バカ悪魔の辞典/あ行

提供: chakuwiki
2019年1月12日 (土) 16:18時点におけるりょうち (トーク | 投稿記録)による版 (順序の訂正を含む)

移動先: 案内検索
はじめに
「悪魔の辞典」とは、アメリカの作家アンブロース・ビアーズが1911年に出版した、様々な単語を皮肉っぽく紹介した書籍です。早い話がアンサイクロペディアのアンディクショナリーの元ネタです。
本項目では、いわゆる漫画・映画・アニメ・ゲーム等の「よくあること」にバカっぽい定義を加えて紹介していこうと言うものです。決して、このような展開を用いることをバカだと言っているわけではなく、あくまで「こういう類型が多い」という一種のネタであることを、あらかじめご承知いただければ幸いです。
動物に関してはベタな創作物における動物の法則をご覧ください。

あ行

空き地
  1. 横になった土管を置くスペース。
  2. 隣に、盆栽が趣味の町一番の頑固爺さんが生息している地域。
  3. 作品が進んで何かが建つということは少ない気がする。
秋葉原
  1. オタクの街。
    • それ以前の電気街絡みの話題は完全に無視。
  2. 地方出身設定のキャラがやってきて、さまざまなものに目を輝かせる場所。
悪天候
  1. 日頃の行いの悪い人たちが大挙しているアジトの上のこと。
  2. 主人公たちが心底楽しみにして、その前日から準備しワクワクしているときに限って訪れるもの。
    • ひどい場合はメインイベントの寸前になって急襲される。
アコースティックギター
  1. 流れ者が常に背負っている物。
  2. 振り回して相手を殴る武器。
    • 中には銃や刃、鋼線などを仕込むこともできる。
アステロイドベルト
  1. 東京ドーム1個分の体積に数百から数千もの岩がゴロゴロしている超危険地帯。
  2. 火星と木星の間にあった惑星が爆発した残骸。
アタッシェケース
  1. 入れた物体の重量が1/10以下まで軽減され、札束でパンパンになるまで詰め込んでも女子供でも持ち運べる便利な道具。
    • 類義語に「千両箱」がある。
アマゾネス
  1. 子孫をどうやって作っているかは全くの謎のまま。
    • 拐った男と×××という風習が原典にあるので、それに準ずることが多い。
池袋
  1. 渋谷や新宿と比べてめったに出ない気がする。
  2. 西武と東武の両デパート、そして申し訳程度に出てくるサンシャイン60。
遺産相続
  1. 犯行動機。
  2. ミステリー作品以外では、主人公が働かずに悠々と生活できたり、ヒロインと出会ったり、強敵に立ち向かうための武力を得たりするために棚から落ちてくる牡丹餅。
  3. 税金のかからない行為。
犬小屋
  1. 切妻造で妻面にアーチ状の出入り口がある小型の建築物。
  2. 屋根の上が家主の就寝場所とされることもある。
  1. 不自然に丸い。
  2. 怪獣が投擲、殴打に使用する鈍器。
隕石
  1. 災害の一種。
  2. 宇宙怪獣やスーパーロボットを収納するカプセル。
インターポール
  1. 全世界を捜査対象とする警察組織。
    • もちろん犯罪者の逮捕もできる。
ウエイトレス
  1. 好色な男にお尻を触られる女性。
嘘つき
  1. 怪物や凶悪殺人犯の第一発見者。そして絶対に信じてもらえない。
打ち上げ花火
  1. 炸裂した瞬間、カップルがキスをするもの。
宇宙空間
  1. 生身で放り出されても気合と根性で耐えられる空間。
  2. 爆発が起こると「ドカーン!!」と爆音が鳴り響き、煙や爆炎が全方向に向かってモワモワ立ち上がる謎の空間。
    • 破片が秒速数㎞で吹っ飛んでくることに関してはまず言及されない。
  3. 艦隊やロボットで戦った場合、必ず上下左右が同一の向きになる空間。
宇宙線
  1. 出しておけばとりあえずゾンビや怪獣が生成されるもの。
宇宙探査ロケット
  1. 主人公が乗っていない場合、地球外生命体が襲撃し、ひどい場合にはそのまま地球まで運んでしまう移動手段。
  2. 主人公が乗っている場合、高確率で着地した途端に故障し、なかなか修繕できないもの。
腕時計
  1. 内部に武器や通信機を隠しておく装飾具。
海の家
  1. 夏休みのアルバイト先。小遣い稼ぎと読者(視聴者)サービスを兼ねている。
  2. 定番メニューは焼きそば。
越後屋
  1. 悪の組織。
  2. 主な業務は代官や幕府高官に黄金色の菓子を贈ること。
エンスト
  1. 怪物から逃げようとすると発生する事象。
    • 同義語に「弾切れ」「ジャム」などがある。
遠洋漁業
  1. 莫大な借金を背負ってしまった人の就職先。
大阪
  1. 道頓堀と通天閣。
    • かに道楽とづぼらやのふぐはよく出てくるが、くいだおれ太郎はほとんど出てこない。
  2. 住民がお笑いという名の親父ギャグにハマっている街。
  3. 梅田などの高層ビル街が出て来ない事に大ブーイングの地元市民。
屋上
  1. 学校におけるオアシス。告白、飲食、サボり何でもあり。
押し入れ
  1. 開けると必ず内容物が雪崩のように崩落してくる危険な収納スペース。
  2. 子どもの秘密基地として使われることもある。
和尚様
  1. 小坊主に黙って甘いものや酒を隠匿し、必ず裏目に出るダメな大人。
織田信長
  1. ラスボス。
  2. ラスボスが蘇らせようとしている物。
  3. 本能寺焼失と同時に現代に転生し、ものすごい速さで順応する天才中年。
  4. ヤンチャな美少女。必ずと言っていいくらい、赤い髪をしている。
お守り
  1. 胸元に入れておくことで銃弾を止めるもの。
おやつ
  1. 後で食べようと思った場合、確実に同居人や来客、またはネズミなどの小動物に食われる嗜好品。
  2. 分けて食べようとしてどちらが多いかで喧嘩になる物の例。
  3. 世帯における経済格差のメタファー。
  4. 戸棚に隠されるもの。
女幹部社員
  1. 大抵は有能だが、どこか弱味を持っている。
女騎士
  1. 敵に拉致される者。
  2. 常に乳房や腰のくびれを死ぬほど強調した、白若しくは銀色の鎧を着想させられる若い女性。中年以上は存在しないらしい。
女教師
  1. 教え子にセクハラ行為を行う者。
    • 同性の生徒の乳揉みが趣味。
  2. 中年の場合、ネチネチしているか慈母の如く優しいかのどちらかである。
女湯
  1. どのような時間帯にも、必ず若い美女が入っている施設。
    • それを覗こうとする奴が逆さ吊りにされる。
    • あるいは覗いたときに限ってお年寄りしか入っていなかったりする。

