もし日本の首都が東京都の都市になっていたら

提供: chakuwiki
2014年3月16日 (日) 13:21時点における113.197.41.254 (トーク)による版

移動先: 案内検索
  • 東京都にはすでに事実上の首都機能を有する地域が存在しますが、もしそれが都内の異なった場所に存在した場合。

多摩地方

  1. 皇居は府中、国会は国分寺
    • 皇居の宮殿配置は京都御所の配置と一緒。
      • むしろ逆かも・・・・・・(国分寺のほうが北なので、国分寺が護っていたかもしれない)
    • 世田谷区杉並区は特別区のままかもしれない。
  2. 道が碁盤の目に引かれる。
  3. 関東大震災の損害が少ないので、今も随所に町並みが残る。太平洋戦争が起きなかった可能性がある。
    • 立川断層で地震が起きれば大きな被害。
    • もっと早くから超高層ビルが建っていた。
  4. 現23区都心エリアである荏原郡・豊島郡への拡張は高度経済成長以降。
    • それまでは農地だった。
    • お台場はまだ海だった。
    • 「都心」にある大学は東部および西部へ移転している。
  5. 横田基地が国際空港だったので、成田はない。
    • 湾岸部の羽田を含むエリアに新国際空港誕生。
  6. やっぱり名前は「東京」になるのか?
  7. 八高線・相模線が東海道線並みの主要路線。
  8. 山梨県は完全にベッドタウンと化する。特に大月近辺は現実の多摩地区と同レベルの繁栄ぶり
    • 逆にチバラキは現実ほど開発されていない。千葉市は良くて中核市。
    • 史実と違って民放5局地域になっている。山梨と茨城の立ち位置が入れ替わっていた。
  9. 東京湾岸部の需要が現実より少ないので埋立地の面積は現実より狭い
  10. 東京競馬場は史実とは逆で現在は目黒区にある。
  11. 圏央道はすでに全線開通していた。
  12. 「平成狸合戦ぽんぽこ」の話のスケールがより大きくなっていた。

東京都島嶼部

  1. 国政取材の為に報道各社が島嶼部に支社を設けていた。

大島町

  1. 政府機関の中央庁舎が国立公園に所在することになる。
  2. 省庁は本部庁舎より地方支分部局の方が交通の便がよいことになる。

小笠原村

  1. 政府機関は父島に置かれることになる。
  2. 政府職員の宿舎が大量に建設され、母島が政府職員のベッドタウンとして機能する。
  3. どこかの島に空港が出来ていた。

東京23区(旧・東京市)

  • 東京23区は旧・東京市に相当し、「東京」という一つの都市として扱われています。
    • 史実で事実上の首都とされていますが、首都機能を有するのは専ら千代田区です。
      • そこで「もし首都機能が千代田区でなかったら」という仮定になります。
  1. 東京府庁と東京市役所の置かれる位置が異なっていた。
  2. 東京市の後の周辺町村合併が異なっていた。
    • 東京市15区内だった場合
      • 中心部がずれることになり、周辺の町村の人口が異なったり、ベッドタウンの位置が異なる。
      • 皇居は移され、史実の皇居には江戸城が再建されていたかもしれない。
    • 東京市15区外だった場合
      • 史実では東京市中心部を構成しているはずの豊島郡を逆に編入することになる。
      • 神奈川県や埼玉県の一部を東京市に編入していた可能性もある。
  3. 東京市や後の東京23区の形が異なったり、23区でなかったかもしれない。

世田谷区

  1. 砧公園あたりに政府機関がある。
  2. 史実での狛江市が東京市に編入されていた。都制施行で狛江区に。
  3. 千代田区のあたりは史実で言う世田谷区のような住宅地となっていた。
  4. 江戸川区は東京市には編入されず、千葉県になるか、東京都内の別の市になっていた可能性がある。



関連記事