もし枢軸国が核兵器の開発に成功していたら

提供: chakuwiki
2011年11月8日 (火) 20:30時点におけるりょうち (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
  1. ロサンゼルス辺りに日本軍、ロンドン辺りにドイツ軍が原爆投下。
    • 輸送手段を考えると日本軍が原爆を投下したのは重慶あたりかと。
  2. 連合・枢軸両陣営共消耗し尽くし、戦争に引き分けていたかも。
    • 参戦国で中枢が核攻撃を逃れたのはアメリカのみ。
    • 結果として戦後には史実より相当早くアメリカ中心の世界秩序が出現していた。
  3. 死者は1億を超え、地球の人口がその年大幅減少。
    • こんな危険な兵器はもうやめようと、国連誕生とともにNNDT(核兵器開発禁止条約)が締結、戦後の核開発競争はなく、人類が世界大戦の恐怖におびえることはなくなる。
    • 原子力発電所は全て国際管理とされた。



関連記事