上海

人気の噂
スポンサーリンク

上海

上海全般的見聞編集

上海と言えば、この風景
  1. 人口が1,800万と公称されているが、不法滞在者も500万人以上いるといわれている。
    • 北欧諸国よりも人口が多い。
      • 人口規模、経済規模でアジア最大の都市となった。
        • 東京が800万人ぐらい?じゃあ比べ物にならないぐらいの大都会だな。
        • そうでもない。上海市の面積は東京都+神奈川県+埼玉県の半分くらいある。そこも考慮すると東京よりは小さい。
          • いわゆる都市圏人口としてのグレーター・トウキョウは3000万人と言われている。正直自慢にならんだろ、過密都市ってことはさ。
          • でも上海市の半分は農村だぞ?
  2. 端と端にある同じ絵柄の牌を選ぶと消せる。
    • 麻雀牌を使ったパズルゲーム、ここの都市との関連は不明。
  3. 蟹が美味しいらしい。但し偽物が続出。
    • よそで採れた蟹も一週間でも上海の生け簀に入れておけば上海蟹。
    • 浜松のウナギは一日で国産化。
    • 本物の上海蟹がヨーロッパで大発生中。
    • 上海人は、なぜ日本人が上海蟹と呼んでいるのか理解が出来ないらしい。
    • 日本の船にくっついてきた上海蟹が日本にも発生。
  4. どことなく上海ゲームがアングラな国民の楽しみになっている。しかし規制が厳しいので女子供は出来ない。
  5. 領事館のあたりでは、石を投げられるので注意。
    • 反日派と親日派では後者の方が大多数だが、さすがに人口が数百万人もいると例え全体の1%でもえらい数になる。
    • あと卵。
    • 領事館は業務ができねえって一軒家からビルの一角に引っ越した。そのかわり広報なんちゃらとかいう図書館みたいなのが生贄に。
  6. 人民全部の携帯に反日デモの招集がかかる。
    • 韓国より反日が薄いので結局、中国政府への不満デモに切り替わる。
    • それはない。by上海市民
    • でも上海の反日デモは日本並みに過激じゃないってテレビで言ってた。なんか地方の人はデモのやり方を知らないらしい。
  7. 日本食が日本で食うより安い。
    • 味は値段に比例
    • 最近は同じか、むしろ高いところもある。中華料理との金額差が・・・
    • 回転寿司屋の多さには驚いた。だからマグロが減ってるのね。
  8. 水質が悪く、すべてがどぶくさい。
    • 空気も黄砂とスモッグで悪く、澄み渡った青空が見える日は数少ない。
    • 春節のみ工場が一斉休業して青い空が拝める。
    • 衛星写真でも川が濁っているのが一目で分かる。
  9. 上海マフィア(上海バンド)が有名。
  10. 中国なのに古都でも無ければ歴史もない割と新しい街なので、四千年の歴史的観光資産は無い。
    • それ故に、現地に滞在している外国人は家族・友人など訪問者を観光案内するのに四苦八苦する(苦笑)
      • 上海豫園で小龍包を食べるのが関の山だろう。
    • 上海博物館は建物が青銅器の形だけあって、古代の文物が沢山あるのだが。
      • 日本で中国の展覧会をやると、ここの所蔵品が来る事が多い。
      • 博物館は入場料タダになった。
    • 元租界なので近代建築は有名。
      • 日本にあったら今頃世界遺産を目指す動きが始まっていたであろう。
  11. “偽物安いよ安いよ”という騒がしい有名なショッピングモールがある。その安いものを更に値切って購入しても使い道はない。
    • そのショッピングモールは 見てくれがドヤ街であり 丹下ダンペイ似の人が『安いよ~安いよ~』とうろついている。
    • 携帯ホルダーを購入したら 40分で壊れた、う~ん 東洋の神秘って言うかWHY?
