新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

「奈良の道路交通」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(修正しました。)
64行目: 64行目:
 
#*それで事故が起こらないのは田舎だからでしょう。
 
#*それで事故が起こらないのは田舎だからでしょう。
 
#*歩行者軽視以外の何物でもない。奈良の道路は車優先。
 
#*歩行者軽視以外の何物でもない。奈良の道路は車優先。
#「原付二段階右折禁止」の標識も多い。てか、片側二車線以上の道路で二段階右折出来るところを奈良県ではみたことがない。
+
#*「原付二段階右折禁止」の標識も多い。てか、片側二車線以上の道路で二段階右折出来るところを奈良県ではみたことがない。
 
#あまりクラクションを使わない。京都や大阪はクラクション鳴らしまくりであることに驚く。
 
#あまりクラクションを使わない。京都や大阪はクラクション鳴らしまくりであることに驚く。
 
#*奈良市の自動車教習所では「クラクションを無闇に鳴らすと●される」と教わる。なのでそんなもんだと思っていたが。
 
#*奈良市の自動車教習所では「クラクションを無闇に鳴らすと●される」と教わる。なのでそんなもんだと思っていたが。

2011年1月30日 (日) 10:23時点における版

  1. あらゆる道が起伏に富んでいるので、自転車で30分も走るとかなり疲れる。
    • 反論:たった30分坂道を上り下りしただけで疲れるような人は、奈良県では生きていけない。
    • 大都会は平坦だと思い込んでいるので、東京に行くと渋谷六本木の坂の多さにビックリ!
    • よそから奈良に来ると、最初は自転車で粘るが、やがて力尽き前後不覚となり原チャを購入する。
  2. 車社会なので、「車で30分」は近いが、「歩いて15分」は遠い。
    • 「おつき」の自動車修理工場と付き合いがないと生活できない
      • 一見さんはお断りかボッタクリされる場合が多い
    • 「おつき」はたいていガラが悪いが安いのでこちらがゴマすり上達する!
  3. 遺跡の真ん中に南北の幹線道路(国道24号)があるので拡幅できず、50年以上も片道1車線のまま。最近やっとバイパスが出来つつあるが、特殊な事情で立ち退きに反対または保証金つり上げに動く一部の住民のために財政圧迫。
    • 「先祖さんから預かった土地がぁぁぁ」が必殺のフレーズ。「この紋所が」みたいなモン
    • 橿原BPの用地と予算の目処がある程度ついたのにも関わらず、京奈和道の計画が決定した為、BP計画が凍結。本当なら橿原BP・五條BPと国道24号のBP区間がかなり出来ていた筈。
    • 168号線も広げたいのに、王寺附近に頑固な家があちこちにある。
    • 斑鳩町においては25号線渋滞緩和のバイパス工事を「住環境の破壊云々」で無理矢理やめさせた。
      • ちなみに斑鳩町は合併にも反対。「XX町と一緒のなるのは死んでもイヤ」という魂胆がミエミエ。
      • あのサンプル道路はどうするのだ!?
  4. 道が異様に狭い、国道でも一方通行が多い。
    • 特に南部山間部(特に十津川村内)に酷道険道いっぱい。国道425号線といい行者還林道を中心とした国道309号線といい、県道735号線といい…
    • 二桁国道25号線旧道最悪。穴だらけ。通るのは地元民、名阪国道の渋滞回避車、酷道ファン、鹿、猪。
    • 国道308号線は生駒市内に一方通行。あとは国道とはかけ離れた異様に狭い&勾配がキツイ。
    • 冬季通行止になる国道もある。
    • しかもあっち系のベンツが逆行してきて、必死にバックしないといけない(経験者)
    • 裏道と思って脇道に入ると必ず行き止まり(過去に7年間居住)
