スイス

人気の噂
スポンサーリンク

スイス

テーマ別の噂編集

スイスの噂編集

  1. 秘密の口座を作るなら スイス銀行にお・ま・か・せ。
    • 徹底的な秘密主義が売りだったが、「ヤバイ金の集まる銀行」としてイメージが悪くなりすぎたためか、数年前に方針をかえ、当局に情報提供するようになったという。(しかし、マネーロンダリングは情報提供しても、税金逃れの情報提供はしないらしい)
      • もともとはアウシュビッツへ旅立ったユダヤ人のお金を預けさせ、親戚であろうが預金を返さない理由を作るためだったらしい
    • ホリエモンも利用したとか、しないとか問題になっている。
    • スイス銀行はゴルゴ御用達。また、「ダヴィンチのコード」でも重要な役割を果たした。
    • スイス銀行」という名の銀行は存在しない。
      • スイスの銀行の総称。スイスの銀行は口座開設者の情報を一切公開しない(かった?)ため。
      • でも「ドイツ銀行」はある。
    • 因みにスイスの中央銀行の名前は「スイス国立銀行」。しかしスイス連邦は全く出資していない。
    • 金融通の間では「プライベート・バンク」(PB)と呼ばれる。日本人でも口座保有者はおり、1500万円で口座を開設して本を出した人もいる。
      • 銀行と預金者の関係は、まるで富豪の家の執事と同じものとなる。いわば家族の一員として扱われるため、市中の営利銀行とは比べ物にならないほど銀行員は顧客のほうを向いている。
      • また一般的な銀行のPB部門(日本にもできた)とは名前こそ同じだが、天と地、月とスッポンほど差がある。銀行の利益のため顧客の不利益となるものを売りつけることはない。
  2. 海が無いのに何故か海軍がある。
    • 一応レマン湖があるからね。海じゃないけど。それにしてもレマン湖っていい響きですね!
      • そんなキミにはここ
    • 正確に言うとスイスには陸軍しかない、が、実質的な海軍(水軍)である船舶部隊がある。
    • 本当に海がないのに海軍があるのはボリビア
    • 海が無いのに船舶用エンジンのメーカーがある。
  3. スイスをアジアに持ってくればチベット
    • さらに日本に持って来れば京都。ただし実態はトーホグノカンソン。
    • いや!長野県ですぞー!
  4. 世界3ブス国のひとつだとか
    • でもドイツ語圏の山の上にいるお姉ちゃんとかが純粋なイメージの美人だったりする。
  5. 一見平和そうだが、国民の住所や性癖がかかれた雑誌が売られたり、ユダヤ人に対する差別があったりする
    • 戦争中のユダヤ資産ピンハネは、ばれてしまったから謝った。
      • 実際にはほとんど無かった、とも。
    • 最近までロマ族などの少数民族を迫害しており、民族浄化をしている国でもあった。
      • 現在でもロマ問題はスイスと言わず大陸欧州諸国で見られる。この原因はロマの地域社会に溶け込もうとしない態度、犯罪をしてでも自分たちの移動生活を維持しようとする態度であると言われるが、現在では定住生活したり移動した先で地域社会と上手く付き合っているロマも多い。あくまで罪を犯すロマが問題なのだが、ロマ全体がそういった目で見られてしまう傾向がある。
        • ちなみにイギリスは島国のためロマの到達が遅く、現在でも数は他の欧州諸国に比べて少ない。ジプシーという言葉も「トレーラーハウスで移動生活を送る者」という意味で使われている。
  6. マクドナルドが馬鹿高い
    • コーヒーの量が少ない。味は良い。
    • 腹いっぱい食べたければ、日本で払う額の3~4倍は覚悟を。
    • 確か「普通の」ハンバーガー「1個」で400円くらいするんだよね。