か行

階段
  1. 転げ落ちるもの。特に2名同時に落ちた場合、2名の魂が入れ替わる。
  2. 吉本新喜劇では白髪の老人が杖で壁を叩くと段が収納され坂道に変化する。
開閉装置
  1. 作動させるために必ずどちらかに一人は残らねばならず、役目を終えたキャラを感動的に退場させるために使用される処刑マシン。
  1. ナルシストが事あるごとに眺めている物。
  2. 背を向けた瞬間、中に引きずり込まれる物。
  3. 邪眼・魔眼・催眠術使いが最後に目にする物。
核実験
  1. 主要人物の故郷や家族を失わせる行為。
  2. 冬眠していた怪獣を復活させる、もしくは野生生物を怪獣化させて放射能を含んだ廃棄物を都会にばら撒かせる最悪の愚行。
  1. 雨の日に盗まれるもの。
  2. 雨の日に、不良や小さな子供が捨てられた動物の入った箱の上に置いていくもの。
  3. 内部に刃や銃を仕込み、構えれば銃弾を跳ね返す武器。
菓子
  1. ダイエットのために食べるのを我慢し、目標体重を切ったら一気食いするもの。
    • もちろん、見事にリバウンドする。
火星
  1. かつて文明が存在した惑星。
    • 現代の人類を遥か凌駕した文明を築いていたが、現在まで何らかの理由で喪失している。
  2. 月に次いで人類が開拓することに成功した惑星。
  3. タコが直立してうろついている星。
化石
  1. 怪獣の素材。
  2. 必ず全身がほぼ欠けることなく完璧な形で発掘されるもの。
  3. 過去にタイムスリップした人物がしでかした行為の成れの果て。
ガソリンスタンド
  1. 災害や自動車の突入などにより容易に爆発する施設。
カツ丼
  1. 犯人を「落とす」為の最大の武器。
カップラーメン
  1. 貧乏人の主食。うどんやそばに変化することはほとんどない。
かばん
  1. (RPGにおいて)どんな量のアイテムを入れても決してパンクせず、尚且つ重さも変わらない四次元空間に繋がっているマジックアイテム。
鎌倉
  1. 多摩と並んで舞台となりやすい地域。
  2. 現実より人が少ない。(特に江ノ電において顕著)
  3. 湘南」と呼ばれることもある。
  1. 金属に向かって落ちる電気。
    • 悪役が「死ねい!」とか言いながら振り上げた刀剣には、高確率で落ちてくる。
  2. 直撃した相手をアフロヘアにする自然現象。
  3. 近くに人がいる木に落ちるもの。
  4. 当たった物体をモンスター(ごくまれに正義のヒーロー)に変身させる現象。
    • 明らかに覚醒したソイツは、雷以上のエネルギーを有している。
  5. 高度なコンピューターに自我を目覚めさせるきっかけになる。
換気ダクト/通風孔
  1. 必ず人間が通れるだけの穴を割と重要な所まで無防備に通してくれる通路。内部は非常に清潔である。
  2. 必ずレディーファーストが義務付けられている所。
看守/牢番
  1. 組織の中で一番警戒心の薄いドジでマヌケな奴の回される閑職。
  2. 酒、美女、ゲームが大好きな、牢屋の鍵の運搬装置。
岩盤
  1. 掘削作業をしている人が「馬鹿らしい、やーめた!」とツルハシを投げ込むか、「クソッタレ!」とぶん殴ればそこから水や石油を噴き出す、空気の読める鉱物。
顔面ヘディング
  1. 成功率が、行使者の運動音痴度に比例して上がるプレー。
キーボード
  1. 各種コンピュータを動かす時に使われるデバイス。マウスを同時に使う描写は何故か皆無に近い。
喫茶店のマスター
  1. 喧嘩が異常に強い人の事。
  2. 喧嘩が強くない場合、雇用している店員のうちのいずれかが異常に喧嘩が強い人のこと。
キャノン砲
  1. 乗り物。
餃子
  1. ギャグ作品において、吸血鬼が襲おうとした人が直前に食っていた物。
京都
  1. 修学旅行先。
    • 何が起ころうとも清水寺と金閣寺は必ず回ることになる。
      • 京都駅での集合先は実際の八条口(新幹線側)ではなく烏丸口(京都タワーがある方)。
  2. 舞台である場合は京阪線沿線。
  3. 訳の分からない妖怪などがあちこちに封印されている千年の都。
教頭
  1. 学園ものにおける「悪徳上司」。主に弱小部活の廃部などをもくろんでいる。
銀行
  1. 強盗に襲われるためだけに存在する施設。
空港
  1. ≒成田空港。国外に出国する場合、関東圏が舞台なら間違いなくここ。
  2. ここから逃げようとする重大事件の犯人は、例えどんなにアリバイが完璧であっても警察に逮捕される。
  3. どんな人外が入国しようと怪しまれる様子もない。
草むら
  1. モンスターなどが生息する場所。
    • 草より背が低ければたいていどんな生物でも生息できる。
くしゃみ
  1. 誰かに噂をされると発生する生理現象。
    • コショウを空中に振りまいたことで発生することもある。
  2. 大魔王を呼び出すこともできる。
蜘蛛の巣
  1. 長く人が寄り付かない場所にできるもの。
    • 軒下のものは侵入者に絡みつく。
  2. 巣を作った蜘蛛の姿が描かれることは少ない。
警備員
  1. 守衛室から出てこない場合、確実にサボっている人物。
  2. 外を警邏している場合、怪物の第一発見者になって殺されてしまう人物。
下水道
  1. 敵に追われている人物のフリー逃走スペース。どんなに負傷した状態でうろついていても、決して敗血症など起こさないほど清潔。
  2. 逆に敵の本拠地に忍び込むために年中開放している使用料0円の抜け穴。
  3. 白いワニなどの珍しい生物の生息地。
下駄箱
  1. 学校の人気者へプレゼントや手紙を送る際に使われる場所。
血液
  1. 人外または改造人間だと「緑」色な事が多い。
月光
  1. ものすごく強力な魔力を有しているエネルギー源。浴び続けることで死体すら生き帰る。
  2. 人間型の獣人を変身させるのに必要な物。
月面
  1. 最終決戦の場。
    • 予算の限界点の到来とも言える。
  2. 地球から吹っ飛ばされた者が叩きつけられる所。
  3. 文明がある、もしくは遺されていた所。
現金輸送車
  1. 悪党に襲撃されるためだけに走っている車。
幻術
  1. 読者を騙すために使用する物。
豪華客船
  1. 怪盗や武装勢力がやって来る所。
  2. 殺人現場。
  3. 主人公たちが無人島に無傷で漂着するために必要な物。
  4. 沈没した場合に主人公だけが助かる船。
皇居
  1. どんな悪党だろうと凶悪な怪物だろうと、決して手を出さない場所。
  2. それ以前に名前すら語られることもない。
甲子園
  1. 現実と同様、全国の高校球児たちのあこがれの地。
    • しかし、行くことが決定した時点で物語が終わってしまうことも少なくない。
  2. 所在地が大阪府になっていることも時々ある。
香水
  1. 相手の視覚や聴覚を潰してから戦うような卑劣な悪役が、わざわざ自分の居場所をアピールするために付けているもの。
高層ビル
  1. 大富豪がその財力を誇示するため、ものの数日で建設してしまうもの。
  2. 巨大怪獣やヒーローに破壊されるために建てられるもの。
    • ヒーローが見た場合「この怪獣を叩きつけてみたい」と思わせてしまう絶好の鈍器。
校長
  1. 登場する生徒の誰かの祖父。
    • この場合はとってもアグレッシブか、非常に寛大。
  2. たまに同じく母親の場合もある。
  3. 類義語:理事長
    • 「理事長」が登場する作品だと「校長」は影が薄いか、下手すると登場すらしない。何やってんだ?
購買部
  1. 午前中の授業が終了した途端に戦場と化す場所。
  2. 一番人気は焼きそばパン。
公務員
  1. 昔はしがない奴がなるものだったが、今ではエリートの象徴。
荒野
  1. 物語の第1話で主人公がさまよって行き倒れるところ。
  2. 牛の白骨死体が転がっている所。
  3. 拳銃使いによる決闘場。
古代遺跡
  1. 科学を超越したテクノロジーを有した何らかの遺品が収められている所。
  2. 怪物を封印している場所。
炬燵
  1. 一度入ったら出られなくなり、トイレに行こうとした奴がありったけの注文を押し付けられる悪魔の道具。
  2. みかん置き場。
国会議事堂
  1. 東京湾から上陸した怪獣が破壊する物。
  2. 悪役が襲撃するところ。
  3. 中では野次や居眠りばかりで、まともな政策議論は行われていない。
ゴルフ場
  1. 主人公や、主人公が訪れたのどかな村の住民達にとっての憩いの場に、突如開発計画が持ち上がるはた迷惑な施設。
  2. 主人公たちと敵対する陣営が会議を行っている場所。
    • 類義語に「赤坂の料亭」がある。
コンクリート
  1. 手裏剣やナイフが刺さったり、高速で叩きつけられた人間が突き破ったりする、脆すぎる建材。
根性
  1. 主人公補正の別表現。
  2. 何の取り柄もないキャラを第一線に引き上げるために必要なもの。
コンピュータ
  1. 生物のウイルスの住処。
    • 人間が入り込んで退治する。
  2. 人類抹殺をたくらむものも多い。
  3. かつては長いテープを吐き出すのがお決まりだった。

