「もしあの番組が○○だったら/NHK」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(もしあの番組が○○だったら#NHKへのリダイレクト)
1行目: 1行目:
紅白歌合戦は大晦日開催が当たり前となっていますが、開始当初(1951年~1953年)は大晦日ではなく、年明け早々(1月2~3日)に行っていました。大晦日に変更されたのは歌手及び会場の確保が理由ですが(正月開催だと歌手や会場が正月公演と重なることが多かった)、もし今でも年明け開催のままだったら?
+
#Redirect [[もしあの番組が○○だったら#NHK]]
<!--*正確に言えば「紅白歌合戦」の前身である「紅白音楽試合」という番組が1945年の大晦日に放送。「音楽試合」は好評だったが、当時は同じ番組を大晦日に毎年やるという風習がなく1回限りとなるも、「音楽試合」の盛り上がりを忘れられなかったスタッフが約5年後「大晦日でなければいいだろう」と正月番組として「紅白歌合戦」に改題もした上で番組を復活させた。「歌合戦」初期3回は正月開催だったが、4回から「会場確保」の理由で偶然?「音楽試合」と同じ大晦日になったという経緯がある(ただし紅白関連の書籍ではどれも、「歌合戦」が「音楽試合」と同じ大晦日に移動した点については「偶然」とか「意図的なものがあった」のような言及はされていない)。{{Long article L}} -->
+
#レコード大賞は大晦日放送のままだった。
+
#*あるいはレコード大賞も新年開催になっていた可能性も。
+
#*紅白が1月2日か3日だった場合、レコード大賞が元日に放送されていた可能性もある。
+
#出演歌手・曲目・順番は東証大納会の日あたりで公表?
+
#*これは史実と変わるまい。
+
#でも、仮に1954年以降も新年開催のままだったとしても、いずれ大晦日に移動する可能性はあり得た。
+
#*年末年始の休みを返上しなければならない職員が多いため、労働組合から開催日変更の要求が出る。
+
#*あるいは、残業手当や休日手当の負担に頭を痛めた経営側が開催日変更を持ちかけたかもしれない。
+
#*他の正月番組と同様に、生ではなく録画で放送されるようになったかも。
+
#紅白歌合戦は年の始まりの恒例行事として認識されていた。
+
#NHKは実際の紅白歌合戦の枠に「今年1年を振り返る」的な番組を放送していた。
+
#*「ゆく年くる年」を拡大したバージョンとか・・・
+
#*「第九」を中心としたNHK交響楽団のコンサートだったかも。
+
#仮装大賞は大晦日のままだった。(第1回は大晦日の放送)
+
#紅白の終わった翌日に「今年の紅白はどっちが優勝した?」という引っかけ問題は通じなくなる。
+
#1月3日開催が定着していたとすると、正月休みの終わりの象徴になる。
+
#*「紅白を見ると『これで休みも終わり…』と憂鬱になる」という人が多く、「紅白症候群」という言葉が一般化する。
+
#それでも今のように辞退する歌手やユニットは出ていただろう。
+
#NHK放送センターの渋谷移転、NHKホールの開設は史実より早まっていたかもしれない。
+
 
+
[[Category:歴史のif検討委員会 テレビ番組史|こうはくうたかつせんかしんねんかいさい]]
+
[[Category:紅白歌合戦|もししんねんかいさい]]
+

2015年3月19日 (木) 17:09時点における版




関連記事