もし日本で○○が義務化されたら

人気の噂
スポンサーリンク


もし日本で○○が義務化されたら

投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:過度な児童ポルノ・猥褻系ネタ

独立項目

交通関連

高速道路走行時のETC搭載

ETCも結構普及してきましたが、もしETCが義務化され、ETC車載機をつけた車しか高速を走れないようにされたら…

  1. 新車は全てETC車載機が標準装備になる。
    • 中古車にはETC装着キットが付けられる。
  2. クレジットカードを持っていない人たちが困る。
    • そこで一部のカード会社がプリペイド式ETCカードを導入する。
      • Suica一体型カードも導入される可能性有り。
        • 勿論ICOCA一体型も導入される。
        • 楽天edy対応型も登場。
    • ETCパーソナルカードの普及を推進する活動が盛んになっていた。
    • ETCデビットカードも導入されるかも。
  3. NEXCOはある程度儲かるかも?
    • 逆に消費者からは不満殺到。
      • 「いつ高速道路は無料化されるんだ」と抗議デモが相次ぐ。
        • 未来永劫無料化はありません。byNEXCO
        • 1日だけ全道路無料→翌日有料化の上ETC搭載義務化という流れになるんじゃない。
  4. サービスエリアでの飲食やガソリンの支払いもETCカード経由に一本化される。かなり便利かも。
  5. ETC・一般という表現はなくなる。むしろ、ETC搭載車の方が一般である。
    • ETC割引という概念も無くなるが、それでも時間帯や曜日、車両区分などによる割引制度は残されるだろう。
  6. 紙の領収書でないと高速料金を経費でおとせないような会社の場合、車出張では延々と下道を走って目的地へ向かう事となる。
    • その場合、経費で落とすために会社名義のETCカードが出てくる可能性もある。
  7. もちろんETCの搭載がない車は一般道を走らなければならない。
    • それによって一般道は交通渋滞となり、意外とJRを利用する人が増加しそうだ。
      • カートレイン復活もあるかも。
    • ETCを必ず付けないといけない義務なので日本中の車にETCが導入されるのではないか。
  8. 高速道路外の施設にもETC決済が続々と導入される。有料駐車場、ドライブスルー、ガソリンスタンド、カーフェリーなど。
  9. 未だにETC非対応の一部有料道路にもようやくETCが導入されるはず。
  10. すべてのICがスマートICに変わる。

運転免許取得

  1. バスや電車を利用する社会人が減少する。
    • 車の購入は別に義務ではないので、免許の取得はするもバスや電車を利用する人間は多いはず。
      • 大都市では公共交通機関が充実している以上、取得する意義はあるのかと疑問が出る。
  2. もちろん自動車学校も義務教育化される。
    • 普通免許以外は対象外だろう。
    • 高校の授業に「自動車教習」の科目が含まれるようになる。
      • 卒業要件に入っているので、単位(免許)が取得できなかったら留年となる。
      • いくら高校が義務教育ではないとはいえども、中卒の扱いはどうするんや?
  3. 取得自体も相当簡単になっていると思われる。
  4. 都市部を中心にカーシェアリングがかなり広まる。
  5. 重度の障碍者はさすがに除外されている。
  6. 運転免許証とマイナンバーカードが一体化される。
  7. どんなに悪質な交通違反を繰り返す人でも免許取り消しができない。
    • 代わりに「終身免許停止」という処分ができるようになる。