      • 金融危機後のアイスランドはハンバーガー1個570円になるところだったが、結局アイスランドからマクドナルドは撤退した。
  7. あまりの物価の高さに、休日になると国民総出で隣国に買出し
    • 牛肉やワイン等、多くの物品に持ち込み制限量が存在するが、国境ではまずスルー。
      • 近年、EU諸国との連携強化により、国境に警備がいなくなったとか。ほぼ自由貿易が実現した。
        • 警備がいないからスイスイ隣国へ行けるわけですね。
      • ついにシェンゲン協定にも加盟。EUメンバーではないのに。
  8. 謎の飲料、リベラを愛飲
    • ミネラル水はガス入りがデフォルト。慣れると旨い。
  9. 麻薬乱用を防ぐ為、政府が安全な麻薬を開発。
    • ソレってリタリン?(→ノバルティス製。ノバルティスはスイス資本。)
  10. 一般にも核シェルターが普及しており、中で退屈することを防ぐため必ずゲームを入れておくよう指導されている。
    • 楽隊屋は日頃から練習室として使っている。
    • ワインセラーとしての活用が一番一般的。
      • 国産ワインは生産量の2%しか輸出に回らない。でもハンパなくウマイ。
  11. フラッグキャリア(国を代表する航空会社)が倒産した珍しい国
    • その名はスイス航空。
    • さらにその会社は“利用者が食い倒れする”というぐらい機内サービスが充実していたという皮肉。
      • 毎食後にサンドイッチが配られ、ギャレーのそばにはスナックと飲み物が常備という徹底ぶり。
    • その後傘下のクロスエアが引き継いでスイスインターナショナルエアラインズとして復活。
      • 更に最近スターアライアンスに加盟。
        • おかげでJALとのマイル提携の可能性が全くなくなった。旧スイス航空時代は共同運航便まで飛ばしていたのに...
        • 新スイス航空は再倒産の危機に陥り、ブリティッシュ航空に逃げられたため、ルフトハンザドイツ航空に泣き付いて救済してもらった。結果、ドイツ語圏二箇国(スイス・オーストリア)のフラッグキャリアは揃ってルフトハンザと提携 or 統合→スターアライアンス入りとなった。
          • ドイツ語圏四箇国の独逸(ドイツ)・墺太利(オーストリア)・瑞西(スイス)・白耳義(ベルギー)がルフトハンザ支配下です。
    • ベルギーのもカナダのも倒産しましたが。(カナダ再建中)
      • ベルギーはサベナ・ベルギー航空。
      • カナダはスターアライアンスメンバーのエアカナダですが、既に再建を完了しました。
        • 更にエアカナダはワンワールドメンバーのカナディアン航空を吸収合併した過去も。
    • フラッグキャリアの倒産はパンアメリカン航空が1991年に先駆けています。JALもどうなることやら・・・
      • JALもけっきょく、これらと同じ道を進むことになりました……。
  12. 窓に花を飾らないと、村八分。
    • ゴミはガラス瓶の色も分別しないと、村八分。
    • アパートで夜遅くシャワー浴びると、村八分。
      • 「夜遅く」とは言うが、午後10時以降である。
    • 屋外に洗濯物を干すと、村八分(⇒ジュネーヴ周辺)。
    • 魚を焼くと村八分。フォンデュは平気なのになんで?(;_;)。というか、日本人はそれが理由で部屋を借りにくい。
      • チーズフォンデュはスイスの国民的料理だから、おそらくニオイに慣れきってると思われ。日本でウナギとかの魚を焼いても「臭い!」て苦情がまず来ないのとおんなじ。
    • 外国人は、金持ちと観光客以外基本的に村八分。
  13. 高級レストランでフォンデュを頼むと個室に移動させられる。
