Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もしあの商業施設が○○だったら

提供: chakuwiki
2019年4月4日 (木) 13:32時点における139.101.52.59 (トーク)による版 (あの地域に出店していたら)

移動先: 案内検索

ヨドバシカメラ

あの都市で別の地域に出店していたら

  • 項目の追加は北から順でお願いします。

札幌市

  • 史実では札幌駅西口(北区)に出店。
札幌駅南口
  1. 店舗名は史実と変わらず。
  2. 札幌西武(五番館)が史実より早く閉店していたらありえた。
  3. 代わりにビックカメラが札幌駅西口に出店していた。

仙台市

  • 史実では仙台駅東口(宮城野区)に出店。
仙台駅西口
  1. 店舗名は史実と変わらず。
  2. イービーンズあたり出店し、核店舗として同時期に開業していた。
    • その分、さくらやは進出しなかった。
  3. 仙台駅東口はLABIと競っていた。
    • よって、住み分けする関係にはなっていなかった。
  4. 震災でイービーンズが被災するのは史実通りなのでその後はイービーンズ隣に独立した店舗として再建される。
    • 仙台パルコ2はなかった。
  5. ビックカメラの仙台進出が実現し、仙台駅東口に出店していた。

さいたま市

  • 史実ではさいたま新都心駅前に出店。
大宮
  1. ビル名は「ヨドバシカメラマルチメディア大宮」。
  2. 恐らく大宮駅東口に建設されていただろう。
    • 史実の大宮ラクーンに建設されていた。
  3. 大宮駅もビックカメラとヨドバシカメラが競っていた。
  4. 大宮のビックカメラは史実以上にダメージが大きかった。
浦和
  1. ヨドバシカメラマルチメディア浦和?
  2. 武蔵浦和駅か浦和駅に出店されていた。
  3. 再び浦和にも大型家電量販店がある事に。

名古屋市

  • 史実では松坂屋名古屋店(栄)に出店。
大須
  1. ビル名は「ヨドバシカメラマルチメディア大須」。
  2. 大型電気店が出来ることで、大須の人の流れは変わっていたかもしれない。
名駅
  • 当初出店する報道があった
  1. ビックカメラは…大して変わらないか。
  2. JRゲートタワーの開業が遅れなかったらあり得た。
    • 現実通りなら名古屋のヨドバシ進出は遅れる。(2015年ではなく2017年以降になるため)
  3. 松坂屋名古屋店の南館4 - 6階のテナントはどうなったのだろうか。


大阪市

  • 史実では梅田に出店。
日本橋
  1. ビルの名前は「ヨドバシなんば」。
    • いや「ヨドバシカメラマルチメディアnamba」。
      • 寧ろ、「ヨドバシカメラマルチメディア難波」だと思う。
  2. でんでんタウンの景気は悪くなっていた、もしくは今よりマシだったかもしれない。
  3. 南海難波駅寄りに出店している。
    • 更に細かく言えばなんばパークスの向側ぐらい。
  4. 日本橋は少なくとも、秋葉原並の活気はあったはず。
  5. ヤマダ電機は難波に出店しなかった。
    • 現実の梅田のヨドバシカメラの場所に出店していた。
    • ビックカメラも難波ではなく梅田に出店。
      • エスカールなんばのメインテナントに東急ハンズやloft、無印良品あたりが入っていたかも。
  6. 日本橋にできていたとしても、ヨドバシが淀屋橋にあると思う人はいなくならない。
淀屋橋
  1. ヨドヤバシカメラが名実ともにネタになる。
  2. ただ、場所はなさそうだが……