公共交通機関利用時の交通系ICカードの使用

  • 都市部を中心に交通系ICカードが普及しておりますが、もし、交通系ICカードが義務化されたら?
  1. 田舎の無人駅は廃駅になるか、無理矢理にでも対応させるかで議論になる。
    • 鉄道車両に読み取り機を設置するのでは。
  2. ローカル線の廃線が目立つようになる。
  3. 路線バスは全ての車両にICカード精算機が設置される。
    • さすがにチャージはバスターミナルで行う。
  4. 地方を中心に鉄道をバス転換する動きが増える。
    • 規模にもよるが、既存の全駅に設置するより路線バス車両に設置する方がコストが安くなるため。
    • あるいは車内での運賃精算が一般化する。
  5. 船もICカードで乗れるようになる。
    • もちろん長距離フェリーも例外ではない。
  6. 特急や新幹線にも対応することになる。
    • 特急券もカード内に記録させる。
      • まずEX-ICをJR全線の新幹線および在来線特急に対応させる。
      • 指定席を利用するにはEX-ICが必要に。事実上特急料金が下がりそう。自由席はSFからの引き去り。
      • 特急車の座席に座席指定確認または自由席特急料金支払いのためのICリーダーが設置されるか、車掌の端末にかざして確認。
  7. 18きっぷ等各種企画切符は廃止になる。
    • それでもジャパンレールパスだけは何とか残される。
    • ICのエリアまたぎに対応していれば、何とか可能かも。
      • 企画切符に相当するものをICで発行、使い終わった後に新たな企画切符への書き換えも可能。
      • 新幹線回数券も6回分をICカード1枚に、いや、それならEX-ICの方が得かもしれない。
  8. ICカードで飛行機も乗れるようになるが、あくまで日本の法律なので、国際便は適用外になるかもしれない。
  9. 金券ショップが成り立たなくなる。
    • 回数券のバラ売りが不可能になるため。
  10. 一部の外国人観光客が戸惑うのは必至。
    • そのような事態に備えて、訪日客向けにICカードのガイドブックが無料配布される。
  11. 電磁波過敏症の方は公共交通機関を利用できなくなる。
  12. カード導入しても採算が取れないなら無料にしてしまおうという動きが出る。
  13. 導入費用がネックになり倒産する事業者が増える。
  14. むしろ、ICカードの規格が統一されていたかも。
  15. 法律で義務化されるため、もしかしたらネーミングも交通系「電子マネー」に統一されるかもしれない。
  16. 乗客版ETCが導入され、通過(入出場や乗降)した駅や車両の状況から自動的に運賃および料金が計算され、自動的に引き去られる。
  17. ICで回数券が発行される。近鉄のパールカードのように残り回数を1枚のICカードに記録していく方式となる。
    • ただし、紙のきっぷへの引き換えは不可で、回数券を複数人で分ける場合は、回数を各々のICに、乗車情報として譲渡することに。

全国のLRT・BRTの建設

  1. 日本中に路面電車が走ることになる。
  2. 廃止された鉄道の部分もLRT化される。
  3. 新線建設のため自然が破壊される事例が相次ぐ。
  4. 無人運転の技術が実用化されない限り運転士不足が深刻な社会問題になる。
    • 免許取得などを考慮すると外国人労働者ではおそらく補えない。
    • 整備などの要員も足りるようには思えない。
  5. 「全国」の範囲次第では鉄車輪方式が不適当な急勾配の路線も大量にできてしまう。
    • それどころか限界集落や廃村への路線すら建設を義務付けられかねない。
      • 日本政府が実効支配できていない竹島や北方領土にも何らかの形で建設する必要がある。
      • もちろん面積が10平方メートルに満たない沖ノ鳥島にも。
    • どれほどの不採算路線ができるか想像するのも恐ろしい。
  6. 車両メーカーや製鉄会社はしばらくの間相当な特需で潤う。

廃止された鉄道路線のバス専用道路転換

廃止された鉄道路線はバス専用道路に変えないといけないという理由で義務付けられたら

  1. 廃止された国鉄路線は第3セクターのバス路線に切り替わる。
    • 史実の深名線のようにJR直営のバス路線になるケースも多そう。
  2. BRTがその分増える。
    • 設備投資をケチるために普通のバス専用道で我慢するケースがほとんどになるのでは。
  3. 橋梁の老朽化で廃止に追い込まれた路線では廃止してもやはり橋梁架け替えが必要になってしまう。
  4. 都市部の路面電車が廃止されてもうかつに歩道拡幅などできない。
    • 下手に広げるとバス専用レーンと歩道で道路の幅が埋まってしまう。
  5. 一部の貨物線では完全に無意味。
    • 廃鉱や原料置き場へ向けて乗る人がいないバスが走っていくという光景が展開される。
  6. ケーブルカーやロープウェイでは跡地の道路整備に多額の費用がかかり廃止しない方が安上がりという場合がほとんど。
  7. ダム建設による付け替えにも適用されたら湖底に道路を走らせる羽目になってしまう。

高齢者の免許返納

  1. 恐らく定年退職と同時に返納というシステムになると思われる。
  2. 義務化される理由は高齢者ドライバーの事故の増加と言ったところか。
    • 現状を考えるといつこうなってもおかしくはない。

行事関連

大規模イベントでの手荷物・身体検査

ここ最近になって日本の治安は一段と悪くなっている影響で特にイベント会場入り口などで手荷物検査や身体検査をする事が多くなっています。仮に政府が安全管理の基準としてこれを義務づけたらどうなるか検証してみる。