さ行

再生怪人
  1. ヒーローものの終盤に登場する、焼き直しのザコキャラ
    • 再生前と比べて弱体化しているのが殆どである。
採石場
  1. 都心から1分足らずで移動可能な、怪獣の処刑場。
  2. 都心で怪獣に殴られたヒーローが落下する地点。
財閥
  1. 金に飽かして不可能を可能にする組織。
  2. 日本の場合経営者一族の公家と似た名字が付けられることが多い。
    • GHQによる財閥解体も免れた模様。
サイレンサー(サウンド・サプレッサー)
  1. どんなに強力な銃でも、付けさえすれば「ポシュ」「プス」という極小音にしてくれる魔法のアイテム。
  1. 卒業式シーズンから始業式まで、満開のままいくら散っても次々に生えてくる不死身の生命力を持つ樹木。
  1. ラッパ飲みする時は酒瓶、グイッと飲む時は缶ビール。
  2. おとなしいキャラを暴走させたり大胆にさせたりする液体。
殺人現場
  1. 犯人が死体どころか凶器まで放置している所。
  2. 探偵がその場の警察の顔パスで訪れ、現場検証に参加できる場所。
  3. 死体が覆いも無くそのままの状態で置かれているパターンも珍しくない。
  4. コメディ作品の場合、死体がとんでもない姿をしていることがまざまざ分かるようなチョークが引かれている所。
札束
  1. 大富豪が庶民を黙らせる際に使う道具。
  2. 足元が暗い時には火をつけて照明器具としても用いることができる。
砂漠
  1. 砂以外何もなく、石や岩石など存在しない所。
サバンナ
  1. 少しうろつくだけで猛獣が公園のハトや野良猫のように出現する無法地帯。
  2. しばらく歩けばオアシスが見つかる。
サラリーマン
  1. 上司に頭を下げるか、机の上で事務作業しているところに紙の束をドカンと置かれるのが仕事の人。
  2. 係長以下の役職、酷いときにはヒラであっても入社三年くらいで専業主婦の妻と子、プラスアルファでペットや変なイレギュラー(大抵大メシ食らい)を抱えて、赤字はあるにしろ財政破綻はしないだけの甲斐性を有する化け物。
  3. しがない奴が、長引く景気低迷のせいでいつの間にかエリート扱いされてしまう事も増えてしまった…。
  4. 宴会の際にはネクタイを頭に巻く習性がある。
サンタクロース
  1. 実在する人物。
    • 主人公たちが扮して「何とか終わった」と未成年深夜徘徊・不法侵入行為を行った後、唐突に鈴の音を響かせて空からやって来る。
サンドバッグ
  1. 殴られた反動を利用して殴った人を飛ばす兵器。
  2. 強キャラのパンチが貫通して破壊されるもの。
  3. ズタボロにされたキャラを突っ込んでおく容器。
時限爆弾
  1. 赤か白か?を選択する際に爆発する方を切ってしまう、と言うことは普通無い。
    • 切りやすさを考慮してコードはそれぞれ異なる色になっている。
  2. 蹴っ飛ばしたり投擲したりしてもタイマーがゼロになるまで爆発しないもの。
  3. 主人公が止めようとすると、必ずカウント1で静止するもの。
    • あるいは直前に主人公に投げ飛ばされて空中爆発するもの。
司書
  1. どこの棚の何列目にどの本があるか一瞬で記憶できる人物。
四天王
  1. 必ずしも4人とは限らないエリート集団。
渋谷
  1. 買い物に出かけた主人公たちが行くところ。
  2. 109の真下にスクランブル交差点がある。
写真立て
  1. 凶事が起こる前に、「必ず」ヒビが入り、「必ず」その凶事を起こす相手の顔が見れなくなるアイテム。
  2. 投げキスやウインクをすれば写っている対象に実害を与える呪いの道具。
社長
  1. 専用室の大きな椅子にふんぞり返っている中年男性。
    • 本人の真上に、先代の社長が写真で掲げられている。
ジャングル
  1. 数歩歩いただけでサバンナに出る地域(アフリカ限定)。
  2. 飛行機が墜落して、文明人の親が死亡・失踪し赤ちゃんが原住民に育てられる託児施設。
  3. 腰蓑一丁でうろついても藪蚊や毒虫が寄ってこないほど生態系が偏っている密林。
    • 住んでいる女性は高確率でビキニアーマーの美女である。
シャンデリア
  1. 落下して対象を圧殺する凶器。
    • これなど、どんなシチュエーションが起きようと死なない作品も稀にある(例:悪魔のリドル)。
銃弾
  1. 主人公に命中しないもの。
    • 主人公が剣で弾いて止めたりしても、その跳弾が自分自身や味方に当たることはまずない(敵陣営のキャラに当たることはある)。
  2. 主人公が発射した場合、
    1. 情け無用タイプの主人公⇒全弾命中し、敵は頽れる
    2. 温情派・子供向け作品の主人公⇒敵の足や手、武器等を弾き飛ばすだけで1人の人命も奪わない。
    • のどちらかになる物体。
  3. 怪物に通用しないものの喩え。
重力
  1. 突如足元が消失しても、指摘されるまで対象に働かない力。
    • 空中で泳ぐことで何秒か耐え凌ぐことが可能。