ピエリ守山

開業当初から成功していたら

  1. ピエリ守山の売上で琵琶湖大橋の無料化が実現したかもしれない。
    • もしくは橋梁のリニューアル工事で守山-堅田間で鉄道が通ったりして。
      • 新幹線駅も実現していれば南びわ湖駅まで延伸されていた。
      • 運営はJR西日本と確実だろう。路線名は守山線かな。近江鉄道は流石に来ないかな。
    • レインボーロードと言えばマリオカートではなく琵琶湖大橋の事を指していた。(滋賀県限定)
      • まあ、流石に虹色にライトアップさせる事はないかもしれないが。
  2. 逆にイオンモール草津が廃墟モールになっていた。
    • パワーセンター大津の閉鎖は免れなかった。
    • ららぽーと守山はモリーブにリニューアルすることなく閉鎖していた。
      • もしくは現在なおららぽーと守山として営業していた。
    • イオン近江八幡SCやイオンスーパーセンター野洲店(現イオンタウン野洲)が廃墟モールになる可能性が高かった。
    • イオンモールなどイオングループのSC建設に歯止めがかかったかもしれない。
      • イオンモールは国内を見限り史実以上に中国や東南アジア各国への進出を加速させていた。
    • それはどうだろう。イオンモール草津はある程度テナント建っていたんじゃないかな。それでも冷静されていそうだが。
      • 史実でイオンモール草津に入っている店はピエリ守山に入っていた可能性もある。あるいは両方に出店していたか。
    • 一番打撃を受けるのはフォレオ大津一里山だっただろう。
  3. ピエリ守山港を中心に琵琶湖の高速ボート水運が充実していた。
  4. ナマズやゲンゴロウブナなどをモチーフにした初代キャラはゆるキャラとして人気を得ていた。
    • ゆるキャラグランプリの常連になっていた。
      • まあ、それでも上位になる事は無さそうな気がする。
    • 知ったかぶりカイツブリの人気を奪っていた。
    • びわ湖放送でテレビアニメ化されていた。
      • 放送時間は恐らく朝か夕方の時間に放送されていただろう。現在はCSでも再放送されている。
      • ストーリーは公式サイトのキャラクター紹介に準じたバトルものになっていた。
        • ONE PIECEのパクリと言われた可能性がある。
    • 守山駅でもピエリ守山のイメージキャラクターの宣伝をしていた。
    • アユのツイッターはアイコンもモノクロ写真になる事は無く、ツイートも廃墟自虐ネタばかりになる事は無かった。
      • バスコはツイッター削除される事は無かったはず。現在なおツイートされていた。
      • 現在はピエリ守山のイメージキャラクターの偽アカウントが存在しており、頭に抱えていたかもしれない。
    • 公式サイトの壁紙などで掲載されていた残りのキャラクターも被り物として登場していた。
      • キャラクターショーがピエリ守山の象徴として毎週開催されていた。
  5. 史実より早い時期にリニューアルを行い開業当初入ってくれなかった大手のハンバーガーチェーンや家電量販店を入れていた。
    • 家電量販店はアル・プラザ堅田にヤマダ電気があるからな…。ケーズデンキかコジマ辺りが出店していたか。後者はコジマ×ビックカメラにリニューアルオープンしていそうだが。
    • 大手のハンバーガーチェーンはやはりマクドナルドかモスバーガー辺りか。
    • アヤハディオとハッピーテラダは出店白紙になる事は無く、予定通り出店していただろう。
  6. 開業時の運営会社は会社をたたむことなく現存していた。
    • 岐阜県羽島市にも予定通り商業施設を建てていた。
  7. コスプレイベントを開催する必要は無かった。
  8. それでも、南びわ湖駅は開業していないと思う…。開業していたら廃墟モールは無かったかもしれないが。
  9. 史実のリニューアルオプーンは奇跡の復帰ではなく拡大としてのリニューアルオプーンになっていた。
    • そうなると第三期も開業していたかもしれない。
  10. 現在のピエリ守山の店舗数は多くても300店~350店になっていたと思う。
  11. 第二期は計画破綻する事は無く、予定通りシネコンが出来ていた。イオンモール草津のイオンシネマよりも大規模なシネコンになっていたと思う。
    • 第二期開業は恐らく2009年~2010年辺りに開業していたか。まあ、リーマンショックの事を考えると遅くとも2011年までには開業していたと思う。
      • 参考に第2期開業は第1期開業の1年半から2年後の2010年には開業させるつもりだったらしい。
  12. そもそもリーマンショックが起きていなければ上記の通りになっていたかもしれない。
  13. 桜井裕美は滋賀県ローカルタレントとして再ブレイクしていた。
    • ゆくゆくは在阪テレビ局…在京テレビ局とテレビ出演していただろう。
  14. めっちゃさわれる動物園は史実以上に注目されていただろうが。関東地方でも取材されていたかもしれない。
  15. ピエリ守山のイベントショーも史実よりも豪華になっており、ほぼ毎日イベントが行われていただろう。
  16. ピエリ守山が再び閉店・廃墟になったというエイプリルフールネタは存在しておらず、別のエイプリルフールネタになっていただろう。
  17. 明るい廃墟モール言えば沖縄県の「コリンザ」である。廃墟マニアはこっちを選びそうだな。
  18. 関東のショッピングモールで例えるとステラタウンか。広さ的には微妙に似ているため。まあ、イトーヨーカドーは入って来ないかもしれないが。
  19. 守山ラフォーレ線と堅田ラフォーレ線はもう少しバスの本数が増えていた。値段は変わらず守山駅から510円と相変わらず高い。
  20. 魅力って言える程度かよく分からないが、滋賀県の魅力(?)が一つ無くなっていたかもしれない。
  21. 滋賀県南部は史実以上にマンション建設が相次いてた。特に守山市と草津市と野洲市辺りがマンション建設が集中していたかもしれない。
    • 守山市北部(特にピエリ守山付近)は開発エリアになっていたかもしれない。
  22. 大津市は史実以上に冷静されており、大津市内にあるショッピングセンターの客数は減少していたかもしれない。
  23. 巨大観覧車「イーゴス108」は解体する事は無く、こちらもリニューアルされ綺麗な形で継続していたかもしれない。またアトラクションも増えていただろう。

