「もしあの番組が○○だったら/テレビ朝日系」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
1行目: 1行目:
#Redirect [[もしあの番組が○○だったら#テレビ朝日系]]
+
{{Pathnav2|もしあの番組が○○だったら|テレビ朝日系}}
 +
*新規追加は50音順でお願いします。
 +
*新規の事例については、発生から最低3か月間はそれに関する項目を作成しないでください。
 +
 
 +
==M-1グランプリ(朝日放送)==
 +
====第1回(2001年)の決勝ファーストラウンドでの審査方式が第2回以降のものと同様だったら====
 +
決勝ファーストラウンドでの審査方式は第1回のみメインの決勝会場の審査員7人に1人100点の持ち点が与えられるだけでなく、札幌・大阪・福岡の吉本興業の劇場に集まった各100人の一般客も1人1点で審査することになっており(合計300点)、東京会場の審査員と合計すると1000点が満点となっていました。
 +
<!--一般客の得点が排除された場合の順位(カッコ内は公式順位との比較)
 +
#1位中川家 596点(順位変動なし)
 +
#2位ますだおかだ 575点(2ランクアップ)
 +
#3位アメリカザリガニ 568点(順位変動なし)
 +
#4位ハリガネロック 567点(2ランクダウン)
 +
#5位麒麟 542点(順位変動なし)
 +
#6位フットボールアワー 535点(順位変動なし)
 +
#7位キングコング 528点(順位変動なし)
 +
#8位DonDokoDon 520点(1ランクアップ)
 +
#9位おぎやはぎ 497点(1ランクアップ)
 +
#10位チュートリアル 483点(2ランクダウン)-->
 +
#第10回までにおける1つの回での決勝ファーストラウンドの最高得点が最も低かった回となっていた。
 +
#ますだおかだは第2回だけでなく第1回も最終決戦に進出していた(つまり第1回から第2回まで2年連続の最終決戦進出となっていた)。
 +
 
 +
===第10回(2010年)で一旦終了しなかったら===
 +
#現在でも出場資格は活動開始から満10年以内のままだった。
 +
#*2015年の回(史実と異なる第15回)かその前後の回では史実通り出場資格におけるコンビ結成が「15年以内」に拡大されてたか?
 +
#「THE MANZAI」や「KAMIWAZA〜神芸〜」はなかった。
 +
#ただ、審査委員長と大会実行委員長はどうなっていたのだろうか?
 +
#*もし島田紳助が史実通り2011年8月に引退していた場合、審査委員長と大会実行委員長が別の人になってたか、あるいはそれらが廃止されてた(なくなってた?)かも。
 +
 
 +
===第11回(2015年)が夏開催だったら===
 +
(史実での)復活後初の大会となる第11回(2015年)は当初は「『THE MANZAI』との開催時期の重複を回避する」との理由で冬ではなく夏に(決勝戦が)行われる予定でしたが、結局は復活前と同じく(決勝戦が)冬に開催となりました。では、もし同回が当初の予定通り夏開催だったら?<br>
 +
※ただし、この節は↑の「[[#第10回(2010年)で一旦終了しなかったら|第10回(2010年)で一旦終了せずに2011年以降も第11回以降として続いていたら]]」ではなく、史実通り第10回(2010年)で一旦終了してその5年後の2015年に復活となった場合とします。
 +
#THE MANZAIは現在でも生放送で行われるお笑いのコンテストのままだった。
 +
#*そのため、「その年のM-1で優勝し、かつその年のTHE MANZAIでも優勝」すれば、前代未聞の快挙となるだろう(笑)。
 +
#CygamesがM-1グランプリのスポンサーにならなかった?
 +
#出場資格におけるコンビ結成は史実と同じく「15年以内」に拡大されていた。
 +
#予選は3月末か4月上旬から開始となってた。
 +
#*決勝は7月下旬か8月上旬あたりになっていた。
 +
#敗者復活戦が屋外の場合、(行われるのが決勝と同日なので)決勝の日によっては気温が30℃前後になることがあるので、(ナレーションなどにより)「灼熱の…」や「炎天下の…」などと言われてたかも。
 +
#第12回(2016年)以降も決勝が夏開催となっていた。
 +
 
