新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

似たモノ同士/企業・組織

提供: chakuwiki
2020年2月22日 (土) 14:28時点におけるHarmonist (トーク | 投稿記録)による版

移動先: 案内検索

似たモノ同士 > 企業・組織

  1. JR東海京都アニメーション
  2. コジマノジマ
    • 名前だけだと混乱しそう。
    • どっちも家電量販店だしねぇ。
  3. フェラーリとルノー(どっちもF1)
    • 若手が伸びない
  4. JR四国テレビ大阪
    • お膝元の事しか考えてない。
  5. 日本航空ノースウエスト航空の塗装
  6. 京成バスと京阪バス
    • 電鉄会社のバス部門、子会社が多い、常に求人を行っている、この3つ。
  7. 阪急電鉄スターフライヤー
    • 安いけど豪華な車両or機材
  8. 日本たばこ産業近江鉄道
  9. キヤノンとキユーピーとオンキヨーとシヤチハタ
    • 拗音の仮名が大きい。
    • 次点:富士フイルム(「フィルム」とは読まないため)
  10. ●ィズニー・JASRAC(企業?)とキングレコード・サンライズ・TBS
    • 著作権の固さが異常
    • JASRACはここの発車メロディーが有名な鉄道の五感工房の『JR-SH5』や日本電音の『雲を友として』などの曲がネットサイトで聴けなくした原因を作った奴。
    • ●ィズニーはランドやシーでアニメのコスプレもしていけない事になっている。理由は不明。
      • アニメって…●ィズニーアニメもか?
      • ゲストがキャストと間違うから、と聞いた事がある。なのでキャストになり得ない明らかな幼児はセーフらしい。
    • JASRACはそもそも著作権の為に存在するようなものだからなあ…
    • あとフジテレビ
    • ジャニーズ事務所もお忘れなく。
  11. 南海電鉄のマークと横浜銀行の最新のマークと成田国際空港会社(NAA)のマーク
  12. 加島屋とMary Quantの、
  13. 在京キー局とJR四国
    • お膝元の事しか頭に無い。
  14. 創価学会統一教会
  15. 公共広告機構と政府広報
    • 啓発系のCMとその怖さ。
    • 公共広告機構と公益広告協議会(韓国版AC)も同じ。
      • サウンドロゴも怖いという。今はそうではないが。
  16. BPOとJARO
  17. 洋服の青山とAOKI
  18. 時津風部屋と美少年酒造
    • 伝統ある組織は潰せない…
  19. ソニーミュージックとAIC
    • 子会社が無駄に多い
  20. ピクサー、ウォルト何とか、スタジオジブリ
  21. 動労千葉と相鉄労組
    • JR東日本の千葉県の各路線と相模鉄道全線で今でもストライキを続ける鉄道。
  22. 東急車輛製造、近畿車輛、川崎重工業、新津車両製作所、日本車輌製造、日立製作所
  23. ピープロとナック(アニメ製作会社)
    • 両社製作作品の雰囲気が似すぎ、垢抜けない作風とか 両社がコラボしたら凄まじい作品が出来上がるかも。
  24. (旧)東海銀行のマークと日世のマーク
    • 赤い丸に白い波(っぽいの)。
  25. 大丸と丸大ハムのロゴ。昔のだけどね。
  26. 東京ヴェルディJAL
    • 両方とも古くからの伝統は輝かしいが、今は放蕩経営が祟って会社自体が風前の灯。
  27. KONAMIと京アニ
    • 頭文字が同じK
    • 出来の良い作品を生み出す反面、粘着質なアンチも多い。
  28. とりせん(群馬)とエンチョー(静岡)のマーク
    • 両方とも赤地に白の太線で頭文字。
      • ただしとりせんは「と」、エンチョーは「e」
  29. JR東海と吉野家
    • イメージカラーがオレンジなのと、変なこだわりが捨てきれない。
  30. 三菱と住友と三井と安田
    • 財閥を喰らった日本企業。