    • 店員が『社っ長さん、見て、見て、パンツ、安いよ』と 呼び込みをしていた。
    • 「おにぃさん、ロレックス、ロレックス」という偽者売りが持っていたのは老力士と書いてあった。
      • 実は労力士と書く。by上海市民^^
    • ちなみに06/05いっぱいで取り壊しが決まっている<跡地には香港系のビルが建つ
    • 前馬鹿友達と行ったとき、お兄さんスケベDVDあるよって言われた、ちなみにDVDはディーヴィーディーではなくディヴィディで喋ってたから、マジウケた。。 スケベディヴィディスケベディヴィディって頭から離れられない、、、
    • 「偽物じゃないよ、本物そっくりだよ」と言って売っている。
    • 「これニセモノじゃないよ。本物コピーよ」という訳ワカラン売り文句も聞いた。
  12. なんかトーキョーっぽいな、、、
    • っつーかニホンっぽい。
      • 一度行ってみ?空気も人も街の全ての汚さに唖然とするから(苦笑)
        • 最近は外国に行って気にする奴も増えたから空気以外は綺麗になっている。特に高層ビル街のトイレは常に清掃員が洗っているくらい。
      • 上海の汚染度=ジャカルタwww
        • ジャカルタ以下だな。ありゃ。
  13. おそらく数年後にはアジア一の工業都市になると思う。
    • しかし、万博後には不動産バブルがはじける。
      • すでにはじけた。バブルが終わったから。
  14. 「上海保安庁」は誤記
  15. 何度も言うが首都じゃない。
    • そして過去に首都だったこともない。
  16. 地盤沈下中
    • 特に浦東地区がね
    • 元湿地・漁場だもん。
  17. 日本語でなぜジョウカイと言わないのか疑問。
    • 欧米の影響下で発展した都市なので、中国音がそのまま英語など経由で日本語化したため。香港(ホンコン)などと同じ理屈。
      • 但し「シャンハイ」は官話(≒北京語、普通話)音。現地の上海語では「ザンヘー」と読む。
        • ちなみに、「北京」は上海語で「ポーチン」と読む。
      • 最も「寧波」も「ニンポー」と読むことが多いから、船乗りが耳で覚えた地名がそのまま定着した可能性も。
      • 青島(チンタオ)はある意味「曖昧さ回避」で中国式発音定着か?
  18. 人民全員が一斉にジャンプすると発生する津波はアメリカ西海岸まで届く。
    • しかし、同時に上海も沈没する危険性があるため諸刃の剣。
  19. 東方明珠塔は、本当はミサイル。日本に照準が向いているとかいないとか。
  20. 若い女性の夢は欧米人との国際結婚。
    • だが、地方出身を差別する上に、能力至上主義なので、地元上海の男性からも恐れられている。一方の上海男性は「家事ができる」「低姿勢」などで中国三宝のひとつと数えられている。(残り二つは、「パンダ」と「成都女性(美人らしい)」)
      • 中国の女性でで一番気が強いのは、やっぱり上海らしい。(「家事しない」「高姿勢」)
        • 香港は世界一っていうぞ
    • 理由の一つに一人っ子政策の対象外になるから。
    • アンケートをとったところ、理想の結婚相手が日本人になったこともあるらしい。なんでだ?
