新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

幸運なモノ事典

提供: chakuwiki
2019年9月27日 (金) 19:19時点におけるTc79929 (トーク | 投稿記録)による版 (Chakuwiki:バカの卵より独立)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

なんだかんだあったけど、幸運なモノを集めるページ。

※できるだけ起承転結のうち、起と結は別文にしてください。他の方にも間を書いていただきたい、という趣旨もあるので。

交通

鉄道

銚子電気鉄道
  1. 電車の点検したいけど、乗客が少なすぎて費用が集まらない…
  2. なんか、地元においしいお菓子あるぞ?銚子電鉄が作って売るか…
  3. 至る所で売れたぞ、点検して電車をまた動かせる!
  4. でも次の電車の点検費用がまた足りなくなった…
    • いっそのことあの映画のパロディでも作るか。
  5. 一度廃線になって数年後復活した。
路面電車
  1. 自動車交通の邪魔として全国から撤去されていった。
    • 自動車を軌道敷内通行可にして、路面電車を追い出していった。
  2. 2000年を過ぎ見直され、路線延伸や鉄道からの転換が行われることに。
上越新幹線脱線事故
  1. 新潟県中越地震により、上越新幹線200系新幹線が脱線してしまった。
    • マスゴミはフルボッコ。
  2. しかしたまたま車輪が排雪溝に入り込んだおかげで、転覆せずに済んだ。おかげで負傷者ゼロ。
    • 脱線事故に関し、JR東日本では新幹線の安全性が低下したと海外から見られると思っていたが、転覆なし・負傷者ゼロという点が海外から絶賛され、新幹線の安全神話を強固なものにした。
EF64
  1. 需要がありすぎてJRに全車継承され、2000年代初め頃までは全車健在だった。
  2. 板谷峠の交流化で本形式を駆逐したEF71が需要がなくなって全廃された後も全車健在だった。

その他

マツダ・デミオ
  1. マツダが経営危機の頃に売り出し、見事大ヒットし、持ち直した。
デルタ航空
  1. 一度破産した。
  2. 今ではスカイチーム一の稼ぎ頭に。

文化

放送

ひょっこりひょうたん島
  1. NHKの人形劇。当初はその独特な雰囲気やキャラクターから視聴者に拒絶され、打ち切りの話も挙がった。
  2. やがて定着し、5年と続く人気番組となる。
  3. 映像は殆ど現存していなかったが、放送を記録していた当時の視聴者によりリメイク版が実現した。

アニメ

キャッ党忍伝てやんでえ
  1. タツノコプロのオリジナルアニメ。人気が高いにも関わらず長年ソフト化されず、海外で番組販売した際に映像を紛失された説まで囁かれていた。
  2. 2012年に無事全編DVD化。新作フィギュアも発売された。
ポケットモンスター(アニメ)
  1. 当初は1年で終わるつもりで作っていたが、人気が出たので寄り道することに。
  2. ギネスブック級の放送事故を引き起こす。
    • その日の夜から全国でニュース。次の日は新聞の一面を飾り、ワイドショーではフルボッコ状態。
  3. 翌日から視聴者から放送再開を望む手紙が山のように届く。
  4. 結果、4か月後に放送再開。今日まで20年以上続く長寿番組となる。

キャラクター

せんとくん
  1. 発表された当初はそのデザインが酷評され、一時期は対抗として「まんとくん」や「なーむくん」なども出された。
  2. しかし騒動が報道されるにつれ知名度や人気が上昇し、最終的には奈良県の公式マスコットキャラとして採用されるようになった。
ポムポムプリン
  1. サンリオのキャラクター。初登場でいきなりキャラクター大賞一位を受賞するなど、人気が高いにも関わらず消えていた時期があった。
  2. 2010年にグッズ展開が再開され、新キャラクターも登場した。

ゲーム

アイドルマスター
  1. 9・18事件、2・24事変と騒動続きで低迷していたが、『シンデレラガールズ』の大ヒットで持ち直した。
ゲームボーイ
  1. 発売当時は品薄になる程のヒットになり、その後年を追うごとに人気が下がっていったが、『ポケモン赤緑』の大ヒットで持ち直した。

