「富山の駅/中新川」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(四十万駅の噂)
(野町駅の噂)
389行目: 389行目:
 
#*どこへ行くにもクソ不便。バス偏重がひどすぎる。近いのって忍者寺くらいじゃないか?金沢って本当に観光しづらい街・・・
 
#*どこへ行くにもクソ不便。バス偏重がひどすぎる。近いのって忍者寺くらいじゃないか?金沢って本当に観光しづらい街・・・
 
#**まあ、バス連絡が前提の駅&ダイヤだからね。[[神奈川の駅/鎌倉・三浦#三崎口駅の噂|三崎口駅]]と同じようなものだと思えば、腹も立たない。
 
#**まあ、バス連絡が前提の駅&ダイヤだからね。[[神奈川の駅/鎌倉・三浦#三崎口駅の噂|三崎口駅]]と同じようなものだと思えば、腹も立たない。
 +
#**そもそも観光路線じゃないんですわ。はっきり言って生活路線です。
 
#でも、地上の駅舎を残してほしい。
 
#でも、地上の駅舎を残してほしい。
  

2017年9月16日 (土) 09:11時点における版

日本の駅 > 北陸

北陸地方にある駅の噂

※編集される方は「Chakuwiki:お願い/日本の駅」をご覧ください。

主な駅

富山

黒部宇奈月温泉駅・新黒部駅の噂

所在地:黒部市若栗

  1. 駅名がひたすら長い。ひらがなにしたら新幹線の駅としては最長。
    • 前の駅を出ると新幹線車内の電光掲示板に「次は黒部宇奈月温泉駅にとまります」という案内が流れるが、駅名が切れずにギリギリ入るか入らないかの長さだった。
  2. 北陸自動車道から駅舎がよく見える。
  3. 地鉄のほうは新黒部という駅名。
    • 新幹線開業と同じくらいの時期につくられた駅なので設備がきれい。地鉄他駅と比べるとなおさらきれいに感じる。
    • 元々は新幹線の駅の仮称が新黒部だった→地鉄も黒部宇奈月温泉にするとここに宇奈月温泉があると勘違いする人が出てくる→地鉄の駅名は新黒部を維持って流れだっけ?
  4. 紛らわしい駅名のせいで、駅前に宇奈月の温泉旅館があると思ってうろうろする宿泊客が続出しているとか…

新高岡駅の噂

所在地:高岡市下黒田

  1. 駅の近くにイオンモールがある。
    • 元々はイオンモールの真ん前に駅を作るはずだったと何かの本で見た。
  2. 開通後しばらくは一部の臨時のみかがやきが停車。
    • なんか、そのうちかがやきの停車本数が増えるフラグのような…。
    • 高岡市は恒久化を望んでいるらしい。でも全列車停車の富山・金沢から近いし、恒久化するかは微妙。
  3. 「しんたか」と呼ばれている。
  4. 売店や土産物売り場を充実させないとどうにもならないのでは。
  5. 一見、高岡駅への交通手段は本数の少ない城端線のみ…に見えるが、実は両駅間をシャトルバスが結んでいる。しかも約10分間隔。
  • 路線 - 北陸新幹線 城端線

泊駅の噂

所在地:下新川郡朝日町平柳字阿原

  1. あいの風とやま鉄道とえちごトキめき鉄道の事実上の境界駅。
    • 実際に境界駅は市振駅だが運行系統は当駅で分断される。
      • 結果、東隣の越中宮崎駅は富山県内にあり、あいの風とやま鉄道が管理する駅でありながらも富山から直通の列車がほとんど来ない、という事態に。
  • 路線 - あいの風とやま鉄道

魚津駅・新魚津駅の噂

所在地:魚津市釈迦堂・北鬼江

  1. 地鉄側は「新魚津」という駅名だ。
    • だがあいの風の魚津駅と比べて相当ボロイ。
    • 駅舎は隣接しているが、地下道でしか行き来できないので地味に遠い。
    • 昔は木造の跨線橋があった。以前訪れたら老朽化のため通行止めになっていて、次に来たときは建て替えてあるかと思ったら、きれいさっぱりなくなっていた。
  2. 出口近くに置き物サイズの埋没林の根っこが展示されている。
  3. 駅前の交差点は「JR魚津駅前」だったが、第三セクター移管時に「JR」のとこだけ隠したので微妙に間が開いている
  4. 北陸新幹線開通まではこの駅が東京方面と富山地方鉄道の連絡駅だった。
  • 路線 - あいの風とやま鉄道 富山地方鉄道本線
  • バス - 魚津市民バス

