「もしあの人が健在だったら/プロ野球団関係者」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(務台光雄の追加)
(佐伯勇(近畿日本鉄道・近畿日本ツーリスト社長、近鉄バファローズオーナー: 修正)
(同じ利用者による、間の1版が非表示)
73行目: 73行目:
 
#務台の親族が製作に関わったアニメ版美味しんぼが1993年以降も放映されてたかもしれない…。
 
#務台の親族が製作に関わったアニメ版美味しんぼが1993年以降も放映されてたかもしれない…。
 
#*しかし2019年現在も放映継続してたかどうかは疑問…。食中毒事件か2011年の東日本大震災での影響で終了してた可能性がありそう…
 
#*しかし2019年現在も放映継続してたかどうかは疑問…。食中毒事件か2011年の東日本大震災での影響で終了してた可能性がありそう…
 +
 +
==佐伯勇(近畿日本鉄道・近畿日本ツーリスト社長、近鉄バファローズオーナー)==
 +
#しばらくの間は近鉄バファローズのオーナーを務めていた。
 +
#*上山善紀氏の就任が史実よりも遅れていた。
 +
#*1989年のリーグ優勝を見届けていた。
 +
#日本民営鉄道協会の会長に就任していたかもしれない。
  
 
==関連項目==
 
==関連項目==

2019年10月12日 (土) 23:01時点における版

川勝傳(南海ホークスオーナー)

南海ホークスのオーナーとして、赤字で苦しむ中も頑なに球団を保有し続けた川勝氏ですが(「儂(わし)の目の黒い内は絶対に売らん!!」と言ったとか)、彼の死去後すぐにダイエーに身売りされる事となりました。 同じ年に阪急ブレーブスもオリックス(当時オリエント・リース)に売却していますが、もし、川勝氏が亡くなるのがあと何年か遅かったらどうなっていたのでしょう?

  1. 阪急の売却先がダイエーになっていて、普通に本店所在地である神戸の球団になっていたかも?そして、やがて南海を買収したオリックス・ホークスが福岡に行っていた?
    • むしろブレーブスが福岡に行き、ホークスが神戸の球団になっていた。
    • あるいはダイエーはロッテを買収していた。
  2. 四国の大企業に売却していたかも。来島どっくとか。

中埜肇(阪神タイガース球団社長)

日航ジャンボジェット機墜落事故で亡くなった中埜肇・阪神球団社長。仮に飛行機に間に合わず(実際に乗り遅れて難を逃れた人も居た)健在だったら

  1. 阪神の暗黒時代突入は数年遅れていた。
    • 逆に星野仙一の監督就任もなく(仰木彬が就任していた可能性もあるが)、2003,2005年の優勝もなかったかも。
    • もしくは回避されていた。
      • 1992年のシーズンは阪神が優勝していた可能性がある。
    • 逆に85年の優勝がなかったという可能性もある。
      • 前半はともかく、事故以降は弔い合戦のような意味合いも持っていた為。
  2. 仮に引退していた場合、90年代の阪神暗黒時代はオリックスが活躍する側らチームやフロントの無能ぶりばかりが目立ち情けなく思っていたかも。
    • あまりのフロントの情けなさに怒り、社長職に復帰してくるかも。
  3. フロント、選手、ファンからも評判が良く阪神の名物社長になっていた。
    • 久万氏の後にオーナーに就任していたかも。
      • その場合は阪神本社に復帰して社長→会長になってるだろうから、阪神本社のアキレス腱だった含み資産の問題に手を着けていただろう。従って村上ファンドは阪神本社を標的にすることはなかったはず。
        • ということは、阪急傘下になることもなかった?
        • 場合によっては西大阪線の難波延伸計画が早くに具体化し、早ければ20世紀のうちに阪神なんば線が開通していたかも。
      • 含み資産問題では資料・情報を全公開して株主等の批判の矢面に立ち、「重加算税など払うモンは払います。どないなご批判も甘んじて受けます」と言うだろう。株主や阪神ファンから「含み資産は問題やが、でも逃げも隠れもせぇへん。漢やのぉ…」と評価上がったかも。
      • 日本ハムの大社義規オーナーと共に野球好きな名物オーナーとして人気出たかも。
    • 90年代の時は何とかファンを食い止めようと孤軍奮闘していた。
      • 自ら陣頭指揮とって各種キャンペーン張ってただろうなぁ。もちろん甲子園球場に連日顔出しして。
  4. 2004年の球界再編問題時にもテレビに出演して自身の意見を述べていた。
  5. 古谷真吾球団代表も自殺せずに済んだ
  6. もちろん例の33-4には激しく怒鳴っていた。
    • 2008年のVやねん!も。
  7. 明石家さんまや逸見政孝などとともに日航機事故を回避した人になっていた可能性も。
    • しかしさんまのように国内での航空機移動を避けるようにはならなかっただろう。
      • 特に大阪~福岡ではJR西日本と阪神の関係上、新幹線での移動を避けてそう。
    • のぞみ運転開始以降は東京~大阪は新幹線で移動するようになっていた。
関連項目

