「コロコロコミックファン」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(リンクは要らなければ消して下さい)
40行目: 40行目:
 
#「答案二枚返し」と「炎のコマ」をやってみて挫折したことがあるのは、よほどの初期読者。
 
#「答案二枚返し」と「炎のコマ」をやってみて挫折したことがあるのは、よほどの初期読者。
 
#「神羅万象チョコ」の漫画化を望む人も多い。が、一向に実現しない。
 
#「神羅万象チョコ」の漫画化を望む人も多い。が、一向に実現しない。
 +
#「ハヤテのごとく」「ゴルゴ13」のコロコロ版を出してほしいと思っている。
  
 
== 関連項目 ==
 
== 関連項目 ==

2009年6月10日 (水) 12:20時点における版

  1. ドラえもん命。
    • ドラえもんを載せるために創刊されたとか。
      • 大長編ドラえもん、ドラえもんズ、ドラベース・・・確かに月刊誌の中ではドラ漫画&特集の掲載ページ数は他の追随を許さない。
        • ドラえもん=小学館、小学館=ドラえもんのような感じがする。
  2. 必殺技と言えば常識や物理法則を無視するもの。
    • 失敗すると生命が危険に晒される事も多々。
  3. 小学生に負け続ける悪の組織がある。
    • でも野望はでっかく業界の完全支配か世界征服である。
  4. 玩具一つで悪に立ち向かう。
    • 相手も玩具で世界征服を狙う組織。
  5. やたらドリフの実験失敗の様な髪型である。
  6. 科学者というのは一人でどんなものでも作ってしまうものだと信じている。
    • 子供たちからは「はかせ」と呼ばれていて口調は「~なのじゃ」(年寄りの場合)
  7. 主人公&力の強いガキ大将タイプ&お金持ち秀才タイプ、の三人組が基本パターン。
    • お金持ち秀才タイプはメガネであだ名は「ハカセ」。極端に小柄or痩せ型で長身。
      • 秀才タイプは最初は意気地なしかいじめられっ子だったが、主人公とともに戦うことで友情を知っていく。
    • 時に女の子一人が入る場合も。
      • バーコードファイターでトラウマになった、もしくは新たな属性に目覚めた当時の少年は意外に多い
  8. ピンチに陥っても必ず最期にどんでん返しの大逆転。
    • その時の敵のセリフ「な、なにぃぃぃーー!!」
  9. 金持ちとは、なんでも金の力でどうにかしようとする鼻持ちならない人種のこと。
    • 昔コロコロに連載されていた小林よしのり作「おぼっちゃまくん」はその鼻持ちなら無い人種を主人公に持ってきたギャグ作品。
  10. 主人公に負けたライバルはその後は解説役に納まる。
  11. おもちゃ屋のおじさんは熱い人である。
    • 実は重大なヒントを握っている。
  12. 黄金期の西武ライオンズの選手名を結構憶えている。
  13. 今現在、一番高学年向けだと思われるコロコロ連載漫画は「ドラベース」。
  14. コミックボンボンの迷走は見て見ぬふり。
    • 「ポケモン」が無ければ今でも互角だったのに…。(byボンボンファン)
    • そんなボンボンもついに休刊することになってしまった…。ライバルを失って変に迷走しないといいけど。
  15. 少年漫画の基本は「友情・努力・勝利」ではなく、「勇気・友情・闘志」だ。
  16. 利用する筆記用具は四菱ハイユニ。
  17. 何故かこれとファン象が被る。
    • 「俺ジャンプ買ってるんだ」と言っても普通だが「俺コロコロ買ってるんだ」と言うと軽蔑される。
  18. ぶっちゃけ、バンダイなど必要ないと思ってる。
  19. 「でんじゃらすじーさん」と言う奴はモグリだ。
  20. 最近モンハンの記事をのせはじめた。てか、小学生には.......
    • 一応、内容は掲載基準に合わせているらしい。
  21. 「答案二枚返し」と「炎のコマ」をやってみて挫折したことがあるのは、よほどの初期読者。
  22. 「神羅万象チョコ」の漫画化を望む人も多い。が、一向に実現しない。
  23. 「ハヤテのごとく」「ゴルゴ13」のコロコロ版を出してほしいと思っている。

関連項目




関連記事