      • おそらくお金目当て
        • 当り。正確に言うと「金を持っている方が、貧しい方の家庭の面倒を見て当り前」が向こうの考えだから。
    • 欧米人とくっつきたがる人> 現代の土着上海人にそういう人は比較的少ないよ。同じ沿海地域のもっと貧しい地域の人に多い。もちろんいないことはないけどね。欧米人とくっついて、その旦那が逝去するのを虎視眈々と待ってる逞しい中国人女性の類例。
  21. ここに来るととりあえず「♪そぉのままーもそもそももそっとおーいでぇー」と歌ってしまう
  22. 上海のディスコは今も「SAY YES」でチークを踊る。
    • ユーロビートからリッキー・マーティン、ラ・バンバ、M・ジャクソンまでなんでもアリ>上海ディスコ
  23. 爆弾三勇士はここの廟行鎮で戦死した。
  24. 金・物乞いが多く、30分も歩けば4-5人見つけた。
    • 乞食の横を金持ち事業主のレクサスやキャデラックが走り抜ける。共産国家とは思えない光景・・
    • 中国の町にしては珍しく駅(火車站)には乞食がいない。
    • その代わり、かの有名な南京東路を一本入ればすぐいる。
    • その代わり、夜になると立ちんぼが沸いてくる
      • 上海リニアの始発駅の路上には立ちんぼしかいない。
  25. その一方で、上海動物園のそばには外国人向けの超高級住宅街もある。人が余っているだけあって警備が超厳重。
    • その住宅街にタクシーではいるとき、厳しい審査を受けられるが、白の会社のタクシーだと少しゆるくなるらしい(提携企業らしいので)
      • ちなみに、その住宅街からは毎日大型バスが20台くらい小・中学生を乗せて学校へ向かう。
    • 日本語の看板を掲げた店が多い。
      • 『化・粧・品 SHIBUYA』てなのを見た。
  26. 東京やNYと肩を並べていると見られているが、まだ香港やソウルには追いついていなかったりする。
    • どういう意味で受け取ればいいのか・・・
  27. 魚はそれ程でもないが田舎町の料理屋で出る虫食い野菜は本当に美味い。金持ちが食べる立派な所はあまり日本人の口に合わなかったりする。
  28. ここでは中国人に「日本人か?韓国人か?」と聞かれたら、「韓国人」といえと教え込まれる。
    • でも韓国人も中国人に好感もたれているわけでないし
      • 反日デモがあったあの辺りのころはよくこう言われていたのだが、最近は日本人って言ったほうがいい印象もたれるようになってきたようである。
        • ちなみに数年居れば自然に日本人と名乗っていいか控えるべきか分かるようになってくる。
        • ちなみに滞在歴5年を超えると、もはや同化して道を聞かれる。「●●医院在哪儿啊?」―― ●●病院は何処だ?
  29. 高層ビルの下を、乞食が歩いている。東京との最大の違いの1つはここではないだろうか。
    • というか、乞食が見れない都市なんて日本ぐらいなんじゃないのか。ヨーロッパとかも移民とかで酷いぞ。(byフランス旅行者
  30. 1930年代には、霞拳四郎が住んでいた。
    • 高等女学校の先生を辞めて上海に移り住んだ北斗神拳の伝承者。彼の子孫の北斗神拳伝承者の名前もケンシロウ。
  31. 他の地域、特に北京人との相性は最悪。上海人「北京人なんぞド田舎者」北京人「欧州気取りの上海人」とボロクソである。
    • 互いに自分達が中国の中心だと思っているからそうなる。
    • 日本の「関東人VS関西人」の構図にパッと見似てる部分があるかも。
  32. 巻き舌が苦手なので上海人の日本語話者は中国のどの地域よりも日本語が上手だったりする。ちなみに日本人はドイツ訛りの英語同様上海訛りの北京語を勉強することが近道らしい。
    • 四声が6つあるとか云われるが、発音自体は簡潔でわかりやすい。
  33. 経済的に北京を越えていることと、台湾旅行者は上海人が多いことから民主化や、上海独立なんて中国では物騒な話が特に学生の間で真剣に議論されている。
  34. 真の上海市民は「他省出身の中国人は人間ではない」と思っている。せいぜい仲間とみなしているのは、江蘇省無錫以南、浙江省杭州以北。安徽省や河南省なんて、論外。
    • なわけで、中国人の中で、最も嫌われているのが、上海市民。
      • ちなみに、最も嫌われている外国人は、「台湾人」。
    • まあ上海は大体一人当たりのGDPは平均の3倍以上もらっているからね。
    • 上海人は金にがめつい。
  35. ここにある日本人学校の規模は世界一だがありとあらゆることで黒い。具体例をあげていいのかな?
