新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

「古河市」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(古河市の噂)
(Wikipediaコピペ公言は著作権的にまずいので外部リンク化で対処。他インデント調整。)
44行目: 44行目:
 
#*どこに?聞いたことないな
 
#*どこに?聞いたことないな
 
#市民でも「雪華」とは何かと聞かれて答えられる人は少ない。
 
#市民でも「雪華」とは何かと聞かれて答えられる人は少ない。
#*雪の結晶の研究で知られる古河藩主土井利位が'''遠山の金さんの上司'''だったことを知る人はもっと少ない。
+
#*雪の結晶の研究で知られる古河藩主[[wikipedia:ja:土井利位|土井利位]]が'''遠山の金さんの上司'''だったことを知る人はもっと少ない。
 
#**土井利位(としつら?)は老中時代、悪名高い鳥居燿蔵の奉行職罷免を断行した。
 
#**土井利位(としつら?)は老中時代、悪名高い鳥居燿蔵の奉行職罷免を断行した。
#**土井 利位(どい としつら、寛政元年5月22日(1789年6月15日) - 嘉永元年7月2日(1848年7月31日))は江戸時代の大名。下総国古河藩の第4代藩主。土井家宗家11代。wikiによる見出し。
 
 
#*「しらたま」は?
 
#*「しらたま」は?
 
#'''こが'''市の隣に'''ごか'''町がある。
 
#'''こが'''市の隣に'''ごか'''町がある。
55行目: 54行目:
 
#*普通と快速を乗換る人もたまにいる。
 
#*普通と快速を乗換る人もたまにいる。
 
#**いや、それ同一ホーム乗換だし(乗換には変わりないか)。階段コンコース上にあるそば屋にはまず立ち寄らないって。乗換時間も数分しかないし。
 
#**いや、それ同一ホーム乗換だし(乗換には変わりないか)。階段コンコース上にあるそば屋にはまず立ち寄らないって。乗換時間も数分しかないし。
#**東口のより30円高いよ!
+
#*東口のより30円高いよ!
 