    • 黒滝村~洞川温泉の近道の県道には「洞川方面へは国道309号線をご利用下さい」の看板がある。途中に1車線で、しかも手掘りのままで壁や天井がデコボコの小南トンネルがあるため。
      • 関西近郊のツーリング族には走り甲斐のある道がそれこそ山のようにある。
    • 車で他県から奈良県へ入ったりすると、道路や路面が悪化したことで「奈良に入ったな」と県境が解る。奈良市内の高級住宅街の道でさえもアナボコだらけ。おそらく奈良県ほど道路に金を掛けない都道府県はない。
      • おかげで、地元民の運転の腕のほうが上達する。ていうか、上達せざるをえない。
  5. 細い道をハイスピードで運転するのは上手いが、高速道路を走行する際はロースピードである。
    • ウチの父は根っからの奈良県育ちですが、スピード狂です。高速でも余裕で160km/h回します。
    • みんなよけてくれるって信じてるから。そうじゃなきゃ無茶できない。
      • そのノリで阪神高速で煽ると急ブレーキを掛けられて追突させてくれる。
      • よけてくれる奴ばっかりじゃない。執拗に煽るとキレて急停車されボコボコに殴られる可能性があることを理解していない。
    • 部活の顧問が生徒(俺)を乗せているのに、住宅街で時速100キロ以上だした。
    • 西名阪でも名阪国道でも煽りすぎで渋滞の列に突っ込み事故を起こしているのを10回以上見掛けた。運転下手杉。
    • 車間変更し過ぎ。しかも不確認で。
    • 逆に煽られても不動。追い越されそうになると速度を上げ、逃げる。煽られていることすら気付かず、パッシングをかますとやっと車線を変更するやつもいる。マイペースで周囲が見えていない。事故って氏ね。
    • 奈良県出身の人が大阪に仕事にくると、上司をカンカンに怒らせる要因は運転のド下手さ。
      • 信号無視、一時停止無視、歩行者が多い道で飛ばす・・・etc
      • 信号無視は確かに多い。対向右折車がいても平気で信号無視して直進してくる。大阪では大抵止まってくれるので奈良に帰ってくるとうんざりする。
    • 横断歩道を渡っている歩行者にクラクションを鳴らしながら通って行くヤツを何度も見た。
      • ゼブラだだけじゃありません。道路の白線の内側を歩いてる一般市民にも奈良します。
    • 狭い道でも広い道でもスピードが変わらない。
    • 狭い道が好き。ショートカットしてる狭い道は早いと信じている。実際には付近の信号が連動しているので王道の方が早いのに気づいていない。
  6. 高速道路がほとんど通っていない。
    • 数少ない高速道路っぽい道は「西名阪自動車道」「京奈和自動車道」とことごとく「自動車道」という名前である。
    • 西名阪だけが高速道路。第二阪奈・京奈和・南阪奈は「有料道路」扱い。
      • 第二阪奈は奈良県道路公社管理、京奈和はネクスコ西日本管理だが京都府のみ。郡山以南の京奈和は無料。
    • 西名阪に接続する名阪国道は高速道路の出来損ない。国道(60km制限)なのに高速並に飛ばす車が多い。事故数も全国有数。
      • ただし、そこを120キロ以上で煽り、パッシングをかますのは、和泉、なにわ、大阪、奈良、名古屋ナンバー。夜中にはレーシング場と化す。
    • 「京奈和自動車道・五條道路」は片側1車線の対面通行。たまに軽トラが時速60kmくらいで走っている。その時は,ついてなかったとあきらめる。
    • 実は高速道路総延長が全国最下位の18.2km。西名阪だけしかないから。
      • 第二阪奈も京奈和も料金所のおっさんの対応が悪い、でもお偉いさんの給料が高いのでETCは付かない。
        • 第二阪奈は2008年4月中旬にETC通行可能に。
      • 京奈和道がちょこちょこ部分開通しはじめている。五條~橋本間が開通してR24の五條市新町あたりの隘路の渋滞が解消されると思いきや、橋本市(和歌山)で手抜き工事が発覚し、五條市内のみの開通にとどまってしまい、あんまり渋滞が緩和していない。