高岡駅の噂

高岡
たかおか Takaoka

えっちゅうなかがわ
Etchū-Nakagawa
高岡
たかおか Takaoka

しんたかおか
Shin-takaoka

所在地:高岡市下関町

  1. 富山県内の主要駅の1つだが、新幹線駅は設置されない模様(新幹線駅は新高岡駅)。
    • てか新幹線のためだけに作られる新駅ってあんまり成功してない様な希ガス。(成功してない駅の例:新尾道駅など)
  2. 何となく金沢から電車で降り立つと別の国についたような感じがする。というか駅舎と駅前のビルぼろすぎるだろ!建て替えんのかな?
    • 駅舎建て替え工事が2007年10月から始まった。2014年完成予定で橋上駅舎になるらしい。
  3. 2014年完成予定の駅舎橋上化工事の開始とともに正面口改札の入口と出口が入れ替わった。なぜ?
  4. ホーム数が金沢支社管内の駅で最も多い。
    • 城端線と氷見線が分岐するからね。だけど、いつ行っても、のんびりしてるんだよな。
  5. 上記の通り、駅の工事は2014年完成予定。つまり北陸新幹線と同時期で、すぐに(すでにかも?)第三セクターの駅になる。が、完成イメージ図にはサンダーバードらしき列車が書いてある。
  6. 駅そば屋「今庄」には、全国的にも珍しい、うどんとそばが半々に入った温かい丼「チャンポン」がある。北陸において駅麺屋のそば・うどん注文数が逆転するのがまさに高岡付近らしいが、まさか両者をミックスするとは・・・
    • ちなみに「今庄駅」は福井にある。
  7. 一部で有名だった「ホームもどき」が、正式なホームになった。
  8. 名古屋市営地下鉄桜通線にも「たかおか駅」があるが、こっちは「高駅」。
    • そもそもこちらは「たかおか」とは読めない…。知らない人は「たかたけ」とか読んでしまいそう。
  9. 橋上化に合わせてなのか、ひなびていた駅前地下街も見事にリニューアル
    • でもガラガラで寂しい…
  10. 「北陸線を高架化して、その下で城端線と氷見線を直通させる」という構想があるとどこかで聞いて(バカの妄想?)wktkして来たのだが、橋上化と万葉線の駅直下乗り入れで完成してしまった様子(東北出身18きっぱー)。
  11. 夏になると高岡銅器製の風鈴がホームに飾られる。
    • 改札を出たところにも高岡銅器製のベルがある。こちらはいつでも置いてある。

福岡駅の噂

所在地:高岡市福岡町下蓑

  1. 「福岡駅」を名乗っているが所在地は福岡県(福岡市)ではなく富山県。
    • 駅名の由来は旧福岡町から。
    • 福岡県の中心駅は博多駅であり、福岡駅はないので、「越中福岡」を名乗る必要がなかった。そのことが逆に外国人観光客を中心に混乱を招き、特に台湾からの人がよく九州の福岡と間違えて当駅に迷い込む。
    • 「JR香川駅」が仲間かも。
  2. 近所に鉄道機器富山工場がある。分岐器という渋いが今後注目されるであろう部品を作っている。
  3. 駅の規模を考えると、この項目は破格の待遇といえる。
  4. 2011年春、震災による部品不足の影響で521系乗り入れが示唆されていたが、立ち消え。しかし夏ごろに突然ホームがかさ上げされ、乗り入れ論議が再過熱した。金沢支社は一度は否定したものの、結局乗り入れることが決定。
  5. 北陸新幹線が金沢まで開通して在来線が3セクに移管されるとJRから「福岡」駅がなくなってしまう。
    • 「JR福岡駅」というネタが使えなくなった。
  • 路線 - あいの風とやま鉄道
  • バス - 高岡市公営バス

石動駅の噂

所在地:小矢部市石動町

  1. 富山県の最西端の駅と同時に小矢部市の中心駅。
  2. 何と駅舎自由通路工事と同時に図書館が併設されるらしい。
  • 路線 - あいの風とやま鉄道
  • バス - 加越能バス

油田駅の噂

油田
あぶらでん Aburaden
といで
Toide
となみ
Tonami

所在地:砺波市三郎丸

  1. 残念ながら、掘っても石油は出ない。
  2. 旅行者は、まずまともに読めない。「ゆでん」ではないと想像はつくが、ほとんどの人が「あぶらだ」と読んでしまうようだ。
  3. 砺波市役所へは、実は砺波駅からよりも近い。たいした差ではないが、高岡方面から来るときは便利である。
  • 路線 - 城端線
  • バス - 加越能バス 砺波市営バス

城端駅の噂

所在地:南砺市城端是安

  1. 少し前まではありたきりなローカル線の終着駅、であった。
  2. しかし地元アニメ制作会社が手掛けた作品がきっかけで全国的に脚光を浴びる事に。
  • 路線 - 城端線
  • バス - 加越能バス 南砺市営バス(なんバス)

雨晴駅の噂

所在地:富山県高岡市渋谷

  1. 駅名の読みは「あまはらし」と読む難読地名。
    • その由来も「京都から東北へ逃亡する源義経が、この近くの岩陰(義経岩)でにわか雨が晴れるのを待った」事に由来している。
  2. あの「海越しに見る立山連峰」で有名な雨晴海岸も近い。
  • 路線 - 氷見線

