  2. 呉昇桓が阪神に入らなかったかも。
  3. のちのロッテへの移籍もなかった。

アルフレド・デスパイネ(ロッテ)

  1. 2017年は楽天、西武が優勝していた。
  2. ロッテが最下位にはならなかった。
    • 伊東勤の監督辞任はなかった。
      • 日本ハムが前年リーグ優勝からの2度目の最下位に。
  3. 横浜DeNAベイスターズが日本一になっていたかも?

オレステス・デストラーデ(西武)

1992年後も残留していたら
  1. 1993、94年は日本一を果たしていた。
1995年に復帰したが家庭内の都合で途中退団、もしシーズン終了まで残っていたら
  1. 以前のような打撃力はなく、本塁打も20本を切っていた。
  2. チームも負け越しをしていた。
  3. 5月9日のオリックス戦で投手として登板することはなかった。

な・は行

ラルフ・ブライアント(中日)

近鉄で活躍したブライアントも、最初は中日にいましたが、三振の多さと当時の外国人枠の関係(当時は2人までで、中日はその枠をゲーリーと当時未帰化の郭で使い切っていた)から試合に出してもらえず、2軍でくすぶっていました。それを当時近鉄の打撃コーチだった中西太氏が見い出したことをきっかけに、ブライアントは近鉄に移籍して大活躍しましたが、もし近鉄移籍が無かったら…

  1. ブライアントはその年限りで帰国していただろう。
    • 案外末永く生き延びて94年の「10・8」決戦で長嶋巨人を地獄行きにしていたりして。
      • バックスクリーン直撃の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームランがあるかも?(打たれた投手は槙原)
  2. 1988年後半の近鉄の追い上げや、1989年の優勝はなかった。
    • 「10・19」も「巨人はロッテより弱い」もなかった。
      • 近鉄は主砲であるR・デービスに代わる外国人を採るも、ロクな選手を採れずBクラス落ち、下手すりゃ最下位は免れなかった(デービスは1988年6月頃にドラッグで逮捕→帰国している為)。
        • あれ?デービスが捕まったのでその代役として獲得したのがブライアントでなくて?
    • 西武ライオンズは、前人未踏の10連覇を達成していた。
  3. 1994年シーズンで、6月下旬から8月上旬の近鉄猛追(この期間の成績30勝6敗・勝率8割3分3厘)も無かった。
  4. 1991年は優勝していた。
    • マーク・ライアルとアロンゾ・パウエルの来日は無かった。

トニ・ブランコ(中日)

  1. 2013年以降も中日はAクラス常連だった。
    • 谷繁は選手兼任監督に就任していない。
  2. エンジェルベルト・ソト、ホルヘ・ソーサもDeNAに移籍することはなかった。
  3. 自身初の首位打者にはなっていない
    • バレンティンは三冠王に輝いていた。
  4. DeNAの最下位脱出も遅れていたかも。
    • モーガンではなく長距離砲型の外国人選手を獲得に動いていた。

ロベルト・ペタジーニ(ヤクルト)

2002年も41本塁打を打つなど活躍していましたが、膝痛の問題があった上、オフで契約面で揉めヤクルトを退団し、巨人に移籍しました。もしヤクルトに残留していたら・・・。

  1. 巨人対ヤクルト戦の時、ヤクルトファンから罵声を浴びることもなかった。
  2. ヤクルトは西武から戦力外となった鈴木健を獲得しなかった。
  3. ラミレスは4番に抜擢されることはなかった。
  4. 少なくとも、史実の巨人時代の成績よりはマシになっていたかもしれない。
  5. 不慣れなライトを守らされ開幕戦でエラーすることもなかった。

ドゥエイン・ホージー(ヤクルト)

  1. 高橋智が移籍することはなかった。
    • マーク・スミスの来日はなかった。
  2. アレックス・ラミレスが入団により出場機会が減少。
  3. 翌年もチームのビジター用のユニフォームはスカイブルー地を使い続けた。

ボブ・ホーナー(ヤクルト)

  1. 史実以上に日本で稼いでいた。
  2. セントルイス・カージナルスに入団した時、ホーナーが代理人に「日本は大嫌い。」と発言したと報じられることはなかった。
  3. ヤクルトがダグ・デシンセイとテリー・ハーパーを獲得することはなかった。

ま行

ボビー・マルカーノ(阪急)

  1. ロベルト・バルボンの時と同様に阪急(オリックス)の球団職員になっていた。
    • コーチにも就任していた。
    • よって、巨人のサンチェの通訳になることはなかった。
  2. ベネズエラに帰国することなく、神戸市か西宮市か宝塚市に住居を構え、余生を暮らしていた。

ドミンゴ・マルティネス(西武)

  1. 少なくとも、1999年の西武はもう少しまともな成績を残せていた。
    • ダイエーの初優勝を許したとしても、優勝決定をもう少し延ばすことぐらいはできた。
    • パ・リーグ3連覇できていれば、日本シリーズ制覇も十分あり得た。
  2. 展開次第では、カブレラの西武入団はなかったか、遅れていた。
  3. 1999年の巨人は良くて3位だった。
    • 長嶋監督はこの年限りで辞任し、原辰徳の監督就任が早まっていた。
  4. DHのあるパ・リーグに残れたため、もう少し長く日本球界に留まれた。