 +
===第12回(2016年)の決勝ファーストラウンドで銀シャリが「ドレミのうた」を題材としたネタを披露していなかったら===
 +
銀シャリは決勝ファーストラウンドでは第10回(2010年)のカナリアの時と同様に「ドレミのうた」を題材としたネタを披露していましたが、権利上の問題かDVD版ではファーストラウンドのネタが全カットされ、代わりに「幻のファーストラウンド漫才完全解説」という特典映像が収録されています(なお、歴代の優勝者において、大会で披露したネタが完全に収録されなかったのは、彼らが唯一ですが、最終決戦でのネタはカットされずに通常通り収録されています)。
 +
#決勝ファーストラウンドでの銀シャリのネタがDVD版でカットされることはなく、「歴代の優勝者において、その優勝した回の決勝で披露したネタにおいてファーストラウンドだけがカットされてしまったコンビ」になることはなかった。
 +
#ただ、「ファーストラウンド漫才完全解説」という特典映像はどうなっていたんだろうか?
 +
 
 +
==くりぃむナントカ==
 +
===ゴールデンに進出していなかったら===
 +
「くりぃむナントカ」は2008年4月にゴールデンに進出(事実上は左遷)したために低視聴率で同年9月に打ち切られました。もしゴールデンに進出いなかったらどうなっていたのでしょうか?
 +
#『シルシルミシル』は存在しなかった。
 +
#『お試しかっ!』は『快感MAP』のままであった。
 +
#『ナニコレ珍百景』がもっと早くゴールデンに進出していた。(この番組はゴールデン向け内容を深夜時代から放送していた)
 +
#堀越のりと小阪由佳の対決のコーナーはまだ続いていた・・・はず。
 +
#高知県だけゴールデンタイムに放送している。もちろん[[高知のメディア#テレビ高知|ここ]]で。
 +
#今思えば[[クイズ!ヘキサゴンファン|この番組]]の裏番組(別の曜日に放送)でなければゴールデン進出後もいくらかは続いていたような気がする…
 +
 
 +
==スーパーモーニング==
 +
===テレビ朝日系列限定だったら===
 +
#「スッキリ!!」は[[沖縄]]以外の皆が知っていた。
 +
#*むしろ「ルックルック」がもう少し続いてたと思う。
 +
#山梨と徳島はおそらく「とくダネ!」をネットしていた。
 +
#JNN全局で「はなまる」が放送されていた。
 +
#*番組内ニュースは「JNNニュース」として放送。
 +
#*琉球朝日放送開局を待たず、琉球放送で「モーニングEye」放送開始。
 +
#**9時30分から「ルックルック」を1時間だけネットしていたかもしれない。
 +
#逆にテレビ宮崎でネットされていた。福井放送も同様。
 +
#*四国放送はANNとのクロスネットになっていた。
 +
#*結果、宮崎では「とくダネ!」が観られなくなる。
 +
#「新婚さんいらっしゃい!」も系列外では放送されなかった。
 +
 
 +
==題名のない音楽会==
 +
===テレビ東京制作のままだったら===
 +
#放送時間は日曜朝ではなく夜に放送されていた。
 +
#スポンサーは変わらず出光興産。
 +
#*出光美術館のCMはテレビ東京・BSジャパン・TVQ九州放送のみ。大阪分館の閉館前まではテレビ大阪も含む。
 +
#*テレビ東京系列とBSジャパン以外ではスポンサーは差し替えられる。
 +
 