  14. 鉄ヲタの天国。外人向けのパス類お徳で種類も充実。
    • 鉄道電化率は、ほぼ100%。
      • 昔、無計画(驚)に建設された国内の水力発電所の発電能力が、国内需要の3倍に達し、余った電気を使う必要があったため。
        • なので鉄道の電化自体、スイスが世界で初めて実現したはず。ルツェルンの交通博物館に、現存する最古の電化駆動装置が展示してある。
    • 非電化の鉄道は全て観光鉄道である。
    • 博物館にある初期の電気機関車は、モーターがありえないぐらいでかく実物大の鉄道模型といった感じ。
  15. 内陸国でありながらヨットの「アメリカズカップ」の現在のホルダー。
    • ただし中心メンバーは前回のカップホルダーであるチームニュージーランドからの移籍組。
    • そのチームはUBSがスポンサーに。金銭面で勝てないわけがない。
    • 原則開催国である出発地は仕方ないのでスペイン
  16. 精密機関工業が盛ん。高付加価値の製品が自慢。
    • 日本の精工舎が安くて正確なクオーツ式時計を発売した際には時計産業が大打撃。
      • だから日本製の腕時計をこき下ろすスイス人も多数いる。
        • “煙ったい”存在の日本製の腕時計をこき下ろす。
        • 「いいかっ、集合時間はスイス時計で○○時だ!日本製の時計での○○時じゃないぞ!」
          • SEIKOが眼の敵である。
      • スウォッチの大成功でお金を貯め、伝統の機械式時計に再投資したおかげでスイスの時計産業は見事に復活した。
      • 日本のクオーツのシェアは依然として高い。しかし日本の残念なところは、クオーツ式の成功に気を良くするあまり、本当に利ざやが大きい機械式時計の伝統を完全に切り捨ててしまったということ。今の日本は再び機械式時計の職人を養成するようになったが、スイスに追いつく日は遠い。
    • 銃器類も例外ではなく、ドイツベルギーと並び高品質なものを作る。
      • 戦車の訓練場で大口径ライフル(.50口径)の世界大会を行った国。
  17. バーゼルではライン川の水運が利用できるため化学工業が盛ん。
  18. ベルンが首都。チューリヒが最大の都市。
  19. 2002年9月、国連オブサーバーから国連加盟国へと昇格。
    スイス2002年発行記念切手・国連加盟
    • 言うまでもなく、永世中立国としては苦渋の決断。加盟賛成派50.5% vs 加盟反対派49.5% で加盟決定。
  20. ジェットエンジンを背負って空を飛んだ人がいる。
    • 日本では、ペットボトル水圧ロケットで飛んだアホがいる。(エスパー伊○)
    • そして、大量のロケット花火を背負って空を飛ぼうとして大火傷を負ったアホもいる。とはいわないけど。
      • 思いっきり言ってるじゃねぇかwww・・・日本人ってアホだと思われたらどうしよう
  21. 実は、周辺諸国から結構嫌われているらしい。「スイスの国籍は欲しいが、スイスとスイス人は嫌い。」という感じらしい。
  22. 道路交通量が多い国だが、その多くがフランス・ドイツ・イタリアなどの周辺国相互間を結び、スイスはただ通過するだけ。そのため、自国には排気ガスしかもたらされず、不満タラタラ。
    • でもスイス経由の隣国同士の鉄道貨物輸送が多いので、実は国内の鉄道幹線を強化中。SBB/CFFはボロ儲け。
      • 無意味にトンネルを掘りまくったり、幹線を増強してます。実際のところ、近年は「レールのあるところに金がなる」状態である。
    • そもそも周辺諸国の交易で栄えた国なのだから、贅沢な悩みというものである。
  23. 田舎では、人より牛のほうが多い。