舌山駅の噂

所在地:黒部市若栗

  1. 北陸新幹線黒部宇奈月温泉駅からもっとも近い駅。
    • でも地鉄にも新黒部駅を作って接続させるらしい。
    • そうなると当駅と新黒部の間が極端に短くなる。
  2. 新幹線関連で廃止の噂があったが現時点では音沙汰なし。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

宇奈月温泉駅の噂

所在地:黒部市宇奈月温泉

  1. 駅前広場に温泉噴水がある。
    • 更に駅構内に足湯も存在する。
  2. 黒鉄の宇奈月駅とは、実はやや離れている。
    • 連絡通路か、せめて両駅間の歩道にアーケードでもあれば「傘なし」で行けるのだが。
  • 路線 - 富山地方鉄道本線

猪谷駅の噂

所在地:富山市猪谷字旦暮

  1. JR東海が富山県内及び市内で唯一所在している駅。
    • 但し、駅管理はJR西日本が行っている。
  2. かつて神岡鉄道が存在した。
  3. 富山県最南端の駅。
  • 路線 - 高山本線

越中八尾駅の噂

所在地:富山市八尾町福島

  1. ガラガラだと思われている高山本線の富山県区間だが、富山駅からここまでは結構混んでいる。
    • 学生もそこそこ多い。
  2. おわら風の盆本祭の次の日の始発列車に合わせてホーム上でおわらが踊られる。
  3. 駅前の売店がYショップくらいしかない。

猫又駅の噂

所在地:黒部市宇奈月町舟見明日音澤

  1. 黒部川第2発電所に隣接している。
  2. 黒鉄沿線では最大規模の駅だが、知名度は高くない。
  3. 名前の由来は妖怪の猫又ではなく、近くの観光名所「ねずみ返しの岩壁」で、「猫」も「又」引き返したという伝承から。
  4. 一般客は乗降不可で、主に発電所向けの資材や人員を運びこむために設置されている。
    • ほとんど貨物専用だが、関係者が乗降するため営業キロと運賃が設定されているので、貨物駅というわけではない。
  5. 春先の運行開始直後は除雪が完了していないので、観光客向けにもここまでの臨時ダイヤが組まれることがよくある。
    • ただし、すぐに折り返すのでやはり下車できない。トイレ休憩は笹平駅で行う。
  6. 隣の鐘釣駅では、鐘釣→猫又間の記念乗車券を売っているが、下車できないのは同じ。
    • 切符を売っているということは、猫又までの運送契約を結んだことになるはずだが、法的にどういう扱いになるのか興味がある。

石川

倶利伽羅駅の噂

所在地:河北郡津幡町字刈安

  1. あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道の境界駅。
    • しかし、島式1面2線で無人駅である。
  • 路線 ‐ IRいしかわ鉄道

津幡駅の噂

津幡
つばた
Tsubata
もりもと
Morimoto
くりから/なかつばた
Kurikara Nakatsubata

所在地:河北郡津幡町字南中条

  1. 能登半島の人なら必ず訪れた経験があるはず
    • しかし車社会である為普段は使わない
  2. 昔は貨物駅もあった
    • キヨスクもあった
  3. 津幡町内ではあるが、かなり町外れにある。
    • なので、町民は七尾線の中津幡駅、本津幡駅の利用する人が多い。
    • なぜこちらが津幡駅を名乗ったかというと、七尾線接続駅で優等列車が停まったからだろう。
  • 路線 ‐ IRいしかわ鉄道 七尾線

西金沢駅・新西金沢駅の噂

所在地:金沢市西金沢1丁目(西金沢駅)、金沢市米泉町7丁目(新西金沢駅)

  1. 北陸鉄道石川線とJR北陸本線が唯一、乗り換えられる駅。
    • しかし、北鉄の方は「新西金沢駅」という地名であり、利用者も少ない。
  2. 石川線を金沢市街地(香林坊や『むさし』交差点)に経由したら恐らく乗換駅としての機能は持てたのだろう。
  3. 開業時は北陸本線が野々市駅、北鉄が新野々市駅を名乗っていた。
    • 大正14年に北陸本線が現駅名に改称し、翌年に北鉄も現駅名に改称した。
  4. 西金沢・新西金沢間に常設の連絡線はない。どうせなら直通列車を金沢駅まで乗り入れたほうが、野町駅が終点より便利なのだが。
    • 石川線に列車を搬入するときだけ、臨時の渡り線を設置するらしい。
  • 路線 - 北陸本線 北陸鉄道石川線
  • バス - 北鉄金沢バス