ダン・ミセリ(巨人)

2005年シーズン終了まで巨人に在籍していたら

  1. 1勝ぐらいはしていたと思う。
    • 防御率も実際(23.43)よりマシな数字になっていた。
      • あのヘクター・カラスコだって夏場には良くなっていたからね。
  2. 2005年の巨人の成績が史実よりマシになってたかも。
    • 堀内監督(当時)が辞任することもなかった。
    • Aクラスは無理だったんじゃないかな?
  3. ミセリ自身も現役を引退せずに済んでいたかも。
    • ヘタしたら、現在も日本球界でプレーしていたかも。
    • 豊田清やマーク・クルーンを獲る必要もなかった。
    • 浅草観光することもなかった。
  4. それでもここで「三瀬裏」と呼ばれる事に変わりはなかった。

ヘンスリー・ミューレン(ロッテ)

  1. ピート・インカビリアは来日しなかった。
  2. 少なくとも、1995年のロッテは優勝してたか史実通りオリックスが優勝したとしてもゲーム差僅差の2位だった。
    • 1995年にヤクルトが優勝できたかどうかは怪しい…。
    • 開幕第2戦の石毛からの逆転打はなく巨人が優勝してた可能性も…。
    • 展開次第では石毛博史と吉岡剛志⇔石井浩朗とのトレードはなかったかもしれない…。

ネイサン・ミンチー(広島)

  1. 2001年度のカープは三位になれてたかも
    • 更に残っていたら、山本浩二はもう少し監督を続けられたかもしれない。
  2. 翌年、チームが縦軸のユニフォームになることはなかった。

やらわ行

アレックス・ラミレス(ヤクルト)

  1. 2008年のヤクルトはAクラス入りできたかも。
    • この年、阪神が優勝していた。
      • 「メークレジェンド」は誕生していなかった。
    • 2009年も巨人以外が優勝していた可能性がある。
  2. 髭も剃ることはなかった。
  3. 2016年横浜DeNAベイスターズの監督に就任していない。

ハーマン・リベラ(近鉄)

  1. ジム・トレーバーは入団しなかったか、入団が史実より遅れていた。

コルビー・ルイス(広島)

  1. 2010年のカープはおそらく史実通り5位だっただろう。借金の数が少し減るくらいだったのでは。

タフィ・ローズ(近鉄・オリックス)

近鉄に残留していたら
  1. 2004年の近鉄はAクラス入り出来ていた。
    • 一方巨人はBクラスだった可能性がある。
  2. 近鉄の合併もなく最低でも身売りで済んでいただろう。
  3. マリオ・バルデスやラリー・バーンズを獲得しなかった。
  4. 2005年以降もパウエルやケビン・バーンとともにバファローズ(史実のオリックス)に残留していた。
    • 2005年のオリックス・バファローズもAクラス入り出来ていた。
      • 2006年もオリックスは清原・ローズ・中村の強力クリーンナップでもう少しまともな成績だった。
オリックスに残留していたら

2009年オフにオリックスとローズとの契約交渉が難航し、自由契約になり2010年1月に交渉を打ち切りそのまま退団しました。しかしオリックス側はローズを貴重な戦力だと評価していました。

もし交渉成立しオリックスに残留していたら?

  1. 2010年、11年にオリックスはAクラス入り出来ていた。
  2. T-岡田のブレイクが遅れていた。
  3. 10年のドラフトで入団する駿太の背番号は何番になっただろうか?
  4. 外国人選手初の500号本塁打を打っていた。

ロバート・ローズ(横浜・ロッテ)

横浜でプレーしていたロバート・ローズは2003年からはロッテでプレーすることになっていましたが、キャンプ中の紅白戦での大不振と家族の身辺上の問題から、オープン戦を待たず帰国しました。

もしローズが帰国せず、ロッテでプレーしていたら?

  1. 2003年のロッテはAクラス入りできたかも。
  2. 地元・千葉マリンでダイエーの胴上げを見せられることはなかった。
  3. 活躍できなかったら、バレンタイン監督就任とともに自由契約にされた可能性も。
    • その場合はやっぱり帰国・引退。
  4. ホセ・フェルナンデスは入団しない。
    • その後の西武・楽天でのプレーもないかも。
2001年以降も横浜に在籍していた場合

2000年はシーズン打率2位・シーズン最多安打を記録するなどで活躍しましたが、契約面で揉めて退団することになりましたが、もし2001年以降も横浜に残留していたら?

  1. 横浜の暗黒期突入は少し遅れていた。
  2. 鈴木尚典は4番打者に抜擢されることもなく、そのプレッシャーで打撃不振に陥ることはなく、史実よりもう少しマシな成績を残していた。

ホセ・ロペス(巨人)

  1. 2015年は巨人が優勝していた。
  2. 原監督は辞任していない。
  3. 阿部慎之助の一塁コンバートもなく、2016年に小林誠司に正捕手の座を譲って引退していた。
  4. 2017年の横浜DeNAはCSで敗退していた。



関連記事