    • 小さな町に行けば、町中臭い落とし物だらけ。
  24. パンが不味い…らしい。
    • 収穫した小麦を一度すべて国が貯蔵するらしい。んでもって2年くらい前の小麦が市場に出回る。
      • これは有事の時に備えるため。
    • なので国境付近の住人の行きつけのパン屋さんはフランス領にあったりする。
  25. 2ちゃんねるスイス版のURLは、ずばり“www.2.ch
  26. いつ、EUの加盟国になるのか?
    • それだけは実現しないでしょ。EUは国連と違って、存在が“普遍的”ではないから。
    • 実際問題、加盟してなくても何の不都合も無いからおそらく加盟は無いでしょう。通貨を「世界の鉄壁通貨」スイスフランからユーロに切り替えるメリットも皆無だし。
    • あそこは二度の大戦で周辺国を信頼してはいけない事を学んだしな。
    • ところが、スイスはEUのライバルだった(過去形であることに注意)EFTAの原加盟国で、今も数少ない構成国の一つ。
    • EUが純粋な経済同盟のECのままだったら加盟していたかもしれない。
  27. ドイツかどこかに侵攻しようとして間違えてリヒテンシュタインに侵攻してしまった事があるらしい
    • ↑少なくとも2回。 穏便に済まされたそうだが。
      • 1980年代、誤ってリヒテンシュタインの森をミサイルで燃やしたこともある。そのときは賠償金を支払わざるを得なかったそうな。
    • 侵攻しようとしたんじゃなくて、軍事演習では?
      • 2007年に軍事演習中うっかり道に迷い、気がついたらリヒテンシュタインを侵攻。
  28. 犬を食べる古い風習が残っている地域がある。当然、ヨーロッパでは大っぴらに言えないので細々とその文化を伝えている。
  29. スイスロール(ロールケーキ)。
    • ちなみに、イギリスアメリカ等の英語圏でも「スイスロール=ロールケーキ」は通用したりする。どうやらフランスあたりから広まった語句らしい。
  30. 2005年、スイスで行われたワールドカップ予選のスイスvsトルコ戦でトルコの国歌演奏時にスイスサポーターがブーイングを鳴らしたので、トルコサポーターは憤怒、報復としてイスタンブールのアウェーではスイス国歌演奏時には音楽が聞き取れないほどの大ブーイングを鳴らされた。そのためサッカーでは仲が悪い。
    • ただし、政治的には日本と韓国・中国、トルコとギリシャの関係ほど悪くはない。
  31. リヒテンシュタインは部下のような関係。
  32. ピングーを覚えてる?
  33. スイース(笑)
  34. 「どこぞの島国には巨大空中ブランコで山や林に語りかけ山羊をはべらしチーズむさぼってると思われているようだからな」(by隣国主人公の作品
  35. スイスではモータースポーツは禁止されている。原因は1955年のル・マン24時間耐久レースで80人の死者を出した事を受けて危ないと判断したため。
    • なのでスイスに住んでいる元F1チャンピオンのミハエル・シューマッハは「無職」扱い。収入は5000万ドルを超えているのに収入に基づく30万ドルの税金で済んでいる。
    • フランス国内でF1GPを年間2回も開催するための方便として、「スイスGP」という名称が使われたことがある。
  36. 日本競馬界初の牝馬二冠
  37. リビアを敵に回した。
  38. ヨーロッパの中でも温泉が多いらしい。
  39. スイス人は欧州の中で親日が一番多いらしい。
    • そんなことない。欧州で親日が多いのはロシアに虐められていた国々。
  40. 面積は北海道より小さく、人口は北海道より多い。
  41. ハイジの影響で牧歌的なイメージが強い国だが、実はかなりの先進国。農業だけでなく工業も優秀。