    • ぜひ聞きたいです。by卒業生
    • 気になります。 by在学生
  36. 上海アリス弦楽団・・・は白馬か。
    • 「上海アリス幻樂団」な。
  37. あまりにも立派過ぎて、この国が発展途上国で独裁国家である事を忘れてしまう。
    • 沿岸部は実質資本主義国。
  38. ワルシャワ条約機構もどきの上海協力機構が開催された。
  39. スージー・ウォンと上海ドール
  40. 中国一の大都市だが、広州とシンセンの方が月収は高い。
    • 北京は首都だが、月収は大都市の割には高くない。
  41. 上海在住の日本人は3万人、台湾人は30万人。つまり中台両国が密接になっている。
    • また台湾、香港、澳門同胞は大陸で司法試験を受ける事も可能となった。
    • 台湾が独立を宣言したとたん、台湾人は大陸での弁護士の資格剥奪されそうだなww
  42. 昔は長崎までの航路があった。
    • 復活したらしいぞ。
    • 2013年の一人当たりのGDPが上海は14551ドルで、日本は38491ドルであるから、かなり経済格差が縮小している。2020年に20000ドルを超えるだろう。
    • しかし、撤退してしまった。
    • 戦前には「長崎県上海市」と手紙の宛先に書いても届いていたとか。
  43. G20の中で上海は一人当たりではロシアに次ぎ12位。トルコ、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、インドネシア、インドを越える。
    • 2020年、2030年、2040年になっても、中国は一人当たりでは日本に比べたら西欧と東欧の格差。人口が多すぎるからね。
  44. 上海万博が開催。なんと40年ぶりに台湾が出るらしい。
    • 5月1日に開幕。一応、社会主義国なだけにメーデーに合わせたのだろうか。
      • 五一といって連休だから入場者数を見込んだんだろう。
    • 上海万国パクラン会が好評開催中。
      • その中でも中国館の自己満足さは凄まじい。子供のお絵かき張ってるんだぜ?
    • 灯篭みたいな。但しどこで配ってるかわからん整理券が必要。
  45. 北京や広州とともに都市化が進み先進国に近くなっている地域。2020年には980㌔の地下鉄ができるらしい。
  46. Hを発音しないラテン系言語ではシャンガイと読む。
  47. 英語でshanghaiは拉致る、麻薬を飲ませて船に連れ込む、という意味。
  48. 現在も昔も日本人にはなじみ深い都市。
    • 海外の都市で在留邦人が一番多いのはここだった気がする。
    • かつて日本人が多く住んでいた虹口地区では玉音放送の後もしばらくおでん屋が営業していたらしい。
  49. 仏壇本店

上海交通的見聞編集

上海リニア
  1. 右側通行が基本。で、赤信号でも他の車がなければ右折してもいいので、歩行者は要注意
  2. 車間距離が数cm程で走る。合流地点などでは3車線しか無いはずの所に車が4列になっていたりする。
    • 事故などで高速道路が通行不能になった時にバスがその場でUターンして逆走するからな(笑)
    • バスが路肩を走るのは当たり前。高速道路でも。容赦なし。
  3. 交差点・横断歩道では、クルマも人も原則として早い者勝ち。
    • 市内はどこでも一日中、クラクションが鳴り響いている。
  4. 世界一速いモノレールが走っている。
    • モノレールではなく、リニアモーターカー。そのリニアの隣の道路をボロのボンネットトラックが走り抜ける。これぞチャイナマジック!!
      • 一本の軌道の上を包み込むような形状の車両が走るので、モノレールと言えなくも無い。
    • たぶん揺れも世界一だと思う。
      • 揺れるどころか、2006年には火を噴いた。
    • 杭州まで延伸する計画もあるらしいが実現するかどうか怪しい。
  5. 上海浦東空港という大規模空港あり。都心とはドイツの技術で作られたトランスラピッドで結ばれている。
    浦東機場
    • 香港台北仁川成田などとハブ空港の座をめぐって競争中。
      • 東アジアは発展しすぎ。
      • しかし、キャパオーバーでちょっとでも乱れると管制事由で1~2時間は平気で遅れる有様。
    • 2008年4月に第二ターミナル完成。
    • 一方、羽田と同じポジションである都心に近い上海虹橋空港は世界トップクラスの都市の玄関口とは思えないくらいボロい。
  6. 熱烈地下鉄建設中。ものすごい勢いで路線の新設・延伸が行われているため、駅の案内図でさえすべての路線をカバーしていなかったりする。
    • 始発駅で全員が座れるにも関わらず、降りる客を押しのけて乗り込んでくる(苦笑)
      • 始発駅では乗り降りが別々の所で行われるからそれはない。
    • 地下鉄は明らかに日本より進んでいる。切符はすべてICカード。たいていの駅にホームドアが設置され、液晶ディスプレイには次の電車があと何分何秒で来るかを示すカウントダウン表示が!
