新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしあの人が健在だったら/総合格闘技

提供: chakuwiki
2020年1月20日 (月) 06:02時点におけるファウスト786 (トーク | 投稿記録)による版 (関連人物)

移動先: 案内検索
  • 新たに追加される場合は50音順(外国人格闘家についてはファミリーネームの50音順)でお願いします。

格闘家

アンディ・フグ

  1. 引退しても日本のバラエティーで活躍している。
    • 『タレント名鑑』の相撲企画にゲスト出演。
  2. 年末ではボビーオロゴンvsアンディ・フグの対決が実現する。
    • 一方で曙vsアンディ・フグとの対決も実現するが曙はアンディのキックやカカト落としを食らって・・・(以下略
    • 絶頂期だったボブ・サップとの対決も実現し高視聴率を獲得していてた。
  3. 引退してもK-1のスタッフとして活躍しているかも知れない
  4. 名前のフグに因んでふぐ料理専門店「づぼらや」若しくは「玄品ふぐ」のCMに出演していた。
  5. 石井館長の脱税事件も起きなかったかも。
  6. ACジャパンのCMには登場しない。
  7. 田代まさしが最初に逮捕されたときに、彼の更正の為に頑張っていたのかもしれない。
    • 何故田代まさし?
      • 田代はアンディの生前フジテレビの格闘技情報番組「SRS」の司会を務めていたから。
  8. 2012年の盟友マイク・ベルナルドの死を悼んでいた。
  9. IGFかUFCに移籍していただろうなしかもそちらの団体のタイトルも獲得していそう。
  10. 日清食品のCMでドン・フライとの夢の共演を果たし、それをキッカケに団体の垣根を超えたドリームマッチが実現したかもしれない。

ケビン・ランデルマン

  1. 現在でも現役として活躍。
  2. RIZINに参戦している。

ショーン・オヘア

  1. 現役としてヘアアーティストとしても活動している。
  2. RIZINやWRESTLE-1、TNAなどに参戦している。

ハイアン・グレイシー

  1. PRIDEが消滅後DREAMへ移籍してる。
  2. 秋山成勲や三崎和雄と対戦していた。
    • メルヴィン・マヌーフとも対戦していたことだろう。
      • マヌーフにボコボコにされKO負けかもしれない。

マイク・ベルナルド

  1. 現在でもシック・ジャパンのCMで「切れてな~い」は健在。
  2. 2013年3月15日にクロアチアで、無差別級決勝トーナメント「K-1 WORLD GP FINAL in ZAGREB」でミルコ・クロコップの初優勝を祝福していた。

宮下トモヤ

  1. 現在でも現役として活躍。
  2. 結婚していて子供もいた。

関連人物

森下直人

PRIDEを主催するドリームステージエンターテインメントの社長として辣腕を奮うも、志半ばで自殺してしまった森下直人。もし自殺しなかったら…

  1. 引き続きDSEを率いて、PRIDEを支えた。
  2. 石井館長逮捕後のK-1を引き取った可能性もある。
    • なので、HERO'Sはなかった。
  3. 大晦日興行が3分裂することもなかった。
    • 当然選手の引き合いもないので、フジテレビがPRIDEから手を引くことも、UFCに売られて潰されることもなかった。
      • ゆえにDREAMも戦極もなかった。
  4. ハッスルも旗揚げされたかどうか微妙。
    • WRESTLE-1が続いたかもしれない。
  5. あるいは古巣であるエディオン(旧エイデン)に復帰し、家電量販店業界の台風の目となっていたかも。

大山倍達

  1. 総裁の継承もスムーズにいってたため、2020年現在まで極真空手の分裂は無かった。またサンデーモーニングのスポーツのゲストとして何度か呼ばれてそう。



関連記事