 +
==探偵!ナイトスクープ==
 +
===関西ローカルのままだったら===
 +
#「おさかな天国」の大ヒットはおろか、一般発売される事もなかった。
 +
#'''部長刑事'''のような関西人だけが知っている番組になっていた。
 +
#2代目局長に月亭八方あたりが就任していた。
 +
#タケモトピアノの知名度も全国区にならなかった。
 +
#*東京ドームに看板を出すこともない。
 +
#**アタック25やケンミンショーなどの他の在阪局の番組で広告は出すが、それほど有名にはならない。
 +
#キー局でパクリ番組が放送されても現実ほど問題になっていない。
 +
#ルー大柴の再ブレイクもなかった。
 +
#*関西ローカルでも出演していたとしたら、浅井企画からの「インディペンデント」を機に、活動拠点を関西に移していたかも。
 +
#関西以外のテレ朝系列ではすべて金曜ナイトドラマを放送。
 +
#カーネル・サンダースの呪いも関西ローカルのネタで終わっていた。
 +
#「馬鹿」「阿呆」の方言の分布状況が解明されることもなかった。
 +
#*それは違うと思うが
 +
#爆発卵も知名度が低いままだった。
 +
#少々内容が過激な依頼も受ける。
 +
#関西二府四県からの依頼が80%、徳島・福井嶺南・三重伊賀及び東紀州からの依頼が15%を占める。東京から依頼が来ることはほとんどなかった。
 +
#全国的には桂小枝と言えば「桐灰はる」のCMだった…というかCM出演もなかったか?
 +
#探偵局長にやしきたかじん?
 +
#他の地方で放送されることも一応あるがネット範囲は現実よりかなり狭い。
 +
#*しかも半年遅れなどということも珍しくない。
 +
 
 +
===全国ネットに昇格していたら===
 +
*ANN24局全国同時ネットになっていたら
 +
#金曜ナイトドラマはなかった。
 +
#かわりにABCの「ネオバラエティ」枠時差ネットは廃止された。
 +
#ちゃんとしたスポンサーが付く。
 +
#探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデンで関東地区の視聴率が5.3%になることはなかった。
 +
 
 +
==ナイナイナ==
 +
===打ち切られずにゴールデンに昇格していたら===
 +
テレビ朝日で放送していた『ナイナイナ』は日曜20時枠でのゴールデン昇格も決まりかけていましたが、スケジュールの問題やトラブルもありゴールデン昇格どころか打ち切りに至ってしまいました。もし何事もなくゴールデンに昇格していたら・・・
 +
#『ロンドンハーツ』はなかった。
 +
#*PTAが槍玉にあげる番組がひとつ減る事に。
 +
#*「バブル青田」もなく、婚歴詐称もおそらくなかった。
 +
#『「ぷっ」すま』も月曜のまま。
 +
#*『天声慎吾』の時間移動もなかった。
 +
#ナイナイ(特に岡村)とテレ朝の関係は悪化しなかった。
 +
#『ナインティナインだ!!新番組をやらせろスペシャル』もなかった。
 +
#*『オカムレンジャー』もなかった。
 +
#企画変更→視聴率下落→テコ入れ→さらに視聴率下落…で半年後に打ち切り。
 +
#*そして「ゴールデン降格」の歴史に新たな1ページが刻まれる。
 +
#『笑う犬シリーズ』と視聴率を争ってたかも。
 +
#*現在も、『ナイナイナ』が続いていた場合には『世界の果てまでイッテQ!』や『うたばん』と視聴率を争っていた(枠移動していなければの話だが)。
 +
#**あと『大河ドラマ』も。
 +
#**先輩が司会者の『大日本アカン警察』も忘れずに。
 +
#『やべっちFC』もなかった可能性大。
 +
#*EX系が代表戦を中継できなくなる可能性もある?
 +
#昇格していたとしても、ナイナイは降板していた。
 +
#*『ココリコナ』というタイトルに変わり、司会もココリコになっていた。
 +
 
 +
==日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館==
 +
===放送時間が○○だったら===
 +
;日曜7時台のまま
 +
2016年10月には木曜7時台に枠移動しますが、もし、枠移動がなかったら?
 +
#『アメトーーク!』は「日曜もアメトーーク!」として日曜版が放送されることはなく、現在も毎週木曜の週1で放送されていた。
 +
#*もしくは土曜7時に放送され「土曜日もアメトーーク!」になっていた。
 +
#『いきなり!黄金伝説。』(史実では番組終了の2016年9月まで毎週木曜7時台に放送されていた)は史実よりもう少し長く放送期間が続いていたかも。
 +
 
 +
{{もしあの番組}}
 +
[[Category:もしあの番組が○○だったら|*てれひあさひ]]
 +
[[Category:ANN|もしあのはんくみ]]

