四国旅客鉄道

提供: chakuwiki
2009年3月20日 (金) 21:58時点における220.48.42.60 (トーク)による版 (高松中心主義)

移動先: 案内検索

JR四国の噂

  1. 国鉄分割民営化直前まで・1・・・電化区間ゼロだった。
    • 民営化の9日前にとりあえず高松近郊を電化。その後、松山近郊を電化。更にその後、高松と松山の電化区間を繋げる形で電化。
        • 本州に近い高松に本社を持ってきたのが敗因。営業努力しても、自社のお客に繋がらない。
      • おそらく、この先電化の発展はない。
      • なので徳島県は永久に電化区間0m県のまま。
        • 「県内全部がデットセクションみたいなもの」byデットセクション熱中人
        • NHKで言ってたな。あの人のために、高徳線を交流電化という風にはいかんだろうか?(高松あたりがセクション区間になるけどね。)
    • 「予讃線の伊予市から先は、未来永劫電化しません!」と宣言したらしい。
    • フリーゲージトレイン(車輪の幅を変えることで新幹線と在来線を直通できる車両)が実用化されたら、それを通すために琴平─高知間が電化されるかもしれない。
      • フリゲはディーゼルのほうが楽かも……
      • トンネルが狭すぎて掘り直しとの話も・・・・。フル規格新幹線作った方が安上がりなんじゃないの?
      • 琴平─土佐山田間は、うねうねした現在の線路とは別に特急用の高規格の線路を作るかも。
        • ↑琴平からではなく、土佐岩原から。
          • 塩入~佃間もね。
      • しかしJR四国はフリーゲージトレインを岡山~高松だけに走らせ、再び高松を四国の玄関口にしようと企んでいるらしい。
  2. 瀬戸大橋開通まで・2・・・特急が殆どなかった。
    • 「しおかぜ」「南風」は国鉄時代から走ってたぞ。(高松発着だったけど)
      • 修正しました。でも割合から言うと「殆ど」ってのは正解。
    • でも今は急行がない。牟岐線や徳島線にも特急が走る始末。
    • 元々急行しかなかった名残なのか、「うずしお」の停車駅が無茶苦茶多い。短距離は310円で乗れるので、通勤時間帯は殆ど通勤ライナーと化している。
      • かつてはノンストップの列車がありました(急行時代から)。現在の9号と22号(志度・三本松のみ停車)がその名残りですかね。
        • もとから特急の「しおかぜ」でも十分多い。西条と合併したんだから壬生川止める必要ないだろ…
          • 2000系投入記念ダイヤ改正では最速達の1往復が壬生川と川之江が通過だったのに、次でもう元に戻されてた。
      • 千葉の内房・外房の特急も大概停車駅が多いぞ。
      • 千葉の特急も急行だったのを無理やり特急にしたから。多分特急料金で儲けたかったんだと思う。後は、宇都宮・高崎線の特急とか。
    • 急行なら走ってたぞ。なくなったのは速いけど
  3. 「本線」の付く路線は1つも無い。
    • かつては「予讃本線」「土讃本線」…などと呼んでいたが、JR化時にシンプルな呼称に変更。
      • しかし四国出身者は旧称で呼んでいる。
    • なんせ、徳島線まで「本線」だったからなあ。
  4. 香川県内の駅の「瀬戸の花嫁」。旅行者にとっては旅情を感じられてうれしいが、どこの駅もこれだとさすがに飽きる。
    • 岡山県の駅で聞く同じ曲に比べると、音源が古いという印象を受ける。
    • 2008年、おそらく高知駅にも接近メロディーが導入されるんだろうけど、まさか高知まで瀬戸の花嫁を接近メロディにする気じゃないだろうな?
      • たぶん、「南国土佐をあとにして」くらいがなりそう・・・。
        • で、何と「アンパンマンマーチ」だった・・・。高架一番列車もアンパンマン特急・・・。
    • アニメのほうを思い浮かべちゃう・・・
      • いっそのことなんかのキャンペーンに起用したらよかったのに>アニメ
      • アニメなんて思い浮かべるのはオタクだけ。普通の人は曲の方を思い浮かべる。
    • 「瀬戸ワンタン、日暮れ天丼」と歌ってはいけない。
  5. JR旅客各社の中で唯一自動改札機が導入されていない。他にもJR四国にだけ無い、というものが沢山ある。
    • 指定席券自動券売機、インターネット指定席予約システムなど…。そろそろICカードが無いのもJR四国だけになりそうな気配。
      • ただICカードは四国ではある
    • そしていずれはJR旅客各社の中で唯一、新幹線の通っていない会社になる。
    • しかし車両の冷房化率100%達成と、急行列車の全廃だけはどこのJRよりも早かった。
