新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

「もしあの番組が今でも続いていたら/テレビ朝日系」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(ギブUPまで待てない!!)
1行目: 1行目:
 +
{{保護検討}}
 
※1975年4月の「腸捻転」解消前の[[毎日放送|MBS]]、解消後の[[朝日放送|ABC]]の制作番組を含みます。<BR>
 
※1975年4月の「腸捻転」解消前の[[毎日放送|MBS]]、解消後の[[朝日放送|ABC]]の制作番組を含みます。<BR>
 
※新設項目は50音になるように挿入してください。
 
※新設項目は50音になるように挿入してください。

2012年9月30日 (日) 08:40時点における版

保護検討中
このページは、現在保護が検討されています。詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。

※1975年4月の「腸捻転」解消前のMBS、解消後のABCの制作番組を含みます。
※新設項目は50音になるように挿入してください。

関連項目

愛のエプロン

  1. 今現在活躍しているアイドル(AKB48など)がエプロンガールズとして登場。

あばれはっちゃくシリーズ

  1. 2009年で28作目となっている。
  2. 90年代くらいからジャニーズJr.所属タレントが桜間長太郎役を務める。
    • 顔はいいんだろうが、なんか激弱な感じだなぁ・・・。
    • 意外に『まえだまえだ』が長太郎役を務めたりして。
  3. もちろん「父ちゃん情けなくて涙出てくらぁ!!」の名台詞は健在。
    • 東野英心氏の死去後、誰が父親役を受け継いでいたか…。
      • 中田譲治が受け継いでいたと思う。
    • しかし「このシーンは余りにも暴力的で、DVを助長している」と彼らから抗議が殺到するようになる。
      • まぁ、実史で「テレ朝チャンネル」での再放送出来ない理由になってるから。
  4. 朝日放送では、部長刑事シリーズ放送のため、本放送より2時間半早い夕方5時スタートだったが、部長刑事シリーズが2002年3月に終了してからはテレビ朝日と同時ネットになった。
  5. 枠の繁栄に貢献した「おぼっちゃまくん」や「スラムダンク」が放送されておらず、裏の「クイズダービー」で出題したあとそのまま当枠で放送する事態もなかった。

アフタヌーンショー

  1. 「ヤラセ」はほとんど表に出ることなく完全にタブー化していた。
  2. テレ朝正午枠はいまなお「スパモニ」のような全国ネットのまま。
    • 「ミヤネ屋」のネット局も現実ほど広がらなかった。
  3. 今は「スーパーアフタヌーン」になっているだろう。
  4. 川崎敬三と聞かれ、判らない30歳未満の人間が少なかった。
    • 一応、打ち切り時の男性司会者ね
      • サザエさん(TBS実写版)のマスオさんね。
    • 30歳以上だが知らない。(自分は36歳)
  5. TBSだけが悲惨。
    • 笑っていいともスタート後の番組変更が20を超えている。
      • ローカル枠なんてことも。そうなるとテレ朝系のなかった地方は「アフタヌーンショー」の同時ネットで埋めていた。
        • MBSは自主制作を開始してそれが一部局でネットされるようになり、そのうちコテコテの関西色を残したままTBSでもネットって可能性も。
    • 「スーパーダイスQ」「シャボン玉こんにちは」「ポーラテレビ小説」といった長寿番組が80年代半ばに相次いで終わったからね。
  6. 視聴者層のダブる日テレも悲惨になった可能性。
    • だが、それでも「いいとも」は近年まで生き残った。もし「いいとも」まで打ち切りになればフジはワイドショーを(正確には)復活させた。
      • その後NHKも11:00~12:45まで「NHKニュース 正午にっぽん」になった可能性。
  7. 「夕刊キャッチアップ」がここで流れていた可能性。

ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!

  1. もちろん司会はウッチャンナンチャンのまま。
  2. イライラ棒は健在。
    • 他局の番組で「グラグラ棒」や「ヒラヒラ棒」といったパロディ版が登場していた。
  3. 賞金の額が多様化していた。
    • タイトルから「これができたら100万円!!」が削られていた。
  4. イライラ棒以外もゲーム化されていた。
  5. 100問シリーズではプリキュアや平成ライダーシリーズも対象になっていた。
  6. 無人島生活や帰れま10に近い企画が放送されていた。
    • ただし参加するのは視聴者。

大相撲ダイジェスト

  1. NHKの「今日の全取組」はなかった。
  2. 解説は、舞の海・KONISHIKIなど
    • デーモン閣下や、やくみつる氏も登場。
  3. 最近の一連の不祥事でテレ朝にも非難が集中する。
    • 2011年5月の技量審査場所を放送するかどうかで大モメ。
    • スポンサーが引けば、放送中止もありうる。
  4. どうでしょうリターンズはなかった。
  5. 初日前日の土曜日に放送されていた「OH!相撲」も放送。

ギブUPまで待てない!!