    • その4つをまとめて「4大財閥」という。そこから金融オンリーの安田財閥を外して「3大財閥」ということもある。
  31. 読売新聞創価学会
  32. GREEとディー・エヌ・エー
  33. ブックオフと家庭教師のトライとVanaH
    • いずれもCMに経営者の親族を起用している。
  34. ビーイングアップフロント
    • グループにおいては語彙が似通ったネーミングを使ったりメンバーの加入・脱退が激しい。
    • メンバーが脱退した結果、事実上の1人組になったグループがある(前者ではZARD、後者ではカントリー娘。やココナッツ娘。)
  35. 東急百貨店と[JXTGホールディングス#[旧「新日本石油」の噂|新日本石油]](ENEOS)。
    • それぞれ旧組織合併(白木屋+東横百貨店=東横百貨店/日本石油+三菱石油=日石三菱)からしばらく旧屋号で店舗名を継続していたが、社名変更を機に新屋号に統一した。
  36. ダイエーそごう
    • バブル期に拡大路線を展開した挙句バブルが崩壊すると経営が悪化した。皮肉にもともに関西発祥。
  37. 晋遊舎とオークラ出版
    • 嫌韓をはじめ右派系の書籍を近年軒並みに出版しており、寄稿者も被っている。
    • 嫌韓がらみの書籍を出す一方で韓流スターのムック本も出版している。
    • 元々はエロ系の出版社だったが、右派系の書籍を出した事でそれなりに有名になった。
  38. TOMYTEC (TOMIX)と関水金属 (KATO)
    • 鉄道模型を代表するメーカーである。
    • マイクロエースも。
  39. アイリスオーヤマと築地銀だこ
    • 今は宮城県内に本社があるが、かつては別の場所にあった。
  40. 大日本除虫菊(金鳥)ヤクルト本社
    • どちらも社章に創業者の名前(上山/シロタ)が入っている。
  41. マイカル長崎屋
    • スーパーマーケットの中では衣料品中心の品揃えで、店舗によっては食料品売場がなかった。
    • 現在は他の会社に吸収されている。
  42. 川崎重工業と川崎医科大学
    • 名称に「川崎」とついているものの神奈川県川崎市ではなく兵庫県神戸市と岡山県倉敷市に本部がある。
    • 「川崎」というのはともに創立者の苗字。
    • とはいえ川崎市にあるのと勘違いされやすいのも事実。
  43. 成城石井といかりスーパーマーケット
  44. 宇野自動車と春日井製菓
    • それぞれ岡山県と愛知県に本社がある企業で、地名から社名がついたと思われがちだが、実際には創業者の苗字が社名の由来。
  45. 六甲バターと赤城乳業
    • それぞれ社名に「バター」「乳業」とついているが実際にバターや乳製品を製造したことはない。
    • いずれも近くにある山の名前が社名に入っている。
  46. 富士電機と小野薬品工業
    • かつては家電品/家庭向医薬品を製造・販売していたが、共にその事業から撤退し現在は工場・事業所向/医療機関向に専念している。
  47. ビックカメラ東急ハンズ
    • 出店傾向が西高東低的。東北・四国への出店を何かと冷遇し、政令指定都市である仙台ですら出店しない。
  48. JFEスチール三井住友銀行
    • どちらも、黎明期のトヨタにつらく当たりその後トヨタから冷や飯を食わされた企業(旧川崎製鉄、旧住友銀行)と、その同業他社でトヨタと良好な関係だった企業(旧日本鋼管、旧三井銀行)との統合。
  49. バーニングプロダクションと日本ユニセフ協会
    • ともにアンチオタク。
  50. ダイエーと三洋電機
    • 以前は業界大手だったが、経営悪化のため同業他社の傘下に吸収された。
    • ともに会社名としては残るものの、ブランド名としては消滅する。
  51. サークルKサンクスポプラグループ
    • 複数のブランドを並存させ、Rポイントカードが使える。
    • 両者とも最近落ち目であり、店舗が全店撤退したがある。
  52. コーエーテクモゲームスと日本ファルコム