    • やっと心を開いたのか、自動改札機は08年に新駅舎に生まれ変わる高知駅に導入される予定。
      • しかしJR四国初の自動改札が高知駅だとは思わなかった。高松や松山ですら自動改札が無いのに。
        •  自動改札に切符通るのか?
        • 少し遅れて高松にも自動改札機が導入された。
    • 特急列車の車内販売の全廃もどこのJRよりも早く実施した。
      • よって、JR四国の特急列車内では車内販売はありませんので四国へ鉄道でお越しの方はご注意ください。ちなみに、グリーン席車両に行けば自販機が設置されております。
    • 指定席券売機もようやく導入が決ったようです。(第一号の設置は勿論、08年にリニューアルされる四国屈指の大都会の駅に…)
    • JR四国にないものは、寝台車、シングルアームパンタグラフ車、オールロングシート、新幹線(の計画)など
      • オールロングシートは電車ならないけど、気動車だったらキハ32とキハ54はオールロングシートだけど…。
    • JR化後、廃止路線がない。ちなみに東海には岡多線がある。
  6. 券売機で切符を買うと、みどりの窓口と同じ青い切符が出て来る。でも、切符の大きさは他の会社の近距離用券売機と同じ。
    • しかも自動改札機未対応の裏の白い切符…。
    • 最近自動改札対応の券が香川県内を中心に登場。岡山県内のICOCA対応自動改札導入の絡みと思われる。
      • 近々高松周辺にICカード導入で、ICOCAと直通利用開始?
        • 直通利用開始というよりも、そのうちJR四国にICOCAが導入されそう。(電話予約サービスに続いて)
      • 高松駅の自動改札化にともない、殆どの駅の切符が自動改札対応になった。
        • お膝元に導入された時だけは動きが素早い。
  7. 列車の形式名が私鉄っぽい。
  8. 経営難なのでJR西日本との合併が囁かれる事など日常茶飯事。
    • シンボルカラーが水色なのは、万一の時に「」に塗りつぶさなければならなくなっても大丈夫なようにしたためである。
    • 車両を共同で製造したり、案内のステッカー(優先座席ステッカー等)を共同利用したりしている現状を考えると、既に「JR西日本四国支社」になってしまっている気もする。
      • JR西日本がJR東日本位資金力のある会社だったら、もうとっくに合併しているであろうレベル。
    • こうした話題が出ると必ず猛反発されるが、実は反対しているのはJR四国の恩恵を受けている香川県民だけだったりする。
      • JR西日本と合併して一番影響が出るのは言うまでもなく香川。徳島・愛媛・高知は殆ど変わらないものと思われる。
        • むしろ徳島や愛媛・高知では主要駅にみどりの券売機や詳細な案内を行う自動放送が導入されたりして、今よりも便利になるかもしれない。
          • ↑2000系や8000系を全てバ関西に持っていかれ、その代わりに381系とかを押し付けられても良いのか?
            • 良いよ。松山がもっと繁栄するのであれば四国旅客道などいらないが。
          • 予土線・予讃線長浜ルート・牟岐線は月一ウヤの対象に・・・
            • 別にかんまんよ、汽車や滅多に乗れへんけん。ほんなんよりJR西の方がええわ~、大阪行く高速バスも今よりサービス良ぅなりそうやし。(by徳島人)
    • JR西日本と合併したら……徳島県内まで電化伸びるんじゃないかな。ただし103系だけど。
    • JR四国が持っている国鉄型電車はすべてJR東日本からの譲渡品。いっそ東日本と合併したら
  9. 「バースデーきっぷ」があるが、特急グリーン車まで開放する大盤振る舞い。しかも同乗者もOK。
    • 10000円で3日間、JR四国と土佐くろしお鉄道の全線が乗り放題。勿論↑の通り、特急グリーン車にも乗れる。
    • グリーン車はいつでも空いている。
    • グリーン車は端っこにある。グリーン券を買ったのに列車の端っこって・・・
  10. 一般鉄道、それも広範囲に亘る会社なのに駅ナンバーを導入してる。
    • ステーションナンバリングは外国人向けサービスだけど、四国ってそんなに外国人が来るイメージがない。
      • 利用者2人の坪尻に入れる必要ってあるのか…
    • 旅行者には反感をかっている。
  11. 外観が211系、車内がE217系の電車がある。
    • ↑車内はどっちかって言うと311系に似てると思うが。
    • 東京者が山手線と思う車両もある。
    • 独自デザインの車両を造るだけの資金が無いので、最近製造された車両はどれもJR他社のデザインをそのまま使用した様な車両ばかりである。
