新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしあの選手にアクシデントがなかったら

提供: chakuwiki
2011年10月2日 (日) 23:55時点におけるFukushin (トーク | 投稿記録)による版 (赤星憲広)

移動先: 案内検索

野球

赤星憲広

2007年、広島戦でダイビングキャッチを試みた際に首を強打しなければ?

  1. 2011年現在も現役を続けている。
    • 城島・藤井・新井などと1976年度生まれの同級生集団を形成していた。
    • マートンを獲得することもなかったか?
  2. 2008年以降の阪神の成績も史実よりは良かった。
    • リーグ優勝を果たしていた可能性もある。

井上真二

ブレークした1989年、夏場に阪神キーオから頭部死球を受けなければ?

  1. 規定打席到達の年度が数度はあったろう。
    • 主軸を打つのは無理でも、末次くらいの存在にはなった可能性も。

栄村忠広

1988年、吉村との衝突事故がなければ?

  1. 代走、守備要員として巨人で数年過ごしたろう。
    • その後、守備走塁コーチもしくはトレーニングコーチくらいにはなれたかも。

田淵幸一

1983年、近鉄柳田からの死球による長期欠場がなければ?

  1. バースの前にホームラン日本新記録挑戦が話題になった。
    • それまで55本超のホームランペース。
    • 多少ペースは落ちるにせよ、50本以上は現実的だった。

吉村禎章

上記の栄村との衝突事故がなければ?

  1. プロ通算200号本塁打を達成していた。

大相撲

小錦八十吉

1986年夏場所、北尾戦でのヒザの負傷がなければ?

  1. いずれにせよ、どこかで負傷はしている。
    • あれだけの巨体ゆえ、故障は必然。それどころか、力士生命自体絶たれるような大怪我をしていた可能性も?

ボクシング

赤井英和

1985年、大和田正春戦で意識不明にならなければ?

  1. もう1回世界挑戦のチャンスを与えられただろう。

竹原慎二

1996年、ウィリアム・ジョッピー戦で網膜剥離にならなければ?

  1. ミドル級王座奪取は無理でも、指名挑戦者ぐらいにはなれたかも。

浜田剛史

1981年、デオ・ラバゴ戦で左拳を骨折しなかったら?

  1. 史実(1986年)より2,3年早く世界王座を獲得する事が出来たかも。

プロレス

大仁田厚

1983年、へクター・ゲレロ戦終了後のトップロープからの着地失敗による左膝蓋骨粉砕骨折がなければ?

  1. 全日でジュニアヘビー級の絶対王者になっていた。
  2. バラエティ番組で松野に椅子を投げつけるシーンも見られなかった。

サッカー

菊地直哉

不祥事を起こしていなかったら

  1. 大分や新潟に移籍することはなく、現在でも磐田の主力選手として活躍していた。
    • 当然、ドイツにトンズラする事もなかった。
  2. 2008年に磐田が入れ替え戦でJ2降格のピンチに陥ることはなかった。
  3. 2010年の南アフリカW杯の代表に選ばれていた可能性も。
  4. ネスレが磐田のスポンサーから撤退→神戸に鞍替えすることもなかった。



関連記事