都市の噂編集

ベルン編集

  1. スイスの首都だが、ジュネーブやチューリヒに隠れて陰が薄い。
  2. ファイアーエムブレムでは国として登場。
  3. シムシティのシナリオでは交通渋滞が深刻な問題になっていた。
  4. 市の名前は、ドイツ語の熊から来ている。そのため、旧市街地の中心部の一角には、ヒグマを飼育しているクマ公園がある。

ジュネーブ編集

  1. 赤十字の本拠地。
    • スイスの旗は赤十字の色違い。
      • アンリ・デュナンに敬意を表したもの
        • パクったのはデュナンのほう。
  2. 世界○×△機関とか、国際◇◎□機関の本部がたくさんある。
    • 国際連盟が解散するまでここに存在してたから・・・
    • 考えてみれば凄い国際都市!国際連合の前身な訳だし実際に国際連盟存在時は世界的に強い影響力を有してたらしい!
  3. ほとんどフランス。国際空港の滑走路はフランス国境を跨いでいる。
    • フランス領から通勤している人が1万人近くもいる。
    • レマン湖の対岸はフランスだし。エビアンもそうだな。
    • TGVも到着する。
    • TGV降りてからの入国審査はかなりユルイ。
  4. 時計屋さんだらけ。日本語OKの店も多し。
  5. スイス・ロマンド管弦楽団の本拠地。ちょいと落ちぶれたがまだ一流。(?)
    • ちなみに名称は「ロマンス語(フランス語<厳密には方言>)を話すスイス」という意味。
    • なお、この地方の言葉をフランス国内の類似方言も含めてRomand(語)と呼ぶことが提唱されている。
      • フランコプロバンス語と呼ばれてきたが、単純に標準(北部)フランス語(オイル語)と南フランス語(プロバンス語、オック語)の中間とも言いがたいので…

チューリヒ編集

  1. スイス最大の都市だが人口は減少気味・・・
  2. 金融機関で有名
  3. 自動車保険
  4. FIFA(国際サッカー連盟)の本部もある
  5. ここのオペラハウスはめちゃめちゃ優秀
  6. ドラゴンズとは関係ない。
  7. さーいーたーさーいーたーチューリヒのはーなーがー♪
  8. チーズフォンデュが有名
    • つけるときパンが鍋に落ちたら、頭叩かれる。3回やっちゃたら、チューリヒ湖に飛び込まなきゃならないという。(恐らくだれもしないでしょう)
    • 一番合う飲み物は紅茶らしい。ちゃんと研究されている。
  9. 国内、いや欧州の中でも物価が高い。
    • タクシーの初乗り料金は世界一高い。(日本円にして約2000円以上)

バーゼル編集

  1. ライン川の水運が利用できるため化学工業が盛ん。
  2. 交通の要衝。ユーレイルパス旅行者にはお馴染みの街。
    • バーゼル駅はスイス国鉄だが、同じ敷地にフランス国鉄のバーゼル駅と3㎞近く離れた場所にドイツ国鉄のバーゼル駅がある。いずれも双方に行くにはパスポートなどのチェックが必要。
      • それもスイスがEU加盟国ではないのにシェンゲン協定加盟国となったのでなくなった。
  3. 毎年高級腕時計時計の展覧会が催される。
  4. フランスドイツ・スイスの国境付近にある。
    • 市域そのものはスイスだが、市街地は国境を跨いで広がっている。
    • ゆえに、ドイツ語圏だが、独特の訛りのあるフランス語もしばしば併用される。
      • 仏領アルザスとは完全地続き。あちらでは訛ったフランス語が優勢になるが、バーゼル弁近似の方言も健在。
  5. バーゼル空港はフランスにある。このためスイスとフランスの共用空港となっている。
    • ミュールーズ(フランス)、さらにはフライブルク(ドイツ)の最寄空港でもある。
    • ゆえに愛称が「ユーロエアポート」
  6. ここを走る路面電車も1駅だけフランスを走っている。昔はドイツ領内も走っていた

マイエンフェルト編集

  1. 「アルプスの少女ハイジ」のモデルとなった村。外国人観光客の大半が日本人。
    • 正確には、マイエンフェルトの近くにあるイェニンス村とWikiに書いておりました・
  2. アルプス山脈の麓にある美しい村。