#提灯竿もみまつりという奇祭がある。
 
#提灯竿もみまつりという奇祭がある。
 
#古河駅からひたすら歩いて三国橋を渡り、埼玉県北川辺町に行きました。あそこの県境の看板はとても地味です。
 
#古河駅からひたすら歩いて三国橋を渡り、埼玉県北川辺町に行きました。あそこの県境の看板はとても地味です。

2008年6月5日 (木) 00:18時点における版

ご当地の噂 - 世界アジア日本関東 > 茨城県西古河市

栃木 結城 筑西 桜川
古河 八千代 下妻

五霞

埼玉
みらい

古河市の噂

  1. 某家具店がついに閉店したはず・・・
    • かれこれ数年完全閉店、完全閉店といっては営業を続けていた。
      • 遂に解体され始めた。
  2. 室町期には古河公方、江戸初期には江戸幕府創設の立役者の大老土井大炊頭利勝のお膝元だったりと歴史がある、が、地味。
    • 和服に雪の結晶模様があるのは、古河藩のお殿様が観察、出版してはやらせたおかげ。
    • 歴史の教科書に必ず載ってる、渡辺崋山筆・国宝「鷹見泉石像」の鷹見泉石は古河藩の家老で邸宅は現在記念館になっている。でも、マイナー。
  3. 「ふるかわ」と読まれると激怒する
    • と言うか、「またかよ」と言う顔をする。また、「茨城県古川市」で手紙が来たりする。古川市は宮城県。
    • 「古川市」は合併して「大崎市」になったよ
    • いばらけんふるかわし
    • えばらげけんふるがわじ
  4. 合併問題で「こが市」になるのを反対し、「古河市」で良いと言う三和町、総和町と合併した。
    • 実際旧総和・旧三和は「こが市」だった。しかし最後の総和町長選挙で「こが市」推進の現職町長が落選。新町長(新・古河市初代市長)が「古河市でよい」としたことにより、旧三和町も折れて「古河市」に。ちなみに旧古河市に吸収されたわけでなく、「新設合併」という形で合併。従って市役所は旧総和町役場。
    • 市名は古河市だが、実質は総和町に乗っ取られたのが真相。
      • 工業団地を持っているだけあって、旧古河に比べて金あったからねぇ>総和。
        • 総和町民は合併前から古河に住んでると答えていたからね。総和に在っても古河店や古河工場もたくさんあったしね。
          • ↑そんなことは無い、むしろ古河と一緒にされるのを嫌がってた。古河店・古河工場が多かったのは、舞浜に東京ネズミの国があるのと同じ理由。
      • ともあれ、この合併劇は「平成大合併の奇跡」と記されるべきだろう。
        • ぶっちゃけて言えば、旧町長が「総和と三和で合併します」と言ったので、古河に近い総和地区の住人が「そりゃないよ」ってことで新町長(現市長)を選んだのが真相。もっとも、「こが市」なんてダサい以外の何者でもなかったが。
    • ここは暗黒地帯
  5. 駅の西口にそびえるライオンズマンション(古河スカイタワーというらしい)は良くも悪くも街のシンボルになってしまった。
    • ちなみに隣にはヴェルシティ古河と言うマンションがある。何故か分譲主が古河とは縁もゆかりもない相鉄(神奈川のローカル私鉄)不動産。ゆめが丘を何とかしろよ。
      • ↑相鉄はれっきとした大手私鉄だぞい!
        • そんなにカッカするなよ、大目に見たら。
  6. 古河一高、古河二高、古河三高とナンバースクールが揃っている。
    • 古河第一中学校 、古河第二中学校、古河第三中学校もある
      • 古河第一小学校、古河第二小学校、古河第三小学校、古河第四小学校 、古河第五小学校、古河第六小学校 、古河第七小学校 もある。
        • だから旧古河市内の学校は名前を聞いただけでは何処にあるのか分かりづらい。つか、分からない。
        • 数字だけじゃ正直面白みが無い。
  7. 俳優・渡辺徹が育った土地だったりする。(出身は小山市)
    • 古河一中時代は大槻教授の息子と同級生だったりする。
    • 古河三高時代は生徒会長やってたが、その時の色紙が三高の生徒会室にあったりする。
      • 古河1中でも生徒会長だったが色紙はなかったと思う。
  8. つぶやきシローは古河5小の卒業生(出身は野木町)
  9. イトーヨーカドーはかつて二階建てで、屋上が駐車場であった。そのうちに立体駐車場ができて今の形になる。
  10. 新4号沿いのパチンコ屋の広告が滅茶苦茶目立つ。
  11. ジョイフル本田の天下にもかかわらず果敢にも旧市内に店舗を出したトステムビバには敬意を表したい。まだ撤退しないのはそこそこ頑張っているということなのかな。
    • だからここは茨城じゃないんだって。
  12. 古河ベーカリーがある
    • どこに?聞いたことないな
  13. 市民でも「雪華」とは何かと聞かれて答えられる人は少ない。
    • 雪の結晶の研究で知られる古河藩主土井利位遠山の金さんの上司だったことを知る人はもっと少ない。
      • 土井利位(としつら?)は老中時代、悪名高い鳥居燿蔵の奉行職罷免を断行した。
    • 「しらたま」は?
  14. こが市の隣にごか町がある。
    • 速記には濁点を無視して書く方式があり、これだと区別がつかなくなる。
    • いずれ合併するから問題ない。
      • そう言ってる議員は今期限りで引退。
  15. 駅の中に立ち食いそば屋を作った意味が分からない。乗換駅でもないし、東口に元からあるし。
    • 普通と快速を乗換る人もたまにいる。
      • いや、それ同一ホーム乗換だし(乗換には変わりないか)。階段コンコース上にあるそば屋にはまず立ち寄らないって。乗換時間も数分しかないし。
    • 東口のより30円高いよ!
  16. 提灯竿もみまつりという奇祭がある。
  17. 古河駅からひたすら歩いて三国橋を渡り、埼玉県北川辺町に行きました。あそこの県境の看板はとても地味です。
  18. 何故か郊外型家電量販店が集中している。今度はヤマダ電機がくるらしい。
    • ここでも『YKKのけんか』が激しくなるな。
      • 値引き合戦になってくれれば嬉しいんだが・・・せめてもう1割引いてくれ。
  19. Bフレッツは市の中心地のみ。
    • 92・93地区に入ったのは、北利根のADSLが弱いからと言っているが、恐らく市役所が92・93地区に来たため。
      • 97・98地域にもようやく9月開通らしい
  20. 鮒甘露煮が名産だが、これは栃木でも有名らしい。
  21. 関東足利氏の本拠地がある。
    • もともと鎌倉の公方だった足利成氏が古河に本拠地を移した。

総和の噂

  1. 市役所はここにある。
  2. 建設したものの一度も営業することなく潰れたホテルがあった。
  3. 古河第一自動車学校があるが、第二の教習所は存在しない。

三和の噂

  1. 京都の男前豆腐店をパクった「波乗りジョニー」という豆腐を出す豆腐屋「三和豆友」がある。
    • 男前豆腐店の社長はもともと三和豆友出身(社長の息子)だったはず。

古河市の観光名所の噂

  1. 古河総合公園の池は、ここ20年の間にヘドロだらけになった。
    • 市長や市議が美化予算を廻さない所為?
  2. ネーブルパークにはポニーがいるらしい。

