新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしあのAKB48メンバーの移籍が○○だったら

提供: chakuwiki
2020年3月24日 (火) 21:05時点におけるTc79929 (トーク | 投稿記録)による版 (関連項目)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

もしAKB48が○○だったら > もしあのAKB48メンバーが○○だったら > 移籍

あのメンバーが他グループへ移籍していなかったら[編集]

  • 新規追加は移籍順でお願いします。

指原莉乃[編集]

  1. 選抜常連であることはほぼ現実と変わらない。
    • 謹慎か降格の可能性もあった。
      • さすがに降格することはない。謹慎して、チームBになっていたこともある。
  2. 第3回じゃんけん大会にも出場。
    • 衣装はやはりジャージで出場していた。
      • 場合によっては大場美奈とのジャージ同士の対決も見られた。
      • 時期的に2ndシングルの衣装かも。
  3. 総選挙で1位になることはなく、順位も下げていただろう。
    • もしかしたら神7に入っていない。8位だ。最高で3位だったはずであろう。
  4. 東京ドーム公演でHKT48との兼任が発表されていたかもしれない。
    • その場合、多田愛佳も移籍ではなく兼任だった。
  5. (上記の兼任もなかった場合)HKT48は伸び悩んでいた。
    • デビュー曲はオリコン1位こそ取るものの、売り上げは現実の半分程度に留まる。
    • 第5回総選挙でも新たにランクインしたのは兒玉遥のみにとどまっていた。
    • 第7回総選挙で宮脇咲良が神7入りすることはなかった。
  6. 未だにヘタレキャラの域を脱していなかった。
  7. 『さしこ+』はHKT48のメンバーの登場回数が史実より少なかった。
  8. HKT48は史実ほどロリ中心になることはなかった。
    • ロリ中心になったのは指原の好みだとみなされることもなかった。
    • ドラフト会議ではロリ以外のメンバーも満遍なく受け入れていた。
    • メンバー構成も他の姉妹ユニットと同様にバランスの取れたメンバー構成になっていた。
  9. HKT48本体に所属しているメンバーも事務所に所属するメンバーが現れていた。
    • そもそもHKT48は史実ほど地域密着路線にはなっていなかった。
    • 村重杏奈以外にも事務所に所属するメンバーが増えていた。
      • 宮脇咲良、兒玉遥、田島芽瑠などは間違いなく所属していた。
    • ホリプロ、渡辺プロ、太田プロに所属するメンバーも現れていた。
  10. AKB48は大島優子卒業後は史実ほど渡辺麻友の1top体制になることはなかった。
  11. 2017年に起きた『11月のアンクレット』選抜メンバー不足問題で移籍の意義が問われることもなかった。

多田愛佳[編集]

  1. HKT48メンバーの私的交流事件がなければ十分あり得た。
    • 1期生5人の活動辞退がなければ欠員補充で移籍させられることはなく、あっても兼任の形をとっていた。
  2. 渡り廊下の事実上の活動休止→解散はなかった。
  3. 「さしこ+」への登場回数は少なかった。
  4. 第6回じゃんけん大会では今村麻莉愛と共演することはなかった。
    • そもそもニワトリの親子のコスプレで出場していなかった。

仲川遥香[編集]

  1. ジャンケン大会には例年どおりパジャマで出場していた。
  2. 第5回以降の選抜総選挙に立候補していた。
    • それでも圏内にはランクインしている。
  3. 「少年よ 嘘をつけ!」が大コケしたことでJKTに左遷されられたとみなされることはなかった。
    • 渡り廊下走り隊7は活動休止状態になることはなかった。
      • 自然消滅的な解散に追い込まれることもなかった。
      • メンバーの仲が悪くなって解散を発表したデマもなかった。
  4. 野澤玲奈との交換条件でJKT兼任メンバーになっていた。
  5. ニックネームは「はるごん」のままだった。
  6. JKTの人気は伸び悩んでいた。
    • AKBの海外進出は失敗したとみなされていた。
    • 仲川遥香はCM女王にすらなれなかった。

