Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もし天皇陛下が国政に関与されていたら

提供: chakuwiki
2018年12月23日 (日) 11:27時点におけるりょうち (トーク | 投稿記録)による版

移動先: 案内検索

 現在の日本においては政治、経済の混乱などに天皇は一切タッチしないことになっていますが、もし現在の天皇陛下及び先の昭和天皇が、国政の要所要所で個人としての意見を積極的に述べられたり、政治紛争の仲裁などを積極的に行われていたら、日本はどうなっていたでしょうか?

  1. 天皇陛下の”鶴の一声”がないと何も動かない社会になっていた可能性が高そう・・・・・・
    • 天皇陛下が一度口を出したが最後、容易に実質的天皇専制体制に変貌しかねない危うさを日本の議会制民主主義体制は潜在的に持っているような気がする。
    • 憲法などでかなり厳しめの縛りがかけられていた。
      • 宮内庁長官→皇太子殿下→天皇陛下の順に基づく稟議制が採用されていた可能性が高い。
  2. 2004年のプロ野球再編問題の際も、当事者を皇居に呼んで、ご自身で仲裁に乗り出されていた可能性も。それが成功したかどうかはわからないが。
    • 場合によってはそれ以前の黒い霧事件などでも同じような事態になっていた。
    • 他のスポーツならモスクワ五輪参加の可否も変わっていたかもしれない。
  3. 選挙演説でも国会演説でも日曜のワイドショーでもなく、天皇や側近に話しかけるだけの政治家が増える。国民に、政策決定者を選ぶ意識が無くなる。そして、現在でも懸念されている陛下の心労が過大になる。
    • 親の代から皇族と面識のある世襲議員が、ますます有利になる。
    • 選挙区ローカルの政策を考慮するとそうはならないと思う。
      • 史実でも山形の服部天皇みたいに地方の有力者が同じような役割を果たしてしまった例がある以上、決して有り得ないとは言い切れない。結果として国政では天皇陛下に、地方政治では「天皇」と称される有力者をヨイショするだけの政治家が増えてもおかしくない事に…。
    • 田中角栄以外にも内奏で長々と話す首相が続出していた。
  4. 2007-2008年の大相撲の不祥事続発に際しても、早い段階で日本相撲協会首脳を皇居に呼んで譴責されている。
  5. 首相や政党党首、諸団体のトップ、各スポーツの協会代表や日本代表監督などが今以上に頻繁に交代している。天皇陛下側にもし彼らを非難されるような動きがあったら、(たとえ陛下が交代を望まなかったとしても)その人物は即座に排除、抹殺されることになるだろうから。
  6. 今上天皇は車好きなお方だから、平成に入ってからは今よりは道路交通関係はマシだったかもしれない。
  7. 皇室典範改正に関しては確実に今よりもスムーズに決まる一方、改憲が事実上不可能になる。
    • 平成になる前に生前退位が実現していたかもしれない。
  8. 昭和天皇の時代には退位や戦争責任の追及を求める海外からの声がもっと大きくなっていた。
    • 特にソ連あたりが何かあるごとに持ち出していた。
    • 国内でも旧社会党や共産党が天皇制に対する批判をもっと繰り広げていた。
    • 過激派に命を狙われる事件ももっと多くなっていた。
  9. 平成に入ってからはリベラルに近い立場でのご発言が増えてきた。
    • 特に歴史認識やヘイトスピーチなどの問題ではより一層その色彩が強くなっていた。
      • 展開次第ではネット右翼が皇室叩きを行っていても不思議ではない。
        • 生前退位や旧宮家の皇室復帰を曲解し、「今の天皇を引きずり降ろそう」と画策する輩が出てきてもおかしくはない。
      • 保守系雑誌に「宮内庁に潜む売国奴」「極左勢力の皇族洗脳計画」などの見出しが出現している。
    • 現在では保守よりリベラルの方が陛下のお言葉をよく利用するという訳の分からない状況が出来上がっていた。
      • 産経よりも朝日のほうが陛下のご姿勢により肯定的になっている。
    • 現内閣と天皇の対立は現実よりも鮮明かつ激しくなる。(実際安倍晋三と天皇陛下の仲は悪いといわれている)
      • 最悪天皇陛下よりも安倍晋三を支持するネット右翼および彼らに擁立された竹田恒泰と、天皇を支持する旧来の右翼や、リベラル派による内戦が起きていた可能性がある。
        • 左右とも必要な武器や物資の手配が難しそうなのでそこまでは至らない気がする。
  10. 宮内庁長官の人事への注目が史実より大きくなっている。
  11. 何かとタイのラーマ王室と比較される事が多くなる。
  12. 天皇を全面的に支持し、天皇を持ち上げる政党が存在する。
  13. 今の天皇陛下や皇太子さま、秋篠宮さまはともかく、悠仁さまが皇嗣になった時が心配だなぁ、「日本政府が今すぐ核兵器禁止条約に署名しなければば自殺する!」とか、「即時原発を全廃しなければ死んでやる!」とか言い出したらどうすんだろ。チャクウィキだけの馬鹿話で済めばいいんだけど。
    • そのような過激なことをなさらないよう教育されるはずなのでそこは心配なさそう。
  14. 熊沢天皇などのニセ天皇についても何らかの言及をなされていた。
  15. 両陛下で慰霊のために訪問された場所がさらに増えていた。
    • 韓国ご訪問も実現していたかもしれない。
  16. もちろん他の皇族の方々によるご意見の表明機会も担保されている。
    • 若い方ならSNSのアカウントもお持ちだった。



関連記事