  1. 花火大会での場所取りを行いにくくなる。
    • その結果観客数激減しそう。
  2. 空港の荷物検査ゲートが様々な会場に置かれる。
    • 実際今年のポケモンフェスタではそんな感じだったらしい。
  3. コミケはパニックに陥る。
    • ジャンルごとに会場を分散して開催するようになるかも。
      • かといって安全性が向上するから良いという意見もちらほら。
  4. 会場内でペットボトル入りの飲料が販売できなくなる。
    • その分会場内で飲食物が購入できるように工夫されるかも。
  5. 警備会社は依頼が次々と舞い込み大儲け。
  6. 無論検査を勝手に飛ばしたら強制退去。
    • チケット制のイベントの場合はチケットも没収に。
  7. せめて手荷物検査の時間だけでも短縮しようということで、中のものが見えるビニール製のスケルトン・バッグが広く普及する。
  8. いっそう礼儀正しくなる。
  9. 当然、大きなトラブルが減少する。
  10. 検査に時間がかかり、なかなか会場に入れず混乱する。
    • テロリストを簡単に殲滅できる。
      • 検査の列で自爆テロ起こされたりして…
    • 開場が開演の3時間前とかになる。
    • 夏場のイベントにおいて熱中症にかかる者が大幅に増える。
  11. 会場近辺のコインロッカーが繁盛する。
  12. 気軽に会えるコンセプトが成立しづらくなる。
  13. 一部の祭りなどでこれを機に観覧を有料化する事例が出る。
    • 検査設備などの負担が原因で消滅するイベントも出そう。
  14. チケットの値段によって、入場ゲートが異なるようになる。最高額のプラチナチケットの場合、飛行機のファーストクラスのように、待ち時間ゼロで入場することができるようになる。
  15. Webでの有料配信サービスを利用する人がさらに増える。

大規模な凶事に伴う自粛

  1. 対象になるのは大規模災害、国家的重要人物の死去、犠牲者数が多い事故など。
  2. 自粛対象の選定時には昭和天皇崩御や東日本大震災などの実例が参考にされる。
  3. 法律で義務付けられるためもはや「自」粛とは言えなくなる。
    • 「国民服喪」のような新たなネーミングが考案されている。
  4. 国際的なイベントと被ってしまった事例の対応に苦戦させられる。
    • 特に自国開催のオリンピックや万博とぶつかったら悲惨。
  5. レジャー産業関係者などからの猛反発はまず避けられない。
  6. 世界のどこかで何らかしらの凶事は起きるものなので、結果、毎日自粛することになる。
    • その場合、対象が「日本国内で発生もしくは日本人の死者が出た凶事に限る」となる可能性もある。
  7. 天皇陛下が崩御した場合国政選挙などが数年延期される。
  8. 何かあれば「不謹慎」と騒ぎ立てる輩がさらに図に乗る。

建築関連

住宅及びホテルへの風呂の設置

  1. 銭湯は絶滅。
    • 風呂が壊れれば銭湯に行くしかないのでそれは関係ない。
    • レジャーランド的な大規模なスーパー銭湯は引き続き栄える。
  2. 風呂なしのアパートは解体を余儀なくされる。
    • これは、世帯専用風呂が義務付けられるのだろうか?そうでなければ、風呂なしのアパートは部屋を一つ潰して共用のユニットバスを入れればOKに。
    • もし、世帯専用風呂が義務付けられるなら、寮、下宿、シェアハウスなどが大幅な見直しを迫られる。
  3. この世界は「何人も同意なく裸を見られない権利」が確立された世界なのかもしれない。
    • 銭湯に入るには同意書に署名必要。
    • 要同意書は個室付き特殊浴場(いわゆるソープランド)にも適用され、本名要求を嫌った客はアンダーグラウンドのデリヘルに流れてしまう。
    • 更衣室には一人が着替えられるブースが並ぶ。
    • もしそうなら自分の裸を見せただけで自ら個人情報漏洩を行ったと言う事になる。
  4. 理由としては「公衆衛生」の観点から。
    • カプセルホテルや簡易宿泊所にも浴場の設置を求められる。
  5. 帰ったら必ず風呂に入ることが定着したら、風呂業界は「汗をかいたら、風呂」「アフターファイブに、風呂」など風呂の需要をさらに喚起するキャンペーンを始める。
    • 汗をかくような、例えば学校の運動部の部室にシャワー室に加えて風呂も増設される。
    • 都市では会社帰りの人が入れる新しいタイプの銭湯が次々とできる。

建築物へのエアコンの設置

  1. 「熱中症対策の一環」として行われていた。
    • 「冬の寒さ対策」としても行われる。
  2. 拘置所や刑務所にすら設置されることになるので、涼むために逮捕される人も出てくる。
    • 図書館などの公共施設を利用すれば済む話では。
  3. 暑がりにとっては嬉しい事になる。
  4. エアコンが効きにくい場所の場合「エアコンの効いた休憩所(駅にあるような)」を設置すれば認めるようにする。
  5. 生活保護に「猛暑期(原則7・8月)の電気代補助」が加わっていた。
    • 冬も同様の補助が行われるが、こちらは地域によって期間が異なる。
  6. 電気代をまかなえる見込みがない場合、太陽光発電の設置も義務づける。
  7. 夏冬の電力需給がさらに逼迫しかねない。
    • 原発推進派にとって好都合な口実が出来上がってしまう。

