「もしあのメディアが開発されなかったら」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(フラッシュメモリーカード: 空節CO)
49行目: 49行目:
 
#意地でもSDメモリーカードを使いたがらなかったSCEは、PSPのメモリーを内蔵フラッシュメモリ方式に変更。お陰でPSP本体の価格が今より上昇。
 
#意地でもSDメモリーカードを使いたがらなかったSCEは、PSPのメモリーを内蔵フラッシュメモリ方式に変更。お陰でPSP本体の価格が今より上昇。
 
#*Canonとの付き合いでコンパクトフラッシュにしていたかも……さ、サイズが……
 
#*Canonとの付き合いでコンパクトフラッシュにしていたかも……さ、サイズが……
 +
#*後のPS Vitaのように独自のカードを採用していた。
  
 
===マルチメディアカード(MMC)===
 
===マルチメディアカード(MMC)===
 
#FreeBSDがSDに対応していなかった。(SDには特許があり、パテントを支払う必要があるが、MMCの例外的実装と言いはってこれを逃れているため)
 
#FreeBSDがSDに対応していなかった。(SDには特許があり、パテントを支払う必要があるが、MMCの例外的実装と言いはってこれを逃れているため)
 +
#むしろSDカードの原型はMMCなのでSDカードは登場しなかった。
 
<!--===トランスフラッシュ(MicroSDのベースとなった規格)===-->
 
<!--===トランスフラッシュ(MicroSDのベースとなった規格)===-->
 
[[Category:歴史のif検討委員会 技術史|あのめていあかなかつた]]
 
[[Category:歴史のif検討委員会 技術史|あのめていあかなかつた]]

2018年8月29日 (水) 18:04時点における版

もし、AV機器であのメディアの開発がなかったら、どうなっていたでしょうか?

ビデオ

VHS

  1. それでもベータマックスが天下を取れたかは微妙。
  2. DVDが1980年代後半には開発されていた。
  3. 家庭用ビデオデッキは普及せず、1990年代になってDVDレコーダーがようやく普及し始めた。

LD

VHDとの企画戦争に勝利するも、大きさや収録時間の短さなどがネックとなり普及せず。

  1. DVDの開発時期がずれていた可能性も。
  2. VHSソフトは現実以上に充実していた。
  3. ブイエイチエスは何者だ?

HD DVD

次世代DVDがBDとHD-DVDに分かれたのは、もとはと言えば東芝がDVDベースのHD DVDにこだわったのが理由ですが、もし東芝が最初からBDを支持していて、HD DVDが誕生しなかったら?

  1. 醜いフォーマット戦争など存在しなかった。
  2. 早い段階で低価格化が進み、今頃はBDレコーダー一色の可能性も。
    • 当然dynabookやQosmioにもBDドライブ搭載モデルが存在していた。
  3. 当然、東芝は大赤字を出すことは無かった。
    • その東芝も結局ブルーレイに進出することになったそうな。
  4. ブルーレイの対抗馬は中国の「レッドレイ」。
    • いや、それは東芝がHD DVDを中国に伝えたのが元なので、それも無かった。
  5. ブルーレイがカートリッジ式のまま普及。

オーディオ

CD

  1. レコードの衰退は数年遅れた。

MD

  1. 録音メディアは20世紀末期までカセットテープが主流だった。
    • あるいは携帯型音楽プレーヤーの登場が10年早まっていた。
      • 恐らく1990年代中盤に登場していたが、当時はパソコンがそれほど普及していなかったため、CDプレーヤーから直接音楽を取り込む方式が主流だった。
  2. DCCがCD-R普及までのつなぎとして一時的に普及した。

フラッシュメモリーカード

スマートメディア

  1. コンパクトデジカメの登場や普及が数年遅れた。

SDメモリーカード

  1. SDメモリーカード規格発表当時、既に出回っていた存在のメモリースティックの天下になる。
  2. しかし、メモリースティックの大容量化が遅れたために「容量よりサイズの小型化を優先する機器」が主に用いるようになり、
  3. 「とにかく小型化優先」のデジタルオーディオプレーヤーや携帯電話はメモリースティック、「大型化はある程度許容できるので大容量が必要」となるデジタルカメラはコンパクトフラッシュ・・・という流れに。
  4. ニンテンドーDSiの外部記憶媒体にメモリースティックが採用される(任天堂はSCEはともかく、ソニー本社を含むソニーグループ企業との関係はそこまで悪くはない。むしろスーパーファミコンの音源チップ設計やカートリッジのバックアップ用電池の供給、或いはSMEから任天堂作品のサントラが出ていたりするくらい)。
    • そのため意外な形でソニー本体の赤字が解消される結果に?

メモリースティック

  1. 意地でもSDメモリーカードを使いたがらなかったSCEは、PSPのメモリーを内蔵フラッシュメモリ方式に変更。お陰でPSP本体の価格が今より上昇。
    • Canonとの付き合いでコンパクトフラッシュにしていたかも……さ、サイズが……
    • 後のPS Vitaのように独自のカードを採用していた。

マルチメディアカード(MMC)

  1. FreeBSDがSDに対応していなかった。(SDには特許があり、パテントを支払う必要があるが、MMCの例外的実装と言いはってこれを逃れているため)
  2. むしろSDカードの原型はMMCなのでSDカードは登場しなかった。



関連記事