2018年2月17日 (土) 21:33時点における版

もしあの番組が○○だったら > テレビ朝日系

  • 新規追加は50音順でお願いします。
  • 新規の事例については、発生から最低3か月間はそれに関する項目を作成しないでください。

M-1グランプリ(朝日放送)

第1回(2001年)の決勝ファーストラウンドでの審査方式が第2回以降のものと同様だったら

決勝ファーストラウンドでの審査方式は第1回のみメインの決勝会場の審査員7人に1人100点の持ち点が与えられるだけでなく、札幌・大阪・福岡の吉本興業の劇場に集まった各100人の一般客も1人1点で審査することになっており(合計300点)、東京会場の審査員と合計すると1000点が満点となっていました。

  1. 第10回までにおける1つの回での決勝ファーストラウンドの最高得点が最も低かった回となっていた。
  2. ますだおかだは第2回だけでなく第1回も最終決戦に進出していた(つまり第1回から第2回まで2年連続の最終決戦進出となっていた)。

第10回(2010年)で一旦終了しなかったら

  1. 現在でも出場資格は活動開始から満10年以内のままだった。
    • 2015年の回(史実と異なる第15回)かその前後の回では史実通り出場資格におけるコンビ結成が「15年以内」に拡大されてたか?
  2. 「THE MANZAI」や「KAMIWAZA〜神芸〜」はなかった。
  3. ただ、審査委員長と大会実行委員長はどうなっていたのだろうか?
    • もし島田紳助が史実通り2011年8月に引退していた場合、審査委員長と大会実行委員長が別の人になってたか、あるいはそれらが廃止されてた(なくなってた?)かも。

第11回(2015年)が夏開催だったら

(史実での)復活後初の大会となる第11回(2015年)は当初は「『THE MANZAI』との開催時期の重複を回避する」との理由で冬ではなく夏に(決勝戦が)行われる予定でしたが、結局は復活前と同じく(決勝戦が)冬に開催となりました。では、もし同回が当初の予定通り夏開催だったら?
※ただし、この節は↑の「第10回(2010年)で一旦終了せずに2011年以降も第11回以降として続いていたら」ではなく、史実通り第10回(2010年)で一旦終了してその5年後の2015年に復活となった場合とします。

  1. THE MANZAIは現在でも生放送で行われるお笑いのコンテストのままだった。
    • そのため、「その年のM-1で優勝し、かつその年のTHE MANZAIでも優勝」すれば、前代未聞の快挙となるだろう(笑)。
  2. CygamesがM-1グランプリのスポンサーにならなかった?
  3. 出場資格におけるコンビ結成は史実と同じく「15年以内」に拡大されていた。
  4. 予選は3月末か4月上旬から開始となってた。
    • 決勝は7月下旬か8月上旬あたりになっていた。
  5. 敗者復活戦が屋外の場合、(行われるのが決勝と同日なので)決勝の日によっては気温が30℃前後になることがあるので、(ナレーションなどにより)「灼熱の…」や「炎天下の…」などと言われてたかも。
  6. 第12回(2016年)以降も決勝が夏開催となっていた。

第12回(2016年)の決勝ファーストラウンドで銀シャリが「ドレミのうた」を題材としたネタを披露していなかったら

銀シャリは決勝ファーストラウンドでは第10回(2010年)のカナリアの時と同様に「ドレミのうた」を題材としたネタを披露していましたが、権利上の問題かDVD版ではファーストラウンドのネタが全カットされ、代わりに「幻のファーストラウンド漫才完全解説」という特典映像が収録されています(なお、歴代の優勝者において、大会で披露したネタが完全に収録されなかったのは、彼らが唯一ですが、最終決戦でのネタはカットされずに通常通り収録されています)。

  1. 決勝ファーストラウンドでの銀シャリのネタがDVD版でカットされることはなく、「歴代の優勝者において、その優勝した回の決勝で披露したネタにおいてファーストラウンドだけがカットされてしまったコンビ」になることはなかった。
  2. ただ、「ファーストラウンド漫才完全解説」という特典映像はどうなっていたんだろうか?