ローザンヌ編集

  1. ヴォー州の州都でジュネーブと並んでスイス・フランス語圏の中心都市。
    • ジュネーブと共にフランス国外でフランス新幹線TGVがかなり昔から乗り入れていた。
  2. 国際オリンピック協会(IOC)の本部が置かれている。
    • ゆえに世界で唯一のオリンピック博物館がある。
  3. 日本人でこの街はあまり知られていないが、日曜午後7時半から放映されていた「世界名作劇場」のファンなら「アルプス物語・私のアンネット」で随所に出てきた街として聞き覚えの在る街である。
    • 「私のアンネット」は原作は「雪のたから」という有名な物語だが同じスイスを舞台にした「ハイジ」や逆に原作があまり知られていない「フランダースの犬」と比べると人気が奮わず、よって日本人のローザンヌの知名度もイマイチという感じである。
      • あまりにキリスト教の「罪と贖い」という宗教色の強い物語であったため、1983年放映当時の子供達に馴染めなかったということも人気の奮わない一因だった。現在その年代の子供達は大人になり、ネット上でこの物語の再評価の動きがみえる。
    • これ以外では世界史に登場するローザンヌ条約で知られる。
  4. スイス唯一の地下鉄が走っている。
  5. 世界中の、バレエダンサーやバレリーナを目指す若者にとっては、あこがれの地。そこで開かれる大会の決勝で賞を取ると、名門バレエ団の附属学校に通えたり、奨学金をいただけたりする。

スイスの言葉編集

  1. ヨーデルが公用語で、全員裏声で話す
    • ヨ-デルはドイツ語圏しか歌われない。
      • 「声が枯れるわ!」(スイス人)
  2. 乳母車押してる母ちゃんが、平気で三~四ヶ国語話す。
    • マクドナルドのおばちゃん店員も、独仏伊に英語を普通にしゃべる。
  3. スーパーの商品も最低独仏伊三ヶ国語は表記。政府広報などは四ヶ国語なので分厚さに圧倒される。
  4. 登山鉄道の車内アナウンスはドイツ語、フランス語、イタリア語、英語の順。一部の観光列車では日本語もある。
  5. ドイツ語フランス語イタリア語の他にロマンシュ語(レートロマン語)が公用語。
    • 最後のロマンシュ語がなぜかセンター試験の地理に良く出る。
    • たぶん「レートロマン語」が「ラテン語の末裔として一番ラテン語らしさを残している言語だから」じゃないかと思います。小生は高校の地理の時間にそう習った記憶があります。
    • ロマンシュ語は日本で言うところのアイヌ語みたいなもの?
  6. ほとんど英語が共通公用語と化している。
    • ベルギーとかもね。ドイツ語・オランダ語系統とフランス語・イタリア語系統の中間である英語が使われるのは当然か。
    • 「線路を横切ってはいけません」看板は独・仏・伊・英語の表示。でも氷河特急では驚きの5カ国語対応。
      • ロマンシュ語のこと?
  7. スイス全土の学校では「独ドイツ語」と「英語」を習うが独ドイツ語はスイスのドイツ語圏ではあまり通じないため英語が実質共通語になってる。…なんでスイスドイツ語を教えないのだろうか。
    • スイスドイツ語という方言群はあるが、単一の言語ではないというのが大きな理由。
    • 大きく西部方言(ベルン・バーゼルなど、フランス語の影響が強い)と東部方言(チューリヒや原初3州など、よりゲルマン色が濃い)に分けられ、それぞれに「標準語」があってお互いに通じないため。
  8. 主要都市の大半がスイスドイツ語圏に属している。
    • ジュネーブはフランス語圏。
  9. 独・仏・伊語のどれかを習得しようとしてスイスに留学しても訛りがキツすぎて本国の人にはほとんど通じないと聞いたことがある。山形弁を話すダニエル・カールみたいなものか(ダニエルは標準語も喋れるけど)。
  10. スイス切手の国名表示「Helvetia(ヘルベティア)」は独語、仏語、伊語のどれでもなく、ラテン語。どの民族にも不公平にならないように配慮したのだとか。でも、実はラテン語はロマンシュ語にちょっと近いらしい。

