Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もしあの国の宗教が○○だったら

提供: chakuwiki
2019年4月2日 (火) 23:34時点における借音バカ (トーク | 投稿記録)による版

移動先: 案内検索

アジア

日本

インド

現在でも仏教が多数派だったら
  1. カースト制度は存在しない。
    • ヒンドゥー教徒の間の制度としては存在したと思われるが世俗生活にはほぼ影響なし。
  2. スリランカもインドの一部になっていた。
  3. パキスタンは史実通り分離独立。
    • 但し、バングラデシュはインドの一部になっている。
  4. 上座部仏教と大乗仏教が混在していたかもしれない。
  5. ネパールは仏教一色に染まっていた。
  6. アイラーヴァタの存在が非常にマイナーなものになるため、女神転生シリーズにはおそらく登場していない。
    • 一方、ギリメカラは普通に登場している。
  7. 国旗の法輪がさらに巨大化。

中国

イスラム教が多数派だったら
  1. 導入は唐か元の時代。
    • 海陸両方のシルクロードで中国にやって来たムスリム商人によって導入されていた。
  2. 東アジア一帯がイスラム化していた。
    • それでも日本ではあまり広まらず。
    • 東南アジアのほぼ全域もイスラム化していた。
  3. 中国文化とイスラム文化が融合した文化もあった。
    • 中華料理もハラルの影響を受けて豚肉を使用しない料理になっていた。
      • 現実世界の清真料理が代表的な中華料理として認識されている。
      • 餃子や焼売にも羊肉が使われてた。
    • 中国建築とイスラム建築が融合した中国(中華)=イスラム建築も紫禁城を中心に存在していた。
    • 史実の回族の文化が中国全体に広まっていた。
  4. もちろん世界最大のイスラム教国になっていた。
    • イスラム教が世界最大の宗教になっていた。
    • 巡礼月のメッカがほぼ地獄と化す。
      • 中国人が多くて満員電車よりも大人数に。
  5. 儒教は宗教性を失い哲学としてだけ生き残る。
  6. アッラーは「天帝」と訳されていた。
    • 漢訳コーランはどの章でも「天帝曰はく」で始まる。
    • もっと後の時代には音訳の「安拉」の方が主流になっていたかもしれない。
  7. 中国でもアラビア文字が使用されている。
    • 漢字の使用はごく限られるようになる。
    • 中国人の名前もイスラム風となっていた。
キリスト教が多数派だったら
  1. おそらくネストリウス派のキリスト教が伝わっている。
    • この場合、ネストリウス派のキリスト教が廃れることはなかった。
    • こうなると後にヨーロッパ諸国から異端扱いされ侵略の口実にされていた。
    • 「キリスト教四大宗派」としてカトリック、プロテスタント、東方正教のほか中国景教(ネストリウス派)が挙げられる。
  2. 世界最大のキリスト教国になっている。
  3. 東アジア一帯がキリスト教圏になっていた。
    • 日本へのキリスト教伝来も史実より早まった。
  4. キリスト教そのものが「景教」と呼ばれる。
    • ネストリウス派だとすれば、現在ではヨーロッパのキリスト教とはほぼ別物になっていたかも。
  5. 中国人の名前はキリスト教風になっていた。
    • イメージとしては現実の香港のような感じ。

中央アジア

仏教が多数派だったら
  1. 大乗仏教が主流となっている。
    • ただし、カザフスタンだけはモンゴルの影響を受けてチベット仏教になっていた。
  2. 当然、サマルカンドにモスクは存在しない。
    • 後の時代にムスリムが移住してくればその人たちがモスクを建立するのでは。
    • 代わりに大きな寺があった可能性もある。
  3. 中央アジアにヒジャブをした女性はいない。
    • 先ほども言ったとおりムスリムが少数派と言う形でいたとすればヒジャブをした女性がいた。
  4. 新疆ウイグル自治区も仏教が多数派になっていた。
    • 大乗仏教とチベット仏教が混在している。
  5. 中国にイスラム教は広まっていない。
  6. 中央アジアと中東との関係が史実と違ってた。
  7. テュルク系民族全体に仏教が広まってトルコも仏教国だった場合事実以上にサウジアラビアやギリシャと対立してた。

モンゴル

イスラム教が多数派だったら
  1. モンゴル帝国の皇族が征服先からイスラム教を持ち帰っていれば有り得た。
  2. チベット仏教は中国当局によるチベット仏教弾圧により廃れていたかも。
  3. 中央アジア諸国と変わらない国民性になっている。
    • 中央アジアの枠組みに入って「中央アジア・モンゴル」の枠組みとされる事が多かった。
    • 欧米では「Mongolistan」と呼ばれていた。
  4. 満州族もイスラム化していた。
    • よって、清はイスラム王朝になり、中国史上唯一のイスラム王朝になっていた。
      • 国旗にもイスラム教のシンボルである三日月と星が竜と一緒に描かれてた。
    • 満洲国は史実以上にイスラム教徒に気を遣うことになっていた。
キリスト教が多数派だったら
  1. モンゴル帝国の皇族が制服先からキリスト教を持ち帰ってたらこうなってた。
    • 或いは社会主義だった時にソ連の影響でこうなってた。
  2. ウランバートルには大きな教会があった。
  3. 東方正教系なんだろうか?
    • 或いはネクトリウス派。

