新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

「ベタな通学の法則」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(不要)
21行目: 21行目:
 
#*怒ってくるのは誰なんだろうね。
 
#*怒ってくるのは誰なんだろうね。
 
#たまに先生が通学路を見張っていることがある。
 
#たまに先生が通学路を見張っていることがある。
 +
#*PTAの方々や地域のおじさんもパトロールしている。
 +
#線路や大きな道路を渡らなければいけない箇所には、安全のために歩道橋が作ってある。
 +
#*歩道橋の真下に横断歩道があっても、歩道橋を渡るように指導されている。
 +
#**小学生は言われた通り歩道橋を渡るが、高学年~中学生になるとだんだん面倒くさくなる。
 +
#*小学生が渡る時に使うために、手旗が置いてある横断歩道もある。
  
 
==自転車通学==
 
==自転車通学==
103行目: 108行目:
 
#*フェリーに自転車を載せて港で船下りたら自転車乗って学校へ。
 
#*フェリーに自転車を載せて港で船下りたら自転車乗って学校へ。
 
#港にフェリーがついて自転車や車がいっせいに出て行く光景は圧巻。
 
#港にフェリーがついて自転車や車がいっせいに出て行く光景は圧巻。
 +
#潮風になびくあの娘のスカートにドキドキ。
 +
#*キラメク水面と相まって、いっそう輝いて見える。
  
 
==バイク通学==
 
==バイク通学==
114行目: 121行目:
 
#*バイク=[[DQN]](もっとも当時はヤンキーとか不良とか呼ばれていたが)というイメージがあったため。イメージだけで弾圧するなんて…
 
#*バイク=[[DQN]](もっとも当時はヤンキーとか不良とか呼ばれていたが)というイメージがあったため。イメージだけで弾圧するなんて…
 
#*え!?「5+1ない」運動じゃなかったっけ?ちなみにその運動では「子どもは、バイクを買わない、バイクに乗らない、バイクに他人を乗せない、バイクを買わない、バイクを他人に買わせない。親は、子どもの欲求にまけない」と聞いたような気がする。(by'80年代中盤の神奈川県立高校の卒業生)
 
#*え!?「5+1ない」運動じゃなかったっけ?ちなみにその運動では「子どもは、バイクを買わない、バイクに乗らない、バイクに他人を乗せない、バイクを買わない、バイクを他人に買わせない。親は、子どもの欲求にまけない」と聞いたような気がする。(by'80年代中盤の神奈川県立高校の卒業生)
 +
#車体に「○◯高校」と目立つプレートを付けないといけない学校もある。
  
 
==自動車通学==
 
==自動車通学==

2014年3月22日 (土) 21:35時点における版

全般

  1. たいていは中学校までは徒歩・自転車。高校になると分散する。
    • 中学の時は電車通学でしたが何か?
    • 朝の乗客のうち、小学生が2割を占める路線に乗り合わせていましたが、なにか?
  2. 寮がある学校では寮生に対して「つーせい」と呼ばれる。

徒歩通学

  1. たいてい、学校までの距離が近い。
    • 小学校のときは、3kmくらい歩く人もいた。
      • 呼んだ?(by 中学からチャリ通で開放された人)
  2. 小学校の半分以上はこれ。
    • 最近はスクールバスや親の車での送迎も多い。
    • 中学・高校では憧れの対象。家がものすごく近いということなので。
  3. 小学校の場合、地域ごとに集団で登校することも多い。
    • 中学校でも不審者が現れたりすると集団登校に。
    • それ故、登校時間が決められてしまう。
    • アニメでは自由登校だっだりする。
      • 今時自由登校って、あれはないわ。
      • いや、今時集団登校とかないわ。
  4. 道いっぱいに広がって歩いちゃって怒られる。
    • 怒ってくるのは誰なんだろうね。
  5. たまに先生が通学路を見張っていることがある。
    • PTAの方々や地域のおじさんもパトロールしている。
  6. 線路や大きな道路を渡らなければいけない箇所には、安全のために歩道橋が作ってある。
    • 歩道橋の真下に横断歩道があっても、歩道橋を渡るように指導されている。
      • 小学生は言われた通り歩道橋を渡るが、高学年~中学生になるとだんだん面倒くさくなる。
    • 小学生が渡る時に使うために、手旗が置いてある横断歩道もある。

