「もしあの女性アイドルがブレイクしていなかったら」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(モーニング娘。)
329行目: 329行目:
 
#**ハロプロ自体は元々モー娘。と平家の合同ファンクラブ組織だったので存在はしたと思う。ただしその顔触れは著しく変わっていた。
 
#**ハロプロ自体は元々モー娘。と平家の合同ファンクラブ組織だったので存在はしたと思う。ただしその顔触れは著しく変わっていた。
 
#*EE JUMPすら結成されなかったのでユウキも世に出ることはなく、非行に走っても一般人同然の扱いだった。
 
#*EE JUMPすら結成されなかったのでユウキも世に出ることはなく、非行に走っても一般人同然の扱いだった。
 +
#市井、加護、久住を世に出すことはなかった。
 +
#*市井紗耶香によるたいせいへの背信行為はなかった。
 +
#*加護亜依による喫煙行為および元夫との騒動はなかった。
 +
#*久住小春による[[もしあの芸能人の問題発言がなかったら#久住小春の「モー娘。は踏み台」発言|問題発言]]で道重さゆみが泣くことはなかった。
  
 
===ももいろクローバーZ===
 
===ももいろクローバーZ===

2017年10月4日 (水) 07:57時点における版

もしあの芸能人がブレイクしていなかったら > 女性アイドル

追加は五十音順でお願いします。

独立済み

個人

飯島愛

  1. Tバックブームは起きなかった。
    • Tバックの女王と呼ばれることもなかった。
    • T-BACKSも結成されなかった。
  2. 「プラトニック・セックス」を書くことはなかった。
  3. もしかしたら史実より長生きできた?
  4. AV女優が芸能活動したりすることや、ましてやAV女優が引退後に芸能人に転身することは史実より少なかった。
    • AV女優が引退後に就く仕事といえば大半がストリッパーや風俗嬢、水商売関係であった。
    • 及川奈央や高樹マリアがAV女優引退後に芸能人に転身することはなかった。
    • 蒼井そらや吉沢明歩が芸能活動することもなかった。
    • 恵比寿マスカッツも結成されなかった。

井川遥

  1. グラビアアイドル業界では「クリスマスケーキ(25歳過ぎたら売れ残り)」の風潮が残ったため、ほしのあき等の「遅咲き」とされるグラビアアイドル達はブレイクできなかった。

木村裕子

  1. 鉄道アイドルというジャンルを生むことはなかった。
  2. 女性の鉄道ファンは未だに市民権を得ていなかった。
    • 松井玲奈や木村文乃が鉄道ファンを公言することもなかった。
    • 市川紗椰が鉄道好きタレントとしてブレイクすることもなく、単なるファッションモデルとなっていた。
    • 斉藤雪乃や豊岡真澄も現実ほどブレイク出来なかった。

小島瑠璃子

  1. 2010年代のバラエティアイドル界の競争が史実以上に激化していた。
  2. 高校ラグビーのイメージキャラクターはおそらくNMB48が続投していた。
  3. もちろん、通っていた大学は中退せず、むしろ「学業に専念」を理由に芸能界を引退した可能性も。
    • 大学も某女子大ではなく早慶あるいは地元の千葉大だった可能性もあった。
    • 卒業後はフジテレビかTBSあたりに入社して女子アナになっていたかもしれない。
  4. 後輩の佐野ひなこに「さのひな」のニックネームが付かなかった。
  5. 千葉東高校卒の芸能人と言えば桐谷美玲ぐらいしか出なかった。
    • ひょっとすると2015年に千葉東高校で立て続けに起きた窃盗及び爆破予告事件もなかったかもしれない。
  6. 大島麻衣はもう少しバラエティで活躍していた。
  7. 「こじるり」というニックネームから元AKB48の小嶋陽菜と混同されたり関連付けられることもなかった。
    • また、山本彩に似ていると話題になることもなかった。
    • 指原莉乃からライバル視もされなかった。

篠崎愛

  1. 篠崎愛といえば未だに架空のキャラクターであり、『コレクター・ユイ』の登場人物か『地獄先生ぬ〜べ〜』の登場人物程度の知名度で終わっていた。
  2. AKB48をDisる発言もなかった。
    • よって篠崎愛ファンとAKB48ファンが因縁を持つこともなかった。
  3. グラビアアイドルとしてブレイク出来ずただ単に「AeLL」の一員という認識だけだったかも。