古河市の交通事情

鉄道篇

  1. 県内唯一、JR宇都宮線の駅があり、電車の本数が水戸より多い。
    • と言うかTX守谷以南と常磐線取手以南に次いで電車の本数が多いはず。
    • 湘南新宿ラインのおかげで山手線の西半円、横浜へのアクセスが他地域に比べて良くなった。
      • JR古河駅から湘南新宿ラインで横浜駅まででさえ90分で行けるご時世で県庁所在地の水戸までの所要時間は小山駅を経由してもおよそ120分。
    • ちなみに新古河駅は埼玉県北川辺町。
      • 駅前は本当に埼玉県か??と疑う程何もない。そして駅前が昭和初期の風景っぽい。
        • ココ(Googelマップ)を覗けば古河と同じ県内にあるどこかの駅とたいして変わらないと思うけど。
          • いや、埼玉県の駅だから、茨城の駅と比較しても……
            • …駅周辺の風景のことが言いたかっただけなので。
    • エレベータを設置したのはいいが、駅事務室があるから止むを得ないとはいえ、上り方小山側の階段があれほどまで狭くしてしまったのは・・・。どうにかできなかったものか・・・。
  2. 東北新幹線が通っているが、駅は無い。素通りである。
    • という訳で、駅設置を希望している。
      • 最近は熱意が薄れてきて(諦めてきて?)、説明会等への出席率も低い。
      • ってか、そんなの言ってたの一部の議員だけやがな……。あんな所に止めたって時間が延びるだけで新幹線に一切メリットがないし……。
    • でもぶっちゃけ、こんなところに作るぐらいだったら、先に古河に作れとは言いたい。
  3. 駅の中はやたらチャリが横断する。つか通っていいのか??
    • いいわけない。チャリ通行禁止の張り紙があったはずだけど。
    • ここのAから始まる市の中心の駅もチャリ横断OK!!
    • チャリは手押しで歩くならOK。でも大抵の人が乗ったまま突っ走る。

道路篇

  1. 東北道で東京方面に行く時、久喜・羽生・館林のどこで乗ればいいか迷う、実に中途半端な位置にある。
    • 仙台方面に行く際にも館林ICが中途半端に遠いので、飛ばせる新4号で宇都宮や矢板まで行ってそこから乗っても大差無いことがある。
      • 北は佐野藤岡IC、南は久喜IC(あるいはもっと南下して首都高戸田南もしくは外環戸田西or戸田東)だろう、常識的に考えて・・・
        • 久喜ICは普通だけど戸田南はありえないでしょ。さいたま栗橋線やたら流れ悪いし。
          • なので、加須ICを利用する者も多いよ。
  2. 国道354号は三国橋~大堤付近の渋滞解消のために片道二車線を一車線にしたり新三国橋を作ったりした。が、やっぱりしょっちゅう渋滞する
    • IBS交通情報では常連ですな。
    • 4号線との大堤交差点は立体交差化の計画があるがいつになるやら…
    • 野木からシモレンの横を通って土手上に境までバイパス道路をつくればだいぶ違うと思う。新三国橋東詰と利根川橋東詰は立体交差で。
      • その道は354から鴻巣の交差点を折れて南下する道で代用可能だぜ。
    • それよか、あの中途半端すぎる2車線道路を4号から354までつなげてくれ。
  3. 125号線は細すぎて、上りはほぼ確実に渋滞する。
    • 市外から来る普通車は、是非十間道路の方をご利用願います。
  4. 利根川橋東詰の切り替え型信号を嫌っている。
    • あの先が2車線なんだから、国道4号本線で1車線+側道で1車線、でいい気がするのだが。
    • それはない。元々4号2車線に側道2車線が合流していた形で慣れっこだったし、何より側道の上り坂が急で4号をまともに視認できないから信号がないと合流の際に危険極まりない。
    • ちなみにあそこの4号側の信号は無駄にでかい。今まであれより大きい信号を見た事がない。
    • もうさ、利根川は4号と125号と別々に橋を架けようよ。
      • 三杉町から栗橋までの重複区間をどうしろと?
  5. 免許取得は境町での取得も可能だが月1回程度、時期により古河駅東口6:20発の「運転免許センター行き」直行バスも運行されおり料金は片道2.000円である。