くりぃむナントカ

ゴールデンに進出していなかったら

「くりぃむナントカ」は2008年4月にゴールデンに進出(事実上は左遷)したために低視聴率で同年9月に打ち切られました。もしゴールデンに進出いなかったらどうなっていたのでしょうか?

  1. 『シルシルミシル』は存在しなかった。
  2. 『お試しかっ!』は『快感MAP』のままであった。
  3. 『ナニコレ珍百景』がもっと早くゴールデンに進出していた。(この番組はゴールデン向け内容を深夜時代から放送していた)
  4. 堀越のりと小阪由佳の対決のコーナーはまだ続いていた・・・はず。
  5. 高知県だけゴールデンタイムに放送している。もちろんここで。
  6. 今思えばこの番組の裏番組(別の曜日に放送)でなければゴールデン進出後もいくらかは続いていたような気がする…

スーパーモーニング

テレビ朝日系列限定だったら

  1. 「スッキリ!!」は沖縄以外の皆が知っていた。
    • むしろ「ルックルック」がもう少し続いてたと思う。
  2. 山梨と徳島はおそらく「とくダネ!」をネットしていた。
  3. JNN全局で「はなまる」が放送されていた。
    • 番組内ニュースは「JNNニュース」として放送。
    • 琉球朝日放送開局を待たず、琉球放送で「モーニングEye」放送開始。
      • 9時30分から「ルックルック」を1時間だけネットしていたかもしれない。
  4. 逆にテレビ宮崎でネットされていた。福井放送も同様。
    • 四国放送はANNとのクロスネットになっていた。
    • 結果、宮崎では「とくダネ!」が観られなくなる。
  5. 「新婚さんいらっしゃい!」も系列外では放送されなかった。

題名のない音楽会

テレビ東京制作のままだったら

  1. 放送時間は日曜朝ではなく夜に放送されていた。
  2. スポンサーは変わらず出光興産。
    • 出光美術館のCMはテレビ東京・BSジャパン・TVQ九州放送のみ。大阪分館の閉館前まではテレビ大阪も含む。
    • テレビ東京系列とBSジャパン以外ではスポンサーは差し替えられる。

探偵!ナイトスクープ

関西ローカルのままだったら

  1. 「おさかな天国」の大ヒットはおろか、一般発売される事もなかった。
  2. 部長刑事のような関西人だけが知っている番組になっていた。
  3. 2代目局長に月亭八方あたりが就任していた。
  4. タケモトピアノの知名度も全国区にならなかった。
    • 東京ドームに看板を出すこともない。
      • アタック25やケンミンショーなどの他の在阪局の番組で広告は出すが、それほど有名にはならない。
  5. キー局でパクリ番組が放送されても現実ほど問題になっていない。
  6. ルー大柴の再ブレイクもなかった。
    • 関西ローカルでも出演していたとしたら、浅井企画からの「インディペンデント」を機に、活動拠点を関西に移していたかも。
  7. 関西以外のテレ朝系列ではすべて金曜ナイトドラマを放送。
  8. カーネル・サンダースの呪いも関西ローカルのネタで終わっていた。
  9. 「馬鹿」「阿呆」の方言の分布状況が解明されることもなかった。
    • それは違うと思うが
  10. 爆発卵も知名度が低いままだった。
  11. 少々内容が過激な依頼も受ける。
  12. 関西二府四県からの依頼が80%、徳島・福井嶺南・三重伊賀及び東紀州からの依頼が15%を占める。東京から依頼が来ることはほとんどなかった。
  13. 全国的には桂小枝と言えば「桐灰はる」のCMだった…というかCM出演もなかったか?
  14. 探偵局長にやしきたかじん?
  15. 他の地方で放送されることも一応あるがネット範囲は現実よりかなり狭い。
    • しかも半年遅れなどということも珍しくない。

全国ネットに昇格していたら

  • ANN24局全国同時ネットになっていたら
  1. 金曜ナイトドラマはなかった。
  2. かわりにABCの「ネオバラエティ」枠時差ネットは廃止された。
  3. ちゃんとしたスポンサーが付く。
  4. 探偵!ナイトスクープ ザ・ゴールデンで関東地区の視聴率が5.3%になることはなかった。