千堂あきほ

  1. 学園祭の女王と呼ばれることはなかった。
  2. 島田紳助が「尼崎には美女はいない」発言をして物議を醸すことはなかった(千堂は尼崎出身であるため)。
    • 宝塚出身と誤解されることもなかった。
  3. クイズ番組で活躍することもなかった。
  4. ストーカー被害に遭うことはなかった。
  5. 森高千里は歌手だけでなく、女優としても成功していた。

壇蜜

  1. セクシーアイドルの復権は起きなかった。
  2. 橋本マナミの路線変更はなかった。
    • 一貫して女優として活動しており、地味な存在で終わっていた。
  3. 副島美咲が「小蜜」と呼ばれることもなかった。
    • こちらの知名度も上がらなかった。
  4. 教育番組への進出もなかった。

中川翔子

  1. 2ちゃん用語はそれほど世間に広がっていない。
  2. オタクは未だにマイナスなイメージがもたれたまま。
    • 他の芸能人がオタクを公言する風潮もなかった。
    • テレビのアニメ特集で最近のアニメを紹介されることもほとんどない。
    • 声優が顔出しでテレビに出ることが一般的になることもなかった。
      • 水樹奈々も紅白に出場できなかった。
  3. ブログは史実以上に流行しなかった。
  4. Steins;Gateの椎名まゆりの口癖が「トゥットゥルー♪」になることもなかった。
  5. 逆に同じ名前の浜田翔子がブレイクしていた。
  6. もしかすると芸能界引退して漫画家に転身していたかもしれない。
  7. 「中川勝彦の娘」という認識だけだったかも。
    • 勿論野尻抱影・大佛次郎兄弟と姻戚関係にあることも知られなかった。

橋本環奈

  1. REV.from DVLの知名度が上がることはなかった。
    • HKT48の人気は史実以上のものであった。
    • 西内ひろ(西内まりやの姉)がRev. from DVLの元メンバーであったことが知られることもなかった。
    • REV.from DVLの解散がさらに早まっていた。
  2. AKB48の仕事を奪うこともなかった。
    • 『アイカツ!』のコラボパートナーはAKB48のメンバーが続投していた。
    • カップヌードルのCMキャラクターに起用されることもなかった。
  3. 「奇跡の一枚」をSKE48(当時)の松井玲奈にツイートされなかったら、こうなっていた可能性もあった。
  4. 「○万年に1人の美少女」という用法は他のアイドルでも使われることはなかった。
    • AKB48に於いても小栗有以が「2万年に1人の美少女」と呼ばれたり太田夢莉(NMB48)が「1万年に1人の美少女」と呼ばれることもなかった。
      • 「よんぱち+」でネタにされることもなかった。
    • 浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)がグラビアで「1000年に1人の童顔巨乳」と売り出されることもなかった。
  5. 『銀魂』、『斉木楠雄のΨ難』の両作に出演することもなかったので、福田雄一作品の常連といえば未だムロツヨシか佐藤二朗だった。

松浦亜弥

  1. モーニング娘。の全盛期が続いていた。
    • CM出演の座をモー娘から奪うこともなく、CM女王になれなかった。
      • モー娘。の存在が薄れることもなかった。
        • エプソンのCMではそれが象徴されることもなく、あややの引き立て役とみなされることはなかった。
          • 週刊少年ジャンプの読者投稿コーナーのネタにされることもなかった。
    • 上戸彩と比較されたり、Wあやなどと呼ばれることもなかった。
    • ハロプロの低迷期も史実より早かった。
      • その分、美少女クラブ31とdreamはブレイクすることができ、人気面でモーニング娘。に取って代わっていた。
  2. ものまねのネタにされることもなかった。
    • 前田健・はるな愛・はしのえみのブレイクもなかった。
      • 広島の前田健太が「マエケン」と呼ばれることもなかった(先輩の前田智徳と区別するためにそう呼ばれるようになっていた可能性はあったかも知れないが…)
        • ここで述べた前田健とはモノマネタレントの方ですが。
  3. 「あやや」に類似したニックネームとして、渡辺麻友が「まゆゆ」、島崎遥香が「ぱるる」と呼ばれることもなかった。
    • ジュビロ磐田の某選手も「たやや」などと呼ばれることもなかった。
      • 正直に言うと「うたばん」の石橋貴明以外連想できないのだが。
  4. ゴリエの姓が松浦に設定されることはなかった。
    • おそらくゴリ自身の本名から取って「照屋」だった。
  5. 橘慶太との交際→結婚は史実通り?
  6. 「あやや」といえば大河内傳次郎の口癖。
    • 近年では射命丸も?
      • 「きんいろモザイク」の小路綾。
    • 上戸彩のニックネームになっていたかも(幼少期に「あやや」と呼ばれていた)。
  7. そっくりさんのAV女優・紋舞らんのブレイクもなかった。
  8. 中居正広がSMAP×SMAPで「まやや」としてものまねをすることもなかった。
  9. 彼女の後継者である真野恵里菜も現実ほどブレイクできていたか怪しい。
    • 史実同様ハロプロ卒業後に女優業でブレイクできそうだが。