    • 共にPC8801、PC9801全盛期のPCゲームの雄。
    • ここ所属の声優をキャスティングする傾向がある。
  53. いすゞ自動車日野自動車
    • かつては乗用車を製造・販売していたが、両社ともその事業から撤退しトラック・バスに専念している。
      • それどころかバス事業は両社で統一している(Jバス)。
    • 早朝3時から2時間のトラッカー向けラジオ音楽番組のスポンサー(前者は過去)。
  54. ソニー本田技研工業
    • かつてユーザーを平気で裏切ったことがある(例:ベータ→VHS、トールボーイ→クラウチング)。
    • ともにカリスマ的な名経営者(井深大と本田宗一郎)がいた。
  55. 川崎鶴見臨港バスと江若交通
    • 大手私鉄系のバス事業者で鉄道事業が発祥。
  56. 在京キー局とセブンイレブン
    • 東京中心主義
    • ド田舎を軽視する。
      • 実はセブンイレブンのほうが酷かったりする。(by四国民)
        • なんで50万都市と40万都市に進出しないのですか?
          • あとフジの天気予報で青森の代わりに出る都市にも進出しないのですか?
            • ここはTBSにも見捨てられているから仕方ない。
  57. 警察とマスコミ(←いや、ここはマスゴミと記すべきだろう)
    • 手柄主義とスクープ主義で人権迫害活動をやっている団体。
      • ステレオタイプも使って人権迫害を行っている。
    • リテラシーが全く無い。
    • 偽善組織でしかない。
  58. 昭和鉄道高等学校と岩倉高等学校
    • 鉄道専門の高校で入学者も多い。
    • 両校とも卒業後東京交通短期大学に進学する者や鉄道会社に就職する者もいる。
  59. チェリオコーラと近江兄弟社メンターム
    • 元々ペプシコーラとメンソレータムだったが、諸事情でライセンスがに移ってしまい、自社ブランド名を名乗らざるをえなくなった。
  60. 近畿大学と東海大学
    • 何れも関西と関東における中堅大学だが、特に理系が強いという特徴がある。
  61. ギリシャ政府(チプラス首相)と大川興業(大川豊総裁)
    • 金なら返せん!
  62. スズキと本田技研工業
    • 二輪車と四輪車を同時に展開している。
    • どちらも個性的な車を作ってきた。
    • ともにカリスマ的な名経営者(鈴木道雄と本田宗一郎)がいた。
  63. 宝酒造中外製薬
    • かつては清涼飲料水/家庭向医薬品を取り扱っていたが、共にその事業から撤退し現在は酒類/医療用医薬品に専念している。
  64. 日高屋寿がきや
    • 関東・東海での「安いラーメン」の代名詞。とりあえず安く食べたいならここに行く。
  65. 阪神電気鉄道イズミヤ
    • 元々は阪急と関係なかったが、いろいろあって阪急系列に入った。
    • 業界では堅実経営だった。
  66. 近畿日本鉄道イオン
    • これまでに色々な会社を吸収して業界最大手に上り詰めた。
  67. ヤマハ発動機積水ハウス
    • ある会社から分かれて設立されたが、社名のもととなる企業との関係が疎遠になってきている。
  68. パナソニックトヨタ自動車
    • これまでにいろいろな会社を傘下に収めて業界最大手に上り詰めた。
    • グループに住宅会社を持っている。
    • 両社とも西島秀俊をCMに起用したことがある。
    • ともにカリスマ的な名経営者(松下幸之助と豊田喜一郎)がいた。
  69. 日清食品山崎製パン
    • これまでにいくつかの会社を傘下に収めてきた。
  70. ダイハツ工業UDトラックス
    • かつては東証一部上場であったが、大手企業に完全子会社化されて上場廃止となった。
    • 2020年現在、自前でハイブリッドカーを生産していない。
  71. ダイエーとSNK
    • 関西発祥、2000年前後に低迷。
  72. パナソニックとクラブコスメティックス
