「ビール」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(リンク修正)
 
(他の1人の利用者による、間の1版が非表示)
12行目: 12行目:
 
#*ビールが高いので代用品が売れるのは昔も今も同じ。昔はホッピー焼酎割りだったが、それが発泡酒とその他醸造酒(第3ビール)に変化しただけだと思う。「味がそれっぽくて酔えればいい」って人はどこにもいる。
 
#*ビールが高いので代用品が売れるのは昔も今も同じ。昔はホッピー焼酎割りだったが、それが発泡酒とその他醸造酒(第3ビール)に変化しただけだと思う。「味がそれっぽくて酔えればいい」って人はどこにもいる。
 
#*遂にはアルコール0%の「ビール風飲料」まででる始末。
 
#*遂にはアルコール0%の「ビール風飲料」まででる始末。
#**[http://www.sangaria.co.jp/kodomo/kodomo_index.html こんなの]や、[http://www.tomomasu.co.jp/kodomo/ このへん]どまりであって欲しかったけど、ついに出ちまった…。
+
#**[http://www.sangaria.co.jp/kodomo/ こんなの]や、[http://www.tomomasu.co.jp/reading/kids-beer このへん]どまりであって欲しかったけど、ついに出ちまった…。
 
#温暖化物質CO2をたっぷり含んだ、地球環境に優しくない飲み物。
 
#温暖化物質CO2をたっぷり含んだ、地球環境に優しくない飲み物。
 
#適量を守って飲めば健康飲料になるらしい。
 
#適量を守って飲めば健康飲料になるらしい。
23行目: 23行目:
 
#野球場の必携品。
 
#野球場の必携品。
 
#*さっきまでおとなしかった奴が突然野次を飛ばし出す。
 
#*さっきまでおとなしかった奴が突然野次を飛ばし出す。
 +
#*安全上、観客がスタジアム内に持ち込むのは厳禁だけど、プロの試合だとビールの売り子さんが座席を回っていて、呼べばすぐ来て、目の前でついでくれますからねえ……。
 
#古代エジプトでも造られていたというが、さてお味は?
 
#古代エジプトでも造られていたというが、さてお味は?
 
#飲酒運転による悲惨な事故を予防するためのノン・アルコール・ビールが開発され広く提供されているが、イスラム諸国でも同様の偽ビールがかなり以前から出回っているらしい。
 
#飲酒運転による悲惨な事故を予防するためのノン・アルコール・ビールが開発され広く提供されているが、イスラム諸国でも同様の偽ビールがかなり以前から出回っているらしい。

2019年10月21日 (月) 21:51時点における最新版

  1. ぐっさん
  2. もはや生命体ですらない。
    • でもチルドビールは…。
    • このページはもともとお仕事の人生に属していた。その頃の名残の投稿。
  3. 世界一高い飲み物
    • 政府が法律改正して第三のビールに対して税率UP。相変わらずこういった事の対策は素早い。
  4. 「とりあえず」の言葉とともに語られる場合が多い
    • 昔は飲み会で、ビール苦手の人も最初の乾杯はビールでさせられていた。特に会社の飲み会。
    • 別にビール党でなくても最初の一杯として、グラスのビールくらい飲むのが礼儀。焼酎や日本酒なんかはそのあと飲め!と会社の先輩に教わったなぁ…。
  5. 「プレミアムビール」と「第三のビール」が売れている。格差社会の象徴。
    • てか「第三のビール」なんて最早ビールですらない。モルトも殆ど使わずにビールの製法全く無視。で、外見はビールというパチモン飲料の究極形態。
    • ビールが高いので代用品が売れるのは昔も今も同じ。昔はホッピー焼酎割りだったが、それが発泡酒とその他醸造酒(第3ビール)に変化しただけだと思う。「味がそれっぽくて酔えればいい」って人はどこにもいる。
    • 遂にはアルコール0%の「ビール風飲料」まででる始末。
  6. 温暖化物質CO2をたっぷり含んだ、地球環境に優しくない飲み物。
  7. 適量を守って飲めば健康飲料になるらしい。
    • 飲酒運転が大きな社会問題になっても、禁酒運動が起こらないのはこれが理由。
      • たばこのCMがNGでも、ビールのCMはOKなのもこれが理由。
    • あと歴史の深さが全然違う。タバコは大航海時代以降広まり、せいぜい500年程度しかないが、ビールの歴史はメソポタミアまでさかのぼり5000年の歴史を有する。
      • 酒は百薬の長ってのはどの国でも変わりないんだろう。仕事中にビールを飲んでも問題ない国もヨーロッパにはあったらしい。
      • チェコでは今でも硝子細工師は飲めるそう。
      • シュメル人ではビールの味を知ってるか知らないかで差があったという
  8. 野球場の必携品。
    • さっきまでおとなしかった奴が突然野次を飛ばし出す。
    • 安全上、観客がスタジアム内に持ち込むのは厳禁だけど、プロの試合だとビールの売り子さんが座席を回っていて、呼べばすぐ来て、目の前でついでくれますからねえ……。
  9. 古代エジプトでも造られていたというが、さてお味は?
  10. 飲酒運転による悲惨な事故を予防するためのノン・アルコール・ビールが開発され広く提供されているが、イスラム諸国でも同様の偽ビールがかなり以前から出回っているらしい。
    • ノンアルコールビールを仕事中に飲んでいいかは、最近の重要のテーマかも。
    • 未成年者が飲んでいいかも重要なテーマになっている。
  11. きゅうり味のビールでも飲めばいいよ!
  12. 一昔前は学生が自己アピールに利用していた。
    • 地方によっては焼酎だったりもする。
    • 今は大学などの通達により「表向き」は影を潜めているらしい。
  13. 糠床に混ぜる。
  14. 泡がうまく注げるかが勝負。
    • 液体と泡の割合もさることながら、泡のきめ細かさも求められる。
  15. これの製造過程で生じた沈殿酵母(酒粕)を使って作られたのが、あのイギリスの有名食品「マーマイト」。
    • You either LOVE it or HATE it.
  16. 主に飲まれ好まれるのはピルスナー。ゴクゴクいけるのどごしと苦味というビールのステレオタイプ。
    • これがビールの全てと言う訳ではない。
      • いわゆる「クラフトビール」として売られている物のには非ピルスナー系が多い。割と手に入りやすいのはインドの青鬼(IPA)、ギネス(スタウト)、銀河高原ビール小麦のビール(ヴァイツェン)辺り。
      • インペリアルスタウトやバーレーワイン辺りはアルコール分が12~15%になるので、ゴクゴク行こうとすると本気でヤバイ。
  17. 国によっては酒類扱いせず、清涼飲料に分類される。

関連項目[編集]

ノート:ビールに、この項目に関連する画像があります。



関連記事