柳ゆり菜

  1. 姉の柳いろはも世に出ることもなかった。
  2. 「マッサン」でセミヌードモデルを演じて話題になることもなかった。
    • これを機に女優業への進出もなかった。

矢部みほ

  1. 「やべっち」といえば矢部浩之一択だった。
  2. 妹の河合美佳、矢部美希も世に出ることはなかった。
  3. バーを経営することはなかった。
    • 母親も文子ママとして「サンデージャポン」に登場することもなかった。
  4. サテライト旭川の所長に就任することもなかった。

グループ

Wink

  1. やまかつWINKは結成されなかった。
  2. BaBeはもう少し長く活動し続けていた。
    • 二階堂ゆかりは結婚後も引退することなく活動し続けていただろう。
    • そもそも、存在が薄れることはなかった。
  3. 相田翔子の再ブレイクも当然起きなかった。
    • はいだしょうこと混同されることもなかった。
  4. 作詞家・及川眠子のブレイクが遅れた。

HKT48

  1. 指原莉乃は劇場支配人になっていなかった。
    • 選抜総選挙では指原が天下を取ることもなかった。
    • そもそも指原の移籍がなかったらこうなっていた可能性があった。
  2. LinQの影が薄くなることもなく、解体・再開発することもなかった。
  3. チェックのセーラー服も注目されることはなかった。
    • チェックのセーラー服といえば聖和学園高校の夏服か就実中学校の夏服程度の認識で終わっていた。
  4. 最悪、全員卒業に追い込まれており、SDN48の二の舞になっていた。
    • HKT48劇場閉鎖と共に全員卒業していたかも。
      • 指原莉乃は卒業とともにバラエティタレントに転向し、STU48の支配人にもなっていなかった。
  5. その分、秋元康はNGT48とSTU48に史実以上に力を入れていた。
    • AKB姉妹ユニットの北日本進出も実現させていた。
    • 坂道グループに対しても史実以上に力を入れていた。
  6. 若田部遥がホークス戦中継のリポーターを務めていたのは史実通りだとしても、グループ卒業が早まっていたかも。
  7. スキャンダルの余波で人気が出なかったとみなされていた。

SKE48

  1. AKB48の姉妹ユニット結成は失敗とみなされていた。
    • 地方進出も積極的に行われることはなかった。
      • NMB、HKT、NGT、STUすら結成されなかった。
  2. ファンが総選挙に力を入れることはなかった。
    • AKB48を第一党から陥落させることもなく、AKB48の影が薄くなることもなかった。
  3. 松井玲奈は乃木坂46との交換留学生になっていなかった。
    • 鉄道アイドルへの転身もなかった。
  4. 独自の降格制度など、シビアな路線が受け入れられなかったとみなされていた。
  5. チームしゃちほこの人気は史実以上だった。
    • AKB48グループとは関係の無いアイドルグループに加入する中京圏出身者が史実以上に増えていた。
  6. エイベックスに移籍することはなかった。
    • その分、エイベックスはiDOL Streetに史実以上に力を入れていた。