古谷真吾(阪神タイガース球団代表)

バースとの契約問題で自殺した古谷真吾・阪神球団代表。仮に自殺することなく健在だったら。

  1. 阪神の暗黒時代突入は数年遅れていた。或いは回避されていた。
  2. 暗黒時代に久万氏からオーナーの座を譲り受けていた。
    • 即ち阪神電鉄の社長→会長に就任していた。
  3. バースは日本球界に復帰していた。
    • ただし阪神以外の球団で。

大川博(東映フライヤーズオーナー)

  1. 東映フライヤーズは身売りされることはなかった。
  2. 東映OBの土橋正幸氏が監督に就任していた可能性が高い。
    • 三原脩氏が就任していた可能性もある。

小林米三(阪急ブレーブスオーナー)

  1. 彼が元気だったら、新大阪線(十三~新大阪~淡路間)を開業させていた。
  2. 社長退任後は、会長に就任していた。
    • 日本民営鉄道協会会長に就任していた。
  3. 1973年のドラフト会議で、江川卓氏と直接入団交渉をしていた。
    • それで、交渉がうまく行けば、江川卓氏は阪急に入団していた。
  4. 1990年代までに生きていたら、小林公平氏が進めてきた球団の売却を批判していた。
    • そもそも球団が売却されることはなく、阪急は現在も球団を所有し続けている。
      • オリックスは新規参入で球界入りするか、大洋球団を買収して球界入り。
  5. 阪急でも有料特急の運転が開始されていた。
    • 史実の6300系は有料特急仕様になっていた。
      • 神宝線にも有料特急仕様の車両が導入され、神戸線でも有料特急の運転が開始されていた。

務台光雄(読売新聞グループ本社社長)

  1. 長嶋茂雄は1993年シーズンに監督復帰することは無かっただろうが藤田元司監督の続投は健康問題上不可能だったか?
    • 1993年シーズンから王貞治が再就任していた可能性もある。
      • その場合は同年オフに駒田徳広は巨人に残留し落合博満は中日に残留してた可能性もある。…となると横浜の大量解雇事件がなかった可能性も…
  2. 務台の親族が製作に関わったアニメ版美味しんぼが1993年以降も放映されてたかもしれない…。
    • しかし2019年現在も放映継続してたかどうかは疑問…。食中毒事件か2011年の東日本大震災での影響で終了してた可能性がありそう…

佐伯勇(近畿日本鉄道・近畿日本ツーリスト社長、近鉄バファローズオーナー)

  1. しばらくの間は近鉄バファローズのオーナーを務めていた。
    • 上山善紀氏の就任が史実よりも遅れていた。
    • 1989年のリーグ優勝を見届けていた。
  2. 日本民営鉄道協会の会長に就任していたかもしれない。

関連項目




関連記事