野々市駅(JR西日本)の噂

所在地:野々市市二日市三丁目

  1. 野々市と名乗っているが市外から明らかに遠い。
    • 元は石川郡郷村で昭和31年に松任市編入組との分割編入を経て野々市町に。
      • 駅が開業したのはその後の昭和43年のこと。
  2. 北鉄にも同様の駅名が存在する。当駅から遠いのでどうやって区別しているのだろうか?
    • こちらは白山市境で北鉄は金沢市境。
    • 同名だから乗換駅だろうと思って、JR野々市駅から北鉄野々市駅まで歩こうとすると、ひどい目にあう。
      • 距離も遠いが、道順もかなり複雑。
        • 駅南口を出て駅前の道路を左折して、ただただまっすぐ道なりに歩いていけば北鉄押野駅に行ける。
  3. 平成29年に住居表示が実施され住所が二日市町から二日市三丁目に変更になった。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 北鉄金沢バス、のっティ、のんキー、めぐーる

松任駅の噂

松任
まっとう Mattō
かがかさま
Kaga-Kasama
ののいち
Nonoichi

所在地:白山市相木町

  1. 読みはまとう。決して「まとう」ではない。
  2. 金沢総合車両所が近くにある。
  3. デゴイチが置いてある。
    • 雨ざらしでぼろぼろ…。
  4. この人はいない。
  5. 昭和30年まで北陸鉄道野々市駅と北陸鉄道松金線で接続していた。
    • さらに昭和19年までは野町駅まで北陸鉄道松金線で接続していた。
      • 言うまでもないが野々市駅以降は北陸鉄道石川線とは違うところを走って野町駅へ。
  • 路線 ‐ 北陸本線
  • バス ‐ 北鉄バス・白山コミュニティバス「めぐーる」

能美根上駅の噂

所在地:能美市大成町

  1. かつては北陸鉄道が鶴来まで伸びていた。
    • 現在はそこに向かうバスはもう走ってない。
  2. なぜか待合室には雑誌や小説などの本が置かれている。
  3. 駅前の通りがホームラン通り。
  4. 2015年に改名されるまで、根上にあったのに「寺井駅」だった。
    • 寺井の豪商が私財でつくった駅だったから。
  5. 寺井中心部の商店街の名前は、少し前まで「寺井駅前通り」だった。当然ながら、この通りで駅を探しても見つからない。
    • この駅前の「駅」は、今は亡き北鉄能美線の本寺井駅が由来。駅が無くなっても、ずいぶん長い間そのままだった。
  • 路線 ‐ 北陸本線
  • バス - のみバス

小松駅の噂

小松
こまつ Komatsu
あわづ
Awazu
めいほう
Meihō

所在地:小松市土居原町

  1. 県庁所在地駅ではないが、2002年に高架化された。
  2. 七尾線で運用されている415系800番台の最西端駅。
    • 413系と475系もね。
  3. ケチって折り返し線を1線しか作らなかった為に、普通列車が不便極まりない。
  4. 特急が全部停まるわけではない。
  5. コマツの研修施設に設置された超大型ダンプがよく見える。
  6. 最近、引退した489系ボンネットの保存が始まった。
  7. かつては駅南に"日本最後の軽便鉄道"と言われた尾小屋鉄道(現・小松バス)が発着していた。
    • 1986年まで北陸鉄道小松線もあった。
  8. こんなところでEVバスが見られる。日中時間のみの限定運行。検査時運休。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 小松バス 加賀白山バス

高松駅の噂

高松
たかまつ Takamatsu
よこやま
Yokoyama
めんでん
Menden

所在地:かほく市内高松 ここでは石川県の高松駅について記述します。香川県の高松駅について記述される方はこちらへ。

  1. 香川にも高松駅があるのに、どうして加賀高松に変えないかが不思議。てか北陸って紛らわしい駅が多いなぁ。
    • 初めて北陸に来た時「金沢から瀬戸内海越える列車が何本もある!?」とマジで思った。
  2. サンダーバードが一部停車。
  3. ここで折り返す列車が一部ある。
  • 路線 ‐ 七尾線
  • バス ‐ かほく市営バス

羽咋駅の噂

所在地:羽咋市川原町

  1. 駅近くに羽咋擬音石像が設置されている。
  • 路線 - 七尾線
  • バス - 北鉄能登バス

七尾駅の噂

所在地:七尾市御祓町

  1. 実は石川県で最東端の駅。
  2. JRとのと鉄道の列車が事実上、運行系統が分断される駅。
  • 路線 - 七尾線 のと鉄道七尾線(車両のみ乗り入れ)
  • バス - 北鉄能登バス

和倉温泉駅の噂

所在地:七尾市石崎町

  1. 和倉温泉の最寄り駅だが、JR西日本は特急列車を除き入線すらしない。
    • 普通列車は七尾駅で折り返す為。
  • 路線 - 七尾線 のと鉄道七尾線
  • バス - 北鉄能登バス