建築物へのテレビの設置

  1. 時代が時代なら、地デジ移行の一環として行われていた。
  2. 国民全員がNHKの受信料を払うことになる。
    • 税金に組み込まれていたかもしれない。
    • 個人以外にも企業団体も受信料を払う様になる。
      • 現状でもテレビを設置している法人の受信料支払いは義務付けられているが…。
    • 集合住宅に設置する場合、受信料も家賃に含めなければならない。
    • NHKをぶっ壊したい人たちが選挙でさらに票を集めるきっかけになりうる。
    • サラリーマンの場合は賃金から差っ引かれる。
  3. 勿論飲食店や商業施設、学校や駅にも設置される。
    • 公衆トイレにすらテレビがあるのが当たり前に。
  4. どこに行ってもテレビがあるので、「俺ら東京さ行ぐだ」が成立しなくなる。
    • 全世帯にテレビがあるからといって、「地上波」のチャンネルが増えるわけではないので、根本の解決にはなりえない。
  5. テレビを買う金が無い「貧困層」は業者や放送局などが無償で提供し設置する。
  6. あわせて、パラボラアンテナ&衛星放送の設置も義務とする。
    • 地形の影響(山奥の集落とか)で衛星放送が受信できない場合、ケーブルテレビなどで代用する。
  7. 地域によってはケーブルテレビへの加入も義務付けられる気がする。

建築物へのパソコンの設置

  1. ネットの使用が近所中に広がるようになる。
    • そして、都市部と地方での情報格差も無くなる。
  2. 幼い子供がパソコンで遊ぶことが増えていく。
    • ネットトラブルに巻き込まれる事例も急増。
      • そのような事態に備え、幼稚園や保育園などでパソコンやインターネットの指導をする事も義務付けられる。
    • 子どもが怖い画像や動画を見て泣き叫ぶ事も増える。
    • 児童のいる場合はフィルタリングの導入を義務付ける。
  3. TwitterやFacebookをパソコンでやる人も増えるだろう。
  4. ショッピングセンターの場合ネットカフェがテナントに入る。
  5. パソコン以前に、まずは全市・町・村で光回線の設置を義務づける。
  6. どの会社の製品を採用するかに絡み汚職事件が起きかねない。
  7. 行政関連の各種手続きでウェブ上でできるものが大幅に増える。
    • その反面「政府がネットを通し国民を監視している」といったような噂も飛ぶ。
  8. 機械音痴の場合はあっても一切使わないケースもよくある。
    • 生まれつき、あるいは事故や病気などで両腕が無い人の場合、パソコンを使いたくても使えないケースもあるかもしれない。
  9. 果たして、スマホやタブレットの使用による「パソコン離れ」は無くなるだろうか。
    • 初期設定を面倒臭がりPCが置物同然になる人が多くなる気がする。
    • 場所を取るのを嫌がる層も出るかもしれない。

建築物へのエレベーターの設置

  1. 設置を義務づける基準は3階以上からとする。
    • 2階だけの場合は必須にしないが、設置を強く推奨する。
  2. エレベーターのない集合住宅は、いわゆる「既存不適格」にしなければならない。
    • エレベーターがない場合、階段での上り下りの負担を考慮し、階が上がるにつれて家賃を割り引かなければならない。
  3. 学校やアパートにも当然設置されるのだろうか。
    • 学校の場合は生徒の利用による遅刻の発生を抑えるよう健常者の利用を禁止せざるを得ないので、障害者専用か、荷物の搬出入のみにする。

再生可能エネルギーによる発電施設の設置

  1. 一定の面積の敷地を持つ工場や、その他大量の電力を要する施設は設置を義務付ける。
  2. 集合住宅でも一定量のソーラーパネルの設置を義務付ける。
  3. 太陽光発電か風力発電か水力発電とかの併用により、電力量の抑制を義務付ける。

事故・事件の慰霊碑の設置

  1. 事故や事件が発生した現場に設置を義務付けられる。
    • 事故が多発する場所は周囲が慰霊碑で埋まってしまいかねない。
    • 陸地から離れた海域での海難事故の場合はどうするのだろうか。
    • 走行中の新幹線車内や航行中の船舶、航空機の場合はどうするのだろうか。
  2. 遺族が当然お参りすることになるだろう。
    • 登頂困難な山の頂上近くなどは例外になるのでは。
  3. 慰霊碑があるせいで殺人事件の現場と認識され地価が大幅に下がる事例も発生する。
  4. 石材店にとっては慰霊碑が確実な収入源として重宝される。
  5. 戦災や災害も対象に含まれたらさらに大変なことに。
    • 設置場所が死亡の現場と義務付けられていたら日本の多くの大都市では中心部が慰霊碑だらけになってしまう。
  6. 医療事故の可能性がある場合は判断が微妙なので設置すべきかどうか迷う。