      • 1500型気動車は久々のJR四国独自デザインの車両。
        • JR四国独自デザインといっても211系そっくり。
    • あまりにお金が無さ過ぎて、JR東日本から中古電車を譲渡してもらった。田舎のローカル私鉄かいな…。
      • しかし、改造費用に新車を作るよりお金がかかったのは秘密事項。
  12. 阪急みたいな喋り方の車掌がいる。
  13. お遍路さんの無賃乗車に悩まされている。
  14. 社名ロゴの「鉄」の表記が、他のJRグループ会社と同じような「金矢」ではない。子供が「鉄」の字を間違って覚えてしまうと、沿線住民からクレームがあったからとか。
    • 「金矢」なのは、金に関する縁起担ぎの為らしい・・・おかげでJR四国の資金力は字の通りになってしまった・・・
      • 最初からこうなる事が分かっていたのであえて開き直ったのかもしれない。
  15. JR四国が製造した車両は、何が何でも鉄道模型化されない。
    • 最近ようやく模型化されたキハ185系や121系は国鉄時代に製造された車両。
    • しかしアンパンマン電車のおもちゃはよく土産屋で売られている。
  16. ドアチャイムが統一されていない。JR東日本仕様の音が鳴る車両もあれば、JR西日本仕様の音が鳴る車両もある。
    • かと思えば、ワンマン運転時にはバスみたいなブザー音が鳴ったりもする。
      • キハ32とかキハ54は、車掌が乗っててもドアから人が乗り降りしているのを知らせるブザーが鳴る。
        • あれが鳴っている間は、折戸を閉められないようになっている。しかし、同じ折戸でもキハ185やキハ65には付いていないので、人を挟むことが可能。
  17. 自社で発行している筈の周遊きっぷのゾーンを駅員が把握していなかった。高知駅で「徳島・室戸・高知ゾーン」と阿波池田からの帰り券を見せても。阿波池田までの切符が無いと言われた! ついでに提携しているバス会社にも「何だそれ?」と言われた。
    • たまに車掌が運賃を間違えて徴収したりもするので要注意(By正規運賃より100円多く払ってしまった人)。
    • 鉄道や地理にあまり詳しくない駅員もいるので要注意。
      • 近所の駅で切符を買おうとしたら「豊橋って何県にあるんですか?」と逆に尋ねられました…。
  18. 客からの意見箱「ふれあいBOX」の返答の大半は、「お客様のご利用状況を勘案し…」で始まる、何ともやる気のないもの。
    • NHKでの放送でも「お客様のご利用状況を見ながら」とのたまった模様。
  19. 快速を高松近郊以外走らせないなど、客へのサービスは非常に悪いのに、踏切の遮断機が降りている時間だけは大都市圏並み。たった1本の列車を通すために3分も待たせんな!
    • それを知って恐らく踏切常習的にくぐっていた人がアンパンマン特急に殺された。
    • 10分待たされることもよくある。名古屋人なのでイライラする。
    • 「ふれあいBOX」に同じ苦情が寄せられてたけど、2chの鉄道板での結論どおり「閉鎖時間は特急が高速で通過するのを前提としているため」我慢しろとのこと。
  20. 資金不足なのに、何故かエリア外の岡山駅改修工事に出資している。
    • 「そんなお金があるのなら駅のトイレを早く水洗にしてくれ」と思っているJR四国利用者、多数。
  21. 電化・瀬戸大橋開通後に列車本数が増えているのに、少なかった時代の感覚で線路を横切ろうとして撥ねられるお年寄りが未だに絶えない。
  22. 電化後、農作業用のビニールが架線に引っ掛かって運転見合わせというのも多かった。
    • そんなんで運転見合せって・・・もう四国ってどんだけー田舎やねん
  23. 全駅ナンバリンク導入。地下鉄かいな・・・
    • これにつられてか、土佐くろしお鉄道でも導入。
      • 阿佐海岸鉄道にも導入されました。
    • 四国以外にもう一社導入したJR社があります。
  24. 県庁所在地の中心駅(県の中心駅)で無い限り18:00以降、無人駅はデフォである。
    • 特急列車が、車掌が集札に手間取って遅れ始める時間帯と重なる。
  25. JR某日本とは違って、ダイヤの乱れにはあまりうるさくない。
    • 1~3分位の遅れは誤差の範囲である。
      • 実に素晴らしい事だ。某日本もここのやり方をしっかり見習って欲しい物だ。(←これは皮肉でもなんでもない)
      • とはいえ、定時運転への回復努力程度はしてほしいけどね。
      • 岡山行きの特急が遅れると、単線部分のある瀬戸大橋線をはじめ、岡山で接続している列車が片っ端から遅れてしまう。
        • たまに新幹線を待たせたりする。
          • その待たせる限度も5分までだそうな。