  1. 男闘呼組以降のジャニーズが出演。
  2. プロレス人気も息の長いものになっていた。

クイズタイムショック

  1. 当然「タイムショック21」は存在しない。
  2. 現在も生島ヒロシが司会だった。

グッドモーニング

  1. オナッターズに代わる新ユニットが登場していたかも。
    • パイレーツは間違いなく出ていたであろう。
  2. てん・ぱい・ぽん・ちん体操の歌い手も変わっていた。
    • 草尾毅か宮田幸季になっていただろう。
  3. 1990年代後半頃から、芸人がネタを披露する番組になってたかも。
  4. フジテレビ系の同名タイトルのテレビドラマは別のタイトルになっていた。

三枝の国盗りゲーム

  1. 「クイズ!年の差なんて」(60分)は別時間になってたか、桂三枝以外の人物が司会を務めていた。
    • 同じくクイズ番組である「クイズ$ミリオネア」(同じく60分)も放送されていなかったか、別時間になっていたか、日本テレビで放送されていた
  2. 三枝の上方落語協会会長就任により司会は藤井隆辺りに変わり、タイトルも「国盗りゲーム」に変更。
    • むしろ新しい司会者の名前が付いて「○○の国盗りゲーム」という形が残ったのでは。
  3. 参加者が芸能人だけになっていたかもしれない。
    • 改編期には「テレビ朝日番組対抗大会」も開催。
    • さらに、特番時には「お願い!ランキング」「関ジャニの仕分け∞」みたく「声優大会」も開催。
    • 「アタック25」みたいに「テレビ朝日系列女性アナウンサー大会」も行なわれる。
  4. 後にテレビゲーム化される。
    • アーケードゲームにもなる。

CNNデイウォッチ

  1. 高学歴女性タレントの登竜門になっていた。
  2. 放映されていた系列局も多くなっていた。
    • 当時はテレ朝のほか、静岡県民放送(現:静岡朝日テレビ)、秋田朝日放送、福島放送、琉球朝日放送などで放送されていた。

西部警察

  1. 製作費がかかりすぎるため、パート12あたりから話数が減っていった
    • 現在では12話くらいかな?
    • 場合によってはCGを使わざるを得なくなる。
    • 地方ロケ編は大幅に削減。
  2. 木暮謙三は石原裕次郎の病状が悪化していくごとに登場回数は減っていった。
    • 最終的に降板。
  3. 実況板の「お約束」が増える。
    • 何かが爆破される度に「○○爆破キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!」みたいなレスでスレが一気に埋まる。
  4. 現在、実史でCSチャンネルでは「ファミリー劇場」での放送だが、これが、「テレ朝チャンネル」で放送されている。
  5. 最近の不況で、日産がスポンサーから撤退かな?
    • その場合トヨタが"Super86""ソアラ・オープン"、"マシン(マーク)X"とかやらかすかもしれない。
  6. 平成新局が次々開局していた頃は開局記念の地方ロケがお約束になっていた。

