もしあの年の冬季オリンピックが○○だったら

提供: chakuwiki
2019年5月11日 (土) 01:15時点における借音バカ (トーク | 投稿記録)による版 (大量の国がボイコットしていたら)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

もしあの年のオリンピックが○○だったら > 冬季

  • 項目の追加は開催順でお願いします。

シャモニー(1924年)[編集]

失敗していたら[編集]

  1. 現在は1906年のアテネオリンピック程度の知名度しかない。
  2. スキーやスケート競技の発展に相当な悪影響があった。
    • 一部の競技は確実に北欧のローカルスポーツ止まりだった。
  3. 原因はおそらく北欧諸国の不参加。
  4. 現在冬季オリンピックで行われている競技の一部は夏季オリンピックで行われていた。
    • 史実でもフィギュアスケートやアイスホッケーは夏季オリンピックで行われたことがある。
  5. 後に「ウインタースポーツ版のオリンピック」を作ろうとする動きがあった。
    • それでもIOCが認める大会にはならなかった。
  6. もしあの競技がオリンピックの正式種目に選ばれたら」に大量のウインタースポーツが投稿されていた。

オスロ(1952年)[編集]

西ドイツの参加が拒否されていたら[編集]

  1. それでも次回のコルティナダンペッツオ大会で西ドイツは冬季五輪に復帰できた。
  2. 日本もとばっちりを受けて出られなかったかもしれない。
  3. 開催国の事情による特定の国の参加拒否がその後も発生した恐れあり。
    • 84年サラエボ大会のオーストリアあたりが該当していた。
    • 88年ソウル大会、2018年平昌大会でも韓国国内で「日本の参加を拒否せよ」という主張が起こっていた。
    • 2020年東京大会でも北朝鮮(場合によっては韓国・中国も)の参加拒否を一部右派が主張していた。
      • 2019年時点での情勢を踏まえるに韓国への制裁策として東京五輪への参加拒否が真剣に検討されていてもおかしくない。

札幌(1972年)[編集]

ジャネット・リンが金メダルを獲得していたら[編集]

  1. コンパルソリーの重要度が下げられるのは史実より遅れた。
  2. 日本でジャネット・リンの人気が持続したかどうかやや怪しい。
  3. プロ転向時の契約金は更に跳ね上がっていた。

リレハンメル(1994年)[編集]

原田雅彦の失敗ジャンプがなかったら[編集]

  1. 西方仁也も金メダリストになれていた。
    • 葛西紀明も。
  2. 原田に「本番に弱い」などというレッテルが貼られることはなかった。
  3. 史実とは逆に長野で失敗していた恐れもある。
    • こうなっていたら原田の競技人生はここで終わっていた。
    • 失敗しなかったとしても「ふなき~!ふなきい…!!」などの劇的なシーンは一切見られなかった。

長野(1998年)[編集]

長江健次が出場していたら[編集]

もしあの芸能人が○○だったら#長江健次

ソルトレイク(2002年)[編集]

スティーブン・ブラッドバリーが金メダルを獲得していなかったら[編集]

  1. 冬季オリンピック史に残るあの伝説のレースはなかった。
  2. 南半球初の冬季オリンピック金メダルが出るのが数日遅れた(正確な日数不明)。
    • 同じ大会のフリースタイルスキー女子エアリアルのアリサ・キャンプリンが南半球初の金メダリストになっていた。
      • 大会前の下馬評ではこの選手が南半球初の冬季オリンピック金メダリストになるはずだったが思わぬ形で…
  3. ショートトラックの金メダリストといえば、日本では長野オリンピックの西谷岳文だった。
    • オリンピックのショートトラックの中継で流れる過去の映像も西谷岳文の金メダルが中心になっていた。
      • ていうか本来なら史実でもそうなるべきなような。いくら珍事だからといって他国の金メダルの映像ばかり流されるのは…
    • 冬季オリンピックの最年少金メダリストであることももっと知られていた。

トリノ(2006年)[編集]

浅田真央が特例で出場していたら[編集]