  2. 宇宙船の床に発生しているもの。
    • これのおかげで乗船中の人は普通に立つことができる。
巡回中の警察官
  1. いつも単独行動、と現実の規定を必ず守らない
  2. 登場したら高確率で死亡フラグ。
  3. 犯罪行為をしたゲストキャラが改心した直後に登場して職務質問、交番へ連行。
消火器
  1. 女子供が悪党に向けて発射する防犯アイテム。
城壁
  1. 強い奴に破壊されるために存在するもの。
食パン
  1. 咥えて爆走しながらでも容易に咀嚼・嚥下可能なスーパーフード。
女児向けアニメ
  1. ほぼ確実にプリキュアシリーズの(ry
    • ただし本家と異なり、肉弾戦を行っている描写があることは稀。
  2. いい年をした男性キャラが嵌っている。
女性用下着
  1. 盗まれるもの。
  2. 頭からかぶる物。
  3. 風にあおられて飛んできた場合、大抵ブスか年寄りが保有している物体。
  4. 水着っぽく描いて自主規制を回避する作品もある(例:ごちうさ)。
書店
  1. ハタキを持った店長が立ち読みを妨害してくる施設。
新幹線
  1. 京都や大阪に行くために主人公たちが乗り込み、富士山麗を通過していくもの。
  2. 変形してロボットになる。
  3. 日本で巨大地震が起きると高確率で脱線転覆する。
新車
  1. 新しさ及び値段に比例して破壊される確率が上昇する乗り物。
新宿
  1. アルタ前のモニター。
    • たまに新宿駅辺りが出てくる。それ以外はほとんどない。
寝台特急
  1. 殺人事件の温床。
彗星
  1. 表面が凍っている隕石のこと。
  2. 常に進行方向と逆に尾を引く天体の事。
  3. 宇宙怪獣の住居兼乗り物。
水面
  1. どんな高さから落下してもよほどのことがない限り死なない絶対安全クッション。
  2. 沈むより早く足を突き出すことで走り回ることのできる足場。
  3. 振り回した剣の巻き起こす風で水平線の果てまで裂けるもの。
    • 決まって、割った水底はかなり浅い。
  1. 裏山に一本だけ植わっている大木。(※90年代まで)
  2. 春になる度に人々に憎悪と苦悶を撒き散らす邪悪な植物。(※21世紀以降)
スペースコロニー
  1. 地球への核弾頭以上の「殺戮兵器」。
  2. どうやって建造されるかは、まず「公開」されない。
スロットマシン
  1. ぶっ飛ばされた悪役が叩きつけられることで大当たりする遊具機械。
    • 顔に内蔵されている場合もある。この場合、リールが目から見え、メダルが口から出てくる。
成功率
  1. 高さと実際の成功確率が反比例する数値。
政治家
  1. いつも汚職ばかり。
    • 国や国民よりも自分達の金儲けを考えている。
  2. 公明正大な場合、敵対陣営や悪の組織に命を脅かされる。
生徒会
  1. ほぼ学園内で無限大に近い権限を有する組織。
  2. 顧問及び役員の一部または全員が変態でなければならないという不文律を有する組織。
  3. なぜか百合作品では登場率が高い気がする。
    • そして生徒会長は大体「攻め」。
責任
  1. 主人公もしくは有能な上司が「取る!!」と言えば、ほぼ生じないままウヤムヤになるもの。
  2. 逆にヘタレな人たちの場合、押し付け合っているうちに公権力が全員お縄にしてしまうか、若しくは飛んできた二次災害で枕を並べてあの世行きになる死亡フラグのこと。
施錠
  1. 成人男性の体当たり数発で外せるもの。
  2. 外せない場合、格闘技有段者マッチョキャラの素手の一撃で蝶番ごと引き千切れるもの。
石鹸
  1. 風呂場で乗って転倒するトラップ。
戦車
  1. 怪獣の吐いた火や光線が真っ先に命中する的。
    • 怪獣に何らダメージを与えられない砲身が付属している。
  2. 基地から現場までそのまま自走する車。
  3. 女子高生が乗り回す物
戦闘員
  1. 何故か一般人でも倒される事があるほど、耐久力が恐ろしく低い。
  2. 登場した奴はもれなく殲滅させられ、主人公側に捕らえられて尋問される事は稀。
  3. 敵の攻撃をとりあえず見極めるために使用できる盾。
扇風機
  1. これに向かって発声して声を変えるために用いられる電化製品。
倉庫
  1. オーパーツなどの重要な品が死蔵される場所。
  2. 主人公が悪役から身を隠す際に用いられる建物。
    • 悪役はわざわざ足音を立て重要なことをしゃべりながら捜索してくれる。
創立者像
  1. 戦闘に巻き込まれて破壊されるものの喩え。
蕎麦屋の配達
  1. 自転車で運んでいる時に何らかのアクシデントにより転倒し、頭からソバを被るためだけに存在している職業。
  2. ソバは片手で運ぶのが礼儀。
村長
  1. 主人公たちに無理難題を押し付けるインゴージジイのこと。
  2. 主人公たちの推し進めるプロジェクトに反対し抗議活動(ひどい時には山狩り)を行う人の事。
  3. 稀に、親を失った主人公を育ててくれる優しい老人の事。