世界一周双六ゲーム

  1. 世界情勢によってマスの都市が変更されている。
    • 例としてはコロンボ消去(スリランカ内戦や遷都)、ニューヨーク→フィラデルフィア(同時多発テロ事件)などが挙げられる。
      • 後者はそのままだと不自然すぎるので2001年末くらいに元に戻されている。
    • カブールも消えてるな多分。
      • 代わりにタシケントあたりが組み込まれている。
    • 都市を辿るルートも変更されている。
      • バンコク-アジスアベバ間はカルカッタ-ムンバイ-ドバイ-リヤド経由に。
        • 外れたアンカラとカイロはテルアビブかベイルートを加えカサブランカ-ローマ間に組み込み。
        • テルアビブかベイルートだと別の問題が発生しそうなのでむしろチュニスあたりが追加されていた。
      • ニューオーリンズ-リオデジャネイロ間もジャマイカかケイマン諸島経由に。
      • ソ連崩壊で東欧・ロシア関係も手が加えられる。
        • ウィーン-モスクワ間はキエフ(ウクライナ)経由、モスクワ-ストックホルム間はビリニュス(リトアニア)経由とか。
          • 前者はベルリン経由の方がありそう。
        • ソウル-ウランバートル間をウラジオストクかハバロフスク経由に。
    • 世界遺産スペシャルバージョンが制作され、経由都市は世界遺産の名称または最寄り都市に変更される。
  2. 状況によっては1時間番組に昇格し、長寿クイズ番組としての威厳を保っている。
    • ただし、参加者が芸能人だけになっていたかもしれない。
      • いや、「新婚さんいらっしゃい!」や「アタック25」と同じスタンスで、日曜の昼に移動。一般参加もまだやっている。
    • 2008年現在、司会は宮根誠司。(かっての乾浩明の部下でもある)
      • フリーになってからは柴田アナに交替?
        • 2012年現在なら浦川泰幸アナか?
  3. パネル式から1990年代にモニターへ変更。
  4. 乾アナの人生が少しだけ変わった?
  5. 後にゲームも発売される。
    • そういえば、ボードゲームは存在したな。
    • 90年代にはスーパーファミコンやメガドライブ、2000年にはPS2やWiiで発売される。
  6. 「逆飛行機」「逆オーロラ」などという血も涙もないルールが・・・。
  7. 優勝賞品は「アメリカ西海岸旅行」のまま。
    • もしくはハワイかグアムあたりに変更。
  8. 「芸能人大会」や「高校生大会」も開催されていた。
    • 改編期には「テレビ朝日番組対抗大会」も開催。
    • さらに、特番時には「お願い!ランキング」「関ジャニの仕分け∞」みたく「声優大会」も開催。
    • 「アタック25」みたいに「テレビ朝日系列女性アナウンサー大会」も行なわれる。
  9. 他局や他のANN系列局でパロディ企画が行なわれるかも。
    • 例)「日本一周双六ゲーム」「北海道一周双六ゲーム」など。
  10. 特番の際には通常よりマスが増えたバージョンがあったかも。

象印クイズピントでピント

  1. 土井まさる亡き後の司会は、後番組の司会者・梶原しげるあたりか?
    • 文化放送つながりでみのもんたというのもありだが、淡々とこなさなければいけないこの番組の司会がつとまるだろうか…。
      • QRなら吉田照美はどうでしょうか。
    • まぁ、実史では「ヒントでピント」の後継番組「象印ニュースクイズ パンドラタイムス」の司会が、梶原しげるだったから。
  2. 最新のCG技術を多用し、テクニカルがめちゃくちゃ難しくなっている。何から何に変化するかとか。
  3. 2009年2月のテレビ朝日開局50周年記念では特別番組が放送されていた。
  4. 土曜日20時台の1時間番組に昇格していた。
  5. 男性軍のキャプテンは薬丸裕英が、女性軍のキャプテンは山咲千里がそれぞれ務めていた。
  6. 特番時には「お願い!ランキング」「関ジャニの仕分け∞」みたく「声優大会」も開催。
    • その場合の男性軍のキャプテンは三ツ矢雄二が、女性軍のキャプテンは水樹菜々がそれぞれ担当。
  7. 今でも象印の一社提供。

象印スターものまね大合戦

  1. 玉置宏氏降板後の司会は、誰になるんだろう?
  2. 象印賞は健在。

ダイビングクイズ(ネットチェンジ前のMBS制作)

  1. 解答者は滑り台につかまってクイズに答える。間違えると滑り台の角度が上がってゆき、耐え切れず落っこちれば失格という基本ルールはそのまま。
  2. 司会は誰になる?