  1. 落選していたのはたぶん安藤美姫
    • 荒川静香が落ちていた可能性もある
  2. メダル争いにも加わっていた
  3. オリンピック後、燃え尽き症候群になっていた可能性も否定できない。
    • 国際大会で不振→バンクーバー落選→引退
  4. 秋篠宮家の次女が日本の皇族では始めて(?)となる五輪出場(バンクーバー)を目指し、フィギュアスケートに打ち込む姿が報道されている。
  5. 女子パシュートの高木美帆と同じポジションだったかもしれない。尤も高木と違って実力はあったので、入賞はできただろうがメダルは厳しかっただろう。
  6. いずれにせよ、荒川静香が金メダルを取るのは史実通り。
    • 上記の通り落選していた可能性もあるが。
  7. 浅田と代わりに落とされた選手の間に相当な確執が発生していた。
    • 悪くすると浅田がその後ヒール扱いされていた可能性もある。

荒川静香の金メダルがなかったら[編集]

  1. 仮に銀か銅も取れなければ日本はメダルゼロに。
    • 新聞などでは「惨敗のオリンピック」などという見出しが並んでいた。
  2. 「イナバウアー」は流行語大賞にならず、代わりに「ハンカチ王子」が流行語大賞になっていた。
    • 「WBC」かも。
  3. その後の日本におけるフィギュアスケート人気も低迷していた。

日本にもっと早くメダル第1号が生まれていたら[編集]

  1. 当然ながら日本でもっと盛り上がっていた。
  2. 可能性が高そうなのは男子アルペン回転の皆川かスピードスケート男子500mの及川あたりか。

バンクーバー(2010年)[編集]

中止になっていたら[編集]

  1. キムヨナVS浅田真央は話題になる事は無く、サイバー攻撃も無かった。
  2. 返上されるとしたらやはり平昌か。
    • サイバー攻撃も現実より酷い事になりそう。
      • オリンピック程度でサイバー攻撃をやるような安直な輩が多くいるとは思えない。
  3. こちらも原因は自然災害くらいしか考えられない。
    • バンクーバーは環太平洋火山帯の上に位置するため大きな地震が起きていた恐れが考えられる。

ソチ(2014年)[編集]

浅田真央が○○だったら[編集]

ショートプログラムで史実(16位)よりも高い順位でスタートしたら
  1. 金メダルとまではいかないまでも、確実にメダル圏内には食い込んでいた。
  2. キムヨナVS浅田真央がまた実現し、日韓サイバー攻撃へ…。っと言うのは無いのか?
    • そもそもその程度だけでサイバー攻撃を気にする国民がどれくらいいるものか。
  3. 逆にフリーの演技があそこまで話題になることは無かったかも…
ショートプログラムとフリースタイルの順位が逆だったら
  1. 間違いなく浅田真央は大バッシングを食らっていた。
    • この時点で引退に追い込まれていたかもしれない。
  2. 史実のフリー単体の順位は3位だったので、ここから16位になるとすれば史実のショートプログラム以上に悲惨な演技になっていた。
    • 6位では?

開会式で五輪マークが四輪にならなかったら[編集]

  1. 閉会式で四輪の演技は無かった。
  2. 某自動車ブランドの皮肉が効いた広告もなかった。

スピードスケートで製氷したのがオランダ人ではなかったら[編集]

  1. オランダ人に有利な製氷をしたのではないか?という疑念はなかった。

平野歩夢が金メダルを獲得していたら[編集]

  1. 冬季五輪史上最年少の金メダリストとして、岩崎恭子並の盛り上がりになっていた。
  2. 長野五輪の時に生まれていなかった選手が金メダルを獲得したということでも話題になっていた。(長野五輪は1998年2月開催に対し平野選手は同年11月生まれ)
    • 平成生まれ初の金メダリストが平成10年代生まれから出たことも話題になっていた。

羽生結弦が金メダルを獲得していなかったら[編集]

  1. 2大会連続で金メダルゼロになったことで、メダル数歴代2位の盛り上がりも半減していた。
  2. パトリック・チャンがカナダ男子フィギュア初の金メダルを獲得していた。
  3. 平昌での成績が史実通りならマスコミがさらに煽り立てていた。
    • それでも2連覇ではなくなるため国民栄誉賞は無理だった。

葛西紀明が○○だったら[編集]

金メダルを獲得していたら
  1. 現実以上に「中年の星」として注目を集めていた。
  2. 冬季五輪としては史上最年長での金メダル獲得選手となっていた。
  3. このシーズンを以って引退したかもしれない。
メダルを獲得できなかったら
  1. 「レジェンド」という言葉は現実ほど流行しなかった。

大量の国がボイコットしていたら[編集]

