新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

「偽グリーン車の特徴」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
56行目: 56行目:
 
#*これに乗った人は彼らの顔を見ることができる。だから常にファンで満席だ。
 
#*これに乗った人は彼らの顔を見ることができる。だから常にファンで満席だ。
 
#グリーン車の前後には「フェアウェイ車」「ラフ車」「バンカー車」「レイク車」「OB車」などが連結されている。
 
#グリーン車の前後には「フェアウェイ車」「ラフ車」「バンカー車」「レイク車」「OB車」などが連結されている。
 +
#*かつては全車フェアウェイ車の快速フェアーウェイ号があったが、いつまでもグリーンにたどり着かないと不評だったため廃止された。
 
#乗車するとマイルがたまる。
 
#乗車するとマイルがたまる。
 
#車内販売はグリーンガムだけだ。
 
#車内販売はグリーンガムだけだ。
65行目: 66行目:
 
#*[[京阪電気鉄道|京阪電鉄]]にもある。
 
#*[[京阪電気鉄道|京阪電鉄]]にもある。
 
#*かつては[[南海電気鉄道|南海電鉄]]にもあったが、現在は廃止されている。
 
#*かつては[[南海電気鉄道|南海電鉄]]にもあったが、現在は廃止されている。
 +
#*またはJR東日本が商標登録し、各社に使用を認める代わりに高額なライセンス料を取る。
 
#あのグリーンねえさんが乗っている・・・・・
 
#あのグリーンねえさんが乗っている・・・・・
 
#実は男性専用車両だ。
 
#実は男性専用車両だ。

2017年8月4日 (金) 22:59時点における版

  1. 主に通勤型電車に連結されている。
    • 中距離電車にはほとんど連結されない。
    • 山手線では帯が黄緑なので、まさに「グリーン車」。
      • 山手線の電車は全部これ。
        • さらに、山手線に乗車する場合グリーン券が必要。
          • 車内は至るところがグリーンで統一されている。
    • 埼京線・常磐線もそうである。
      • そのうえ埼京線のグリーン車には座席なし・オール立席の6ドア車が用意されている。
      • 常磐線は取手までの緩行線。
  2. 運賃格安。なのでケチな人に好まれている。
  3. 中には人工芝がある。
    • 車内でゴルフが楽しめる。
      • 18ホールパー72のフルコースである。
  4. 実は「クリーン車」。
    • 車内にはゴミの処理場がある。
    • 50人の定員に対して、100名のクリーンスタッフが乗り込んでいる。もちろん同じ車両に。
    • 「クリーンな車両」なので当然喫煙禁止。
    • 「クリーンアテンダント」・・・実は掃除のおばちゃん
    • 「1m3あたり塵が○個以下」などという基準がある。
      • 各デッキに、エアシャワーが設置されている。
  5. 車体一面が緑色に塗られている。
    • 車内も緑色に塗られている。
  6. ここの電車に多数連結されている。
    • ここは混雑が激しいため連結されている電車はない。導入予定もなし。
    • 殆どの地方私鉄でも導入されていて、赤字解消に一役買っている。
  7. グリーン車の車掌を追い出してグリーンアテンダントにするなんてことはしない。
    • 乗務するためには、一流ホテルで3年以上の研修を受けなくてはならない。
  8. 乗車前は、ラウンジで一息つける。
    • チェックインも専用カウンターで行い、車体のそばまで送迎してもらえる。
  9. 乗車して着席すると、まず、シャンパン(ジュース)を乗務員が持ってきてくれる。
    • シートは本皮張り。
    • 専用バーカウンターも設けられている。
  10. フルコースの車内食が供される。
    • テーブルクロスも用意される。
    • 食器は陶磁器、ナイフ・フォークはプラスチックではなく、金属製。
  11. 乗務員からの呼びかけは、「お客様」ではなく「○○様」と名前で呼ばれる。
    • あるいは、「ご主人様」だ。
  12. 到着後は、一般車両の乗客をさしおいて、真っ先に下車できる。
    • もちろん自宅まで送迎してもらえる。
  13. 刈り込まれている。
    • シートの中心にはカップが。
      • 旗も立っている。
  14. ブルー車、レッド車、ピンク車、イエロー車があり、合わせて「車レンジャー」と呼ばれている。
  15. 無段階リクライニング。どこまでも倒れる。
  16. よく見ると「ゲソーン」車だ。
    • 乗るとみんなゲソーっとしてしまうことから、ダイエットに効果がある列車として有名になる。
  17. 特急のグリーン車はもちろん余すとこなく総て2+1配列である。
    • 特に、JR東日本の在来線特急グリーン車は余すとこない破格のサービスで一般人でさえ憧れの的。
  18. グリーン車のシートはフルフラットリクライニング可能。
  19. 座席には緑の葉っぱが生えている。
    • 四隅には植木鉢があり、観葉植物が生えている。
  20. 甲子園行き、グリーンウェル車。
  21. 実はGReeeeN車だ。
    • 時刻表通りに運行するのは「キセキ」である。
      • 列車は「遥か」遠くまで運行される。
    • これに乗った人は彼らの顔を見ることができる。だから常にファンで満席だ。
  22. グリーン車の前後には「フェアウェイ車」「ラフ車」「バンカー車」「レイク車」「OB車」などが連結されている。
    • かつては全車フェアウェイ車の快速フェアーウェイ号があったが、いつまでもグリーンにたどり着かないと不評だったため廃止された。
  23. 乗車するとマイルがたまる。
  24. 車内販売はグリーンガムだけだ。
    • もしくは、メロン味のガムだ。
  25. 「みどり」や「グリーン」という名前の人しか乗ってはいけない。
  26. 「グリーン車」の由来はJR東日本のコーポレートカラーから。従って他の鉄道会社には連結されていない。
    • 但しJR北海道にはある。
    • 京阪電鉄にもある。
    • かつては南海電鉄にもあったが、現在は廃止されている。
    • またはJR東日本が商標登録し、各社に使用を認める代わりに高額なライセンス料を取る。
  27. あのグリーンねえさんが乗っている・・・・・
  28. 実は男性専用車両だ。
  29. 普通車の乗客が通り抜け出来ないよう、入口にはオートロックがついている。車内に入るときはグリーン券に書かれたパスワードを入力しなければならない。
  30. ICカードのグリーン券など存在しない。
  31. 「グリーン車」=「緑車」なので、みどりにしか連結されていない。
  32. 車両形式称号に、グリーン車の「グ」が使われる。
  33. グリーン車が通る路線の発車メロディは、全て牛久駅で使われている「グリーングリーン」になる。
  34. グリーンコンシューマーになれる。
  35. グリーン券の駅と車内での発売価格が違うのは当たり前だが車内で買った方が断然安い(車掌の気まぐれで変動するが)
  36. 一年間でみどりの日にだけ運行される。



関連記事