永世中立国スイス編集

  1. 永世中立国とか何とか言っている。
  2. 成人男子は全員軍人。
    • 軍用車=自転車
    • なぜか社民党を含め一部の日本人から「平和の国」として認識されている。
      • 永世中立国=平和な国と勘違いしている人が多くいるが、永世中立である以上侵略されたりした場合、どこの国の手助けも得られないので国民皆兵になっている。
        • あだ名はハリネズミ国家
      • 一応、いまのところ平和ではある。
  3. 実際は Si vis pacem, para bellum.(平和を求めるなら、戦いに備えよ。)を声高々に唱えている軍事国家。
    • 一度核兵器を作ろうとしたことがある。むしろすでに持っている気がする。
      • 冷戦中の1980年代前半に核保有を計画したが、持つ前に冷戦が終わった・・・という事になっている。
        • スウェーデンと共同開発する予定だっとかなんとか。ってどこかで聞いた。
          • 絶対無比と思われていたソ連がアフガンで撤退に追い込まれた事で強大な軍事力という幻想が打ち砕かれた事が核兵器保有断念の原因の一つ。ちなみに核実験を行ったら成功するレベルまで達していたと言われている。
    • 実はアメリカとタイマンで勝負できる数少ない国の一つ(=ハリネズミ系軍事大国)。
      • ってのは調べてない人。露辺りに攻められたら簡単に陥没します。じゃあなぜ永世中立国という看板を保っていられるのか。他国を攻める場合はメリットがデメリットを上回っていなければいけないがスイスを攻めるのはデメリットがメリットを大きく上回るから(特に時間と制圧後。民間防衛で占拠されてからはゲリラ活動のために準備を整えろとか書いてある)
        • 近隣の国々の政治家、有力者の多くがスイスの銀行に財産を有している為、スイスを攻めると自分自身の財産価値がさがる為(スイスフランの暴落を望まない)、スイスは永世中立を維持出来ると聞いたことがある
          • そもそも農地、資源も大したものは無いため、手に入れたとしても特別得るものは無い。そして山が多すぎて攻めるのも結構めんどくさい
        • 戦争を吹っかけた場合勝てない相手ではないが、勝ったとしてもほぼ絶対に割に合わない国、それがスイス。
    • 昔プレイしたウォーゲームでは「スイスは手出しをしない限り問題ないが軍を派遣するとものすごい勢いで反撃してくる国」というルール設定だった気がする。「ハリネズミ系軍事大国」とは言い得て妙だと思う。
      • でも、遠征する力は無い。
      • 日本と同じで、自国防衛を主眼に軍事を進めている。
        • 一番の違いは国民の意識。
    • ナポレオン戦争のヨハネス大公とか、第二次大戦のアンリ・ギザン将軍とか、平時に影薄くても国難の時になると優秀な軍事指導者がいることが分かる。
    • ハイジのおじいさんも傭兵としてイタリアに行っていた。元々、酒とバクチで家の財産をパーにした地主の息子だった。殺人事件を起こしてイタリア政府から追われ、故郷の山に逃げ込んだ。嫌われていたのはしょうがないかも、、、
    • バチカンを守る衛兵はスイス人限定。
      • なにげに、国家としては世界で唯一傭兵業(厳密に言えば違うけど)を営んでんだよな。
        • 昔のスイスは輸出するものが無かったので傭兵で外貨を稼いでいた。だからスイス傭兵は絶対に逃げず、任務に忠実という事で評判だった。
      • なぜバチカンを守る衛兵はスイス人限定なのかというと、かつて神聖ローマ帝国のカール5世の軍がローマを攻撃した際にクレメンス7世を逃がす時間を稼ぐためにスイス衛兵が全滅した。それ以来、教皇庁は恩義を感じていまだに衛兵は全員スイス人限定。