栃木埼玉)県古河市!?の噂

  1. 生活圏が埼玉栃木
    • 群馬も近いです(板倉町)。
    • 千葉もさほど遠くない(野田市(旧関宿町))。
    • そんな土地柄なので、UHFアンテナを宇都宮に向ければとちぎテレビが映り、前橋に向ければ群馬テレビが映り、浦和に向ければテレ玉が映り、船橋に向ければチバテレビが映る。東京タワーに向ければMXも視聴可能な、ある意味電波銀座。ちなみにtvkは相当頑張らないとまともに映らない。
      • 地デジになって色々と不便になった(特定の局に合わせると、他のU局がほぼ確実に入らない)。
  2. 電車は宇都宮線、国道は4号。市外局番は北川辺町(埼玉)、野木町(栃木)と同じ0280。駅前のみずほ銀行は「大宮」支店古河出張所。栃木銀行と足利銀行もある。
    • みずほ銀行は2006年11月27日から古河支店に再昇格。かつて富士銀行時代に支店から出張所に降格になったため、「再」。
    • 栗橋の埼玉りそなも外廻りして来そうな位置だw
  3. 自動車のナンバーは土浦ナンバーだが違和感がある。
    • ご当地でつくばナンバーになるが、それでもあんまりピンと来ない。土浦よりは馴染みがあるか、程度。
      • まあとりあえず筑波山は見えるからな。
        • 古河ナンバー作ればすべて解決かな?
  4. 高校も埼玉や栃木に行く人が多い。特に進学校。春日部とか栃木とか不動岡とか。私学に関してはそもそも茨城県内という選択肢がない
    • そもそも茨城県に私学が数えるほどしかない。
      • 特に、県内の有名私立高は常磐線・国道6号沿線の都市にしかなく、通学は極めて困難。
  5. 茨城の異端という認識をされることがあって密かに心痛めている。
    • むしろ開き直って「埼玉県に編入させろ」と思っている人が少なからずいる。
      • が、4のスレッドの通りどこの県とも中途半端な関係しかなく、結局養ってくれるのは茨城県しかない。
        • でも茨城県も基本は放置プレー
          • 2004総選挙の前まではそんなことなかったはずだが、今は中村狂四郎喜四郎になっちゃったからなぁ。
            • 野木・小山と仲良くしよーよ。
  6. 生まれて初めて水戸に行ったのは免許を取った時、という市民も少なくない。
    • 鹿沼(栃木県の免許センター)の方が近い。
    • 最も近いのは紛れもなく鴻巣。古河-(JR)-久喜-(東武)-加須-(バス)-鴻巣がおそらく最短ルート。ただし、乗り継ぎが良ければ。所要平均では大宮経由の方が近いかも。
      • しかし、鴻巣の試験レベルは(ry
    • 平均的古河市民が水戸に行く回数は人生で2,3回である。
      • 1回目:小4の遠足時
      • 2回目:運転免許取得時
      • (3回目:運転免許の最初の更新)・初心者講習は各警察署で月2回(しかも平日)のみである
        • が、県西や県南ならどこも似たりよったりの気もする。
  7. 水戸までの電車賃は1450円である。
    • ちなみに、JRのみを利用した場合、1450円で行ける範囲は
    • 水戸は遠い・・・
      • 水戸行くまでの時間で、東京23区どこ行っても十分遊べるだけの余裕が出る。
      • しかも土日はホリデーパスが使えるため、鎌倉や木更津・大月まで水戸より安い値段で往復可能。
      • 小山から水戸線に乗るのが一般的だが、朝夕以外は本数が極めて少ないので、不便極まりない。
        • 朝夕も本数が極めて少ないので、不便極まりない。
    • また、自動車ナンバーである土浦(今はつくば)までの電車賃でさえも路線表に表記されていない。
      • 土浦まで大宮経由で宇都宮線~東武野田線~常磐線と乗り継ぐとしても、結構、面倒・・・
        • 久喜から伊勢崎線、春日部から野田線の方が早いと思うよ。
  8. 古河を未だに埼玉だと間違える輩が多い。至:東京・・・・栗橋(利根川:県境)古河・・・・至:宇都宮
    • 長らく、栃木県だと勘違いしていました。
  9. 幼稚園や小学校低学年の旅行の定番は、東武動物公園太平山。小山ゆうえんちは・・・消滅してしまった。
  10. 求人情報誌でも埼玉や栃木の企業が載っている。
    • 土日の新聞の折り込み求人広告は、古河周辺版と共に、たいてい埼玉北東系版と栃木県南系版が一緒にある場合が多い。
      • で、古河周辺版と栃木県南系版に同じ企業が載っていたりする。
  11. テレクラのビラには小山、宇都宮、春日部地域等の番号が書かれている。その逆も然り。(水戸や土浦、つくば等の番号はない。)
  12. 日本通運の管轄は茨城でなく、栃木となっている。
  13. 歩道橋に掲げられている交通安全の標語のひとつ「思いやる心ひとつで事故はゼロ」は埼玉で頻繁に見られるもの。ぱくってきたのでは!?
    • ググると分かるが、これは交通安全標語の最優秀作品。パクった訳ではないし、全国で見られるのでは?
  14. 街中でイベント関連の広告を見ると、埼玉や栃木で開催されるイベント紹介の記事が多い。
  15. 昔は、今の千葉県北部の大部分に当たる、下総国に属していたらしい。



関連記事