た行

体育倉庫
  1. 思い人と閉じ込められることができる部屋。
第一発見者
  1. 財物や行方不明になっていた人であれば、翌日の新聞やネットニュースでお手柄扱いされる人の事。
  2. それ以外の物であれば、発見した対象に殺害されるか、ひどい目に遭わされて恐慌状態に陥ってしまう哀れな犠牲者。
代官
  1. 私腹を肥やし民草を困らせる人。
  2. 莫大な借金をタテに娘を攫おうとするスケベオヤジ。
  3. 隙あらば武器商人と結託し江戸の御代になってまだ下剋上を考え着く脳内お花畑な人物。
  4. 主人公の味方になるような奴は普通いない。
体重計
  1. 乗った女性に顔芸を強要する機械。
  2. 重い人が乗ると中のバネが飛び出す装置。
    • 何故かアナログ式のしか登場しない。
台風
  1. 家を丸ごと異次元の世界に吹き飛ばす自然現象。
タイムスリップ
  1. 白亜紀・戦国時代・江戸時代・遥か未来のいずれかに行く行為。
    • 戦国時代の場合、大体やってきた先では合戦が行われている。
    • 太平洋戦争の末期に行けることもある。
太陽
  1. 邪魔な物をいくら投げ込んでも即座に消滅させてくれる最強のゴミ焼却炉。
  2. ビーチで水着姿の美女を登場させるために必要なもの。
太陽光線/日光
  1. 吸血鬼が浴びようとも意外にしぶとい(弱体化はすれど、完全消滅まで至らないパターンも珍しくない)。
  2. 反射させて相手の眼をくらませるもの。
  3. 鏡やレンズで歪めて物体を焼き尽くす兵器。
太陽電池
  1. チラッと日光を浴びただけで原子炉を起動したのかというほど大量のエネルギーを供給する媒体。
宝箱
  1. 中身の価値に比例して豪華になる入れ物。
  2. 冒険者などを捕食するタイプもある。
焚き火
  1. 風に吹かれて飛んできた大事なものを滅失させるトラップ。
タクシー
  1. 前の車を追う際に使用される自動車。
  2. 若い女性が利用すると消え失せることがある。
    • この場合女性が座っていたシートは濡れている。
宅配業者
  1. 大事な時に限って現れ、しかも配達内容を家族や客の前で堂々と話してしまう人物。
  2. 幼児に滅茶苦茶な対応を取らされる気の毒なアルバイト。
  3. 侵入者。
脱出装置
  1. 機体ごと蒸発するような状態でも、搭載されているだけでパイロットを安全圏までワープさせる装置。
    • 生存率は、載っている人の美形率に比例する(ただし、相手との悲恋がにおわされている場合はこの限りではない)。
多摩地区
  1. 作品の舞台。西武沿線から京王沿線まで幅広い。町田もあることにはある。
    • 同様に所沢辺りも多い気がする。
たらい
  1. 壁や床のスイッチを押すと降ってくるもの。
  2. ドリフのコントでは高確率で仕掛けられている。
ダンジョン
  1. 独自の進化を遂げた生態系、様々な遺跡等の興味深い文化を有しておきながら、冒険者が来る日も来る日も訪れて密猟と盗掘に明け暮れている場所。
  2. どんなに強力な技を使用しても終盤まで崩落しない極めて強固な素材で構築されている天然の要塞。
  3. 崩壊を始めた途端に脱出に都合よく犬橇などが待機している事も。
ダンプカー/トラック
  1. 前に野良猫や死にそうなお年寄り、近くで遊んでいる子供のゴムボールなどをけん引するトラクタービームを垂れ流している車両。
  2. 主人公をひき殺して異世界に転生させる最初のモンスター。
  3. 屋根から落ちたり窓から飛んで行ったりしたものを載せて他の自治体まで運んで行ってしまう迷惑千万なトラップ。
    • コンテナ型のトラックは隠れるために乗った人を運んでしまう。
  4. 道に飛び出した途端に待ち構えているトラップ。
    • 何もしなければ撥ねられて即死。
    • 或いは主人公に間一髪救われる(その際にとばっちりで事故らされる事もある)。
段ボール箱
  1. 敵地で隠れるために必要なもの。
  2. ロボットの頭部。
  3. やらかした対象を詰め込んで「拾わなくていい」と書かれて放置される容器。
地球環境
  1. 人類の文明活動のみで危機に陥る脆弱すぎる事象。
  2. 作者が考えに詰まった悪役の、最終的な決起理由・保護対象にされるもの。
チャイニーズマフィア
  1. 戦争映画におけるナチスと同じ、悪のフリー素材。大概、カンフー使いが控えている。
  2. 本拠地は上海、香港、北京のどれかしかない。
ちゃぶ台
  1. 昭和の日本で庶民が用いていた円形の食卓。
    • どんなに大人数でも全周が人で埋まることはない。
  2. 頑固親父が怒ってひっくり返すための道具。
中国奥地
  1. 秘薬やロストテクノロジーの原産地。
    • 類義語に「インドの山奥」がある。
  2. 意味不明な拳法による命を懸けた戦いが繰り広げられている地域。
貯水池
  1. 悪役が毒をばらまこうとするザル警備施設。
    • 成功したためしはない。
ツタ植物
  1. 掴んで「ア~アア~」と叫びながら移動するためにある舞台装置。
  2. 或いは天空まで行くための(以下同文)。
  1. 値段と割られやすさが比例する芸術品。
  2. 勇者を自称する不法侵入者が勝手に破壊し、物品を持ち出していく物。