    • 駅員も、何分遅れているのか、何時次の列車が来るのか、どうして遅れているのか、何も知らなかったりする。
      • 尋ねても「あ~、何か遅れとるみたいやね~」と完全に他人事な駅員もいる。
  26. 四国再発見きっぷというJR四国内の路線だけで使える便利な切符がある。
  27. 列車入線アナウンスはどこの駅でも同じ。
    • ↑「(二音)まもなく○番のりばに列車がまいります。危険ですから白線の内側にお下がりください。」
      • 主要駅では列車名、行き先くらいは言ってほしい。県都4駅ではJR西日本のように発車時刻も言ってほしい。
    • 記憶してる限りでは、高松・坂出・松山では(二音)の後に「瀬戸の花嫁」(もちろんアニメではない)が流れる中放送が流れる。
      • 「瀬戸の花嫁」が導入されている駅はすべてその方式。
    • 一応上りか下りかは言う。が、坂出では上りか下りかだけ言われても瀬戸大橋線直通列車と予讃線・土讃線のみの列車で上り・下りが逆なのでどうしようもない。
  28. 高速バスの方が県庁所在地間の移動が速くて安い事は触れてはいけない。
    • 四国~本州間の移動でも高速バスの方が便利である…という事にも触れてはいけない。
    • 神戸鳴門ルートの高速バスに旅客を奪われて、瀬戸大橋の利用が減少傾向である事にも触れてはいけない。
  29. JR旅客鉄道6社の中で唯一女性乗務員が1人もいない。
    • かつて特急の車掌補助員や車内販売員でいたが2000年夏に一部がJR西日本岡山支社へ転勤になり2002年夏には土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線へ転勤になり更に2003年春にはJR四国の特急の車内販売が全廃されたためこれ以来JR四国には女性乗務員は1人もいない。
      • 今のJR四国は女性乗務員を採用しないのではなく採用できない。
        • いや、2007年12月に女性車掌(?)を一人見たぞ。ちゃんと車内放送を流してたし。
          • 2008年3月に女性車掌を目撃した。車内放送や集札も必死でやっていた。JTB時刻表2008年3月号にて特集されていた。
      • JR四国バスに女性運転手がいるのみ。
        • 女性車掌は特急乗務時、シートサービスはするの?
  30. 別名JR香川。香川県(特に高松周辺)ばかりを優遇。快速も高松周辺のみ。ダイヤの多さも他3県を圧倒するほどの香川びいきで知られる
    • だから経営状態が悪いんだよ。松山から徳島や高知(特に高知)に行くには明らかに不便だからバスを利用した方がいい(あっ、このことには触れちゃダメなんだっけ)。
      • しかも走っている特急がアンパンマン・・・
  31. 基本的に何でもJR他社より3テンポ位遅れている。
    • 本州のJRの先進的なサービスや設備にJR四国利用者は驚かされる。多分JR四国の社員も驚かされる。
    • 四国と同じ「三島会社」と言われていたJR九州やJR北海道と比べても、その差は一目瞭然…。
  32. 殆どの駅のトイレが未だに汲取式。
    • 利用の少ない駅ならともかく、主要駅でも水洗になっていない所がまだ結構残っている。
  33. 公式サイトで時刻表を調べようとすると、ここにリンクされているというお粗末ぶり。
  34. 2008年6月1日からはJR西日本の電話予約サービスが利用出来るようになる。
    • 「JR西日本四国支社」発足へ向けてまた一歩前進。
    • 自前でシステムを造っても身の丈に合わないので、JR西日本のシステムを利用する事になったらしい。
      • この分だと、やがては導入されるであろうICカードもICOCAになりそうな気がする。
        • ICOCAのままではあんまりなので、「SHICOCA」にしよう。
  35. ココのみどりの窓口の応対に期待してはいけない。
    • タメ口は当たり前。頼んだ切符と違う切符が出て来るのもよくある事。
      • 特急全停車で窓口が一つしかない土讃線の某駅で、"Shin-Osaka, reserved seat"(つまり「ここから新大阪まで指定席を利用したい」)とカタコト英語で言ってる非英米人に対して、これまたタメ口で「南風、リザーブドね」「新幹線、ノーリザーブドね」と…俺が外国人のあとに順番待ちをしてる客だったら間違いなくキレてた。
    • 基本的にJR四国以外の列車名は「のぞみ」「ひかり」「こだま」位しか知らない。
      • 「何処走ってる特急?」と逆に尋ねられたりする。
  36. 国鉄時代、隣駅の停車本数が少ない場合、駅名標ではその隣駅には括弧がついていた。
  37. 伊予市にある鉄道模型店に社長が出入りしているらしい。