三越

南海難波駅の駅ビルに出店していたら

  • 三越の出店が内定していたようですが、最終的には高島屋が出店しました。
  1. こちらが三越大阪店となっていた。
    • 北浜にあった店舗は難波に移転した時点で閉店。
  2. 難波という立地条件から、来店者数や売上は北浜の店舗よりも数倍多かった。
    • 関西でも三越のブランド力が確立されていた。
  3. 南海電鉄は三越との関係が強くなっていた。
    • 現実には高島屋が出店している堺・泉北・和歌山にも三越が出店していた。
  4. 大阪ステーションシティには伊勢丹が単独ブランドで出店していた。運営については京都駅の伊勢丹と同じ会社となっている。
  5. 旧国鉄大阪鉄道管理局跡地の入札に三越が名乗りを上げることはなかった。
  6. 高島屋は梅田の阪神ビルに大阪店を出店していた。
    • その場合阪神百貨店はなかった。
      • 阪神タイガースの優勝セールは高島屋がやっていた。高島屋は全国に店舗があるので経済効果は現実以上だっただろう。
      • 阪急阪神の経営統合に伴い阪急百貨店と高島屋が統合していたかも。

旧国鉄大阪鉄道管理局の跡地に出店していたら

  • 三越も名乗りを上げていましたが、現実にはヨドバシカメラが出店
  1. 北浜の三越大阪店は梅田の新店舗が完成次第閉店していた。
    • こちらが三越大阪店となっていた。
  2. 梅田では後発のため、現実のJR大阪三越伊勢丹と同様に売上は低迷していた。
    • あの立地条件では百貨店としては成功しなかったような…。
  3. ヨドバシカメラは難波あたりに出店していた。
    • いや、ヨドバシ梅田の北にあるヨドバシ梅田タワーか大阪ステーションシティのノースゲートビルディングかグランフロント大阪に出店していた。
  4. 阪急百貨店うめだ本店の建て替え工事が史実より早く進んでいた可能性が高い。(史実では、2012年11月に完成)
    • 阪神百貨店梅田本店の建て替え工事も史実より早く進んでいた。