宮澤佐江[編集]

  1. メンバー個人の人気面ではほぼ現実と変わらない。
  2. DiVAが活動休止状態になることはなかった。
  3. SNHの知名度は低いままだった。
  4. SKEとの兼任メンバーにもならなかった場合、AKBとセブン&ホールディングスとの関係が悪化することはなかった。
    • 2013年以降もセブン-イレブンはAKBとのキャンペーンは続いていた。
    • ローソンに鞍替えすることもなかった。
      • それを言うなら「NGTがローソンと組むことはなかった」ではないかと。

市川美織[編集]

  1. じゃんけん大会は毎年のようにレモンの衣装で出場。
  2. AKB48時代にNMB48との兼任がなかった場合は渡り廊下走り隊7のメンバーにもなっていた。
    • このため、暫定メンバーとして加入した浦野一美は玉突きで脱退していた。
    • 多田愛佳・仲川遥香も移籍することなく、活動休止状態→解散することもなかった。
  3. 市川愛実と「W市川」で人気を二分していた。
  4. 交換条件として小笠原茉由がAKB48に移籍することもなかった。
  5. ユーチューバーにはなっていなかった。
    • 吉田朱里がユーチューバーとしてブレイクしたことがきっかけで自身もユーチューバーとして売り出したため。
  6. 2017年には広島レモン大使を務める縁でSTU48と兼任していたかも。
    • その分、岡田奈々の兼任はなかったか?

梅田彩佳[編集]

  1. 第6回選抜総選挙で順位を大きく落とすことはなかった。
  2. チームBのキャプテンをし続けていた。
  3. DiVAが解散に追い込まれることもなかった。
  4. AKB48を卒業するまでもう1人の昭和生まれの小嶋陽菜をフォローし続けていた。
  5. NMB48の平均年齢がインフレ化することもなかった。

木崎ゆりあ[編集]

  1. おそらく2014年中にSKE48を卒業し、東京の事務所に移籍して活動していた。
  2. もちろん「GTO」には出演していない。

中西智代梨[編集]

  1. じゃんけんに強いメンバーだったのでHKTはじゃんけん大会に弱いと言われることもなかった。
  2. 第5回じゃんけん大会では朝長美桜とともにHKTメンバーとしてベスト16入りしていた。
  3. 第6回じゃんけん大会でもHKTメンバーとしてベスト16入りしていた。

北原里英[編集]

  1. 第7回選抜総選挙ではアンダーガールズのままだった。
  2. 2015年中に卒業していた。

あのメンバーがあのユニットへ移籍したら[編集]

○○→SDN48[編集]

  • 現在のチーム4メンバーが昇格した時、SDN48への移籍が考えられましたが、実現しませんでした。
篠田麻里子
  1. SDN48の選抜メンバー常連になっていた。
    • センターも務めていた。
  2. SDN48のシングル売り上げは現実以上に増えていた。
    • SDN48の解散もなかった。
  3. 24thシングルは「上からマリコ」ではなく「走れ!ペンギン」となっていた。
小嶋陽菜
  1. SDN48の選抜メンバー常連になっていた。
  2. SDN48の人気は現実以上に上昇していた。
    • SDN48の解散もなかった。
  3. ノースリーブスの活動が危ぶまれた。
梅田彩佳
  1. 梅田悠とともに「W梅田」で人気を二分していた。
    • 2人とも似ているのでよく間違えられた。
  2. DiVAは小林香菜がメンバーになっていた。
秋元才加
  1. チームKのキャプテン不在期間は続いていた。
    • 新キャプテンとして、宮澤佐江がキャプテンとなっていた。
  2. DiVAは宮澤佐江・増田有華・小林香菜のユニットになっていた。
    • 奥真奈美が卒業しなかった場合は奥真奈美もDiVAのメンバーになっていた。
大島優子
  1. SDNの人気は上昇するが、小原春香のようにイメージに合っていないと叩かれたりするなど、SDN移籍は賛否がわかれた。
  2. SDN48の選抜メンバー常連になっていた。
  3. 第4回総選挙では渡辺麻友が1位となっていた。
  4. Not yetは同じ事務所の前田敦子が後継メンバーとなるが、前田卒業後は大島が復帰していた。
    • 渡り廊下走り隊7のようなユニット体系になっていた。
  5. 子役出身者がセクシー路線を突き進んでいた。