NMB48

  1. アイドルとお笑いの融合は未だに成功しないとみなされていた。
    • 最悪、パイレーツの二の舞になっていた。
  2. 吉本は女性アイドルから手を引いていた。
    • 未だに「大阪にアイドルは育たない」「大阪はアイドル不毛の地」などと言われ続けている。
    • 連鎖的に「つぼみ」も解散していた。
  3. 『絶滅黒髪少女』がヒットしなかったので黒髪への復権も起きなかった。
  4. 吉田朱里はユーチューバーになっていなかった。
    • 市川美織も受け入れなかったのでユーチューバーになっていたかは怪しい。
  5. 山本彩は他のガールズバンドのメンバーになっていた。
    • 卒業が早まりソロのミュージシャンに完全に転向した。
  6. 山田菜々はハロプロ関西に残留していた。
    • 彼女(山田菜々)は1期生メンバーなのでそれはなく、単に卒業が早まっていた。
    • 実妹の寿々もハロプロ関西に入ったかも。
      • もしくは、48グループと関係の無いアイドルグループに加入していたかも。
    • 中山優馬と実の兄弟であることも史実ほど知られなかった。
      • ハロプロヲタとジャニヲタの間でしか知られていなかった。
  7. 福本愛菜の卒業→吉本新喜劇入団も早まっていた。
  8. NMB48劇場の真上にあったジュンク堂書店千日前店の閉店が早まっていた。
  9. 2017年のAKB総選挙における須藤凛々花の結婚発言はそれほど注目されなかった。
  10. たこやきレインボーの人気は史実以上だった。
    • AKB48グループとは関係の無いアイドルグループに加入する近畿圏出身者が史実以上に増えていた。

おニャン子クラブ

  1. 1980年代後半~90年代前半のアイドル冬の時代は到来しなかった。
    • 1970年代前半~中盤に生まれた人が多数アイドルとしてブレイクしていた。
    • あるいは、アイドル冬の時代が史実より多少早く来ていたかもしれない。
      • 1980年代中盤にはバンドブームの時代になっていた。コギャルブームも史実より数年早く始まっていた。
  2. 現実におニャン子クラブのメンバーから出てきて現在でも芸能界で活躍している国生さゆり、渡辺満里奈、工藤静香などはメジャーにならなかったか芸能界にデビューしなかった。
    • もちろん木村拓哉は工藤静香と結婚しなかった。
    • 工藤静香を筆頭にモモコクラブからの流入・兼務はなくなったが、マニア受けで終わっただろう。
      • 雑誌「MOMOCO」の廃刊は史実より遅れ、個人情報保護法が施行された2000年代中盤に廃刊となっていた。
      • 静香はセブンティーン・クラブ解散後ソロデビューするも楽曲に恵まれず売れなかった可能性
      • 工藤静香に憧れて芸能界入りした、仲間由紀恵、MAXのナナ、相川七瀬、鈴木亜美らなども芸能界デビューしていなかったかもしれない。
  3. 秋元康は史実ほど有名にならなかった。
    • AKB48もなかったかもしれない。
      • AKB48だけでなくチェッキ娘もアイドリング!!!もなかった。
    • おニャン子以上に力を入れていたアニメ主題歌の作詞家としては大成したかもしれない。
    • 同じく秋元プロデュースの色が強い、とんねるずの活躍で有名になるかどうかかも。
  4. 「グループアイドルは成功しない」という定説が生まれてしまい、AKB48だけでなくモー娘。やMAXとかも存在せず、アイドルはソロが当たり前になっていたかも。
    • アイドル氷河期自体は史実より早かったが1990年代前半からバブル崩壊期にかけてアイドルグループがブレイクしていた。
      • その場合1970年代後半生まれの女性アイドル史実より多かった。
  5. オールナイターズの時代がもう少し長く続いていた。
  6. 「プロレス版おニャン子クラブ」を旗印としたジャパン女子プロレスも旗揚げされなかった
  7. 1月後半から2月中旬までスーパーへ行くと流れてる定番ソングは史実と違っていた。
  8. これが実現していたら、このようになっていたかもしれない。

C.C.ガールズ

  1. ギリギリガールズやT-BACKSは結成されなかった。
    • 桜井和寿が不倫に走ることもなかった。
  2. 青田典子がバブル青田として再ブレイクすることもない。
    • 玉置浩二と結婚することもなかった。