  3. 怪しい団体が売りつけてくる物。
  4. 何らかの怪しげな生物の住みかとしても用いられる。
吊り橋
  1. 作品のシリアス度に比例して落ちやすくなるオンボロ橋。
手品師
  1. 指パッチンひとつで物理法則を無視することのできる人のこと。
    • 通貨を偽造するのもお手の物。
  1. 卓越した剣士に切断される試金石。
  2. 主人公が訪れた異世界で、何の前知識も無く数日で精錬できる金属。
  3. 一番低い階級。
鉄骨
  1. 通りがかった人の上から落下する物体。反応は以下の3種類。
    1. 命中。主要人物なら「今日はなんてついてない日だ」と言いつつ歩き去るが、悪役ならお陀仏。
    2. 素手で受け止められる、粉砕される、念力で止められるなどで実害が無いまま終わる。
    3. 落下するが何者かが盾になる、若しくは突き飛ばされて事なきを得る。前者の場合は善人であってもお陀仏の危険性あり。
鉄パイプ
  1. 人の頭を殴るために都合よく落ちている道具。
  2. 爆弾にまで仕立てるほど器用な奴は普通いない。
電球
  1. 登場人物が何かをひらめいた際に突如頭上に現れる物体。
伝説
  1. 主人公や悪役がこれから体験することをまとめた一種の予言。
    • たいてい書き方はあまり具体的ではない。
  2. 舞台となった時から数百年後の時代における主人公の扱い。
導火線
  1. 足で踏む、手で握る、オシッコするなどで簡単に鎮火できる紐。
  2. 剣士が切り落して剣技をアピールする物。
道場
  1. 対戦相手を内側から壁や床に叩き付けて甚大なダメージを与える巨大な鈍器。
銅像
  1. モデルとなった人物の言動はロクでも無い事が多い。
  2. 落書きされる事も多い。
東京
  1. 主人公の地元+山手線の内側+お台場。
    • ごくたまに浅草辺りが入ることがあるが、江東区や中野区、大田区あたりが含まれることはまずない。
    • 舞台であるならば多摩地区が入ることもある。島嶼部は…うん、ごめん。
東京タワー
  1. 怪獣に破壊されるものの喩え。
道路標識
  1. 道端に自生している、相手を殴りつける鈍器。
どぶ板
  1. 急いでいる時に限って外れる物。
トマトジュース
  1. 吸血鬼が血液の代わりによく飲む飲料水。
ドラム缶
  1. アクションゲームの主人公が殴ることで様々なアイテムを作り出す道具。
    • 食品を入れても劣化や腐敗が一切発生しない優れもの。
  2. 荒野やごみ置き場で見つけた場合、上部のみ穴が空き、すぐさま風呂桶に改造できる便利な容器。
トランプ
  1. 旅行先や酒場でやる遊具。
  2. 投擲することで壁に突き立ち、鎖や縄すら断ち切る飛び道具。
    • 威力は使用者の美形度に比例する。
泥棒
  1. ホッカムリをして腹巻を巻き、大きな唐草模様の風呂敷を抱えている不審者のこと。
    • 高確率でヒゲ生やしている。
  2. 12月に出現し、サンタクロースと勘違いされる不審者のこと。

な行

長靴
  1. ボウズの時に釣り上げてしまうつまらないものの喩え。
夏休みの宿題
  1. 主要人物の全員もしくは一部が、最終日に必死で仕上げる物。
ナチスドイツ
  1. 悪のフリー素材。
    • 必ずと言っていいほど、人体実験を元にした改造人間を作っている。
    • 月面の裏側に基地を作り、UFOを飛ばして世界掌握を狙う。
    • 何故かナチスドイツ以上に人殺しまくりの旧ソ連や中国共産党がこの手の素材に使われる事は皆無。
      • 出るとしても美化されることはまずない、ただ多いだけというイメージばかり。
なわとび
  1. 運動音痴の人が使うとボンレスハムのごとく縛られる道具。
  2. 多くのボクサーに愛用されるトレーニング器具。
日本
  1. 怪獣に襲われたり悪の組織や宇宙人に狙われる場所。
ニュース番組
  1. 主人公がテレビを付けるといきなり始まり、唐突にヤバイ情報を提供してくれる番組。
    • もしくは主人公が適当に街を歩いているだけで、突然臨時ニュースをおっぱじめる。
  2. 悪の組織がどデカい行動を起こす時に、街頭の大型ビジョンに流れるテレビニュース映像を乗っ取って、首領が演説を始める。
ネギ
  1. 主婦のエコバッグから突き出している野菜。
  2. 風邪をひいた人が尻に突き刺される薬草。
寝言
  1. なかなか起きない人物が起きる前に発するセリフ。
    • 「もう食べられないよ~」が最もポピュラー。
ネズミ取り
  1. 「トムとジェリー」でトムが仕掛けるも、ジェリーの悪知恵に引っ掛かって自爆する「トラップ」。
農民
  1. 常に武士や貴族に重税を掛けられ、野盗に襲われ、戦の度に村を焼かれる、時代劇における生態系の最底辺を為す生物。
  2. 戦国時代・江戸時代に出現した妖怪が真っ先にエサにするもの。
    • 昭和ライダーでも怪人のエサか、標的にされる。
  3. どこにいても必ず東北弁を話す人々。
飲み物
  1. 大切な話を聞く(or物凄く奇抜なものが現れる)前に口に含むものの事。
    • ギャグを聞かされる前にも。そして聞かされて吹き出す。
  2. 書類やパソコンにかける物。