    • 大阪に本社、旧社名には個人名がついていた。
    • シャープもお忘れなく。
  73. ヤマハマツダ
    • もともとはブランド名だったが、1980年代に正式社名へ昇格。
      • ちなみに旧社名はそれぞれ日本楽器製造/東洋工業であった。
    • どちらも創始者の姓に由来する。
    • ともに社名がカタカナ3文字である。
  74. 近鉄バス南海バス
    • 大阪を地盤とし、大手私鉄から分社化された。
  75. ダイハツ工業と三洋電機
    • 大阪府に本社があり、今は大手企業の子会社となっている。
  76. ロート製薬大幸薬品
    • 大阪に本社があり、医療用医薬品には参入していない。
  77. 日本たばこ産業と日本電信電話
    • もともと公共企業体であったが、1985年に民営化された。
  78. 味の素資生堂
    • 業界最大手で、かつては清涼飲料水も取り扱っていた。
    • 両社とも中山美穂と菅野美穂をCMに起用したことがある。
  79. サッポロビールとタミヤ
    • どちらも星のマークである。
  80. アイリスオーヤマと山善
    • 元々家電を扱う企業ではなかったが、最近になって新興家電メーカーとして急成長した。
  81. 阪神電気鉄道とダイエー
    • もともと独立系であったが、様々な要因で大手グループに入った。
    • どちらもプロ野球球団にかかわっている(後者は過去)。
    • どちらもオレンジがイメージカラー。
  82. 江崎グリコ森下仁丹
    • 大阪に本社があり、社名が個人名と主力製品名で構成されている。
  83. 串カツ田中と道とん堀
    • ともに大阪名物の料理(串カツ・お好み焼き)を売り物にしているが、発祥は東京で、大阪にも逆輸入みたいな形で進出した。
  84. コニカミノルタ第一三共
    • それぞれ旧組織合併(コニカ+ミノルタ/第一製薬+三共)により旧屋号で継続している。
  85. 神姫バス新潟交通
    • 独立系のバス会社で、東京証券取引所に上場している。
  86. サークルKサンクスと東燃ゼネラル石油
    • 合併により抱えた複数のブランド(サークルK・サンクス/エッソ・モービル・ゼネラル)を統合できぬまま、に吸収されそのブランドに統合されてしまう。
  87. 出光興産ダスキン
    • かつては非上場の大企業として知られてきたが、2006年に東京証券取引所一部に上場した。
  88. ファミリーマートJXTGエネルギー
    • これまで複数の会社を吸収してきた。
  89. 松屋サイゼリヤ
  90. 戸塚ヨットスクールと青山高等学校(三重県)
    • どちらも全寮制で、スパルタ教育を行っている。
  91. 東芝とロート製薬
    • 1960~90年代にかけて一社提供番組のオープニングキャッチで一世を風靡した。
    • 1980年代まで、頭文字(T/R)を円弧状に延ばす英文ロゴを使用していた。
    • 21世紀以降、英文スローガンを前面に出している(Leading Innovation/NEVER SAY NEVER)。
    • 三重県に工場を持っている。
    • Jリーグクラブのサポートスポンサーになっている。
    • 浜松町-田町間でJRの線路を挟んでお互いの会社と向き合っている(後者は旧東京支社の関連会社ビル)。
    • 両社とも中山美穂と優香をCMに起用したことがある。
    • テレビ草創期のNHKの名クイズ番組をリメイクした1970~80年代の日本テレビの番組スポンサーだった(私の秘密→東芝ファミリーホール・特ダネ登場!?/それは私です→ロート製薬・ほんものは誰だ!)。
  92. シャープSUBARU
    • これまで世界初の技術に挑戦してきたが、今では低迷気味となってきている。
    • 21世紀以降、英文スローガンを前面に出している(Be Original./Confidence in Motion)。
    • 栃木県に工場を持っている。