住所表示プレートと表札の設置

  1. 宅配ピザや郵便配達員は迷うことなく注文品や手紙を届けることができる。
    • ストーカーや闇金の取り立てもターゲットを見つけやすくなる。
  2. 「日本人は個人情報保護にルーズ」というのが国際社会の常識になってしまう。

全建築物のバリアフリー化

現在の法律ではバリアフリー対応義務は小規模店舗などでは努力規定ですが、これをやめてすべての建物が対象になったら

  1. 名古屋城復元の際にエレベーターは有無を言わさず設置される。
    • もちろん姫路城も平成大改修の際にエレベーター設置。世界遺産取り消し不可避。
  2. 対応してないと居抜き出店や空き店舗活用ができなくなってしまう。
    • アメリカなどのように費用は全額自己負担とさせて頂きます。
  3. 住宅のリフォームもバリアフリー対応が必然的に盛り込まれる。
  4. 老朽化した建物は対応化より取り壊して建て替えたほうが安くつくかもしれない。
  5. 平屋建ての家にしない限りエレベーターが必ずつけられる。あ、「エレベーター設置義務化」より厳しくなる。
  6. 和式トイレは絶滅。
  7. 公衆トイレは男女兼用のバリアフリートイレしか認められない。
  8. 駐車場は車いす使用者用が前提になる。

教育制度関連

高校生のバイク通学

  1. 免許取得可能年齢は15歳に引き下げ。
  2. 公共交通機関が大打撃を被る。
  3. 朝のバイク渋滞が深刻になる。
    • そして環境が悪化する。
    • 環境対策としてハイブリッド原付を開発。電気バイクも主流に。
  4. 燃料代の負担が強いられる。
    • 貧しい家庭ではバイク通学のせいで高校進学を諦める人も出てくる。
  5. 屋根がついていることで天気に左右されない、3輪なので転倒しないということでホンダ ジャイロキャノピーが人気に。
  6. 重度の身体障碍(首から下のマヒなど)の人はどうすればいいのだろうか。
  7. そもそも乗りなれていない人が多いので通学時間帯の交通事故が増える。
  8. 自転車、歩行者、他のバイクなどを煽る不良が続出。
    • そういう不良を出さないよう、原付2種、普通・大型二輪(50cc超~の二輪全般)は禁止のままにする。
  9. 原付免許の取得に備え、学科試験や交通関連の法規も授業に組み込まれる。
  10. 原付の外観を華美にさせない(見た目にこだわらせない)よう、最低限でも前カゴの装着を義務付ける(かばんや手荷物を積載できるようにするという建前もあるが)。

小中学生のTwitter使用

虚構新聞この記事から始まり、瞬く間にTwitter上に広がった記事。もしこれが普通の新聞で報道されていたら…

  1. さすがに対象年齢は小4以上になる。
    • 2018年より13歳未満の利用が禁じられたので、同年を持って中学生のみに対象が変更となる。
      • むしろ日本政府がツイッター社にその事を訴えるのでそれはないのでは?
  2. ツイッター学習の時間は主に「総合学習」の時間に割り当てられる。
    • 中学校では技術科の時間内で教える。
  3. 小中学生全員に携帯電話が配られる。
    • さらに、小中学生が居る家庭の自宅やマンションなどにパソコンを設置することも義務付けられる。
  4. 教師も必然的にアカウントを持つことになる。
    • 学校からの連絡はTwitter上になる。
      • 児童や生徒が学校を休むと、Twitterのダイレクトメッセージで宿題や提出物の連絡が来て、下手をすると保護者がそれらの提出のために学校に出向くはめになる。
  5. 一部小学生がうっかり個人情報を呟いてしまい大問題に。
    • 小中学生のツイートはロックされ、教師、親以外は観覧不能になるかもしれない。
  6. ツイートは1日5回までと教師から通達される。
  7. 一部過激派教師が憲法違反だと騒ぐ。
  8. 幼稚園や保育園の中には、早い内にパソコンやツイッターの指導をするところもあるかもしれない。
  9. 小児科が混雑する(PCor携帯電話使用に起因する頭痛のため)。
  10. 最初に導入するのはやはり大阪府か。
  11. 「ツイッター社から高級官僚や政治家に金が流れたのではないか」と疑う声も上がる。
  12. これが全国に浸透した後は、最終的に「全国民のTwitter使用」を義務付けるかもしれない。

共学校での学校制服の男女共通化

学校制服は共学校によっては男子は詰襟、女子はブレザーのところがあるなど、男女で制服が異なる学校がありますが、もし、共通化されたら?

