もし京阪大津線が○○だったら

提供: chakuwiki
2017年5月20日 (土) 09:47時点におけるKの特急 (トーク | 投稿記録)による版 (京阪線と同規格だったら)

移動先: 案内検索

<もし京阪電気鉄道が○○だったら

京阪に合併されなかったら

京阪京津線・石山坂本線(大津線)はそれぞれ京津電気軌道・大津電車軌道(後に琵琶湖鉄道汽船)によって開業し、後に京阪電鉄に合併されたという経緯がありますが、もしこの両線が京阪に合併されなかったら・・・

合併先が○○だったら

近江鉄道

はまおおつ
浜大津
HAMAOTSU
島ノ関 三井寺
  1. 石山~草津~近江八幡間に新線が建設され、同社の八日市線と接続された。
    • 近江鉄道は山陽電鉄と並ぶ準大手私鉄となっていた。
    • 近江鉄道は京都市内に進出していた。
  2. 三条~米原間に直通電車が運転されていた。
    • 現実の京津線は高速運転が可能なように線形改良が行われていた可能性が高い。
    • 三条ではなく阪急京都線の河原町延伸に合わせて同線との接続が図られていた可能性もある。この場合河原町駅を境界として阪急と相互直通運転を行い梅田~米原間に直通特急を運行していた。当然軌間は1435mmに改軌。
      • 近江鉄道は西武グループではなく阪急グループとなっていた可能性もある。
  3. 江若鉄道も近江鉄道に合併されていた。
  4. 当時の近江鉄道の経営状態を考慮すると、大スポンサーがつかない限り買収は不可能だった。
    • おそらく史実でも親会社だった宇治川電気(現関西電力)が買収し近江鉄道に任せるという格好になっていた。

近畿日本鉄道

浜大津 {{{symbol}}}{{{s-no}}}
はまおおつ
HAMAOTSU
{{{symbol}}}{{{back-no}}} 島ノ関 三井寺 {{{symbol}}}{{{next-no}}}
Shimanoseki Miidera
  1. 京津線と近鉄京都線が接続されて近鉄奈良-石山寺の直通電車が運転される。
    • おそらく四条河原町経由の地下線。
  2. 近畿日本鉄道が滋賀県に進出するので近畿地方の全府県(戦時統合の南海を含む)に路線を持つ会社になった。
  3. 近畿日本鉄道は近江鉄道も合併していた。
    • そして浜大津と近江八幡の間に新線を引く。
    • 江若鉄道も。
    • 近江鉄道が貴生川~広小路間を完成させていたら十分ありえた。
  4. 展開としては「琵琶湖鉄道汽船が大阪電気軌道あたりの傘下に入る→戦時に統合される」といったところか?
  5. 奈良電も史実通り買収できていたら、史実では京阪が建設を計画していた現京都市交東西線を近鉄が建設し、小倉から木幡付近を経由して山科へ向かっていた。ほぼ全線が高規格化される。都ホテルが高層化されている。

江若鉄道

浜大津
はまおおつ Hama-otsu
しまのせき
Shimanoseki
みいでら
Miidera
  1. 区間が重複しているため石山坂本線の膳所以北は廃止。
  2. 江若鉄道本線とともに国鉄に買収された。
    • 買収する意味があるのは浜大津付近~近江今津だけでは。
  3. 湖西線の支線になっていた。
  4. 京津線は京都駅に延伸されて東海道線のバイパス路線になっていた。
    • 在来の東海道本線と比べて特に線形がよいわけではないのでそれはない。
      • 単にJRと江若鉄道で競合関係にあったのでは。どのみちJRの圧勝であるとは思うけど。

京都電気鉄道

  1. 路線が大津市にまでまたがっているため京都市交通局が京都電気鉄道を合併できなかった。
    • 「合併」ではなく「買収」だったので市内部のみ市営化ということもできたのでは。
  2. それでも合併させる場合は大津市と京都市が合併。
  3. 仁王門通経由の蹴上線は戦前のうちに廃止されていた。
  4. 市電との直通も行われていたかもしれない。