        • 入隊する際はスイス国籍のカトリック独身男子で19歳から31歳まで、加えてスイス軍の基礎訓練課程を修了している事が義務付けられる。剣や長斧も使えるが、流石に現在は銃器を保持してる。当然と言えば当然だろうけど、意外と現代的なのです。
    • 実は軍事産業が盛んで、輸出にも積極的。
      • 自衛隊もスイス製の拳銃をライセンス生産して使っている。
        • 戦前からもけっこうお世話になっている。零戦の20㎜機関砲も元はスイス製。
      • 一番の輸出品は「傭兵」という噂をどっかで聞いた気がする。
        • inüacaで輸出するものがなかった近世までの話ね。中世じゃスイス傭兵同士が違う国の下で戦ってたって話だし。今は精密機械等じゃないかと。
          • しばしば同じスイス人の同士討ちが起こり、中には血を分けた家族が殺し合う悲劇もあったという。
        • 傭兵が持ちかえってきたの各地の情報が交易でとても役だったとかなんとか。
      • 第二次大戦時には中立の立場を貫こうと枢軸国側と連合国側の両方に兵器を売っていた。
    • 一家に1丁以上ライフルがある。
      • そのライフルの性能はむちゃくちゃいい。そのまま狙撃銃に利用できるほど。
        • 山岳地帯なので精度が高い方が有利だから。スイス人は自国のアサルトライフルを誇りにしている。
    • 有事の際はともかく、平時でも簡単かつ確実に人を殺傷できる手段を有していることになる。
      • それゆえ、スイスの殺人事件の発生率は、経済が不安定な東欧諸国を除き、ヨーロッパでは突出している。
      • 2007年の法改正で軍からライフルは支給されても弾は自宅に保管できなくなりましたので殺人事件は減っていくと思われます。
      • ちなみに軍用銃を平時に訓練以外で使用するのは、たとえ射撃大会でも禁止されています。↑の規制が始まる前でも軍の銃はスイス軍法で定められた使用しか許されていません。
    • 軍支給の武器で犯罪を犯すと普通の法ではなく軍法会議にかけられるので一般法より罪が重くなり、それが抑止力になっています。
  4. 国際連盟の拠点だったジュネーブがある。
  5. EUに加盟していないがEU参加国に四方を囲まれている。
    • リヒテンシュタインはEU未加盟だがEEAに加盟。
  6. 第二次大戦中、領空侵犯した航空機は連合軍・枢軸軍問わず撃墜・捕獲した
    • 連合軍・枢軸軍両方から都市爆撃された
    • ドイツ国境近くの村などは特に爆撃され、「ここはスイスだ!」とアピールするも無視された。(ジュネーブ出身のスイス人談)
  7. スイス連邦鉄道(スイス連邦国鉄)の主要鉄道路線や主要道路の国境には、パスポ-トコントロ-ルがあるがロ-カル線には何もないので、無審査で出入国できる。
  8. 一部階層の人間には「国防マニュアル」が大人気。
    • 民間防衛な。
    • 日本でも発売されている。日本人も必読。
      • 高いな。図書館で普通に借りられるから借りてきます。
  9. 実はつい最近国連に加盟したばかりの国。
    • といっても2002年だけどね。
    • つい最近ならモンテネグロ(2006年6月、セルビアモンテネグロから独立及び国連加盟)だろ?
      • 別に比較してるわけじゃないので…
  10. 何となくゲリラ戦が強そう。
  11. アメリカにおける、同国と国交の無いキューバ政府の出先機関は、名目上スイス大使館の一部ということになっている。さすが永世中立国。
    • 名目上というか、思いっきり軒先を借りている。
  12. 未だに徴兵制が存在するため、成人男性はみんなたくましい。



スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
↑トップへ戻るホーム