は行

バール
  1. 物体(もしくは生物)を殴るための金属製の鈍器。
  2. 「のようなもの」という接尾語が付くこともある。
灰皿
  1. 強くてエラそうなヤツがタバコに火を灯した瞬間、ゴマすりが持ってくるアイテム。
  2. 何らかのヤバい案件を抱えている人物を脅迫している第三者のすぐ近くの台の上に置いてある鈍器。第三者の眼には絶対に見えない。
歯医者
  1. 待合室にいてもはっきりわかるような悍ましい絶叫が聞こえてくる、人権蹂躙行為を平然と行う施設。
    • 同義語:注射
バケツ
  1. 水をたっぷり入れて両手に持たされる拷問具。
  2. 水をたっぷり入れて放置され、走っている人をひっかけて転ばせ、更に水浸しにして頭から被さるブービートラップ。
  3. 水をたっぷり入れて頭から被れば、火災現場でも自在に活動できる魔法の道具。
バズーカ
  1. 無反動砲及び対戦車ロケットランチャーの言い換え表現。その大雑把さは「ねりからし」「マスタード」「わさび」を全部「からし」と呼ぶ『あたしンち』のお母さんである。
鼻血
  1. 女性の裸を見た男性(もしくは一部の女性)がロケットブースターのように噴射する体液。
バナナの皮
  1. 乗った瞬間横転する最強のトラップ。
薔薇
  1. 美男美女が口に咥える花。
  2. 投擲することで地面や岩盤にも突き立つ武器。
ヒーローショー
  1. 主人公たちがアクターをやった場合、絶対にハプニングが起こる演劇。
  2. 開催中に本物の怪物が出現する舞台装置。
    • これは「文化祭の演劇」というパターンでもありうる。
火打石
  1. 数回叩き付けただけでメラメラ炎が上がるロストテクノロジー。
秘書
  1. エロい女性。
  2. 悪徳な上司に責任を押し付けられる人柱。
    • 上司が政治家の場合に多い。
  3. 敵組織の送りつけてきたスパイ。
避難命令
  1. 怪獣などが頻繁に出現する世界に存在する避難指示よりも緊急性の高い情報。
ヒマワリ畑
  1. 麦わら帽子を被り、白いワンピースを着た長い黒髪の少女がバスを待っている所。
秘密基地
  1. 保有主の悪の組織の首領は、大概自爆スイッチを持っている。
  2. 何かの下に無理矢理建造する施設。
  3. 子供達が作る遊び場。
    • しかし、何者かによって破壊される。
広島
  1. 怪獣や侵略宇宙人による破壊からほぼ無縁の日本でも珍しい都市。
  2. 独特のしゃべり方をする極道が暗躍している。
    • ただし一般市民も似たような話し方なので識別は難しい。
風紀委員
  1. 学校の秘密警察。
    • スカートの長さにやたらうるさい。
  2. 「生徒会」同様、絶大な権力を有している。
  3. 実は「風紀(を乱す)委員」だったりする。
  4. ドリルのようなツインテールが特徴的な美少女。「~ですわ」という口調で話す。
不動産業者
  1. 主要人物の関係者でない場合、存在意義は「フリーザ軍」と同一である。
  2. ギャグ作品の場合、ダメ物件を貧乏人に押し付けようとする人。
踏切
  1. 大事なことを伝える際に、電車の通過によってそれを阻止するための施設。
  2. 無視すると地平線の果てから列車が突っ込んでくるトラップ。
  3. 逃亡者が追っ手から逃げる時間稼ぎをしてくれる装置。
粉塵爆発
  1. 気化したガソリンの数倍~数百倍の威力を有する危険極まりない現象。
ヘビー級王者
  1. (ボクシング漫画や格闘ゲームでない限り)すぐさまやられる人の事。
    • 同義語に「アメフト部キャプテン」「元プロレスラー」「空手部主将」がある。
ホームレス
  1. 大企業の社長の世を忍ぶ仮の姿。
    • 類義語に「親切そうな用務員」「掃除or食堂のおばちゃん」がある。
  2. 成金キャラがその話のラスト(もしくは次に登場した時)に得る称号。
  1. 魔女の乗り物。
  2. 悪ガキのチャンバラごっこの道具。
  3. 老人や巫女が意味も無く掃いている暇潰しの道具。
放射能
  1. 放射線や放射性物質の類義語。
    • まき散らすこともできる。
木刀
  1. 筋骨隆々の大男が振り回しても、相手を気絶させるだけで骨一本折らない魔法の杖。
  2. どんなに硬いモノも破壊する、斬鉄剣並みの威力。
ポリバケツ
  1. 中に隠れる物。
  2. 喧嘩に負けたヤツが逆さにぶち込まれる容器。
    • 序盤では主人公がぶち込まれるが、後に強くなった主人公がいじめっ子をここにぶち込む。
    • この場合、高確率で生ゴミが入っている。
  3. 被るモノ、でもある。
香港
  1. マフィアとカンフーマスターが終わりなき戦いを繰り広げている大都会。
  2. 中国語圏で最もよく怪獣などに破壊される都市。
盆栽
  1. 子供に破壊されるものの喩え。
    • 類義語:窓ガラス