加賀温泉駅の噂

加賀温泉
かがおんせん Kagaonsen
だいしょうじ
Daishoji
いぶりばし
Iburibashi

所在地:加賀市作見町

  1. 加賀市の中核駅。特急停車駅だが、加賀温泉という名の温泉はない。
    • 加賀市+温泉の意味です。
      • ついでに言うと加賀市街地からも遠い。市街地の最寄り駅は西隣の大聖寺駅。
  2. 駅前には唯一、観音温泉があったが、今は閉鎖されているので駅近辺に温泉はない。
  3. さらに、加賀温泉郷のどの温泉からも近くない。
    • 山代温泉・山中温泉は大聖寺駅、片山津温泉は動橋駅、粟津温泉は粟津駅が最寄り駅。
    • かつての優等列車は、上記の全てに留まって温泉客をおろしていたが、小松~芦原温泉までほとんど各駅停車状態だったので、当駅を新設した。
    • 上記のどこか1つに絞ると他の温泉からイチャモンがつくので、当時鈍行停車駅の作見駅を改造して造り、他の駅は鈍行停車駅に格下げ。
  4. 駅から見える、巨大な金色の観音像が目を引く。時間待ちの観光客の中には見物したがる人もいるが、地元の人は決して推奨しない。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 加賀白山バス

大聖寺駅の噂

所在地:加賀市熊坂町

  1. 石川県最西端・最南端の駅であると同時に加賀市役所及び市街地の最寄り駅。
    • なぜか加賀温泉駅に比べて停車する特急が少なく、新幹線停車駅から外れている。
      • その昔動橋駅と特急の停車争いで揉めた結果、間の作見駅(現在の加賀温泉駅)が特急停車駅になった影響。
        • その影響をもろに受けたのが接続していた北鉄加南線である。
  • 路線 - 北陸本線

七ツ屋駅の噂

所在地:金沢市北安江

  1. 七ツ屋町から微妙に離れている。
  2. IRいしかわ鉄道(旧北陸本線)の真下に駅がある。
    • 但し、IR側には駅はない。
  3. その昔検車庫や駅舎があったらしい。
  4. 2001年、北鉄金沢駅までの区間の地下化に伴う移設により現在の駅になった。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

割出駅の噂

所在地:金沢市諸江町

  1. 五十音順に並べた時の場合、日本国内の全ての駅では最後に位置する駅。
    • 因みにローマ字順で最後は逗子駅。
  2. 北陸鉄道の本社は当駅が最寄り駅である。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

粟ヶ崎駅の噂

所在地:河北郡内灘町向粟崎

  1. 大野川の向こうは金沢市。
    • 川の向こうは元々は石川郡であったが、昭和10年に金沢市に編入。
      • その川向こうが本当の粟崎。こちらは所在地名からわかるように粟崎の向かいにある別の街。
      • ちなみに、粟崎、向粟崎、どちらも、駅名のように「ヶ」は付けない。
  2. 時速15kmで走る大野川鉄橋の先にある。
    • 鉄ヲタさんには大野川鉄橋が浅野川線唯一の撮影ポイントらしい。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

内灘駅の噂

所在地:河北郡内灘町向粟崎

  1. 内灘町の中心だが、役場から遠い。
    • 周辺は一面が住宅地である。
    • 役場をここへ移転すれば駅としては便利になると思うが。
      • 駅からバスで行けるから問題ないと思うが。
  2. その昔は粟ヶ崎遊園前駅を名乗っており、粟崎遊園の最寄駅であった。
    • 粟崎遊園は「北陸の宝塚」と称されたという。
      • ちなみに、廃止された北鉄金石線沿線にも「涛々園」という同様の遊園地があり、涛々園前駅で連絡していた。
  3. 昭和49年まで粟ヶ崎海岸まで線路が延びていた。
    • この区間は浅野川電鉄時代にいったん廃止されたが、北鉄に買収後復活した経緯があり、浮き沈みが激しい。
  • 路線 - 北陸鉄道浅野川線

野町駅の噂

所在地:金沢市野町5丁目

  1. ここから地下路線で香林坊やむさし、金沢駅に向かって欲しいと思っている。
    • 地上でのLRT構想が出ているが実現味はほぼない。
      • まあLRT構想が実現するなら、そもそも金沢市電が廃止されてないわな。
        • 地下線新設して直通した方が石川線沿線から香林坊や「むさし」の集客力に繋がるけどな。
        • 少しでもそのつもりがあるのなら、野町~白菊町間を廃止したりしなかっただろう。
    • どこへ行くにもクソ不便。バス偏重がひどすぎる。近いのって忍者寺くらいじゃないか?金沢って本当に観光しづらい街・・・
      • まあ、バス連絡が前提の駅&ダイヤだからね。三崎口駅と同じようなものだと思えば、腹も立たない。
      • そもそも観光路線じゃないんですわ。はっきり言って生活路線です。
  2. でも、地上の駅舎を残してほしい。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 北陸鉄道グループ