渡辺麻友→乃木坂46[編集]

  • 「さばドル」で渡辺麻友(実は38歳の高校教諭で本名は「宇佐しじみ」)が乃木坂46へ移籍しました。もし、現実で移籍したら?
    • 史実では松井玲奈が兼任メンバーという形で実現しています。
  1. 世間は大騒ぎした。
  2. 乃木坂の人気は上昇した。
    • しかし「乃木坂のテコ入れ策」と冷ややかに見る者も少なくなかった。
  3. 渡り廊下走り隊7の存続が危ぶまれる。
    • 移籍後は市川美織が渡辺のポジションを継いでいる。
  4. 史実ではコラボユニット「まゆ坂46」の楽曲となっている「ツインテールはもうしない」は乃木坂のものになっていた。
  5. 渡り廊下走り隊7は公式ライバルのメンバーがいるユニットとして注目されていた。
  6. AKBで史実通り指原莉乃が台頭した場合、よりライバル関係が注目されていた。

岩田華怜→SKE48[編集]

2014年のメンバー組閣でSKEへ移籍する予定であったが、学業との兼ね合いで実現しなかった。

  1. SKEに東北出身のメンバーが登場していた。
  2. 選抜総選挙にランクインしていた。
  3. 現在でもSKEに所属している。
    • ホリプロに移籍することはなかった。
  4. 2015年のメンバー組閣ではNGT48に移籍していたかもしれない。
    • 柏木由紀はNMB48兼任のままかAKB48チームB専任になっているであろう。

浦野一美→○○[編集]

SKE48
  • SKE48が結成された時、秋元康から移籍を提案され、軽くOKしたところ、移籍されかけましたが、実現しませんでした。
  1. SKE48の平均年齢は少し高めになっていた。
    • SKEメンバー最年長になっていた。
  2. 渡り廊下走り隊7の暫定メンバーになることはなかった。
  3. 中西優香・出口陽とともに移籍していただろう。
  4. 2014年頃に卒業していた。
AKB48
  • SDN48卒業目前に渡り廊下走り隊7の暫定メンバーになった浦野一美ですが、もし、AKB48に再移籍したら?
  1. メンバー最年長になっていた。
    • メンバーの平均年齢はインフレ状態になっている。
  2. 渡辺美優紀がNMBと兼任することはなかった。
  3. 平嶋夏海のポジションを継いでいる。

梅田彩佳→○○[編集]

梅田彩佳は2014年のメンバー組閣でNMB48に移籍したが、もし、移籍先が他の姉妹ユニットだったら?

