偽NHK大河ドラマの特徴

提供: chakuwiki
2019年1月7日 (月) 21:41時点におけるりょうち (トーク | 投稿記録)による版 (偽西郷どんの特徴)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

偽テレビドラマの特徴 > 大河ドラマ

全般[編集]

  1. 放送時間は1月2日の12:00~24:00だ。
    • 提供はセブンイレブン。
  2. 放送時間は1時間。
  3. 全ての作品が1年間放送されている。
  4. なぜか武士階級が主人公になることはない。
  5. 近現代を取り上げたことはない。
    • 84~86年の大河は「宮本武蔵」「真田太平記」「武蔵坊弁慶」だ。
  6. 低視聴率で打ち切られた作品が存在する。
  7. 時代考証の細かさに定評がある。
  8. 全作品の全放送回が現存。
  9. 1953年のテレビ放送開始時から続いている。
  10. 当初から「大河ドラマ」と名乗っていた。
    • むしろ現在もNHKは「大河ドラマ」という呼称を使っていない。
  11. 大河は「おおかわ」と読む。
  12. 放送時間が5分の「小川ドラマ」もある。
  13. NHK放送センターと大阪放送局が交互に制作する。
  14. 連続テレビ小説と同一枠半年ずつの放送だ。
  15. たいていの場合キャストやスタッフはエンディングで表示される。

1960~70年代[編集]

偽花の生涯の特徴[編集]

  1. 映像は全く残っていない。
  2. キャストは当時無名だった若手ばかり。
    • 「五社協定」の壁に挑むなど思いもよらなかった。
  3. 各放送回のタイトルに花の名前が入っている。

偽太閤記の特徴[編集]

  1. 前の2作同様の豪華キャスト。
  2. 信長が不評すぎたため本能寺の変の放送が早まった。
  3. 時代劇に現代のシーンを入れるわけなどない。

偽天と地との特徴[編集]

  1. モノクロ。
  2. 主人公は武田信玄。

偽樅ノ木は残ったの特徴[編集]

  1. 「樅ノ木」という力士の生涯を描いた作品だ。
  2. オープニングにひょっとこのお面が登場した。
    • 当時子どもがこのシーンを見て大笑いしたという証言もある。
  3. 本作のテープが見つかった場所はNHK仙台放送局。

偽新・平家物語の特徴[編集]

  1. 原作:大佛次郎。
  2. ロケが多く行われた。
  3. サブタイトルあり。
  4. キャスティングはとても地味。

偽勝海舟の特徴[編集]

  1. 倉本聰が1年間脚本を務め上げた。
    • その後、NHKと倉本聰は蜜月関係に入った。

偽風と雲と虹との特徴[編集]

  1. オープニングテーマは歌詞付き。
  2. 平将門と藤原純友は劇中一度も出会わない。
  3. 全放送回の映像が現存しているのはNHKがテープを保管していたから。

1980~90年代[編集]

偽山河燃ゆの特徴[編集]

  1. 原作のタイトルも『山河燃ゆ』。
  2. 作品の主な舞台はブラジル。
  3. 諸事情により当時存命だった実在人物は出てこない。

偽独眼竜政宗の特徴[編集]

  1. 大河ドラマ史上最大の黒歴史。
    • 再放送もめったに行われない。
  2. 前年の大河も前近代もの。
  3. 山形や福島にも大きな経済効果がもたらされた。
  4. オープニングはとても地味。

偽太平記の特徴[編集]

  1. 放送内容のほとんどが南北朝時代。
  2. 皇国史観に貫かれた作品だった。
    • 楠木正成が超人的な英雄として描かれているのに対し、足利尊氏は極悪人とされている。
  3. 女性アイドルが武将を演じることなどあり得ない。

偽琉球の風の特徴[編集]

  1. 放送期間は1年。
  2. 琉球王国関係者のセリフは全てウチナーグチ。
  3. 東山紀之が主題歌も歌った。
  4. 明治初期の琉球処分の時代を舞台にしている。

偽秀吉の特徴[編集]

  1. 豊臣家の滅亡まで描いている。
  2. 90年代の大河ドラマで最も低迷した作品だ。
  3. 総集編では第1話の問題のシーンはカットされている。
  4. 時代考証は細部までこだわっている。

2000年代[編集]

偽葵徳川三代の特徴[編集]

  1. 「徳川三代」というのは清康・広忠・家康のことである。
  2. 家康が爪を噛む描写は「史実での癖」ということで消されなかった。
    • だが家康役の津川雅彦は「視聴者に不快な思いをさせてしまって申し訳ない」と陳謝するコメントを発表した。
  3. 解説者は徳川幕府最後の将軍慶喜。
  4. 出演者の平均年齢が若かったので若者を中心に支持された。

偽北条時宗の特徴[編集]

  1. 福岡のロケセットは現存している。
  2. モンゴル側の描写はほとんどない。
  3. 作品の内容が原因でモンゴル政府から抗議された。

偽武蔵 MUSASHIの特徴[編集]

  1. 武蔵国の歴史を描いたドラマだ。
  2. 主役は放送当時すでに「市川海老蔵」を襲名していた。
  3. 原作通り巌流島の決闘で終わっている。
  4. 武蔵丸が出演している。
  5. 主役はこの人だ。
  6. 黒澤プロから訴えられる事は無かった。
  7. NHK公式には完全になかったことにされている。
    • 歴代大河ドラマの紹介でも禁句扱い。

偽新選組!の特徴[編集]

  1. タイトルはよく見ると「新組!」だ。
    • 「新選組?」だ
  2. 坂本竜馬を斬ったのは近藤勇。
  3. 基本的に大河ドラマの定石に従った作品。
  4. 作品中に広岡浅子が出てきた。

偽功名が辻の特徴[編集]

  1. 主人公は堀尾吉晴の正室。
  2. テーマソングは歴代の中でも低評価。

偽篤姫の特徴[編集]

  1. 幕末ものの大河ドラマではこれまでで最低の視聴率。
  2. 薩摩藩関係者は全員薩摩弁で話す。
  3. 篤姫は劇中アヒルを飼っていた。
  4. 小松帯刀…誰?

