ニューメキシコ

人気の噂
スポンサーリンク

ニューメキシコ

"Land of Enchantment" ニューメキシコ州の噂編集

  1. 新しいメキシコ
  2. 実はアメリカ
    • アメリカ人でも、ニューメキシコとメキシコの区別がついていない人多数。
    • アメリカ国内を旅行していて、警官に職務質問を受けた際、どこから来たか聞かれ、「ニューメキシコです」と答えると、パスポートを提示するように求められた=警官がニューメキシコは外国だと思っている、という報告あり。
    • ニューメキシコ州外で、ニューメキシコ州の銀行の口座のチェックをデポジットしようとしたら、銀行の窓口の人に「外貨建てチェックには手数料がかかります」といわれたという報告もあり。
  3. 昔はメキシコの領土だった。戦争で敗れてアメリカンに・・・
    • ちなみにテキサス・カリフォルニアも。
    • つまり、ロサンゼルスやブッシュはメキシコだったのか・・・
      • えーと、「ロサンゼルス」はもろスペイン語地名なのだが・・・(Los Angeles(ロス・アンヘレス)、「天使達」)
    • 西海岸の各都市名が英語チックでない理由。
    • しかも、戦争が起きたのはアメリカの陰謀だった。
    • 隣の州であるテキサス出身者も多数、ニューメキシコに在住しているが、ニューメキシコ出身者は、いろいろとテキサスのことをよく思わない傾向にあり、一部の者はテキサスのことをこっそり「テクス アス」(アス=ass)と発音し、溜飲を下げている。
  4. バスに乗っていると歌っているお兄さんがいる
  5. UFOが落ちたり良く見かけるところ。
    • 見たことも無い金属片が降ってくる。
    • ロズウェル
      • UFO博物館が有名(展示はショボい)。街全体がUFOで食ってる。
    • 羽咋市のライバル。
  6. 宮沢りえで有名なサンタフェも。
    • 町並みがあんな感じの建物に統一されていて(写真集知らない人も多いか・・・)、行くと結構楽しい。芸術家が集まり売買が盛ん。
  7. 原爆で有名なロスアラモス研究所も。
    • アルバカーキの空軍基地内にある国立原子力博物館でも、原爆関係の展示が行われているが、うっかり「広島から来ました」などと言おうものなら、どこからともなく案内人が現れ、ご丁寧に館内の説明をしてくれ、最後に「いかに原爆投下は正当なものであったか」を熱弁してくれるプライベートツアーを、頼みもしないのにおこなってくれる。もちろん英語で。
    • アラモゴードから程近い場所に位置するトリニティサイト(世界で初めて原爆が投下された地点)は、春と秋の年2回、一般公開される。
    • 基地が多いためか、メキシコからの越境者が多いためか、普通の道に検問所がある。
  8. アルバカーキは熱気球のメッカ。
  9. 北に行くほどネイティブアメリカンが増える。日本人と顔が似ている。
  10. ニューメキシコ、アリゾナ、ユタ、コロラドの州境が集まるフォーコーナーズは結構な観光地。みんな四つんばいになって「オレは今、四つの州をまたいでるぜ!」ポーズを決める。
    • お土産屋はネイティブアメリカンが独占。彼らの収入源。
  11. アルバカーキの綴りが難しい
  12. 実はニューメキシコにもラスベガスがある。と言ってもCityでは無くVillageだけど。
  13. アラモゴードの近くには某大手ゲームメーカーが売れ残りのクソゲーを大量に処分した「ビデオゲームの墓場」がある。
    • 30年後に一部は発掘され出土したソフトが博物館に展示されたらしい。

ニューメキシコ州の街の噂編集

  • 州都:サンタフェ
  • アルバカーキ



スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
↑トップへ戻るホーム