「もし1996年のロシア大統領選挙でエリツィンが負けていたら」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
 
12行目: 12行目:
 
#2018年のサッカーW杯の開催地がロシアではなかった。
 
#2018年のサッカーW杯の開催地がロシアではなかった。
 
{{DEFAULTSORT:1996ろしあたいとうりようせんきよ}}
 
{{DEFAULTSORT:1996ろしあたいとうりようせんきよ}}
[[Category:歴史のif検討委員会 政治史]]
 
 
[[Category:歴史のif検討委員会 ロシア史]]
 
[[Category:歴史のif検討委員会 ロシア史]]

2019年5月27日 (月) 22:13時点における最新版

ロシアでは、1995年の下院選でゲンナジー・ジュガーノフ率いるロシア連邦共産党が第一党になり、エリツィンは非常に苦しい立場になった。しかし、なりふり構わぬ選挙戦で決選投票の結果、エリツィンはジュガーノフを破り再選を果たす。ここでは、もし1996年の選挙でエリツィンが負けていたらどうなるかを考えてみる。

  1. ジュガーノフが大統領になり、ソ連復活。
    • しかしその「ソ連」とは現実のロシア連邦領のみである。
      • ひょっとしたらベラルーシあたりが合流しているかもしれないが。
  2. クリントン政権が終わり、ブッシュ政権になると、再び冷戦が始まる。
  3. プーチンは政治の世界にいない。
    • ちゃっかり新ソ連共産党の幹部になっていたりして。
  4. 中国は現実ほどに経済成長しなかった。
    • 2008年の五輪会場は北京ではなかった。
    • 2010年の万博会場は上海ではなかった。
  5. 2018年のサッカーW杯の開催地がロシアではなかった。



関連記事