  1. 男女平等化と合理性の観点が理由とされる。
  2. あっても上衣だけになりそう。
    • 女子がズボンを選択できる可能性が高まる。実際に選択する人も少なくない。
    • 男子がスカートを選択できることも増えるだろう。実際にやる人が増えるかは別として。
  3. 詰襟、セーラー服、ボレロ、ジャンパースカートは間違いなく衰退する。
    • 女子の制服のバラエティに乏しくなる。
    • ほぼブレザーに統一されそう。
      • 男女で異なる色のブレザーも間違いなく禁止される。
    • これらは男女別学の学校で堅持していた。
  4. この法改正を機に制服を廃止する学校も出てくるはず。
  5. 制服に続き、体操着やジャージも男女で統一されるだろう。

学校行事への参加不参加の有無を問うこと

近年、運動会や文化祭といったものに抵抗を示す生徒が増えたため、参加不参加の二者択一制の導入が義務化されたら?

  1. 学校行事に関心がない、もしくはこれ自体に嫌悪を示す生徒は大喜び。
  2. しかし、不参加者が一人出ただけで「全員参加するまで終礼は終わらないっ!」or「思い出がなくなるんだぞっ!」と一部の自称熱血教師が喚きだす。
  3. 経済的理由で不参加を強いられるケースも多そう。
  4. 参加するには保護者の同意を必須とする。
    • 生徒が参加したくても、保護者が不同意になるケースも発生しうる。

生物関連

飼い犬・飼い猫の出産

  1. 犬や猫を動物愛護センターから貰う時に、同じ種類の雄と雌を同時に貰うことになる。
  2. 育てにくくなった子供はペットセンターに売るか、動物愛護センターに送ることが確実。
  3. 諸外国から「殺すためだけの命を生み出している」と猛烈に非難される。
    • 捕鯨問題や死刑存置並みに日本のイメージに影を落としていた。
    • この妄想世界の日本では犬や猫の肉がありふれた普通の食肉として現実世界の牛豚鶏同様に流通している可能性も。
  4. 野良猫や野犬が急増し生態系も人間の安全も脅かされる。
  5. 「ねこけん」は存在せず。

犬・猫を飼ってた家庭が再び飼育

もし犬や猫が死んだらまた飼わなきゃいけないという理由で義務になったら

  1. 事情があって飼えなくなってもまた犬や猫は飼わないといけなくなる。
  2. ただし飼い主が死んだ場合は対象外。

飼い猫の予防接種

犬は義務になっていますが、もし猫にも予防接種が必要になったら?

  1. 猫が人を引っかいたり、逃げたりしない為に必要になる。
  2. 野良猫の場合はどうなんだろうか。

障害者の補助犬飼育

  • 対象されるのは視覚障害と聴覚障害と身体障害です。
  1. 盲学校や聾学校で補助犬との関わりについて教育される。
  2. 犬嫌いな障害者が猛反発。

その他

DNA情報の登録

もし全ての国民のDNA情報が国に管理されるようになったとしたら。

  1. 法律が施行されると同時に、全国各地で親子関係の否定による不倫発覚事例が多発して悲惨な状態になる。
  2. 犯罪が発生した時に遺留品のDNA情報から容疑者が即座に絞り込める。
    • ただし犯人が外国人の場合を除く。
    • 結果として犯罪グループが外国人を実行犯にする事例が大幅に増える。
      • 対策として入国した外国人一人一人にDNA提出を義務化する無茶な政策が出される。
        • 外国人は日本に入国する際必ず口の中を専用の棒で軽くこすられる。
  3. キメラがいたらその人は圧倒的不利。

身分証明証の常時所持

  1. おそらく「日本人登録制度」が出来ている。
  2. 持っていないと即、保健所行き。
    • 持っていない人は野生動物扱い。
      • 運転免許の不携帯時と同様に軽度の罰金で済むのでは?
  3. 外国人旅行客はGPS付き携帯の所持を義務付けられる。
    • 正規のパスポートさえあれば問題ないような。
  4. この制度で所持を義務付けられる証明証はマイナンバーカードが元になっている。
  5. 個人情報を記録したコンピュータチップの体内への埋め込みが義務付けられるようになる。

マイクロチップ装着

  1. プライバシーは完全になくなる。
    • さすがに位置情報の利用には厳しい制限が設けられているはず。
      • 例えば2.が想定した状況にならない限り利用禁止とか。
  2. どこにいるかすぐわかるので犯罪で逃亡してもすぐ捕まる。
    • 行方不明になった人の場合もすぐに見つかる。
  3. 運転免許証とかパスポートもマイクロチップの情報として組み込まれるので、渡航の際のイミグレはスムーズになる。
  4. チップを取り外す外科処置を行った者は法律で罰せられる。
  5. 埋め込む位置によっては事故や病気などでその部分もろともチップも失ってしまう。
    • 死なない限り失わない箇所に埋め込むなら、首かな?
  6. 少なくとも中国は同じ制度を導入してくる。
  7. マイナンバーカードの存在意義がますます失われる。