そごう

あの地域に出店していたら

池袋サンシャインシティ

現在のサンシャインシティ・アルタあたり

  1. 当初の予定どおり池袋~サンシャインシティを結ぶ地下道が建設されていた。
    • サンシャインシティ60通りを通る人は確実に減っていた。
  2. 西武百貨店との統合後は別の店になっていた。

中百舌鳥

  1. 中百舌鳥駅が乗り換え専用駅だと揶揄されなかった。
  2. 地下鉄や鉄道のターミナルということを考えると現在でも営業中だったかも。
  3. かつて激しい争奪戦を繰り広げた西武百貨店との経営統合に周辺住民は驚いてただろう。
  4. 中百舌鳥が堺市第二の商業地・副都心として発展していたかも。
    • そごうのみならず、他の商業施設も立地していた。
      • そごうと同じセブン&アイホールディングスのアリオが出店していたかも。
    • 南海・泉北高速の急行・区間急行も中百舌鳥に停車するようになっていた。
    • その分堺東の衰退が早まっていた。

茨木

  1. 現実のマイカル茨木→イオンモール茨木の場所に出店していた。
  2. 茨木市民は「高槻に追いついた!」と大喜びしていた。
  3. 後にセブン&アイホールディングスの事業再編に伴い、阪急阪神系のH2Oリテイリングに移管されていた。

京阪百貨店

あの地域に出店していたら

三条京阪

  1. 京津三条駅の跡地に出店していた。
  2. 京阪百貨店は京都府内にも店舗を構えるようになり、名は体を表していた。
  3. 集客力では京都駅や四条地区にかなわなかったかもしれない。
    • それでも三条京阪の衰退は現実ほどではなかった。
  4. 京阪三条駅や地下鉄の三条京阪駅のコンコースと地下階が直結していた。

西武百貨店

あの地域に出店していたら

京橋

  • 昭和30年代に出店を計画し、土地も取得していましたが、周辺環境を理由に取りやめになりました。
  1. 京橋エリアを代表する商業施設になっていた。
    • ターミナルとしての地位は大阪では梅田・難波には及ばないものの、天王寺とは同格になっていたかも。
  2. 立地上京阪沿線からの集客が中心になっていた。
  3. 関西において西武百貨店のブランド力が現実よりも高かった。
  4. 守口市に京阪百貨店が開店すると競合するようになっていた。
    • 天満橋の松坂屋や北浜の三越の閉店が早まっていたかも。
  5. 1990年の花博を機に大幅リニューアルが行われていた。
  6. 2010年代後半に高槻西武とそごう神戸店がセブン&アイホールディングスからH2Oリテイリングに店舗譲渡されたが、こちらは阪急沿線でないということから譲渡を免れていた可能性が高い。
    • 場合によってはH2Oではなく京阪百貨店に店舗譲渡されていた。

中百舌鳥

  • 中百舌鳥駅前再開発事業の一環として、落札しましたが、実現しませんでした。
  1. 中百舌鳥駅前付近は史実より賑わっていた。
  2. 八尾店と同様に2017年頃に閉店していた。

広島

  • 広島駅南口再開発事業の一環として、1996年の開店を予定していました。
  1. 広島駅前の再開発が史実より進んでいた。
  2. ビックカメラは広島駅前の別の場所で入居していた。

松坂屋

大阪店が日本橋から移転しなかったら

  • 松坂屋大阪店は1966年に日本橋(今の高島屋東別館)から京阪天満橋駅の駅ビルに移転しましたが、もしこの移転がなかったら…。
  1. 立地条件が悪いこともあり現実より閉店は早かったかもしれない。
  2. もし今も閉店していなかったら、オタク向けにリニューアルしていたかもしれない。
    • それと同時に難波の高島屋と並ぶ現役の戦前建築の百貨店として注目されていた。
  3. 松坂屋は京阪との関係を持たなかった。
    • 天満橋駅には京阪百貨店の1号店が出店していたか、他社の百貨店が出店していた。
    • 樟葉に出店することもなかった。高槻は微妙。



関連記事