自転車通学

  1. 中学校から多くなる。
    • 校則で禁止していると、不良どもはわざわざ自転車で行く。
    • 小学校時と比較して通学距離が増えたにも関わらず通学時間が減る生徒がいる。
  2. 上り坂は地獄。
    • 下り坂は天国。
      • だけど上り坂がキツいと総合的に通学自体が嫌になる。
  3. 大阪での通称は「チャリ通」
    • それは信州でも言います。
    • 東京でもいうし・・・。
    • 名古屋だと「けった」通学らしいけど。
  4. パンクに備えて、学校周辺の自転車屋の場所を確認しておくのは必須事項。
  5. 大学だと、どんなに学校と距離が近くても自転車で通学したりする。
    • キャンパスの門を通ってからが長い。
  6. 泥除けに許可証(ステッカー)をつける。
  7. 少々の雨でも構わず自転車。
    • 特に近距離の奴は歩くのがアホらしくなっているのでそうする。
    • 違反だとわかっていても傘差し運転。
      • そんな時に限って生徒指導の先生に見つかる。で、登校早々職員室に呼び出されるハメになる。
      • 合羽着なよ。
    • ただ、雨の日はバス・鉄道使ったり、親の車で送ってもらう人も少なくない。
      • そのせいか雨の日はバス・鉄道の利用が増える。
      • 雨の日だけ混む自動車をしり目に自転車は脇をスイスイ~。
  8. たまに自転車が盗まれて帰れなくなる。
  9. 中学生はヘルメット装着が基本。
    • 何故か高校生になると着けなくても良くなる。はっきり言って意味が分からない…。
      • 15歳中3「ヘルメット着けなさい!」 15歳高1「高校生だからいいんじゃね?」
      • 松阪市の話やけどヘルメット着けてジャージ姿の中学生が普通に自転車乗ってたのでビックリした。地元では自転車通学=私学の子が普通だもん。
  10. 他の通学手段よりも、下校時の寄り道先が豊富になる。
    • そこそこ離れた友人宅に寄ってから帰る…等という芸当が出来るのはこの通学手段位。
  11. 中学校では部活に行っている人だけが許される場合もある。帰宅部涙目。
    • 運動部だけ許可が下りる事も…文化部も涙目。
  12. 雪の日は雨の日よりも大変。
    • 歩道はタイヤが雪に取られる。車道は普段混んでない道でも雪の日は混んだりする。結果自転車を押して歩く。
    • さらに雪の日の次の日のほうが大変。
      • 前の日の轍が凍って後輪がもってかれる。
      • さらに次の日は雪が溶けてきてタイヤが横滑りして転ぶ。
    • それでも遅刻するので自転車をこぎまくる。
      • 顔と手足の先が寒い。が、学校についたときは汗だく。
      • 毛糸じゃなくてスキーのときの手袋を使う。
  13. 何故か学校側に登録しなければならない場合がある。