ロシア国内の反同性愛法の制定で人権擁護団体がボイコットを呼びかけていた

  1. ロシアでオリンピックを開催するのがタブーになっていた。
    • 1980年モスクワ五輪の二の舞とされていた。
    • その後のウクライナ紛争やドーピング疑惑などもあり、ロシアはしばらく五輪の出場自体が禁止されたかもしれない。
      • 2016年リオ大会ではロシアの選手は独立参加選手団から出ていたかもしれない。
    • 2018年のワールドカップも返上していたか大量のボイコットが起きていたかもしれない。
  2. 主にボイコットをするのはアメリカやイギリスなどの同性愛に寛容的な国々。
    • 同性愛が違法である中東、アフリカ諸国は当然参加。
    • 日本もアメリカに追随した可能性が高い。
      • 日本人選手が個人名義として参加していたかもしれない、
    • 「同性愛に寛容な国」というよりは「政治的にロシアと対立している国」のような気もする…
  3. 2020年東京大会にあたり日本でも「ヘイトスピーチの規制を行わなければボイコットされる」という声が大きくなっていた。
    • 規制反対派の誰かが「でもどうせ来なくなるのは3ヶ国程度だ」と発言しバッシングされていた。

平昌(2018年)[編集]

中止になっていたら[編集]

朝鮮半島情勢が危機的な状況にあったことや、施設の完成が遅れたことなどもあって一時は中止も噂されましたが、なんとか開催されました。もしこれが開催されなかったら?

  1. 第二次朝鮮戦争がすでに始まっていた可能性大。
    • そしたら日本もただごとではなくなっていた。
  2. もし施設の完成が遅れて中止になっていたらそれこそ大問題になっていた。
    • 日本のネットはお祭りになったが、「東京オリンピックも他人事ではないだろう」という書き込みも見られた。
  3. その後韓国でのスポーツの国際大会開催は避けられていた。
    • 「分断国家での開催は危険」というのが理由とされた。

あの国と共催していたら[編集]

施設の完成が遅かったこともあって、北朝鮮・日本との共催が噂されたこともあった。

北朝鮮
  1. 選手団は統一代表に。
  2. 北のほうが標高も高いのでよかったかも。
    • というか、北がまともな国だったら平昌ではやらず、北側(馬息嶺あたり?)でやってるはず。
  3. 日本人は北朝鮮方面に入れたのだろうか…
    • 日本は「北朝鮮なんかに行けるか」とボイコットしてもおかしくない。アメリカも然り。
      • 拉致被害者家族会は確実にボイコットを主張していた。
日本
  1. ほとんど日本での開催になっていたかも。
  2. この場合、韓国側が要求していた「東京オリンピックの共催」も実現していたかも…
  3. これを契機になし崩し的に共催が当たり前のように行われる
  4. 札幌の2030年大会誘致案はこの時点で引っ込められていた。

「ロシアからのオリンピック選手」が出場していなかったら[編集]

ロシアはドーピング問題などの理由で国家選手団が派遣できませんでしたが、「ロシアからのオリンピック選手(OAR)」という形で選手を派遣しました。では、これが認められないか、あるいはロシア側から拒否してロシア人選手が誰も参加していなかったら?

  1. ロシアは当然反発。下手するとIOCを退会した可能性がある。
    • 2020年東京五輪も(ロシア側から)ボイコットしていた可能性がある。
    • かつてのインドネシアのように五輪に対抗する独自大会の創設に動いていたかもしれない。
  2. アリーナ・ザギトワ選手が日本で有名になることはなかった。
    • 秋田犬「マサル」が贈られることもなかった。
  3. 選手やそのファンの怒りを買うため、さすがのプーチンといえど政権基盤が揺らいでいたかも?
    • 特に「ロシア側から拒否」の場合。

カーリングが○○だったら[編集]

金メダルを獲得していたら
  1. 史実以上にカーリングブームが起きていた。
  2. 羽生結弦やスピードスケートの印象が薄くなっていた。
  3. 一方で決勝戦は午前中の試合だったため、史実の3位決定戦より視聴率は下がっていたかもしれない。
メダルを獲得できなかったら
  1. 「そだねー」が流行語大賞になることはなく、2018年の大賞は「大迫半端ない」になっていた。
    • 決勝トーナメントにも進出できなかったらトップ10入りもしてない。
      • その場合は代わりに「金農旋風」がトップ10入りしていたか。

関連項目[編集]




関連記事