高松中心主義

  1. まさに、香川ジャイアニズムの象徴そのものである。
    • よくよく考えてみれば高松駅だけだよね。四国の全県庁所在地にダイレクトにいけるのは。
    • 東京から乗り換え1回でいける.一本でもいけるけど(たまに松山も).
  2. 基本的に地元、香川県の事しか頭にない。
    • 車内広告は殆どが香川関連のもので統一されている。
      • まるで、東京の事しか頭に無いキー局みたいだ・・・。
    • なので、高松と敵対関係上にある隣県の某50万都市に対する冷遇があまりにも露骨すぎる。
      • JRがそんなんなのでその50万都市では某I鉄道>>>(越えられない壁)>>>JR四国
    • しかし、本社の某2部署の電話応対は一企業にしてはあり得ないほど劣悪(タメ口)。2ヵ所がこうなら、他も恐らく…だろう。これでは、JR西日本よりも命を預けて列車に乗る気がしない。
    • 屋台骨である高松周辺の運行情報さえ、JR西日本に提供をまかせていた。(2007年10月8日夕方に八十場~坂出で起きた人身事故によるダイヤの乱れ)
    • よって、香川県が異常に厚遇されているのはあくまでもダイヤ面だけである。
      • 観音寺を過ぎた辺りから列車の接続が悪くなる。
  3. 最近の讃岐うどんブームに乗って東京進出!
    • かつては副業にも力を入れていたが、殆どの副業が失敗に終わっている。
      • ミニストップの経営にも失敗した。
        • JR四国お得意の香川優遇策で、香川にばかり出店していた事が仇となった。
    • 10数年存続しているのはパン屋のウィリーウィンキー位か。
  4. 香川県が誇る「サンポート高松」に四国中から人を集めようと一生懸命PR活動を行っている。
    • 高松まつりのPR活動にも熱心。祭りが近づいて来ると、四国中の駅にポスターが張り出される。
      • 一方、全国的に有名なよさこいや阿波踊りのポスターは地元の駅位にしか張り出されない。
    • 「かがやく県香川県」のポスターも至る所に張りまくる。
      • かがわk・・・いや何も。
    • 映画「UDON」のポスターまで張っていたのにはさすがに呆れた…。
  5. 「香川がJR四国の稼ぎ頭なのだから、香川に投資が集中するのは当たり前」というのがJR&香川県民側の言い分。
    • しかし四国他県から見れば「あれだけJR化後に設備改良して、新型車両導入して、運転本数も増やせば稼ぎ頭になるのは当たり前」だと思えてしまう。
      • まさに鶏と卵。
    • それでも四国一の駅にはなれない。やっぱりJR四国は(以下自粛
  6. 鉄道のみならず、系列の高速バス会社などでも同じ事が言える。
    • 高松~大阪の運賃を徳島~大阪よりも安くしたり、高松~大阪線にのみポイントカードを導入したり…。
      • こちらも鉄道と同じで高松発着の路線の事しか頭にない。
  7. 「高松しか見えていない」なんてことを言うと「高松駅のほうが路線数が多いから当たり前だ。松山蔑視は被害妄想だ。」…と高松市民に言われた。
  8. JRの最終目的はこれらしい。
  9. 高松では快速列車も走るし、運行本数も多い。愛媛県の区間なんか松山周辺でも1両編成のワンマン列車がザラというありさま。