      • しかし、ICカードはボロボロで、券売機が故障していることを見るのは容易い。
      • ICカードだから進んでいると言う問題ではないと思うんだが。そもそも券売機が故障しているという時点で進んでいるとはとても思えない。バブルに乗っかっただけ。
        • 磁気きっぷと比べてICカードのほうがエコな気がするけど実際のところはどうだろう。
      • みんな公交カード(バス・地下鉄・船共通)を持ってる。
      • カウントダウン表示はあるけど始発・終電以外の時刻表はない。ゆえに乗り換え、到着の時間などは把握しにくい。
    • 地下鉄の広告には日本の新幹線の写真が必ず載っている。何故・・?
      • 上海と南京・杭州を結ぶ列車(日本の新幹線をベースに造られた)では?
        • いえ、「のぞみ」や「ひかり」の写真なので日本のでしたw(中国産のは「はやて」なので)
  7. その中国版新幹線、「はやて」に内装は本当にそっくり。座席にカバーが掛けられているのとミニ食堂車が連結されている以外は全く同じ!
    • 軟座(本来、中国鉄路局=中国国鉄の1等車・日本の普通車と同じ座席)7両と天座(さらにその上のクラス・日本のグリーン車と同じ座席)1両を2本つないだ16両で運転。
      • 天座はガラガラ。
        • 最近は「一等軟座」(天座ではない)は、非常に取りづらい。
    • ただしBGMがうるさい…
    • ↑「と経験者は語る。」
    • 南京方面は「はやて」もどき(CRH2)。杭州方面は「はやて」ではない(CRH1)ので注意。
    • ちなみに中国のCRH2型は寝台車がついており、広い国ならではの楽しみ
      • ニセモノ新幹線、安全性まではマネできなかったようで。
  8. 高速道路の下の青い照明こそエネルギーの無駄だと思う。
    • 高速道路だけでなく、一般のマンションがライトアップし、オフィスビルが無人にも関わらず室内灯をつける。もちろん見得のため
      • 発電能力が低いために、郊外の工場などでは一定期間の電力使用の中止を求められる事がある。
  9. 北京ほどではないが、上海でも自転車が大活躍!!
  10. タクシーは無駄にスピードを出す。廃車寸前の車でも、100kmは出す。
    • 揺れがひどい。おかげでデジカメの液晶が割れた。
      • どんだけなんですかwwwww
        • それはおそらく車より走ってた道に問題があるかと・・・
    • タクシーは座れるからまだいいよ、路線バスはマジで怖かった。
  11. 基本的に車を洗わない。
    • いや豪快に洗剤まき散らす洗車店いっぱいあるよ。
  12. 南北高速道路と南環高速道路が交わるところに信号がついている。
    • 美女木?
    • 南北高架と中環のJCTでしょ?合流層に付いてるだけ。あまりに混雑するから。
  13. 上海と北京に160kmも出せる超高速客車列車・z列車が走っている。
    • Zは直達列車だよ。全然ローカル。
  14. 2013年にまでに京滬高速鉄道が開通予定。
    • 2012年既に開通。
  15. なんと50km程度の距離の地下鉄にCRH2が使われる。しかも10元で乗れる。
    • 金山行きのやつ。
  16. 新中国誕生以前にはイギリス資本、フランス資本、中国資本の3社が路面電車を走らせていた。
    • 1970年代に廃止される直前になっても戦前製と思しき電車が走っていた模様。
    • なお最近になって観光客があまり来ない地域に最新鋭のトラムが走りだしたらしい。
  17. 大阪・神戸からはフェリーでも行ける。
    • ただし自家用車は搭載できないのであしからず。
  18. 地下鉄に乗るだけでも荷物検査、空港ビルの入り口にそれに加えて爆発検査も受けなきゃいけない。コンベヤとかとっても汚いからやめてほしい。
    • なお地下鉄の場合、現地の人たちがスルーするのがまれによく見かける。



スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク
↑トップへ戻るホーム