野々市駅(北鉄)の噂

所在地:野々市市本町1丁目

  1. JRにも同名の駅があるが市街地はこちらの方が近い。
    • 元々の野々市町(町制施行前は野々市村)だから。
    • 駅の開業は大正5年でこちらが先。
      • 開業時は野々市連絡駅、その後上野々市駅を経て大正15年に現駅名になった。
  2. 昭和30年までは松金線と接続していて大規模駅だったらしい。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 北鉄金沢バス、のっティ

野々市工大前駅の噂

所在地:野々市市本町2丁目

  1. 金沢工業大学への最寄駅。
    • 役場が三納に移転する前は役場への最寄駅でもあった。
  2. 上野々市(3代目)→工専前→野々市工大前と2度の改称歴がある。
  3. 富樫氏が野々市に館を構えていたことから駅舎横に富樫館跡の石碑がある。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - のっティ

四十万駅の噂

所在地:金沢市四十万4丁目

  1. 金沢市と白山市(旧鶴来町)の境界駅であり野々市市にも近い。
    • 金沢市と言っても元は石川郡額村。
  2. 以前は交換可能駅で駅舎も存在したという。
    • 駅前が広いのはそのせい?。
  3. バスに乗り換えるのであれば南四十万か南四十万二丁目のどちらかのバス停が最寄。
    • 四十万バス停までは結構距離がある。
  4. 念のために言うと、「しまんと」駅ではない。
    • しまんとも難読地名だが、こちらもかなり難読駅名である。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線

陽羽里駅の噂

所在地:白山市曽谷町

  1. これで「ひばり」と読む。かなりのDQN駅。
    • 隣接する新興住宅地の名前にちなむ。もちろん、土地開発事業体の請願駅。
    • 田んぼが広がる郊外なのだが、駅開設により金沢市中心まで安定的に通勤できるというのが売り。
    • だが、石川線が万一廃止されたら目も当てられないことになるというのは杞憂か。
  2. 北陸鉄道では半世紀ぶりに作られた。石川線としては開業後、初の新設となる。
  3. 開業日は2015年3月14日。北陸新幹線の開業に合わせた。
    • どう見ても観光客を誘致するようなところではないのだが。
  • 路線 - 北陸鉄道 石川線
  • バス - 白山コミュニティバス「めぐーる」

福井

敦賀駅の噂

敦賀
つるが Tsuruga
しんひきだ
Shin-Hikida
みなみいまじょう
Minami-Imajō
敦賀
つるが Tsuruga

にしつるが
Nishi-Tsuruga
敦賀駅

所在地:敦賀市

  1. 新駅舎は「ガラス張り」と「レンガ造り風」を中心に検討中。
    • せっかく松本零士で宣伝してるんだから、本人にデザインしてもらったらどーだ?って思うんだが…
    • と思っていたら、敦賀市民でさえ「来ないだろう」と思っていた新幹線の話が現実味を帯びてきたので、とりあえず建て替えは先送り。
    • やっぱり新幹線が曖昧なので、バリアフリー化の名の元に工事着手。跨線橋ができるらしい。
  2. 駅前にあったきらめきビジョンは撤去されてしまった。
  3. ハコモノの集大成とも言えるような駅前再開発&駅東口開発計画が存在するが、市民の殆どは知らない。
    • バイパスと東口をつなげるんだとか。
  4. 水曜どうでしょう「サイコロ3」で大泉さんが「どよーん」だの「さびしい」だの言っていたが、確かに冬は降りた瞬間あの曇天が気持ちを滅入らせる。
    • 駅舎から出てすぐはガチで大泉が言うような「ミラクル何もない」場所である。
  5. 改札口に「ICOCA、SMART ICOCA、Jスルーカードは使えません」と絵入りの看板がある。
    • ICOCAで来ちゃった人にはどうやって対処するんだろう。
      • 近江塩津まで折り返してもらうしかないわな・・・。
        • 東日本みたいに乗車駅~降車駅の運賃を現金で払わされるのでは…
      • 駅員が機械を持っているから退出はできるみたい
      • 敦賀のICOCA精算方法はこう。入場記録を消す→発駅からの金額を差し引く
      • ICOCAは使えるようになる(2010年3月ダイヤ改正以降)
  6. サンダーバードは約半数が通過。
    • 高速通過は危険なのでかなり減速。
    • サンダーに統一された23年春以降は、上下4往復が通過している。旅客の通過列車はこの8本のみ。
    • ちなみに冬になると、落氷が原因で窓を割ることがあるので、点検のために運転停車をすることがある。
  7. 敦賀駅の住所は敦賀市鉄輪町(かなわちょう)。
  8. 駅前にルートインができた。そしてお決まりのように東横インもできるそうな。やっぱり平成21年3月末、OPENしたよ。
    • 東横インは11階建てだがエレベーターは1台しかなく、階段は非常用なので使用不可。低層階宿泊客は混雑時間帯は何台もエレベーターを見送って朝食はなかなか食えないらしい。
      • 一旦最上階まで行って折り返すしかないな。
        • 折返し乗車はご遠慮ください(仙台駅 仙石線ホーム)
    • そして、もうひとつマンテンホテルが進出。
  9. 「山」行きのバスが駅前に来る。
    • 粟野の奥に山の集落がある。
  10. 現在、ホーム中央の一部に屋根がない
    • 跨線橋設置工事のため。完成の暁にはエレベーターやエスカレーターもつくらしい。
  11. 北陸新幹線が敦賀までできた暁(笑)には、敦賀以南を京都支社に転換か?
  12. マスコットキャラはフグの「ふく太くん」とセイコガニの「せい子」ちゃんらしい。
  13. 熱海駅と共通している。
    • 都市圏近郊電車の終着で、これより先は長いトンネルが待っている。
  14. ヨーロッパ軒の駅前店は、とても敦賀駅前とは言えない場所にある。
    • 駅前商店街からも外れた場所にある。
  15. 跨線橋へ上がるエスカレーターにそって金沢~東京の北陸新幹線全駅とその近隣の名所の写真をぶちぬく新幹線の絵が描かれている。
    • まだ敦賀までは着ていないとはいえ、嶺南地方でも多少は新幹線による観光需要などへの期待みたいなもんがあるのだろう。