腕時計の着用

  1. 現代だったらスマートウォッチを腕につける人が続出する。
  2. さすがに風呂に入る時くらいは外してもよいことになる。
    • 難しい外科手術など細かな手の動きが求められる業務の際も。
    • 伝統芸能やスポーツ関係でも特例の対象になるものが多い。
  3. 防水腕時計の需要が高まる。
  4. 逆に、町から時計が消える。
    • それならスマートフォンが普及した現在においても街の時計が消滅していなければならなくなってしまう。
  5. テレビで時刻が表記されることはない。
  6. 他人の腕時計を壊すことは重罪になる。
  7. 国民が海外に行った際に腕時計が検問に引っかかった時に焦る人が多かっただろう。
  8. 付けすぎて手にあざができる人が多くなっていた。
  9. 両腕が生まれつき無かったり後天的になくしたりした人の扱いはどうなるのだろう?
  10. ある程度の年齢以下の子どもがいる家庭では成長とともに時計を買い替える必要が生じかねない。

オムツの着用

  1. トイレに困る事が無くなる。
    • トイレの存在の意義が薄れる。
      • 水道代の負担が減る。
    • パンツの存在の意義が薄れる。
      • 寧ろパンツを履きたければオムツの上に履けば良いと思うから話は違う。
    • トイレットトレーニングという概念がなくなる。
      • 排泄機能に障害のある大人が続出。
      • オネショ癖のある人も増加するが、その分布団を汚さなくて済む。
  2. オムツの交換は定期的にやる事になる。
  3. 紙オムツの需要が高まりすぎて環境に良くならなくなる。
    • 紙オムツメーカーにとっては工場は毎日のようにフル稼働。
  4. もはや日本の国家としての威信などあったものではない。
    • 全世界から「日本には大人がいないのか」と全力で嘲笑される。
    • 海外で「私は日本人です」と名乗るには相当な勇気が必要になる。
    • スカートを穿いた女性にとっては見せパンを穿かない限り、めくれた時に辱められてしまう。
      • ミニスカートなら尚更。
      • 見せパンの需要が高まっていた。
        • ブルマの衰退もなく、黒パン派、ペチパン派、ブルマ派に派閥が別れていた。
        • 逆に学校制服では女子もスボンに切り替えていた。
  5. オムツ内の衛生環境が悪化し、尿路感染症などのリスクが高まる。

クレジットカードの使用

クレジットカードで買い物をする事が義務になったら

  1. クレジットカードを使って切符を買うのも当たり前に
    • 自動改札でクレジットカードをかざすことで通過できるようになり、切符自体が廃止になる。
  2. 首都高でもクレジットカードが使えるようになる。
    • ETCカードというものが無くなり、クレジットカードに最初からその機能が組み込まれている。
  3. クレジットカードの使い過ぎで破産する人が増える。
  4. クレジットカードを作れない人はデビットカードも可となる。
  5. 金の流れを隠したい人は困るだろう。
    • 闇社会の関係者で国外逃亡に追い込まれる人が続出。
  6. 18歳未満は一切買い物ができなくなる。
    • 「はじめてのおつかい」の挑戦者が18歳の大学1年生や新社会人になる。
    • むしろ子ども向けのクレジットカードが誕生する。
      • キャッシュレス率99%のスウェーデンでも子どもはデビットカードしか持てないが…。
  7. もちろん日本円の硬貨・紙幣は製造中止。
    • 日本は世界初の完全キャッシュレス国家となる。
    • 賽銭やご祝儀などの現金を前提とした習慣も絶滅。
    • 造幣局は規模を縮小され「鋳造局」に改称される。
  8. クレジットカードや現金口座の凍結は社会的な死とほぼ同義に。
    • そのままホームレスに転落する人も多くなりそう。
      • 収入が一切得られなくなるため現実のホームレス以上に生存は厳しい。
    • 日本も中国並に信用情報にうるさい社会になっている。
      • ブラックリストに載ってカードが作れなくなってしまったら死活問題である。
  9. 自販機やATMの大規模な改修が必要になり関連企業が荒稼ぎする。
  10. 災害や送電網の大規模な故障による停電、大手カード会社のシステムトラブルが起きると商取引が一気に困難になる。
    • その時だけは現金の利用が可能になる。
      • 現金を知らない世代が多数派になってから発生したらまずうまくいくとは思えない。
  11. 何でもかんでもクレジットカードで事が足りてしまうので、nanacoや楽天Edyのような電子マネーである必要が無くなる。
    • Suicaも電子マネー式でなく、クレジット付きIC定期となる。
  12. 国税庁が日本国内での金の流れを全て把握できるようになる。
    • 脱税や節税などもはややりようがなくなる。

献血

  1. 免除規定(体重が一定以下、特定の国への渡航歴など)は日本赤十字社が定めた規定に準じる。
  2. 一度にやるわけにはいかないので何らかの形で時期をずらして行うことになる。
  3. 献血ができる場所を大幅に増やさなければ特に地方在住者には不便すぎる。
  4. 何らかしらの要因で献血ができない人は、エイズだなんだといじめや迫害を受けるようになってしまう。
    • あるいは、既往歴を伏せて献血をして、ウィルス感染が広まってしまう。

マスコミで単位記号表記

今のところ、TV番組で一部の単位記号が使われているのですが、もし現在使われていない新聞や、他のマスコミで単位記号表記を強制されていたら一体どうなるのでしょうか?