      • しかも高速道路整備計画は完成した数少ない都道府県(他には岐阜富山石川香川佐賀沖縄も。まもなく岡山も全通予定)。
  7. 左折可の標識が多い。
    • 日本一多い。
    • そのせいか、奈良以外で見たことがない。奈良県人以外に「路上教習で左折可を実際に赤信号で左折したことがある」と言うと驚かれる。
      • 「左折可」は東京都に数ヵ所。大阪府で約10数ヵ所。奈良県は、奈良市内だけで60ヵ所を超える。(談:某自動車学校教官)
      • 奈良県警が県内の自動車学校に、「左折可」についての指導を強化するよう要求している。
      • 「左折可」の所で県外ナンバーがクラクションを鳴らされてるのをよく見かける。
    • 王寺町の本町1丁目の交叉点には「この交叉点は左折可…ではありません」の標識がある。
      • かつては左折可だったのだが、今なお左折可と間違えて信号無視をする車が多いため。
    • 岡山市にもたくさんある。市街地や町外れで、大通りどうしが交差する場所。
    • それで事故が起こらないのは田舎だからでしょう。
    • 歩行者軽視以外の何物でもない。奈良の道路は車優先。
    • 「原付二段階右折禁止」の標識も多い。てか、片側二車線以上の道路で二段階右折出来るところを奈良県ではみたことがない。
  8. あまりクラクションを使わない。京都や大阪はクラクション鳴らしまくりであることに驚く。
    • 奈良市の自動車教習所では「クラクションを無闇に鳴らすと●される」と教わる。なのでそんなもんだと思っていたが。
  9. 奈良公園近辺を鹿の発情期(9~11月頃)に運転するのは危険。たまに鹿がかっとんで来る。
  10. 狭い道路のためか、青信号になったら対向車が猛ダッシュで右折する。ゆっくり右折をかますドライバーもいる。
    • 理由は、狭い右折レーンもない交差点で後続車に迷惑を掛けないための、奈良県の知恵か?思いやりか?
      • 愛知県では、「三河ダッシュ」っていわれてますね。
      • ただ、見切り発車の大阪のナンバーとは相性が悪い。よくクラクションシャワーを浴びている。
    • 右折レーンのある所でも猛ダッシュで右折してくる。ゆっくり右折する車はあまり見かけない。
      • 見かけます。普通に直進車を事故らせようとしてるんじゃないかと思うほどゆっくり右折をかます車もいます。
    • 確かに道を譲っても、素無視されることが多い。
      • あまりに気分が悪いので道は譲らないことにしました。
  11. 基本的に道が狭くて自動車の快走路ってのは少ないが、阪奈道路とか名阪国道とか、ある意味車で走ってみたいと思わせる道は多い。暗峠も。
  12. 自動車教習所から出た道が即、特別講習モノの狭さだったりする。ある意味そういうのには慣れる。
  13. 全国で唯一国道450~500番台が1本もない。隣府県には国道477号国道479号等があるが。
  14. 奈良県道は785号まであるが欠番が多い。
    • しかもそのほとんどが、「県道指定はしたが整備されていない」酷険道ばかり。初めて奈良を訪れた人ですら「この道路、40年ぐらい人が整備した跡形なし」と判断される。
    • そのくせ、工事して拡幅した区間としてない区間の差が激しい。意味不明な拡幅工事は税金の無駄。
  15. 道路のど真ん中に祠、地蔵尊があり、間違ってクラッシュすれば呪われる・・・かな・・・。
  16. 変な形をした交差点が大杉。右折レーンが無い交差点が多すぎ。但し整備してある交差点は非常に豪華。そりゃカオス状態にもなるわな・・・
    • ついでにいうと、国道、県道のバイパス(迂回路)を作る意味が分からない地域。みんな旧道部分の狭い区間を高速で通過するため、バイパスを通過したほうが時間がかかる。恩恵にあずかってるのは他所から来た長距離トラックと一般車両のみ。
関連ページ



関連記事