  93. ビックカメラとヨドバシカメラ
    • もともとはカメラ専門店だったが、今でも社名に「カメラ」とついているものの、家電量販主体に成長している。
  94. 東芝とマツダ
    • 1984年に現在の社名へ変更した。
    • かつては人気も実力もそこそこあったが、今では低迷気味。
    • 21世紀以降、英文スローガンを前面に出している(Leading Innovation/Be a driver.)。
    • ブランド名(前者は1962年までの電灯関連製品、後者は創業者の姓もかけて)はゾロアスター教の最高神である「アブラ・マヅダー」が由来。
  95. 大正製薬小林製薬
    • 平成時代に他社が発売していたブランドを取得してきた。
  96. 日立製作所日産自動車
    • かつては実力も人気もあったが、今は低迷気味。
    • これまで複数の関連会社を手放してきた。
  97. 三菱電機三菱自動車工業
    • どちらも三菱重工業から独立して設立された。
    • どちらもスリーダイヤが社章。
    • 愛知県京都府に工場を持っている。
    • かつては実力も人気もそこそこだったが、今は低迷気味。
  98. オムロンとクラブコスメチックス
    • 旧社名には個人名が入っていた。
    • ついでに言うと、ともに関西企業(オムロン=京都、クラブコスメチックス=大阪)。
  99. 小林製薬とアース製薬
    • 社名に「製薬」とついているが、衛生雑貨関係の印象が強い。
  100. 愛知機械工業とナガノトマト
    • それぞれ所在する県名から社名がついている。
  101. 浅田飴とトクホンとロート製薬
    • 現社名の由来は製品名と創業者が影響を受けた人物の名前から(創業者の姓はそれぞれ堀内、鈴木、山田)。
  102. 龍角散と浅田飴
    • 社名の由来は100年以上の伝統を持つ主力製品からきている(どちらものどの薬)。
    • ともに社名が漢字3文字で、会社の規模も比較的小さい。
  103. サントリー竹中工務店ヤンマーと大日本除虫菊
    • 大阪に本社があり、非上場の大企業として知られている。
  104. ヤマハとミズノ
    • どちらも業界最大手の老舗企業である。
    • 両社ともスポーツ用品を扱っている。
      • ただし、前者では副業だが、後者ではこれが本業となっている。
      • 前者ではゴルフクラブを残して平成時代にスポーツ用品から撤退している。
  105. にんべんとはくばく
    • ともに社名がひらがな4文字で、上場していない中堅食品メーカーである。
  106. 佐藤製薬と矢崎総業
    • どちらも社名に個人名が入っており、非上場の大企業でもある。
  107. パナソニックとイトーヨーカドー
    • 都心から北東部の地域に縁がある。
  108. NTT東京メトロ
    • 民営化前後のロゴの変遷が近似。
  109. 牛乳石鹸ヒガシマル醤油
    • 老舗企業ではあるが、いまだに上場していない中堅企業である。
    • ついでに言うと、ともに関西企業(牛乳石鹸-大阪、ヒガシマル醤油-兵庫)。
  110. キッコーマン亀田製菓
    • どちらも亀甲マークが社章となっている。
  111. オリックスソフトバンク
  112. パナソニックとイオン
    • これまでに色々な会社を買収して業界最大手に上り詰めた。
    • 長年慣れ親しんだブランド(ナショナル/ジャスコ)を捨て、現在のブランドに統一した。
    • 大阪市福島区と縁が深い(パナソニックは発祥の地でイオンはジャスコ時代に本社があった)。
  113. NEC富士通
    • ともに日本を代表するパソコンメーカーである。
  114. ハドソンとメディアファクトリー
    • 2012年にに吸収された。
  115. プリンス自動車工業と安宅産業
    • 昭和時代にに吸収された。
  116. カルピスとギャバン
    • もともと独立系だったが、一時期味の素の傘下に入り、その後の傘下に入った。