2010年代[編集]

偽龍馬伝の特徴[編集]

  1. 基本的にお龍の視点で描かれている。
  2. 主役の役者は高知県出身。
  3. 今のところ海外での放送はない。
  4. なぜか龍馬が暗殺を逃れ海外へ行ったという設定になっている。
    • もしくは竜馬暗殺の実行犯が見廻組以外の誰かに改竄されている。
  5. 最終回の冒頭に知事選の結果テロップが入ったが気にしない人が多かった。

偽江~姫たちの戦国~の特徴[編集]

  1. 記録的な高視聴率の上マニア受けもよい。
    • 特に時代考証は「非の打ちどころがない」という声が上がるほど。
  2. タイトルの割に茶々の方が出番が多い。
  3. 江州(近江国)での出来事しか描かれない。

偽平清盛の特徴[編集]

  1. 毎週高視聴率をキープし、近代まれに見る傑作と評価されている。
  2. 主演は松山チハル。
  3. 兵庫県知事が画面を美しさを大絶賛した。
  4. 72年放送の「新・平家物語」のリメイク版として放送された。

偽八重の桜の特徴[編集]

  1. 震災以前から計画されていた作品。
  2. ヒロインを演じた女優は福島県出身。
    • それは伊東美咲である。
  3. 物語は最晩年の八重の回想という形になっている。
  4. タイトルの正確な表記は「八重の櫻」。
  5. 実は三重県が舞台の「三重の桜」だ。
    • 近鉄湯の山線の桜駅が登場する。
  6. よく見たら「八戸ノ里」だった。

偽軍師官兵衛の特徴[編集]

  1. 主役を演じるのはSMAPのメンバー。
  2. 官兵衛はこれまで以上にダークな人物として描かれる。
  3. クレジットでは本名の「黒田孝高」で表示される。
  4. 官兵衛の子ども時代の話がやけに長い。
  5. オープニングで黒田節の歌唱がある。
  6. 地元はほとんど誘致していない。

偽花燃ゆの特徴[編集]

  1. 主人公は架空の人物。
  2. やたらと女性ばかり出てくる。
  3. マスコットキャラクターの「もゆるん」が本編にもよく登場する。
  4. ナレーターは「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイの声と同じ声優。
  5. 作品名は「な」にアクセントを置いて発音される。
  6. 脚本は初回から最終回まで一人が担当した。
  7. あまりの低視聴率のため萩の大河ドラマ館が放送終了前に閉鎖された。

偽真田丸の特徴[編集]

  1. 主演:真田広之。
  2. オープニングでは六文銭が飛び回る。
  3. 主人公となる人物は劇中を通して「幸村」と呼称される。
  4. 実は「真田丸」という貨客船の物語だ。
  5. 主役は真田十勇士。
  6. 脚本:野島伸司。
  7. 昌幸役は草刈民代。
  8. 真田アサミ(長野県上田市出身)が顔出しで出演してる。
  9. 真・田丸だ。
    • 真田丸と偽田丸が戦う。

偽おんな城主 直虎の特徴[編集]

  1. 主人公の女城主と井伊直虎(男性)の物語。
  2. オープニングには多くの動物が登場。
  3. 今川義元がよくしゃべりその上よく噛む。
  4. 作中の登場人物がちょくちょく家虎(イェッタイガー)をする為、あれは何だとネットで議論になる。
  5. 主演は大政絢。

偽西郷どんの特徴[編集]

  1. 幕末の会津藩家老西郷頼母の生涯を描いた作品だ。
  2. タイトルの読みはもちろん「さいごうどん」。
    • 劇中にこの名前のうどんが出てくる。
  3. ドラマ放送開始時点で原作がまだ完結していない。
  4. 不倫が原因で渡辺謙の出演が取りやめになった。
    • 一方斉藤由貴は予定通り出演。
  5. 第1話は明治10年の城山のシーンから始まっている。
  6. 主演は鈴木浩介。
    • 篤姫役は沢尻エリカ。
  7. このラーメン店が物語の舞台だ。

偽いだてん〜東京オリムピック噺〜の特徴[編集]

  1. 「井田 てん」という女性が主人公のドラマだ。
  2. 嘉納治五郎の幼少期から描かれている。
    • 最終的に2013年の東京五輪開催決定まで描かれる予定。
  3. 五代目志ん生が実際に語ったことがある落語がモチーフである。
    • 志ん生を演じるのはもちろん現役の噺家。
  4. 宮藤官九郎を始め「あまちゃん」と同じスタッフで挑むだけあってのんも重要な役で第1回から出てくる。
  5. タイトルの文字の下から足が2本生えている。
NHK大河ドラマ
~1980年代 1990年代 2000年代 2010年代前半 2010年代後半
ファンの噂 偽モノの特徴 ベタの法則
もしあの人物が主役になるとしたら
戦国・安土桃山/江戸/明治-大戦期/現代芸能人/スポーツ)/海外



関連記事