ZONE

  1. バンドルというジャンルは成功しなかった。
    • SCANDALが結成されたかは怪しい。
    • chee'sの二の舞になっていた。
  2. ハロプロの全盛期が続いていた。
  3. 石橋貴明があの発言をすることもなかった
  4. 同じ北海道出身で昼ドラ主題歌でブレイク、という共通点を持つWhiteberryも「夏祭り」の一発屋で終わることはなく運命が変わっていたかも。

でんぱ組.inc

関連項目:もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/さ・し#斉木楠雄のΨ難

  1. オタクアイドルは売れないジンクスができていた。
  2. グッズをパンプレストやタカラトミーアーツが発売することはなかった。
    • 一番くじも出なかった。
  3. 麻生周一先生がこのグループのファンにならず、『斉木楠雄のΨ難』の主題歌を担当することもなかった。
  4. 最上もがはすぐ見切りをつけて史実より早く脱退していた。
    • 『重版出来!』への出演時には脱退済みだったかもしれない。

乃木坂46

  1. 自称AKBの公式ライバルユニットは失敗したとみなされていた。
    • 正統派アイドルの復権も失敗したとみなされていた。
    • AKBグループと関係を持つこともなかった。
      • むしろ初めから「関係を持っている」とみなされていたら失敗していた。
  2. ソニー系レーベルからのアイドルグループは売れないというジンクスができ、AKBの二の舞になっていた。
    • それ以前にZONEが・・・。
  3. ファッションモデルの分野に進出することはなかった。
    • AKBが乃木坂にモデルの仕事を奪われることもなかった。
      • SKE、NMB、HKTからも専属モデルのメンバーが登場していた。
    • 今までのモデルが仕事を奪われることもなく、グラビアに流れることもなかった。
      • 「モグラ女子」が台頭することもなかった。
      • 泉里香はRayを卒業してフリーになることもなく、グラビアへの進出もなかった。
      • 今までのモデルは蛯原友里、押切もえのようにモデルとしてステップアップを果たしていた。
  4. AKBの全盛期が続いていた。
    • 派生ユニットは解散や活動休止に追い込まれることはなかった。
    • HKTは史実より人気があった。
      • チーム8の人気も史実以上になっていた。
      • というか、AKB姉妹ユニットの存在が薄れることはなかった。
        • むしろAKB本体(特にメンバー)の影が薄くなることはなく、姉妹ユニットに必要以上に依存することもなかった。
    • 選抜総選挙ではAKB本体のメンバーがランクインする人が増えていた。
      • これは(特に)SKEのヲタが気合入れて投票しすぎただけだと思うのだが。
    • 結成10周年の時点では史実以上に盛り上がっていた。
    • むしろ衰退が早まっていた可能性もある。
    • ピザハットのCMは西野七瀬に取って代わることもなく、加藤玲奈が続投していた。
    • 乃木坂に仕事を奪われることもなく、卒業に追い込まれるメンバーも減っていた。
    • 史実の乃木坂メンバーの中にはAKB(SKE、NMB、HKT等含む)に加入するメンバーもいた。
  5. ももクロの売り上げ低下も起きなかった。
  6. アイドリング!!!が解散することもなかった。
  7. K-POPアイドルの全盛期も続いていた。
  8. 女性アイドルグループは未だに男性に支持される風潮が続いていた。
  9. ロングスカートの復権も起きなかった。
    • ワイモバイルのCMでネタにされることもなく、1980年代のディスコへのタイムスリップではそれが象徴されることもなかった。
    • 女子高生のスカート丈が長くなることもなかった。
  10. ベタなアイドルグループとは違った独特の路線が受け入れられなかったとみなされていた。
  11. 欅坂46も世に出ることはなかった。
  12. 女子高生の文化がより清楚なものになることはなかった。
    • メイクもよりナチュラルなものになることはなかった。
  13. STU48の衣装も坂道系の清楚路線(ロングスカートに短いソックスなど)を採用せず、従来の48グループの路線(ミニスカートにハイソックスなど)を踏襲していた。
    • NGT48もソニー系レーベルに所属することなく、坂道系を意識した路線になることはなかった。