ま行

マグマ/溶岩
  1. 悪のボスが自分の家の中にまで張り巡らせている防犯装置。
  2. 手に負えないようなものを投げ込んで処理する天然の焼却炉。
  3. 手に負えないと称されて投げ込まれたものが吸収したり纏ったりして強くなってしまうエネルギー。
  4. 手に負えないくらい強いキャラクターの風呂場。
町工場
  1. 世界を変えるレベルの高度な技術を持っておきながらいつも赤字に苦しんでいる事業所。
    • 借金や敵対的買収などにより危機に立たされることも多い。
  2. 昔気質の職人が社長で家族経営を行っている。
窓ガラス
  1. あらゆる作品で、ありとあらゆる方法を用いて割られる物。
    • 日常作品の場合、悪ガキが投げたボールや石が命中する。
    • ミステリーの場合、部屋の中で被害者を殺害した犯人が外部の犯行に見せかけるために割る。
    • アクションの場合、殴り飛ばされたヤツが突き破るか、ヘリコプターからターザンキックして割る。
    • 能力バトルの場合、ただ殴り合っただけで部屋の全てのガラスが原因はよくわからないが割れる。
丸太
  1. 片手で振り回したり投げつけたりできる、発泡スチロールより軽く岩石より頑丈な謎の物質。
ミサイル
  1. 発射した後納豆のように糸を引き、ありえない軌道を描いて飛んでいくもの。
  2. 怪獣に命中してもダメージを与えない物の喩え。
    • 類義語に「艦砲射撃」「戦車砲」「対空機関砲」などがある。
  3. 超人的な体力の持ち主なら投げ返せる大型の飛び道具。
水たまり
  1. 車が通りすぎて、主人公若しくはエロい女性キャラに泥水を浴びせるために必要なもの。
  2. 寒いときは滑って転ぶための場所になる。
ミスリル
  1. ファンタジー作品において善の陣営に属するキャラクターがよく用いる金属。
    • 基本的に特殊な場所でしか産出しない。
  2. 強度は鋼鉄以上。
峰打ち
  1. どんなスピードでどんな巨大かつどんな硬度の刀剣を使用しても、外傷一つ負わせず気絶させることができる達人の中の達人のみ会得できる奥義。
ミルク/牛乳
  1. 酒場で注文したヤツを、どんなに笑ってもいい免罪符(ただし笑ったやつは高確率で死亡フラグが立つ)
  2. スタイル抜群の女性が飲んでいる事を知って、次のカットで顔を真っ赤にしたそうでない人が注文する飲料。
  3. CM撮影コントにて無茶振りで飲まされる飲料水。
虫眼鏡
  1. 探偵の必需品。
    • これを使わないと事件の重要な手掛かりを見落としてしまう。
無人機/ドローン
  1. 主人公の強さと「人間を殺害する」と言う行為の免罪の為に繰り出される動く的。
  2. 偵察のために繰り出されて、そこに隠れていた対象に破壊される物。
  3. 主人公側が強奪orハックし、好き勝手に動かして敵の施設を破壊する物(逆もまたしかり)。
メーター
  1. 乗員が見ることができない位置にまでギッシリ敷き詰めなければ規定に反する装置。
  2. 上限を超えた数値を計測すると自爆する装置。
  3. 出るのはアナログメーターが主流。
猛毒
  1. 必ず強酸性・腐食性を有する。
  2. 色は紫もしくは緑。

や行

焼き芋
  1. 食べたら100%の確率で放屁するもの。
  2. ダイエットを決意した途端に通りがかる悪質な業者。
ヤシの木
  1. 小規模な無人島の必需品。
薬莢
  1. よくわからないが、銃弾にくっついて飛んでいくもの。
  2. よくわからないが、巨大ロボットが保有する銃砲火器からドカドカ打ち出されて、町を破壊していく質量兵器。
  3. どのような場所であっても自然に風化してすぐ消滅する性質がある。
山手線の内側地域
  1. よく何らかの結界が張られている。
誘拐犯
  1. 誘拐した人物に無理難題突き付けられて、嫌になって逃げ出す。
    • 或いは誘拐した人物の家族から余りにも素っ気ない態度を取られる。
  1. クリスマスに降るもの。
    • 積もることはほとんどない。雪かき?何それ?
  2. 肉眼でも結晶の形がはっきりと視認できる。
妖怪
  1. 化け物で伝説上の生き物でも呼ばれる。
  2. 某漫画や某ゲーム。
溶解液
  1. 一滴垂らしただけでブシュブシュと煙を上げてどこまでも対象を溶かす、質量保存の法則を無視した液体生命体。
  2. 反対の中和剤を浴びせても何の熱も発生させない変わった液体。
  3. 女性の服だけを溶かす液体。
養護教諭
  1. エロい女性。
  2. 校医の同義語。
予感
  1. 悪ければ悪いほど的中するもの。

ら・わ行

ラーメン屋の出前
  1. 敵の襲来に怯えている人の所に空気を読まずに配達に来る人のこと。
  2. 間違い電話の主が求めているもの。
レーザー
  1. 目視できるほどハッキリとした色のある光。
  2. 見てから「避けろ!」と言って回避できるほど遅い波動。
列車
  1. 巨大怪獣モノで真っ先に標的にされる定番。
  2. 無人特攻爆弾に仕立てられる事も。
  3. 侵入者をどければいいのに、スーパーヒーローが真っ正面から立ちはだかって止めてしまうもの。
料理
  1. グルメ作品だと、いちいち解説しないと食べられないモノ。
  2. ヒロインが作成する場合、そこそこ(もしくはとてつもなく)美味か、テロに使えるレベルに下手であるもの。
廊下
  1. 立たされるところ。
ロシアンルーレット
  1. 確実に失敗する度胸試し。
路上販売
  1. 悪の組織のシノギ。
  2. 呪いのアイテムや国家機密が秘められた物をホイホイ販売してしまう人。
ロッカー
  1. 忍び込んだ人が隠れて、そのままゾロゾロ人が入ってきてしまい出るに出られなくなるところ(若い男女であることが多い)。
  2. 死体またはズタボロにされた人が投げ込まれている所。
ロボットアニメ
  1. ほぼ確実に勇者シリーズのパロディ。
    • 合体変形して悪魔みたいな大ボスと戦う。
  2. タイトルはガから始まる四文字であることが多い。
  3. メインキャラの一人がプラモデル制作に嵌っている。



関連記事