新疋田駅の噂

新疋田
しんひきだ Shin-Hikida
おうみしおつ
Ōmi-Shiotsu
つるが
Tsuruga
  • 所在地:敦賀市
  1. 新疋田駅は、言わずと知れた鉄道オタクの聖地。
    • 但し撮り限定。なんかいい塩梅で写真が撮れるらしい。
      • 三脚と脚立は使用厳禁と掲示されてる。DQNオタは来るな。
        • 元々ホームが狭い上に、下りは本線なので通過列車がある。
        • その看板もむなしく、ホームで三脚を広げることが当たり前になっている。
  2. 疋田の村はとても田舎。もっと奥にも村はあるが。
  3. 2006年秋のダイヤ改正で、敦賀以北は朝の1本を除いて敦賀乗り換えになってしまったが、殆ど影響が無い。
  4. 乗降客100人以下なのに、新快速が停車。
    • 乗降客が増えたような…気がする。
    • 駅舎もログハウス風に改装された。
    • 駅前に無料駐車場が整備されかなりの台数が止まっていることがある。
      • 駐車場が無料なので敦賀で乗降せず、新疋田で乗降する人もいる。
    • 京都岐阜名古屋までの運賃は、敦賀からより安い(大阪金沢は同じ)
    • 2012年現在、乗車のみで平均26人・・・。
  5. 読みは「しんひき」。堅田は「かた」。
  6. 8両分にホームのかさ上げをして欲しい。そうすれば煩わしい近江今津切り離しがなくなる。
    • 一部の噂だと、深夜、この駅にトンネル火事をやらかしたきたぐに号の幽霊列車が来るんだとか。
    • かさ上げしてない部分も含めれば、12両なら大丈夫。一応、下りホームの端っこに12両の停車目標もある。
  7. 住所はギリギリ疋田だが、すぐ隣には追分の集落がある。
  8. 愛発の関に近いことから駅名を「愛発(あらち)」に改称しようという運動が起こっているとか。
  • 路線 - 北陸本線

南条駅の噂

  • 所在地:南条郡南越前町西大道
  1. 日野川を越えたら南条SAや図書館まで直ぐに到着します。
    • 意外かもしれれないけど、上り線(米原方面)のSAの方が下り線(福井方面)のSAより距離的に近い。
  • 路線 - 北陸本線

北鯖江駅の噂

  • 所在地:鯖江市下河端町
  1. 少し離れた場所に同名の北陸自動車道のPAがある。
    • 駅からPA下り線までは東口から徒歩数分の距離にある。
    • 但し、大規模ロータリーは西口のみにある。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 福井鉄道

芦原温泉駅の噂

  • 所在地:あわら市春宮一丁目
  1. 新幹線も停車するが、芦原温泉からは遠い。
    • 芦原温泉はえちぜん鉄道の「あわら湯のまち駅」が近い。
    • 但し市役所は近いのが利点。
  • 路線 - 北陸本線
  • バス - 京福バス

西敦賀駅の噂

  • 所在地:敦賀市
  1. 駐車場なし、駅前広場なし、バスが通れるような接続する道路もなし。
    • 駅を殺してしまっている。
    • 敦賀工業高校様御用達(特に美浜三方方面)
    • 一応駐輪場と近くにサークルKサンクスがある。
  • 路線 - 小浜線