どーする?!TVタックル

  1. 今でも関口宏氏が司会だった。
  2. ビートたけし・大竹まことの両氏は、出ていなかった。

特捜最前線

  1. 『はぐれ刑事純情派』や『相棒』といった伝統の水9刑事ドラマ枠はなかった。
    • その場合、これらの作品は木8で放送すると思われる。
  2. 日産の新車が特捜車として登場している。
  3. 平成仮面ライダーシリーズの主演者が若手刑事役として出演している。
    • もちろんスーパー戦隊やメタルヒーロー関係の役者も刑事役として出演。
    • ウルトラマン主演経験者も刑事役になっていた。
      • 史実では黒部進、森次晃嗣、真夏竜、長谷川初範の4人がゲスト出演。ちなみにショパンの出演時の犯人役はまさかの宮内洋。
    • 婦警も特撮ヒロイン経験のある女優が演じている。
  4. 神代が警視総監、橘が課長にまで出世している。
  5. 年1~2回の割合で、SP版が放送される。
    • 映画化される可能性も。
  6. 「はぐれ刑事」や「相棒」シリーズみたいに半年クールで交代している。(たぶん今だとSeason33か34)
    • その場合前番組の「特別機動捜査隊」が番組編成期の間にSPで放映される。
    • OPはお台場~国会議事堂間をフーガ、スカイライン、ティアナで走り抜ける(もちろんパトランプ点灯)
  7. 特撮キャストの出演率の高いドラマだっただけに、ライダー、戦隊、メタルヒーローなどの東映の特撮番組とコラボするエピソードが放送される。
    • 宇宙刑事やレスキューポリスといった警察ヒーローとはウマが合いそう。
      • デカレンジャーとは本気でクロスオーバーしていたかも。捜査方針で対立する橘刑事(その場合は課長になってるか)とホージーのシーンとかあったりして。
    • 時効警察とコラボしてたかもしれない。
  8. 昔の「西部警察」みたいに日本全国縦断ロケが行われるかも。
    • もちろん、その地元のテレビ朝日系列局が制作協力。

ドラえもん(大山のぶ代版)

  1. もうすこし視聴率は高かっただろう。
    • その場合(史実では大山の後任となった)水田わさびはゲストキャラ役で出演する程度にとどまっていた。
      • 現実、ゲストキャラで出ていたような。
  2. この嘘ニュースが現実化する。
  3. ドラえもん役が水田わさびになることはなかった。
  4. 史実通り渡部猛が亡くなった際、三代目神成さん役は誰になっていただろう?

ニュースステーション

  1. 今でも久米宏がメインキャスターを勤めていた。
    • サブキャスターは、渡辺真理のまま。
  2. 古館伊知郎はコメンテーターになっていたかも知れない。
    • それはどうだろうか?Nステ最終回で古館から久米への花束贈呈が無かったから。
  3. スポーツは前田アナあたりが担当?
    • そこは武内アナじゃない?前田アナには「やべっちFC」があるし。
  4. 今でもサッカーコーナーは川平慈英が担当。博多華丸にとっては川平ネタが増える。
  5. 2007年に中日が日本一になった日には渡辺宜嗣アナが番組ジャックしたかも。
  6. 立松和平氏が亡くなったときには、時間の半分を追悼企画にして放送。

人気者でいこう

  1. 芸能人格付けチェックは1か月に1回くらいの特番専用になっていた
    • 特撮、政治家、社長、歌手、サッカー選手専門のなどもやっていた
      • 特撮は3流以下になると戦闘員マスクをする羽目に・・・
    • 声優アーティスト専門は行われるのか?。
  2. 「西部警察」スペシャル放送時に「早大門」が一時復活していた。

熱血27時間炎のチャレンジ宣言!!

  1. 炎チャレが終わっても、黄金伝説やロンドンハーツ、学べるニュース等毎年メイン企画を変えて続いていた。
  2. 放映期間は相変わらず11月第1週土日で固定、全日本大学駅伝を内包
  3. 小学生30人31脚は史実よりもずっと早く終了していた。
  4. 日曜朝には、通常放送されているアニメ・特撮がコラボするスペシャル番組を放送。
    • スーパー戦隊とメタルヒーローのコラボが実現していた…かも。
      • むしろ日曜夜にドラえもんSPを放送してたかも。FNSのサザエさんに対抗する形で。
        • そこはクレヨンしんちゃんの方がいいと思う。
  5. 「FNS夢列島」に倣ってANN系列局対抗企画が恒例行事に。
  6. 「パネルクイズアタック25」のスペシャルが放送される。
    • 「ヒントでピント」や「100万円クイズハンター」「世界一周双六ゲーム」など歴代のテレ朝系のクイズ番組の復刻版が放送される。
  7. 21世紀に入ると「パネルクイズアタック25」の司会者である児玉清が総合司会を2010年まで務めることになる。

年中夢中コンビニ宴ス

  1. もし放送界であの事件がなかったら#『年中夢中コンビニ宴ス』伊藤園ウーロン茶紹介事件(2001年)」である。
  2. クレヨンしんちゃんは土曜19:00枠に移動することはなかったか、2002年春に放送を終了した。
  3. お願い!ランキングのゴールデン進出もなかった。