鉄道・バス通学

  1. 乗っている間、学生がいろいろしてる。
    • 勉強したり、寝たり、談笑したり…。
  2. 田舎ほど、特定の学校の生徒で車両が埋まる率が上がる。
    • その学校がローカル線の生命線。
    • 乗客が学生ばかりなので、車内ではやりたい放題。
      • “吊革で懸垂”など日常茶飯事。中には列車内で鬼ごっこを始めるアホもいる。
    • 学校の最寄駅に到着すると、ほぼ全ての乗客が降りていく。
      • 後の車内には、車に乗れないお年寄りと、学生が散らかしていったゴミだけが残る。
  3. 座れるか座れないかで朝から体力の消耗が違う。
    • 座るために1~2本早いのに乗る人も。
    • 特に朝のラッシュ時とかは急行は混むので早く家を出て普通に乗ったりする。
  4. 雨の場合、自転車通学組が鉄道・バスに回ってくるので混雑が増す。
    • 特に、バスの場合は積み残しが出ることも。
  5. 徳島では「汽車通(きしゃつう)」と呼ぶのがデフォルト。
  6. 必ず寝過ごして遠くへ行ってしまうやつがいる。
    • 俺の場合は、寝過ごしたと思って急いでホームに降りたがよく見ると目的地の前の駅で、乗り過ごして遅れてしまったことがある。
      • いつも乗り合わせる人に起こしてもらったことが2,3回ある。
        • 寝過して広島から東京に行ってしまった人の話をきいたことがある。自分も広島から徳山まで行ったことが・・・
  7. 男子校近くを通るバスはニオイが致死量を超える。
    • 部活帰りの生徒でぎゅうぎゅう詰めになった車内はまさに地獄絵図。
  8. 定期券や回数券は学校によってちょっと値引きされる。

ベタなスクールバスの法則

  1. 流れを分散させる為、複数の駅に発着する。
  2. マンモス私立校の場合、手持ちのバスとバス会社からのチャーターが混在する。
    • チャーターは、大抵の場合路線バス型になるので座席が少ない。
  3. 幼稚園や保育園も手持ちのバスで送り迎えする風景が見られる。スクールバスに含まれるかは知らん。

フェリー通学

  1. 離島の多い地域限定。
    • 瀬戸内海の辺りではごく普通の光景。
      • あまりなじみにない通学方法なので、他の地域に行くと不思議がられる。
  2. 鉄道やバスより運休しやすいので台風とかだと休みになりやすい。
    • そういう時は公欠扱いになるのだろうか?
      • 他に通学手段がなく仕方ないので公欠扱いになるはず。
  3. カーフェリーとか船によっては自転車を載せられる。
    • フェリーに自転車を載せて港で船下りたら自転車乗って学校へ。
  4. 港にフェリーがついて自転車や車がいっせいに出て行く光景は圧巻。
  5. 潮風になびくあの娘のスカートにドキドキ。
    • キラメク水面と相まって、いっそう輝いて見える。

バイク通学

  1. 「バイク=原動機付自転車」と思って間違いない。
  2. 遠距離かつ公共交通機関が貧弱な地域のみ許可されている場合が多い。
    • 工業高校など、職業系の場合も許可されてることがある。
    • この様な地域では部活をするのにはバイクは必須。先生が免許取得を勧める所もある。
  3. 高校の場合、バイク通学が禁止されていてもバイク通学する奴がいる。
    • 学校の裏の林にバイクを隠して登校、といったおおらかな時代もあったらしい。
  4. 昔、神奈川県では「三無い運動」を展開して弾圧した。
    • バイク=DQN(もっとも当時はヤンキーとか不良とか呼ばれていたが)というイメージがあったため。イメージだけで弾圧するなんて…
    • え!?「5+1ない」運動じゃなかったっけ?ちなみにその運動では「子どもは、バイクを買わない、バイクに乗らない、バイクに他人を乗せない、バイクを買わない、バイクを他人に買わせない。親は、子どもの欲求にまけない」と聞いたような気がする。(by'80年代中盤の神奈川県立高校の卒業生)
  5. 車体に「○◯高校」と目立つプレートを付けないといけない学校もある。

自動車通学

  1. 余裕のある大学生限定。
    • 但しアメリカでは高校生がよく車を使って通学している。スクールバス?何それ。
  2. 地方大学の場合、集客生徒確保のためOKのところが多い。
    • 都内は大抵NG。
      • 近所に路駐するヤツもいたりして、周辺住民からの苦情源となる。
      • 国公立だとOK、私立はNGのところが多い。
    • ウチの大学は通信生と通学生の専用駐車場まである。
  3. いつもは徒歩の小学生や中学生が遅れそうになるとこれになる。
  4. 大学の場合、自動車通学が禁止されていても自動車通学する奴がいる。
    • 「これなら禁止されるいわれはない」と言って、自分で大学付近に駐車場借りてる奴が居た。

関連項目




関連記事