朝鮮半島

神道が多数派だったら
  1. 日本以外では珍しい神道を信仰する国だった。
  2. 恐らく日本との貿易によって伝わってた。
    • 百済があった頃に伝わってた。
  3. 日本政治時代の朝鮮の神社の多くは事実よりも遥か前に存在してた他今でも現存する神社もある。
    • 国家神道と在来の朝鮮神道の衝突が少なからず起こっていた。
  4. 反日感情は事実よりも薄れてた。
  5. 北朝鮮は成立していなかったかも。
    • 成立していた場合、神道は弾圧されていた。
  6. 当然ながら儒教色は薄くなっていた。
    • 結果として朝鮮民族の民族性が史実よりもっと日本人寄りになっていた。
    • 小中華思想もなければ事大主義も史実より大分マシになっていた。
  7. 北東アジア全体の歴史が大幅に変わっていた。
    • 朝鮮出兵が史実通りあったら、これが原因で朝鮮は明の冊封体制から離脱していた。
  8. 朝鮮における神社の祝詞は古代朝鮮語が使われていた。

サウジアラビア

日本並みに宗教色が薄い国だったら
  1. 豚肉を食べるのが当たり前になる。
    • 酒を飲むのも当たり前に。
  2. 一応イスラムが多数派だが無宗教の方が多い国と言う事になる。
  3. イスラム教のせいで出来た法律も一部は成立しなかった。
  4. イスラムの聖地であるメッカ・メディナを抱えるサウジアラビアがこうなるので、イスラム原理主義は発生しなかった。

ヨーロッパ

ロシア

イスラム教が多数派だったら
  • 中世に文明化のためイスラム教の導入が検討されたが「禁酒の戒律が寒冷地にそぐわない」として断念したという史実がある。
  1. 導入はおそらくキエフ・ルーシの時代。
  2. キプチャク・ハン国のイスラム化はこの国の影響とされていた。
  3. 西洋では史実のロシア帝国の皇帝は「スルタン」と称されていた。
    • オスマン帝国とは仲がいい時期もあれば対立することもあった。
  4. 江戸後期の日本との接触をきっかけに一部のアイヌがイスラム化されていた。
  5. 早い時代から白夜・極夜時の断食対応が決められていた。
  6. スンニ派が広まっているはず。
  7. ロシア革命の展開にも相当な影響が予想される。
  8. ロシアのイメージが中央アジアと変わらなくなっていた。
  9. ロシア語もアラビア文字表記でソ連成立でラテン文字に移行していたかも。
  10. 現実世界のヨーロッパロシアを含めてロシア全域がアジアに分類されていた。
    • よってカザフスタンは完全にアジアの国になり、サッカーのUEFA移籍はなかった。
  11. 冷戦はイスラム教vsキリスト教になっていた。
仏教が多数派だったら
  1. 恐らくチベット仏教が広まってた。
  2. モスクワでは大聖堂の代わりに大きな寺があった。
  3. 旧ソ連の地域でもチベット仏教が広まってた。

アメリカ

アメリカ合衆国

仏教国だったら
  1. 日本の開国がもうすこしスムーズに行われていた。
    • 明治維新後に廃仏毀釈運動は起こらなかった。
  2. 第二次世界大戦で日本の同盟国になっていた可能性もある。
    • 当時の日本は国家神道だったためその可能性は薄い。
  3. どのようなルートで伝わったかが非常に気になる。
  4. ドナルド・トランプ大統領は中東からの入国禁止令を出さない。
  5. 上座部仏教ならラシュモア山には大統領の顔ではなく涅槃仏が彫られていた。
  6. 『ザ・シンプソンズ』のリサは仏教徒からクリスチャンに改宗していた。
イスラム教国だったら
  1. 第二次世界大戦の後、パレスチナを巡ってイギリスと対立。
  2. イランとの関係は今でも良好。
    • スンニ派の場合はむしろもっと早くから対立していたのでは。
  3. イラク戦争は起こらなかった。
    • 石油目当ての色彩が強い戦争のため何らかの無理やりな理由で開戦していたのでは。
  4. 月面着陸はソ連が成し遂げていた。
    • イスラムには「人類が月面を踏むときに世界が終わる」という言い伝えがあったためアメリカは月面着陸など考えなかった。
  5. ボーイング747は巡礼月のハッジフライトのために開発された。
日本並みに宗教色の薄い国だったら
  1. 実史同様に経済大国にはなっているだろうが、軍事大国にはなっていない可能性が高い。
  2. それでもヨーロッパの影響があるためキリスト教由来の行事が全滅するわけではない。
    • クリスマスも日本のような世俗的なイベントとして定着。



関連記事