ナイナイナ

打ち切られずにゴールデンに昇格していたら

テレビ朝日で放送していた『ナイナイナ』は日曜20時枠でのゴールデン昇格も決まりかけていましたが、スケジュールの問題やトラブルもありゴールデン昇格どころか打ち切りに至ってしまいました。もし何事もなくゴールデンに昇格していたら・・・

  1. 『ロンドンハーツ』はなかった。
    • PTAが槍玉にあげる番組がひとつ減る事に。
    • 「バブル青田」もなく、婚歴詐称もおそらくなかった。
  2. 『「ぷっ」すま』も月曜のまま。
    • 『天声慎吾』の時間移動もなかった。
  3. ナイナイ(特に岡村)とテレ朝の関係は悪化しなかった。
  4. 『ナインティナインだ!!新番組をやらせろスペシャル』もなかった。
    • 『オカムレンジャー』もなかった。
  5. 企画変更→視聴率下落→テコ入れ→さらに視聴率下落…で半年後に打ち切り。
    • そして「ゴールデン降格」の歴史に新たな1ページが刻まれる。
  6. 『笑う犬シリーズ』と視聴率を争ってたかも。
    • 現在も、『ナイナイナ』が続いていた場合には『世界の果てまでイッテQ!』や『うたばん』と視聴率を争っていた(枠移動していなければの話だが)。
      • あと『大河ドラマ』も。
      • 先輩が司会者の『大日本アカン警察』も忘れずに。
  7. 『やべっちFC』もなかった可能性大。
    • EX系が代表戦を中継できなくなる可能性もある?
  8. 昇格していたとしても、ナイナイは降板していた。
    • 『ココリコナ』というタイトルに変わり、司会もココリコになっていた。

日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館

放送時間が○○だったら

日曜7時台のまま

2016年10月には木曜7時台に枠移動しますが、もし、枠移動がなかったら?

  1. 『アメトーーク!』は「日曜もアメトーーク!」として日曜版が放送されることはなく、現在も毎週木曜の週1で放送されていた。
    • もしくは土曜7時に放送され「土曜日もアメトーーク!」になっていた。
  2. 『いきなり!黄金伝説。』(史実では番組終了の2016年9月まで毎週木曜7時台に放送されていた)は史実よりもう少し長く放送期間が続いていたかも。
もしあの番組が…
○○だったら NHK/日テレ系(あ・か/さ~わ)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系/ドラマ/アニメ(あ・か/さ・た/な〜わ)/特撮/時代劇/放送枠
大コケしていたら 独立局・CS・海外・ラジオ・インターネット/NHK/日本テレビ系(あ・か行/さ・た行/な~わ行)/テレ朝系/TBS系/テレ東系/フジ系
大ヒットしていなかったら アニメ/特撮戦隊/ライダー/円谷/東映)/ドラマ(あ~こ/さ~そ/た~と/な~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
今でも続いていたら NHK・独立局・CS・海外/日テレ系(あ~さた~わ)/テレ朝系/TBS系(あ・かさ~わ
テレ東系/フジ系(あ・かさ~なは~わ)/アニメ(あ~さ/た・な/は~わ
大ヒットしていたら NHK・テレ東系ほか/日テレ系(あ~こ/さ~の/は~わ)/テレ朝系(あ~こ/さ~の/は~わ
TBS系(あ~こ/さ~の/は~わ)/フジ系(あ~こ/さ~の/は~わ
アニメ/特撮東映戦隊ライダー円谷プロ)/ドラマ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~わ/連続テレビ小説
他局の制作だったら アニメ(あ~お/か~こ/さ~そ/た~の/は~ほ/ま~も/や~わ)/ドラマ(あ~さ/た~わ
別の時代に放送されていたら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系/アニメ(あ~こ/さ~の/は~ほ/ま~わ
打ち切られていたら 日テレ系/TBS系/アニメ(あ~さ/た~わ)/特撮
終了したら 日テレ系/テレ朝系/TBS系/フジ系
その他 司会者降板がなかったら/もう少し長く放送されていたらアニメ)/放送中止・延期がなかったら/レギュラー化していたら



関連記事