Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

「もし千島列島が日本領のままだったら」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
39行目: 39行目:
 
#1952年のカムチャツカ地震は日本では「北海道千島東方沖地震」と呼ばれていた。
 
#1952年のカムチャツカ地震は日本では「北海道千島東方沖地震」と呼ばれていた。
  
[[Category:歴史のif検討委員会 戦後処理史|ちしまれつとう]]
+
{{DEFAULTSORT:ちしまれつとうかにほんりようのままたつたら}}
 +
[[Category:歴史のif検討委員会 戦後処理史]]
 +
[[Category:歴史のif検討委員会 北海道史]]

2019年6月6日 (木) 00:38時点における版

第二次世界大戦中ヤルタ会談でアメリカは日本が降伏したあと千島列島をソ連に引き渡すことを認め、日ソ中立条約を破ったソ連によって千島列島は不法占拠され、日本はサンフランシスコ講和条約で千島列島の領有権を放棄しました。もしアメリカがソ連への千島列島の引き渡しを認めなかったら・・・。

  1. 占守(シュムシュ)郡、新知(シムシル)郡、得撫(ウルップ)郡にも町村制が施行されていた。
    • 現在は合併で北千島町になっている、役場は幌筵島の柏原にある。
  2. 日本最北端は阿頼度島、最東端は占守島だ。
    • ただし北樺太も日本領の場合の日本最北端は我音(ガオト)岬になってしまうが。
  3. 北方領土問題は起きなかった。
    • どこかしらの無人島が尖閣諸島のような扱いになってしまい問題が起こる。
    • ソ連がアメリカの言うことを聞かず占拠し続けた場合、北方領土とは千島列島全島だったかも…
  4. ムネオハウスもなかった。
  5. どう頑張っても過疎化が進む。
    • 千島最大の都市である紗那市だけは食い止めそう。
      • 史実の北方領土開発がプーチンとメドベージェフによる既成事実化としての側面がある事を考えると、果たして日本政府やゼネコンが大規模開発なんかするかなぁと。
      • 人口は千島全域を合算してようやく5万人(市制施行条件)を超えるくらいと予想。
      • 最大都市は留別市の可能性が高いのでは。実際紗那は戦前に人口減少して留別に人口抜かれてたから紗那は良くて町な気がする。
    • 産経新聞が「国の防衛線が過疎化するとは何事か」と批判するも、全く改善策が出ずに終わる。
  6. おそらく北海道所属となるが、たびたび「千島県」としての独立や樺太県編入などが議論される。
    • 千島支庁→千島総合振興局(戦前の一時期、紗那支庁があった)が設置され、中心は紗那市。
      • 但し、歯舞色丹は根室支庁の管轄になる(かつて根室半島先端部は歯舞村であったため。恐らくこの世界軸でも編入されているだろう)。
  7. ソ連の対日参戦が無いので樺太は日本からソ連に正式に返還という形になっていたかも知れない
    • 根拠としてヤルタ会談では千島列島に関しては千島列島をソ連に引き渡すとなっていたのに対し樺太に対しては樺太をソ連に返還するとなっていたため
  8. 現在でも気象通報で松輪島・幌筵島・得撫島・新知島からの入電がある。
  9. この辺りでの拿捕問題自体が無いので、カニやタラを今よりも獲りやすくなっていた。
  10. いくつかの島が丸ごと米軍基地になっていた。
    • かつて沖縄にあったような「象の檻」も設置されていた。
    • 現実の北海道に米軍基地が無いのと同じように、わざわざ寒い辺鄙な場所に米軍基地なぞ作るわけがなかった。
      • 米軍基地が沖縄に多いのは、南の島でバケーションをしたいから。
      • どちらかというと、硫黄島や南鳥島のような扱いで自衛隊基地が作られる方が現実的。
      • ソ連がいるのなら前線基地になるので、大規模な基地があってもおかしくはない。あるとしたら空軍・航空自衛隊だろうけど。
        • 占守基地、松輪基地、択捉基地が主要な航空自衛隊の基地に。
  11. 根室と柏原(幌筵島)を結ぶ国道が誕生していた。
    • 国道58号(鹿児島-那覇)ばりに海上区間が多い。
    • おそらく史実で釧路〜根室間に存在する国道44号が、そのまま延々と占守島まで続いている。
      • それはない。国道44号は史実通りで国道336号(史実とは別)が千島列島を通っていたのでは。
    • その国道の国後島内区間の別名が国後国道となり、国道335号の別名は羅臼国道となっていた。
  12. 特に中千島の少なからぬ部分が「千島国立公園」に指定されている。
  13. 日本共産党のソ連叩きが少しだけおとなしくなっていた。
  14. この地域を題材にした演歌も存在している。
  15. 1952年のカムチャツカ地震は日本では「北海道千島東方沖地震」と呼ばれていた。



関連記事