春一番!日本一のアニメ祭り

  1. おそらく「おジャ魔女どれみ」や「プリキュアシリーズ」のキャラクターは確実に出ていただろう。
  2. ドラえもんは2005年まで大山のぶ代版におけるデザインのまま続き、2006年からは水田わさび版におけるデザインに変更される。
  3. 「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」は常連になっていた。
  4. 1994年以降も続いていたら登場アニメはこうなっていたと思う(ドラえもんとクレしんを除いて)。
    • 1994年:美少女戦士セーラームーンS、ママレード・ボーイ、スラムダンク、クッキングパパ、平成イヌ物語バウ
    • 1995年:美少女戦士セーラームーンSuperS、ママレード・ボーイ、スラムダンク、H2、魔法陣グルグル
    • 1996年:美少女戦士セーラームーン セーラースターズ、ご近所物語、スラムダンク、怪盗セイント・テール

ビートたけしのスポーツ大将

  1. カール君やダイナマイトジョンソン君・ツヨイナーちゃんなどの流れを汲む新キャラが生まれていた。
    • 「ボルト君」は確実に出て来るかな。
    • 水泳の場合「コースケ君」や「ソープ君」が登場かも。
  2. プロ野球シーズンオフになると現役プロ野球選手軍団VSたけし軍団草野球チームの草野球対決が恒例行事に。
    • 芸能人の中で「打倒!たけし軍団」を掲げ草野球チームを結成するのがブームになる。

100万円クイズハンター

  1. ルールはほぼ変更無し。
    • 景品もそのまま?
  2. 司会は柳生博のまま。
  3. KBCは放映されないまんま。
    • メーテレや朝日放送も。
  4. 「芸能人大会」や「高校生大会」も開催されていた。
    • 改編期には「テレビ朝日番組対抗大会」も開催。
    • さらに、特番時には「お願い!ランキング」「関ジャニの仕分け∞」みたく「声優大会」も開催。
    • 「アタック25」みたいに「テレビ朝日系列女性アナウンサー大会」も行なわれる。

プロポーズ大作戦

  1. きよしの参院選出馬、やすしの芸能界追放もあって司会者は変わっていた。
    • 単純に考えると紳助竜介orオール阪神巨人からダウンタウンときて、今は誰だろう…
      • チュートリアルorフットボールアワーあたり
  2. ドラマ「プロポーズ大作戦」は制作されないかタイトルが変わっていた。
  3. 某ビールメーカーのCMに当番組のテーマ曲が使用されていたが、それが出来なかった。
    • スポンサーになっていれば別。

みごろ!たべごろ!デンセンマン

  1. デンゼンマン人気が再燃していた。
    • 電線音頭をカバーしたCDも発売されていた。
      • カバーCDのおかげで、巷ではメジャーな宴会芸になり、「あっそれ電線に!スズメが三羽止まってた!」が響くかも。
      • オフィス北野の社長が未だに「初代電線マンの森社長」といわれ続けている。
      • 場合によってはデンセンマンとスーパー戦隊シリーズor平成仮面ライダーシリーズとのコラボが実現していた。
  2. もう少し視聴率が稼げる時間帯に移動していた。
    • そして「Qさま!!」や「クイズ雑学王」みたく、ゴールデンに進出。
      • 放送する曜日次第だが、視聴率は高かろう。
  3. 金剛地武志は「エアギターの人」呼ばわりされずに済んだ。
  4. キャンディーズ枠に入るのは今なら誰だろう?
    • 意外性でパヒュームじゃないかと。
    • 声優界からスフィアかもしれない。
    • ももいろクローバーかスマイレージあたりかな。
    • 渡り廊下走り隊(AKB48の派生ユニット)かも。
      • 同じAKB48の派生ユニットならノースリーブスもアリ。
    • テレビ局の枠を超えてPaboが登場。
  5. 番組公式サイトに「番組を応援してくれる方を(略)」とふざけて書かれる事件もなかったので短命番組と呼ばれることはなかった。
  6. スーちゃんこと田中好子が亡くなった際には、時間の半分を緊急追悼特番にして放送していた。

勇者シリーズ(メ~テレ制作)

