新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしペナントレースの開催方式が○○だったら

提供: chakuwiki
2010年1月17日 (日) 15:21時点における220.208.230.223 (トーク)による版 (30試合程度で区切り、年間6シーズン制になったら)

移動先: 案内検索

ここでは、ペナントレース開催方式の大幅変更があった場合を考えます。


シーズン試合数が250試合になったら

  1. 3月初旬開幕、11月初めに閉幕する。
    • 移動日も大幅に減り、ダブルヘッダー乱発。
  2. 投手の頭数が足りなくなる。
    • 従って本来二軍の選手も多く登板する。
    • 敗戦処理には野手が投げる。
  3. 必然的に、打者の記録が驚異的になる。
    • おかわり中村はシーズン150ホーマーくらい打つ。
      • ・・・とまではいかないが、55ホーマー以上打つ選手は出てくる。
  4. 独走レースの場合、消化試合60くらいになる。

30試合程度で区切り、年間6シーズン制になったら

  1. 4割打者が乱発し、価値もたいしてなくなる。
    • 打率等の個人成績は年間トータルの合算値が記録対象となる。
  2. 一年のうちに何球団も渡り歩く選手が出る。
  3. 解雇された選手の再挑戦の番組が一年中流れる。
  4. 大相撲同様のシステムに移行しているかも。



関連記事