Perfume

  1. テクノポップの復権は起きなかった。
  2. 中田ヤスタカはCAPSULEのメンバーという認識で終わっていた。
    • きゃりーぱみゅぱみゅをプロデュースすることもなかった。
      • おそらく、そのきゃりーぱみゅぱみゅもブレイク出来ず。
        • 読者モデルというイメージで終わり、歌手として有名にはならなかった。
  3. AKB48は史実より早くブレイクしていた。
  4. 「ポリリズム」がAC(現AC JAPAN)のCMに使われていなかったらこうなっていた可能性が高そう。
  5. モーニング娘。は史実より1~2年遅くまで紅白に出ることができた。
  6. VOCALOIDにも何らかの影響があったと思われる。
  7. BABYMETALも存在しなかったかもしれない。
    • もしかすると「まなみのりさ」も?

BABYMETAL

  1. 欧米にとってJ-POPは眼中に無い状態になっていた。
    • アニソンや初音ミクなどOTAKUものしか存在価値がなくなっていた。
    • 坂本九以来の日本人アーティスト全米チャートトップ40は夢のまま。
  2. SU-METALは中元すず香に戻ってアニソンか声優に転向していた。
  3. メタルのリバイバルブームは無かった。
  4. 「~です」を「~DEATH」に言い換えるのは流行らなかった。
  5. 母体である「さくら学院」も水野由結(YUIMETAL)・菊地最愛(MOAMETAL)の卒業する2015年3月に解散していた。
    • よって岡崎百々子(博多華丸の娘)が加入することはなかった。
  6. トイズファクトリーはでんぱ組.incの方を全面的に売り出していた。
    • もしくはlivetuneや八王子Pといったボカロ関連を推していた。

モーニング娘。

  1. つんくがプロデューサーとして評価されることはなく、シャ乱Qのボーカルという認識にとどまっていた。
    • 場合によってはシャ乱Qの活動を継続していた。
    • ダンス☆マンの知名度も史実よりは下がっていた。
    • 激務を強いられることもなかったので喉頭がんに罹ることなく、声帯を失うこともなかった。
  2. 逆に平家みちよの売り出しに力点を置き、ブレイクに導いていた。
  3. 後藤真希は最初からエイベックスのソロ歌手としてデビューしていた。
    • 松浦亜弥もエイベックスからデビューしていた。
    • というか、ハロープロジェクト自体存在していなかったのでは? なので世に出ることはなかった。
      • ココナッツ娘。やカントリー娘。も結成されていない。
        • 里田まいも「ヘキサゴン2」でブレイクすることもなく、田中将大と結婚することもなかっただろう。
      • ハロプロ自体は元々モー娘。と平家の合同ファンクラブ組織だったので存在はしたと思う。ただしその顔触れは著しく変わっていた。
    • EE JUMPすら結成されなかったのでユウキも世に出ることはなく、非行に走っても一般人同然の扱いだった。
  4. 市井、加護、久住を世に出すことはなかった。
    • 市井紗耶香によるたいせいへの背信行為はなかった。
    • 加護亜依による喫煙行為および元夫との騒動はなかった。
    • 久住小春による問題発言で道重さゆみが泣くことはなかった。

ももいろクローバーZ

  1. AKB48に負けてコケたとみなされていた。
    • 渡り廊下走り隊7の影が薄くなることもなかった。
  2. 前山田健一(ヒャダイン)の知名度は史実より下がっていた。
  3. ファンであることを公言する芸能人も史実より少なかった。
  4. Zといえばもっぱら水木一郎のことを指していた。
    • ドラゴンボールじゃなくて?
  5. 私立恵比寿中学、チームしゃちほこもブレイクしなかった可能性がある。
    • たこやきレインボー、ばってん少女隊の結成もなく、スターダストプロダクションが女性アイドルに力を入れるようにならなかったかも知れない。
      • 超特急やDISH//といった男性アイドルもない。
  6. スズキのCMに起用されることはなく、福山雅治の後のTFMの日曜夕方のスズキ提供枠が別のアーティストが務めていた。
  7. セイント・フォーの失敗の件もあり、体を張ったアイドルグループは大成しないというジンクスがついていた。
  8. 黒柳徹子の髪型を真似ることもなかったかもしれない。
  9. 百田夏菜子が朝ドラに出ることもなかった。

関連項目




関連記事