JR四国とアンパンマン

  1. アンパンマン依存症。子供には大人気。
    • JR四国とアンパンマンの関係は、自民党と公明党の関係そのもの。
  2. ここ最近四国各地と宇野線で人身事故があるけども、その被害車両のほとんど全部がアンパンマン特急。
    • で、またまたまたまたGW初日の4月28日に「しおかぜ21号」が松山駅の手前で被害に。
      • アンパンマンに限らず、「マリンライナー」のJR西日本車も最近よく被害に遭う。
    • 顔が濡れても大丈夫だが、顔が歪むと復帰までに相当時間を要するアンパンマン。
      • ジャムおじさんが溶接しながら直す。
  3. 車体だけかと思いきや、まさか客席の天井までもステッカーを貼ってるとは…。とことん乗る気を失せさせてくれる。
    • しかし、たとえビジネスマンでもそんな車両に乗らなくてはならない。
    • なので、当然ビジネスマンからは敬遠されている。
    • 車内放送の前にもアンパンマンの曲が・・・
  4. ゆうゆうアンパンマンカーだの、アンパンマントロッコだの…。アンパンマンも少しは仕事を選べ。
  5. もはやJR四国のマスコットと言っても過言ではない。広告その他色々見かけるけど。
    • 最近、とうとう各停用の車両にまでアンパンマンのステッカーを貼り出した。
      • 子会社のJR四国バス大栃線にはアンパンマンバスまで走っている。しかも、使用する全車両。
      • 沿線に高知工科大学があるが、土佐山田駅から行くには利用しないといけない。
        • 大学は、土電バスがあるから何とかなる。もっと悲惨なのは、大栃高校。これが唯一の公共交通機関。
        • しかし大栃線沿線にはアンパンマンファンの聖地「アンパンマンミュージアム」があるので、仕方が無いといえば仕方が無い…。
          • やなせたかしさんの地元だからそれぐらいやらしてあげろよw
  6. 高知駅の接近放送の音楽はもちろん・・・。
  7. しかし何故か本社のお膝元、高松近郊にはあんまりアンパンマン列車が走っていない。
    • ↑↑走らせすぎて高松のイメージを下げないようにする為でしょう。
    • さすがはJR香川!する事が違いますね~。
      • 今はJR誕生20周年ヘッドマークを掲出中。
        • バイキンマンだのドキンちゃんだのの車両のトイレは異常に汚い。全部バイキンマンカーでいいよ。

主な路線の噂

徳島線の噂

  1. 徳島最古の鉄道路線。
    • 徳島・鴨島間が徳島で最初に開通した鉄道路線。
  2. トンネルが1つしか無い。
  3. 各駅停車の殆どがJR化以降に投入された1000型や1500型で運行されている。
    • JR四国の非電化路線では最も近代化の進んでいる路線。
    • 但し特急は今だにキハ185系。
  4. 四国で一番最後まで急行が走っていた。
    • しかし急行から特急になっても大して所要時間は変わっていない。
    • 急行と共に快速も走っていた、急行時代の方が良かったという地元民も結構いる。
  5. 全線吉野川と並行して走るが、車窓から吉野川が見える所は数ヶ所程度しか無い。
    • 「よしの川ブルーライン」なる愛称も付けられてはいるが、浸透度はいまひとつ。
    • むしろ土讃線の方がその名にふさわしいかもしれない。
  6. この路線、利用すると必ず損するらしい・・・。 (だって名前が・・・。)
    • 得しません
    • とくしませんを変換するとき最初に得しませんがでてくる。
    • 阿波川島駅は田舎にもかかわらず客扱い可の3番線まである。実際は川島終点と、特急の追い越しに都合がいいだけ。
    • 徳島線を変換するとき得しませんと出てきて腹が立つ。
    • 徳島本線でよかったのではないか。
  7. 実は、国鉄時代には穴吹から牟岐線阿南までの電化計画もあった。
    • トンネル一つしかないから楽なんだよね。
      • JR香川さんなので計画すら現在はない。

