「もしあの少年漫画誌が深夜アニメに消極的になっていたら」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(復活の勇者プクリン (トーク) による編集を 亀石 による直前の版へ差し戻しました)
 
11行目: 11行目:
 
===共通===
 
===共通===
 
#[[もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/と#To LOVEる -とらぶる-|To LOVEる -とらぶる-がヒットしていなかったら]]ありえそう。
 
#[[もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/と#To LOVEる -とらぶる-|To LOVEる -とらぶる-がヒットしていなかったら]]ありえそう。
 +
#*それ以前に[[もしあのアニメが大ヒットしていなかったら/ち~て#DEATH NOTE|DEATH NOTE]]がヒットしてなかったらあり得たかもしれないが。
  
 
===青の祓魔師===
 
===青の祓魔師===
23行目: 24行目:
 
#当然、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』の枠移動後の後番組になる。
 
#当然、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』の枠移動後の後番組になる。
 
#*『青春高校3年C組』がなければ確実だった。
 
#*『青春高校3年C組』がなければ確実だった。
 +
#*むしろ『スナックワールド』の後番組として放送されていた可能性が高い。
  
 
===黒子のバスケ===
 
===黒子のバスケ===
83行目: 85行目:
 
#長期アニメができない。
 
#長期アニメができない。
 
#原作の100巻越えもできない。
 
#原作の100巻越えもできない。
 +
#日本テレビ制作ではなく、読売テレビ制作になっていたかもしれない。
  
 
===魔法先生ネギま!===
 
===魔法先生ネギま!===

2019年7月14日 (日) 20:28時点における最新版

近年、少年漫画誌の深夜アニメが増えていますが、もしあの少年漫画誌が深夜アニメに否定的になっていたら…。

全般[編集]

  1. 現在少子化のあおりを受け、アニメの数は減っていた。
  2. 史実で深夜しか放送できないようなシーンがある場合、そのシーンはカットされた。
    • または作品ごと製作中止になっていた。
  3. TOKYO MXが台頭することはなかった。

週刊少年ジャンプの場合[編集]

  • ジャンプスクエアも含む。

共通[編集]

  1. To LOVEる -とらぶる-がヒットしていなかったらありえそう。
    • それ以前にDEATH NOTEがヒットしてなかったらあり得たかもしれないが。

青の祓魔師[編集]

  • 2期が深夜枠で放送
  1. 代わりに『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が深夜行きに。

暗殺教室[編集]

  • ちなみにBSフジでは土曜午前での放送でした
  1. 少なくともフジ系日曜8時30分枠のアニメ枠設立が早まっていたのは間違いない。

キャプテン翼(2018年版)[編集]

  1. 当然、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』の枠移動後の後番組になる。
    • 『青春高校3年C組』がなければ確実だった。
    • むしろ『スナックワールド』の後番組として放送されていた可能性が高い。

黒子のバスケ[編集]

  1. ガンダムAGEが2クールに縮小される。

斉木楠雄のΨ難[編集]

  • 2期が深夜枠のみで放送
  1. おはスタ内での朝放送のみに。
    • もしかすると、2期もおはスタ内での放送だったかもしれない。
  2. 多くの人が「めだかボックスの二の舞になるのを恐れているから」と思っている。

食戟のソーマ[編集]

  1. エロシーンが削られる。
    • 下手したらアニメ化しなかったかも。

ジョジョの奇妙な冒険 [編集]

  1. どの枠で放送されていたのか…。
    • 日5枠辺りかな?
    • 連載当時にアニメ化されていたらフジかテレ朝のゴールデンタイムで放送されていた可能性が高い。
  2. 暴力・残酷シーンが一部削られる。

DEATH NOTE[編集]

  1. 鬱シーンが多いので、少なくとも暴力・出血シーンが一部削られていたのは間違いないだろう。
    • 結局全日帯で放送できなくなり、史実と同様の深夜枠に移動(史実の『結界師』みたいに)。

ぬらりひょんの孫[編集]

  1. 『夢色パティシエール』が3クールに縮小される。

ハイキュー!![編集]

  • 2期以降が深夜枠
  1. 代わりに『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が深夜行きに(これは上のケースと同じ)。

HUNTER×HUNTER(日本テレビ版)[編集]

  • 3年目が深夜枠
  1. 2年目で打ち切られていた。
    • またはOVAに変更していた。
      • いや、土曜夕方に移行してそう。

魔人探偵脳噛ネウロ[編集]

  1. 『結界師』の後番組として1年間(史実では2クール)放送されていた。
    • その場合、『ヤッターマン(2008年版)』は史実より放送が遅れていたか、別の系列局での放送(フジテレビ辺り?)だった。

めだかボックス[編集]

  1. それでも史実通りコケる。
  2. 「そんなのやってもどうやって…。」とスタッフは言っている。

週刊少年マガジンの場合[編集]

  • 別冊も含む。

共通[編集]

  1. 聲の形のようにアニメ映画として製作された。

CØDE:BREAKER[編集]

  1. 代わりにマギのアニメが深夜行きに。

進撃の巨人[編集]

  1. 社会現象は史実ほどではなかった。
  2. 少なくとも、暴力・残酷シーンが一部削られるのは間違いないだろう。

はじめの一歩[編集]

  1. 長期アニメができない。
  2. 原作の100巻越えもできない。
  3. 日本テレビ制作ではなく、読売テレビ制作になっていたかもしれない。

魔法先生ネギま![編集]

  1. ハッピー☆マテリアル(麻帆良学園2-A)はヒットしなかった
  2. 深夜アニメで魔法と言ったら魔法少女ものを指していた。

ラブひな[編集]

  1. アニメ市場は視聴率以外しか評価できない世の中になっていた。
    • なぜかというとこれで円盤も評価の材料に入ったから。

週刊少年サンデーの場合[編集]

共通[編集]

  1. サンデーの『名探偵コナン』、高橋留美子原作作品依存体制が出来ていた。

競女!!!!!!!![編集]

  1. お色気シーンが削られる。
    • 水泳シーンが強調される。
  2. 下手したらアニメ化できないかも。
    • むしろOVAでいいだろう。

だがしかし[編集]

  1. TBSの小学館深夜アニメの提供がガガガ文庫のみになる。
  2. 全日帯での放送になっていたかな?
    • その場合TBS制作ではなく、MBS制作になる。

マギ シンドバッドの冒険[編集]

  1. 代わりに僕アカがアニメイズム枠行きに。
    • あるいは最初から日テレで放送されていた可能性もある。

週刊少年チャンピオンの場合[編集]

共通[編集]

  1. 連載作の作風だけに『ドカベン』終了とともに休刊した可能性がある。

弱虫ペダル[編集]

  1. 『ダイヤのA』と共倒れになっていた。
    • あるいは代わりに『ダイヤのA』が深夜行きになっていた。



関連記事