粟野駅の噂

粟野
あわの Awano
にしつるが
Nishi-Tsuruga
ひがしみはま
Higashi-Mihama
  • 所在地:敦賀市
  1. バスが通れるような接続する道路もなし。
    • 駅を殺してしまっている。
  2. 駅のちょっと美浜寄りに道路が線路をくぐるところがあるが、そのトンネルが小さすぎるために、自然の家までバスが入れない。
  3. 国立病院からしたら、距離的な意味で最寄り駅。
  4. 築90年以上の歴史があった駅舎が建て替え。
  • 路線 - 小浜線

敦賀港駅の噂

駅舎(復元)
  • 所在地:敦賀市
  1. せっかく駅舎を復元したのに実際の駅からかなり離れている。
    • 実際の場所で復元すると、観光ルートから離れる上に貨物の邪魔に…。
      • それは分かっていても何か違う気がする…。
        • 別に復元で喜ぶもクソもないと思うってのは置いといて、歴史的な勝ちのあるものは復元されたことそれ自体に価値があるんじゃないのかなあ……
  2. 電化して小浜線と共通運用すれば便利になるのに・・・
    • 駅を殺してしまっている。
      • てか、福井県内には殺された駅が多いなw
    • いや、どうせなら新快速を・・・
  3. 敦賀市民にとって旅客駅という概念ではない。
  4. 花火大会のときに団臨が乗り入れることがある。その場合は仮設ホームを作る。
  5. とうとう貨物の取り扱いも終了するらしい。線路などの設備は残しておくので、維持すれば列車の運行はできる。
  6. 実は貨物支線自体、JR西日本ではなくJR貨物が管理している。
  • 路線 - 北陸本線(貨物支線)

小浜駅の噂

所在地:小浜市

  1. 「琵琶湖若狭湾快速鉄道早期実現」の看板が立っている。
    • 実現すれば京都駅まで1時間以内で移動することが出来るらしい。
      • 具体的には湖西線近江今津から小浜線上中までの新線。ちょうど最短距離になる。
    • まあ、出来ても第3セクターだろうけどね。
  2. YES WE CAN!
  • 路線 - 小浜線

永平寺口駅の噂

所在地:吉田郡永平寺町東古市

  1. 当駅にある旧京都電燈古市変電所が有名。
  2. 永平寺の最寄り駅だが、永平寺に向かうにはバスを使うか「永平寺参ろーど(えいへいじまいろーど)」を使うか悩む。
    • ちなみにその永平寺参ろーどは永平寺線の廃線跡を利用している。
    • 永平寺までまだ6kmあるのに歩くなんて健脚だなぁ・・・
  3. 接続の路線バスはほぼ1時間に1本で、当たりの列車を外すと30分の待ちぼうけを食らう。
  • 路線 - えちぜん鉄道勝山永平寺線

勝山駅の噂

所在地:勝山市遅羽町比島34-2-7

  1. 越前大仏と恐竜博物館の最寄り駅。
    • しかしどちらもバスを使うのが難点。
  2. 昔ながらの風情のある駅で、映画の撮影にも使われたらしい。
  3. かつて隣の大野市内まで線路が繋がっていた関係で代替の京福バスが走るが、その便数が1日7本かそこらという体たらく。ちなみに国鉄線でなくえち鉄や京福で大野市にやってくると観光案内所で嫌な顔をされる。
  4. そして肝心の勝山市街地は九頭竜川の対岸・・・
  • 路線 - えちぜん鉄道勝山永平寺線

あわら湯のまち駅の噂

所在地:あわら市二面

  1. 芦原温泉へはこちらが玄関口。
    • よって敦賀方面からの利用なら福井駅でえちぜん鉄道に乗り換えて当駅まで出た方が楽。
    • 但し、市役所は芦原温泉駅の方が近い。
  • 路線 - えちぜん鉄道三国芦原線
  • バス - 京福バス

三国神社駅の噂

所在地:坂井市三国町三国東7丁目

  1. 三国神社は当駅周辺には存在しない。
    • 神社の正式名称は三國神社と読む。
  2. 坂井市三国町の官公庁は当駅周辺に集中する。
  • 路線 - えちぜん鉄道三国芦原線

三国駅の噂

所在地:坂井市三国町三国町北本町2丁目1-20

  1. 旧三国町の市街地はこちらが最寄り駅。
  2. 三国港駅と同様、九頭竜川の対岸に出るには国道305号の新保橋を渡る必要がある。
    • その為、徒歩で対岸に行くなら三国神社駅を利用した方が便利。
      • 但しバスは当駅から発着する。
  3. 大阪にも同名の駅が存在するが無関係。
  • 路線 - えちぜん鉄道三国芦原線
  • バス - 京福バス

三国港駅の噂

所在地:坂井市三国町宿1丁目

  1. 元々は三国港の貨物取り扱い駅として開業した駅。
    • その為、今でも福井漁連や海水浴場など海岸に関連する施設が近い。
  2. 近くには九頭竜川があるが対岸へ出るには国道305号線の新保橋を渡る必要がある。
  • 路線 - えちぜん鉄道三国芦原線



関連記事