  117. JR東海ANA
    • 名古屋に関連の深い企業。
    • 良くも悪くも政治力がある。
    • 同業のライバル企業を強く意識している。特に、ライバル企業にハンデを与えたことは不当だと主張。
    • 青い乗り物でお互いのシェアを取り合う。
  118. 京阪バスと阪急バス
    • 関西私鉄傘下ではあるが、最初から鉄道とは別会社。
  119. ローソンミスタードーナツ
    • 元々はアメリカ発祥だったが、現在は日本のものに。
  120. 寿司屋と写真館
    • どちらも店内が酢くさい。
  121. セブン-イレブンとミニストップ
  122. 宝塚歌劇団とミスタードーナツ
    • どちらも企業の内部組織である。
  123. イズミヤとコノミヤ
    • かつては屋号がひらがなだったが、現在はカタカナに変更されている。
  124. 大映とダイエー
    • 社名が同音のみならず創業者(永田雅一/中内功)のワンマン経営で、前者は高度経済成長期・後者はバブル期に事業を拡大したもののその終焉とともに経営悪化、現在は傘下の企業に成り下がった。
    • さらにかつてはプロ野球球団の親会社だったが、どちらも朝鮮半島系創業者の企業に売却している。
  125. サントリーと日本香堂
    • どちらとも『笑点』のスポンサーで、2010年代に映画『男はつらいよ』シリーズに関連するCM(前者は2012年に『オランジーナ』、後者は2019年に『毎日香』)を放送した。
  126. 花王とパナソニック
    • 一社提供番組をいくつか持ってきた。
    • 和歌山県に工場がある。
    • ともに業界1位。
  127. ライオンと小林製薬
    • どちらも創業者の姓が「小林」である。
      • ちなみにライオンの旧社名は「小林商店」だった模様。
  128. サントリーとサンスター
    • 大阪に本社があり、社名に太陽を意味する「サン」がついている。
    • これまでにテレビの一社提供番組をいくつか持ってきた。
  129. 神奈川中央交通神姫バス
    • ともにバス専業としては大手で、東証に上場している。
    • 大手私鉄(神奈中-小田急・神姫-阪急阪神HD)と関係が強い。
    • ともに神奈川・兵庫県の中西部を主なエリアとしており、県外にも路線を持っている。
    • 本社が県庁所在都市にない。
  130. セコムと綜合警備保障
    • ともに日本を代表する警備会社。
  131. 西松屋とスタジオアリス
    • ともに子供とつながりがある。
      • 前者が子供服などの販売で、後者が主に子供を対象とした写真館。
    • 本社が近畿圏にある。
      • 前者は姫路市、後者は大阪市に本社がある。
  132. 小学館講談社
    • ともに日本を代表する総合出版社である。
  133. 不易糊工業とセイバン
    • 会社の規模は小さいが、知名度はそこそこある。
    • ついでに言えば、ともに関西企業(不易糊工業=大阪、セイバン=兵庫)。
  134. コクヨとクラブコスメチックス
    • 大阪に本社があり、旧社名には個人名が入っていた。
  135. トクホンとぺんてる
    • ともに社名が4文字。
    • 一度も上場していない中堅企業である。
  136. クラブコスメチックスとおやつカンパニー
    • 旧社名には個人名が使われていた。
      • ちなみに旧社名はそれぞれ中山太陽堂/松田食品であった。
    • ともに一度も上場していない中堅メーカーである。
  137. マロニーとマルシンフーズ
    • ともに中堅食品メーカーであり、今は準大手企業の傘下に入っている。
  138. マルハニチロと南海電鉄
    • のちにIT傘下となる球団を設立。
  139. 読売新聞と阪神電鉄
    • ともに日本屈指のセリーグに属するプロ野球球団を持っている。
  140. 丸大食品とエースコック