  1. 幻の9作目も放送されていた。
    • 10作目では過去の勇者シリーズ登場ロボが共演するオールスター作品になっていた。
    • バーンガーンがアニメ化され、11作目に。
      • そして12作目はヴァリオンになる。
        • 玩具化のためにヴィクトリオン、ギャラクシオンのデザインや設定が大幅に変更されていた。
        • さらに、13作品目は量子跳躍レイゼルバーに。
        • 14作目は魔法の勇者ウィザリオンに。
          • 勇者シリーズにも魔法戦隊のように魔法を取り扱う作品が登場していた。
  2. 放送枠は今でも毎週土曜夕方5時30分。
    • したがって日曜日の朝7時に移動しなかった。
      • 史実のクラッシュギアの辺りからは放送枠を移動していたと思うが・・・。
  3. タカラトミー誕生を機に、エルドランシリーズと統合されていた。
    • 勇者とエルドランが同一の世界を守っていた設定の作品が製作される。
  4. 和製ビースト以降のトランスフォーマーは製作されなかった。
    • 海外でのトランスフォーマーはマシーンズの不振を機に再び中断期に入っていた。
  5. 「Bビーダマン爆外伝シリーズ」「ニャニがニャンだー ニャンダーかめん」「クラッシュギアシリーズ」「かいけつゾロリシリーズ」「古代王者 恐竜キング Dキッズ・アドベンチャー」「バトルスピリッツシリーズ」は番組自体存在しなかった。
    • 史実において上記のアニメに出演していた声優・スタッフ達の多くはなんらかの形で勇者シリーズに関わっていた。
    • 恐竜キングの放送時期の勇者の監督は、ダ・ガーン以来久々に谷田部勝義が担当していた。
      • 当然、勇者シリーズ18作目は勇者恐竜ダイノカイザーになり1年半放映。勇者シリーズで最長の放送期間となる。
        • 19作目以降、この枠の改編期は史実通り9月になる。
          • 20作目は「勇者シリーズ放映開始20周年記念」として過去の勇者シリーズ登場ロボが共演する、いわゆる「仮面ライダーディケイド」みたいな作品になっていた。

ラブアタック

  1. 横山ノックの大阪府知事就任後は上岡龍太郎・和田アキ子の2人体制、上岡引退後は島田紳助にバトンタッチされた。
  2. 出場者は、学生が主流ではなく、30歳以上やアラフォーが主流。第1部のスポーツ大会と第2部の歌は廃止
  3. 放送は日曜の夜か土曜の夜
  4. 探偵!ナイトスクープは無かったかもしれない。
  5. キダ・タロー先生作曲のOPテーマソングも現代テクノ風にアレンジされる。

料理バンザイ!

  1. 司会者は変更されていた。
  2. スポンサーは雪印から味の素(実史の後番組のスポンサー)に変更。

霊感ヤマカン第六感

  1. フランキー堺の死後は松岡きっこが3代目司会者に就任していた。
    • その際、OPテーマソングも現代テクノ風にアレンジされる。
    • アタック25みたいにしぶとく使う可能性大か新婚さんみたいに40年ぐらい経ってから大胆なリニューアルをしそう。
    • やはり松岡きっこは常連解答者では?で、男性陣の常連のピーターに、毎回「こっち(女性陣の席)に座るべきよ」と言うのが「お約束」に。
  2. 上記の世界一周双六ゲームと同じように日曜の昼に枠移動していた。
    • サンデースクランブルの放送もなかった。
  3. 裏のドラゴンボールシリーズは、ヒットしなかった。
  4. 特番時には「芸能人大会」や「高校生大会」、「テレビ朝日番組対抗大会」や「声優大会」、「テレビ朝日系列女性アナウンサー大会」も行っていた。

ワイドショー・プラスα

  1. この後番組である「晴れ時々たかじん」などはもちろんなかった。
    • それでもたかじんはABCと絶縁している。
  2. キャスターは後々交代していたはず。
    • 三代澤アナがこっちの司会をやる場合「スラスラ水曜日」や「ワイドABCD~Eす」は存在しなかった。
    • もしかしたら宮根誠司が「おはよう朝日です」ではなくこの番組の司会をやっていた可能性も。
  3. 場合によってはANN系ネットワークセールスに転換していたかも。
    • その場合、「こんにちは2時」もなかった。
    • 実際には一部系列外でも放送されたので、「モーニングショー」並みの全国ネットになっていて、「2時ワイド」非ネットのNNS局もネットしていたかも。
  4. 裏番組「2時のワイドショー」はそんなに長続きしなかっただろう。
  5. ABCエキスタでの公開放送になっていたかもしれない。



関連記事