カンタブリア

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「カンタブリア」を検索
大 西 洋 フランス
アン
ガリ
シア
アストゥ
リアス
カンタ
ブリア
バスク ナバラ カタルー
ニャ
カスティーリャ・
レオン
リオハ アラゴン バルセロナ




マドリード



エストレ
マドゥーラ
カスティーリャ・
ラ・マンチャ
バレア
セビリア ムルシア スペイン
アンダルシア 地 中 海
ジブラ
セウタ
カナリア モロッコ アルジェリア

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ南欧スペインカンタブリア


カンタブリア地方の噂[編集]

  1. カスティーリャ語が発生したところ。
  2. 地名の由来は、処刑時に十字架に張り付けられて歌を歌う風習より。「歌に陶酔する」みたいなニュアンスかな。
  3. 高低差の激しい地形で、2400m以上ある連山「ピコス・デ・エウロパ」で州境をなしている。
  4. 世界遺産・アルタミラ洞窟の壁画。
    • 旧石器時代の末期(マドレーヌ文化期)のもので、主に野牛などの動物が描かれた壁画。
    • 酸化鉄の顔料を使って描かれている。
    • 崩壊の危険があるので、現在は公開されていない。
  5. お隣アストゥリアス同様、シドラ(りんご酒:シードル)の産地。

町の噂[編集]

  • サンタンデール(州都)



関連記事