    • 大阪に本社があり、ともに業界4位である。
  141. 任天堂とハウス食品
    • 関西発祥、1983年に10年以上発売されたロングセラー商品を発売した(ファミリーコンピューター/六甲のおいしい水)。
  142. 朝日新聞とアサヒビール
    • 社名に「アサヒ」とつき、かつ大阪市発祥。
  143. キリンビールとスズキ
    • 生ビール/4サイクルエンジンへの参入が最も遅かった。
      • 上記にヱスビー食品(レトルトカレー)も追加。
  144. マルハニチロとヱスビー食品
    • どちらもスポーツ部門(プロ野球球団/陸上部)があったがともにDeNAに継承された。
  145. 任天堂と阪神電鉄
    • ともに関西に本社があり、1985年に歴史に残る出来事があった。
  146. ハウス食品とヱスビー食品
    • 共に日本を代表するカレーなどを製造・販売する企業である。
  147. 花王とライオン
    • ともに日本を代表し、洗剤などを製造・販売する企業である。
  148. トヨタ自動車と日産自動車
    • ともに日本を代表する自動車メーカーである。
    • 軽自動車を販売するようになったのは平成になってから。
      • ただし、自前では生産しておらず、メーカーからOEM供給を受けて販売している。
  149. アサヒビールとキリンビールとサッポロビールとサントリー
    • いずれも日本を代表し、ビールなどを製造・販売する企業である。
  150. キヤノンとニコン
    • カメラを代表するメーカーである。
  151. 森永製菓と江崎グリコ
    • ともに日本を代表する製菓会社である。
  152. 象印マホービンとタイガー魔法瓶
    • ともに大阪に本社があり、魔法瓶を代表する企業である。
  153. クレハと大映テレビ
    • 母体となった企業(呉羽紡績/大映)が業績悪化の挙げ句結果的に消滅(前者は吸収合併、後者は倒産)したものの、いわゆる「泥舟からの脱出」により生き残った。
  154. 中日新聞社と阪急阪神ホールディングス
    • 前身にかつてプロ野球球団運営から手を引いた企業(名古屋新聞社[名古屋金鯱軍]/阪急電鉄[阪急ブレーブス])があり、合併や経営統合の挙げ句別球団とはいえ再度球団経営に関わることになった。
  155. 東リと東レ
    • ともに繊維会社で名前が間違えられやすいだけでなく、社名の由来となった製品(リノリューム及びレーヨン)からは撤退している。
  156. ヨドバシカメラとアイリスオーヤマ
    • 企業規模の割に資本金が少ない。ともに非上場企業。
  157. パロマとタイガー魔法瓶
    • 企業規模の割に資本金が少ない。
  158. オリオンビールテレビ東京
    • お膝元の事しか考えてない。
    • ビールのシェア/視聴率は最下位。
  159. マツダとSUBARU
    • これまで世界初の技術に挑戦してきた。
    • かつては自前で軽自動車を生産していたが、現在は他の会社からOEM供給を受けて販売している。
    • 株主にトヨタが含まれている。
  160. セイバンとハシモト
    • ランドセルを代表する企業である。
    • ともに社名がカタカナ4文字で、企業規模も小さい。
  161. 東映と大映
    • どちらも映画会社でありかつてはプロ野球球団を持っていた事があったが、ともに食品メーカーに継承された。
  162. 阪神電気鉄道とロッテ
    • ともに非上場企業で、プロ野球球団を持っている(阪神電鉄はかつて上場していたが)。
  163. 東宝東映
    • ともに日本を代表する映画製作会社である。
  164. 桃屋とブンセン
    • ともに海苔の佃煮が主力。
  165. 宇津救命丸と樋屋製薬
    • どちらも子供用の内服薬が主力。
  166. パナソニック阪急電鉄
    • ともにカリスマ的な名経営者(松下幸之助と小林一三)がいた。
    • 21世紀に入って同業他社を経営統合した。