特急「剣山」の噂

  1. 徳島~阿波池田のこれまた徳島県内の列車。
    • 前は高知まで走ってたんじゃなかったっけ?
      • キハ185系では速度が遅すぎて客がつかなかったから、阿波池田で2000系接続に変えたとか。
  2. キハ185系を使用。
  3. 基本的に2両編成。
  4. 停車駅は、徳島・蔵本・石井・鴨島・阿波川島・阿波山川・穴吹・貞光・阿波加茂・阿波池田
  5. 夕方ラッシュ時には、これまた徳島~穴吹を走る通勤特急が設定されている。
  6. 何本かは、牟岐線まで走る。
  7. けんざんではない。
  8. 「よしの川」の方が愛称として華があるような気がする。

鳴門線の噂

  1. 徳島~鳴門間は、速さで路線バスとトントン。
    • 鉄道はやたらと遠回りなのでバスのほうが実は速い。
      • ラッシュ時はそうではない。
      • 時間帯によっては鳴門~徳島が1時間位かかる列車もある。(ちなみに鳴門~徳島の距離は約20km)
        • 汽車で鳴門から徳島まで行くより、高速バスで鳴門から舞子まで行く方が所要時間が短かったりする。
  2. もし神戸鳴門ルートに鉄道が通っていたら、おそらく四国有数の幹線になっていたであろう路線。
  3. 駅間距離が私鉄並み(それ以上?)に短い、駅を出たかと思うと直ぐ次の駅に着く。
  4. 「教会前」や「金比羅前」という、バス停みたいな名前の駅がある。
    • 「教会」と言われるとキリスト教の教会を想像してしまうが、駅名は天理教の教会前である事に由来している。
  5. この路線で鳴門観光に向かう人は殆どいない。
  6. 高速化しないために、R11の渋滞が酷い。
    • R11と平行に路線が通っていたらなぁ…。
  7. おそらくJR四国が一番「あっても無くてもどっちでも良い」と思っている路線。
    • JR四国の経営がさらに悪化したら、真っ先に廃線対象になりそう。
    • 既に線路内に雑草が生えまくっていて、廃線みたいな雰囲気が漂っている。
  8. 期間限定で快速鳴門きんときライナーが徳島発鳴門行一本を運転。ノンストップ。
    • もう今(2008年現在)は走っていない。
    • 快速なのにもかかわらず乗車整理券が必要だった為、あまり利用されなかったらしい。
    • 中学生が考案したらしい。整理券不要にして池谷に停めればよかったのに…
  9. 池谷での待ち時間が長すぎる。
  10. 基本的にキハ40・47系以外の車両は走らない。
    • ホームのかさ上げ工事が行われていない為、1000型・1500型は乗り入れ不可。
      • ほんの数駅のホームのかさ上げすら、資金不足を理由に行わない。ほら利用客減って当たり前じゃわ…。

予土線の噂

  1. 半家(はげ)という駅がある。
    • 住所は西土佐村だったが、中村市との合併で四万十市になった。中村市街地と半家駅が同じ市内であることが違和感あり。
    • 半家の由来は、平家落人が多く逃げ込んだため、平家であることを隠すため、平家の“平”の字の上の横棒を点の下にずらしたため。
    • なお、高知県下にはもう1箇所「はげ」と読む地名が存在する。
  2. 窪川~若井は元中村線のため、土佐くろしお鉄道の路線である。下手したら窪川~若井間だけ廃止という可能性もあった。
  3. 窪川~若井間が土佐くろしお鉄道のため、四国四県をすべて通って、JRのみで四国一周することが不可能である。
  4. 土佐大正の隣の駅は土佐昭和。
  5. トロッコ列車発祥の地ならぬ、発祥の路線。
  6. 昔「I LOVE しまんと」と言う珍妙な名前の特急が走っていた。
  7. 利用者が少ない。「みんなで予土線を利用しよう」と働きかける看板がちらほら。
    • あのルートなら利用者が少ないのも仕方ない。
  8. 若井~江川崎間と江川崎~北宇和島間で走りが急に変わる。

JR四国の車両


JRグループ
北海道 | 東日本 | 東海 | 西日本 | 四国 | 九州 | 貨物 | JR総研 | JRシステム



関連記事