  1. 実施されるのはメートル法だけ。
    • アメリカなどのヤードポンド法はめったに使わないので除外されるかも。
      • のでゴルフ中継はまったく変わらず。
  2. kgやkmが「キロ」で統一されずに済むので見やすい。
    • 読み方も「キログラム」「キロメートル」とはっきりと言うようになる。
  3. 新聞が横組みになる。
  4. 「1リットルの涙」が「1lの涙」になる。
    • 分かりにくいのでリットル(l)は筆記体になる。
    • 作品名だから別にいいんじゃないか?この場合正しいのは作者が考えた表記だから
      • 確かに。「秒速5センチメートル」が「5cm/s」じゃ何のことかさっぱりだ。
    • 「10-3m3の涙」になったりして?

ギャルゲーの一般メディア化

この昨今、18禁PCゲームのあらゆる形での一般作化が続出してますが、もしもそれが義務化されたら・・・。

  1. 恋愛以外のジャンルが殆ど出せなくなるのは確実。
    • もし出せても恋愛メインの色が濃くなる上、一般化された場合これのように内容が変わってしまう可能性がある。

日本人名のローマ字での名姓表記

日本人の名前は「姓・名」の順になっていますが、日本と同様の表記をしている国は韓国や中国・ベトナムなど少数で、世界の大半の国では「名・姓」表記になっています。仮に日本人名のローマ字表記も「名・姓」表記になったら?

  1. 徳川家康が『Ieyasu Tokugawa』になる。
  2. ローマ字表記だけでは日本人と気づかれない人も出てくるだろう。
  3. 保守派は確実に「伝統に対する冒涜だ」と騒ぎ立てる。
  4. そのうち「日本語表記でも国際標準に合わせて姓は後ろにすべきだ」という主張が出る。

貧困層への財政的支援

貧富格差を縮小させるため、富裕層が貧困層を財政的に支援しなければならなかったら?

  1. もちろんその見返りに貧困層をこき使うことは禁止。
  2. 富裕層の定義でもめる。
  3. どのような方法で支援するかが気になる。
    • 仮に富裕層からの寄付をどこかの団体がプールして適宜補助金にするというシステムなら間違いなく中抜きが横行する。
  4. タックスヘイブンなどを悪用した所得隠しが現実以上に多発。
    • 海外に逃げる人も相次ぐ。

労働

生きている以上、障害有無関係なく無職で生活する事を禁止にし、労働が義務化されたら?

  1. 併せて、企業側が従業員の解雇も禁止とする。
    • 資本主義社会でやっていい政策ではない。
      • 働けない「幽霊社員」とでも言うべき人の賃金のせいで企業が潰れ余計ひどいことになる。
      • 社員としての雇用ではなくフリーランスへの委託という形にしてごまかす企業が相次ぐ。
    • 不当解雇で泣き寝入りする事がなくなる。
  2. 犯罪を起こし、刑務所や拘置所や留置所に拘留される場合は例外。
    • 禁固刑を懲役刑に統合すれば受刑者も全員労働していることになるのでは。
  3. 障害者やうつ病患者の収入が給与によって得られるようになり、障害年金や生活保護の必要性がなくなるので、国や自治体の税金の支出が抑えられる。
    • その代わり労働者と企業の認識のずれや各種不備などにより苦しむ人が続出する。
      • 最悪自殺者すら増えかねない。
      • そもそも現在の障碍者雇用というものは雇用前に入念な見積もりや実習などがほぼ必須で簡単にできるものにはまだなれていない。
  4. 「働かざる者食うべからず」どころか「働けざる者生きるべからず」という恐ろしい社会が出来上がる。
    • 日本社会から「定年」や「老後」という概念が消え働けなくなった時が死期とほぼ同義に。
    • 事故や病気などで意識が戻らなくなった人はどうあがいても働けないため消されてしまう。
  5. 重度の障害がある人には無理はさせないが、身体的にも精神的にも働ける状態でありながら障害を理由に意図的に労働をしない人は国か自治体から注意を受ける。
  6. 定年後も無理はさせないが、元気ならなるだけ労働するように推奨はさせられるであろう。
  7. 労働に障壁がある人は、定義を付けて例外の条文が設定されるだろう。
  8. 障害者雇用水増し問題が再び深刻化する。

関連項目


スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク


↑トップへ戻るホーム