京都電燈鉄道部門(のちの京福電気鉄道)

  1. 京都では叡山本線と接続するか?
    • 叡山本線の方が出町柳から三条まで延伸されていた。このため京阪鴨東線はなかった。
  2. 江若鉄道も合併し福井へ延伸していた。
    • 江若や京都電燈の経営姿勢を見るにそれは考えにくい。
  3. 京福電気鉄道と合併されなかった。
  4. 現在の東西線(御陵-太秦天神川駅)の場所に路面軌道を敷設して石山寺-嵐山直通電車が京都の東西の大動脈となっていた。

独立会社として残った場合

  1. 京都市営地下鉄東西線は別ルートで建設され、三条~山科間は廃止されなかった。
    • 同区間は現実の京津線でも黒字だったので、独立会社だったら絶対に残すだろう。
      • 東急田園都市線の新玉川線区間のように既存区間と新規開業区間で分割する。
      • 三条京阪〜東山三条は京阪⇔京津・地下鉄⇔市バスの乗継に配慮した特例運賃となる。
    • 山科駅〜六地蔵駅の新線や、山科・醍醐・大津地区のバスもこの会社のものとなる。
  2. 準大手私鉄の仲間入りをしているかもしれない。

どちらにしてもいえること

  1. 京阪は滋賀県にエリアを拡大しなかった。
  2. 京阪は現実の京阪線だけとなるため、大手私鉄でも有数の規模の小さい会社となっていた。

京阪線と同規格だったら

  1. 京津三条~御陵間が廃止されることはなかった。
    • 無論、経営分割計画もない。
  2. 京阪線各駅~京津・石山坂本線各駅が通し運賃となるので、現実より安い運賃で大阪~大津間を移動することができた。
    • JRも対抗のため電車特定区間を草津及び堅田まで延長していた。
  3. 特急が淀屋橋~浜大津間で運転され、「京津特急」と呼ばれるようになる。
    • 大阪~大津間では京阪がJRに対して競争力を持っていた。
    • 「びわこ号」の名は今も使われていた。
    • 2009年現在、停車駅は淀屋橋~京橋・丹波橋・祇園四条・三条・京阪山科・浜大津の各駅。
      • 一部列車は石山寺まで直通し「からはし号」の愛称がついていた。
    • 8000系のテレビ撤去や車端ロング化改造もなかった。
      • 8000系はデビュー当時から2階建て車両を連結していた。
  4. 京都・大津両市内の併用軌道は早くに解消されている。
    • 大谷の急勾配区間をスピードアップのために新線に付け替えていたかも。
      • 東海道旧線の旧逢坂山トンネルを活用していた可能性もある。
  5. 京都市営地下鉄東西線は山科から五条通の地下を経由して五条坂に向かい、そこから東大路通りの地下を通って東山に向かうルートをとっていた。
    • 今とは逆の立場で山科~三条間を共用してたかも(地下鉄車両には可動式ステップ・京阪用のATS等装備)。
    • その場合京都地下鉄東西線車両は京阪線規格・19m車体で製造されていたでしょう。
      • 六地蔵駅は京阪の駅の位置に設置され、中書島まで京阪宇治線に乗り入れていた。
    • そもそも京都市の地下鉄計画が「南北方向・東西方向各1本ずつ」となったかどうか怪しい。
  6. 将来、石山ないし坂本から延伸がなされた可能性も。
    • 石山からだと草津方面。坂本からだと今津方面。前者の方が可能性はあるが。
  7. 浜大津に京阪百貨店ができていた。
  8. 名古屋急行電鉄の計画上の起点は浜大津になっていた。
  9. 戦前から線路が繋がっていたとすれば、上にある通り「名古屋急行電鉄開業に向けた先行投資」という名目で新京阪線に乗り入れていた可能性もある。
    • 嵐山線と違い京都線の延長線として扱われるので、優等列車もそのまま浜大津まで乗り入れていたかもしれない。

関連項目




関連記事