  167. 阪急電鉄とイオン
    • ともにワインレッドがイメージカラー。
    • 平成時代に同業他社を経営統合した。
  168. ファミリーマートとKADOKAWA
    • これまで複数の会社を吸収してきた。
    • 某動物アニメと大きく関わっている。
  169. 阪急電鉄とKADOKAWA
    • ともに映画会社を持っており、カリスマ的な名経営者(小林一三と角川春樹)もいた(後者は2020年現在も存命中)。
    • 21世紀に入って同業他社を経営統合(吸収)した。
  170. ダイエーとメディアファクトリー
    • もともと独立系であったが、様々な要因で大手グループに入った。
  171. 日本板硝子とACG
    • ともに日本を代表するガラスメーカーである。
  172. ダイエーとハドソン
    • 昭和から平成初期にかけて隆盛を極めていたが、経営悪化のため同業他社に吸収された。
  173. メルシャンとメディアファクトリー
    • 当初はある会社の傘下だったが、21世紀に入り違う会社に吸収された。
    • ともに「メ」で始まる企業。
  174. タカラスタンダードとクリナップ
    • ともに日本を代表するシステムキッチンなどの製造業である。
  175. マイカルとハドソン
    • 昭和から平成初期にかけて隆盛を極めていたが、経営悪化のため同業他社に吸収された。
    • ともに社名がカタカナ4文字。
  176. 三洋電機とサークルKサンクス
    • ともに「さ」で始まる企業、21世紀に入り同業他社に吸収されそのブランドに統合されてしまう。
  177. スクウェア(ゲーム会社)とダイエー
    • 昭和から平成初期にかけて隆盛を極めていたが、経営悪化のために同業他社に合併(吸収)された。
  178. ダイハツ工業と愛知機械工業
    • かつてオート三輪を生産していた。
    • もともと独立系であったが、様々な要因で大手企業の傘下に入った。
  179. コナミスポーツとメディアファクトリー
  180. マイカルとスクウェア(ゲーム会社)
    • 昭和から平成初期にかけて隆盛を極めていたが、経営悪化のために同業他社に合併(吸収)された。
  181. パナソニックとKADOKAWA
    • ともにカリスマ的な名経営者(松下幸之助と角川春樹)がいた(後者は2020年現在も存命中)。
    • 21世紀に入って同業他社を吸収した。
  182. トヨタ自動車とKADOKAWA
    • ともにカリスマ的な名経営者(豊田喜一郎と角川春樹)がいた(後者は2020年現在も存命中)。
    • これまでに複数の会社を買収してきた。
  183. マクドナルドとセブンイレブン
    • かつてダイエーが提携を検討したが、最終的には取りやめになった。
  184. コナミスポーツとローソン
  185. ヤマザキビスケットと味の素AGF
    • 当初はアメリカ企業との合弁だったが、昭和末期から平成時代までにアメリカ企業が資本撤退し純粋な日本企業に生まれ変わっている。
  186. 日本ハム伊藤ハム
    • ともに日本を代表し、ハムやソーセージなどを製造する企業である。
  187. リンナイとパロマ
    • ともに日本を代表し、ガス器具を製造する企業である。
    • ともに名古屋市に本社がある。
  188. パロマと日本メナード化粧品
    • ともに名古屋市に本社があり、企業規模の割に資本金が少ない。
  189. セガとバンダイナムコ
    • 共にキャラゲーの雄。
  190. タカラトミーバンダイ
    • ともに日本を代表する玩具メーカー。
  191. カプコンとフロム・ソフトウェア
    • 共に死にゲーの雄。
  192. パナソニックとシャープ
    • どちらも大阪に本社を置く家電メーカーである。
    • ともにカリスマ的な名経営者(松下幸之助と早川徳次)がいた。
    • 旧社名には個人名が使われていた。



関連記事