全般
  1. NMB48メンバー最年長になることはなく、NMB48メンバーの平均年齢のインフレ化は起きなかった。
    • NMB48に昭和生まれのメンバーは存在しなかった。
HKT48
  1. HKT48の平均年齢が少し上がっていた。
    • HKT48の平均年齢が上がるので各グループともバランスの取れた平均年齢になっていた。
      • HKT48に昭和生まれのメンバーが登場していた。
      • 平均年齢が上がる分、第66回紅白歌合戦の出場が実現していた。
  2. 選抜総選挙で順位が下がるのは史実通り。
    • DiVAの活動休止状態→解散発表も史実と同じ。
  3. チェックのセーラー服姿を見ることができていた。
  4. HKT最年長なので指原莉乃の存在が少し薄れていた。
    • 劇場支配人を兼任することもなかった。
    • ロリ中心のHKTメンバーでは浮いた存在になっていたかも。
  5. DiVAはSKE48とNMB48を兼任するメンバーがいないことになっていた。
  6. 「さしこ+」にも度々登場していた。
    • 梅田彩佳を主題する回も実現していた。その場合、「うめちゃん+」となっていた。
  7. HKT48が年長メンバーの受け入れに意欲的だったらあり得た。
  8. HKT48のダンスリーダーになっていた。
    • 本村碧唯の影が薄くなっていた。
      • 現在に至るまで残留していたら多田愛佳卒業後のポジションについており、チームKⅣのキャプテンについていた。
      • =LOVEのダンス講師も務めていた。
SKE48
  1. 梅本まどかとニックネームの混同が起きていた。
    • SKE移籍に際して別のニックネームに変更していた。
  2. 総選挙で順位が下がるのは史実通りであるが、もう少し抑えられていた。
  3. 卒業が史実通りならSKEでは最後まで在籍した昭和生まれのメンバーとなっていた。

柏木由紀→○○[編集]

NMB48

柏木由紀は2014年のメンバー組閣でNMB48との兼任メンバーになりましたが、もし、兼任ではなく移籍だったら?

  1. 選抜総選挙での順位は史実通り。
    • ただし移籍したことでAKB48で上位にランクインするメンバーが半数以上を割っていた。
  2. フレンチ・キスの活動休止状態が続いていた。
    • 最悪の場合、解散に追い込まれていた。
NGT48

2015年にはNGT48との兼任メンバーになりましたが、もし、兼任ではなく移籍だったら?

  1. 選抜総選挙順位はほぼ変わらない。
  2. NGT48の人気と期待は史実以上だった。
  3. 代わりに北原里英が残留、あるいはNGTとの兼任メンバーになっていた。
  4. 男性スキャンダルが原因で左遷による移籍とみなされていた。
    • この場合、柏木が指原並みの×××キャラになりかねない。
    • そしてNGT自体も、「左遷先」としてイメージ悪化が避けられなかったかもしれない。
  5. それでもフレンチ・キスの解散は史実通り。

大島優子→SNH48[編集]

大島優子はAKB48海外留学計画が発表された際にSNH48への留学を希望していましたが、実現しませんでした。

  1. オタは大騒ぎ。
    • 「何かやらかして左遷されたのでは」と疑う声もあった。
  2. 現地では史実の留学メンバーよりは歓迎された。
  3. AKB総選挙には他の海外組同様に参加していたが、史実よりは順位はしただった。
  4. 史実通りにSNH48が48グループを絶縁されたときには鈴木まりやとともにAKB48へ再移籍していた。

指原莉乃→STU48[編集]

指原莉乃は2017年のSTU48結成とともにデビュー前まで兼任したが、もし、移籍だったら?

  1. HKT48は指原独裁の体制ではなくなっていた。
    • 尾崎支配人の復権が唱えられていた。
  2. 当然、劇場支配人も務めていた。
  3. デビュー後も残留し続けていただろう。
    • 岡田奈々の1トップ体制になってしまうこともなかった。
      • むしろ岡田奈々の影が薄くなっていたかも。
  4. 第3回ドラフト会議ではロリっぽい子をいくつも獲得していた。

関連項目[編集]

もしWiki/アイドル
女性アイドル ブレイクしていなかったら
ブレイクしていたら:女性アイドルグループ(あ~さ行/た~わ行
AKB48 ブレイクしていなかったら/ジャンル/結成時期/制度/活動拠点/卒業後の進路/
メンバー :移籍/もっと長く在籍していたら/こんな人がいたら
イベント :選抜総選挙 (開催年別)
ユニット :渡り廊下走り隊7
姉妹ユニット :SDN48/あの地域に結成されたら (関東/西日本)
事件 :2013年以前/2014年以降
坂道シリーズ あの地域に結成されたら/結成/メンバー
モーニング娘。 メンバー入りしていたら/解散していたら/もっと長く在籍していたら



関連記事