芸能

指原莉乃
  1. AKB時代に恋愛スキャンダルを起こし、HKTに移籍(左遷)させられたが、移籍後は劇場支配人に就任、選抜総選挙では1位の常連となり、AKBグループの1番人気に成長した。
    • もはや左遷というより栄転というレベル。
宝塚歌劇団
  1. 1970年代前半にテレビが普及してきたことで観劇者が減っていたが、「ベルサイユのばら」を舞台化したところ好評となり人気復活した。
武田真治
  1. 20歳前後はアイドルや俳優をやっていたらしい。
  2. NHKみんなで筋肉体操で筋肉の人として再ブレイク。
DA PUMP
  1. SHINOBUの飲酒運転、ISSAの不倫とスキャンダル続きで低迷していたが、『U.S.A.』の大ヒットで持ち直した。
能年玲奈(のん)
  1. 連続テレビ小説で主役になって、一気に知名度が上がる。
    • じぇじぇじぇとかGMT47とかやってた。
  2. 事務所からの独立騒動を起こし、芸能界からほぼ消えてしまった。
    • 誰かに操られていたらしい。
  3. 少しずつ仕事が来るようになったところで、アニメ映画の声優をやったら、一年以上のロングラン上映となってしまった。
    • ちなみにそのアニメ映画は後に実写ドラマ化された。主人公は能年玲奈ではなかったが。
  4. 知名度が少しずつ戻り、ちょっとずつ広告やテレビに戻ってきた。

企業

アイホン株式会社
  1. 愛知のインターホン、だからアイホンと名付けた。
  2. 半世紀たって、太平洋の向こう側からアイホンと名乗るデバイスが来たぞ?
  3. 日本でアイホンと名乗るなら金をくれ!
    • 毎年1億円のお年玉をもらえるようになった。
    • iPhoneの商標は、下記企業のライセンスに基づき使用されています。アイホン株式会社
Apple(旧アップルコンピュータ)
  1. マッキントッシュなど、様々な先進的機器を発明。
  2. しかし流行が追い付かなかったのか、他社に抜かれてしまう。
    • マッキントッシュと他のパソコンの互換性が良くなく、外部プログラムの作成があまり進まなかった。
  3. ストリーミング式音楽再生端末iPodで形勢逆転開始。
    • とりあえず資金源は得た。
  4. スマートフォン市場にiPhoneで参入。
    • アメリカと日本でバカ売れ、アップルコンピュータの新たなる地位を確立する。
  5. もはやコンピュータというよりスマホの会社になってしまったので、社名をAppleに変えてしまった。
  6. 今ではiPadも製造しているほか、マッキントッシュのアイコンもiPhone化させてしまった。

教育

品川女子学院
  1. 平成初期までは受験者数が伸び悩んでいたが、制服を教職員達がデザインしたおしゃれなキャメル色のブレザーに刷新したところ、受験者数が増加。制服も他校に影響を与えた。
  2. 広末涼子の出身校であったため、ブレイクと相まって受験するファンも現れた。
東京都立日比谷高等学校
  1. 1960年代前半まで東大合格者数が全国1位だった。
  2. しかし、1967年に学校群制度により東大合格者数が激減。
  3. その後も開成などの私立の台頭により、1993年には東大合格者数が1人になってしまった。
  4. 2001年に東京都が日比谷を進学指導重点校に指定し、進学指導に力を入れるようになった。
  5. 結果、2016年に東大合格者数が50人を突破し、2018年には1970年以来48年ぶりに東大合格者数ランキングでトップ10に入った。
  6. 最近では開成に合格していても日比谷に進学する受験生も出るようになった。
国際教養大学
  1. 現在の大学があるところはもともとはアメリカの大学の日本校として開校した大学の敷地だったが、その日本校は2003年に閉校となった。
  2. それを秋田県が改めて公立大学として開校したところ、グローバル化に対応したカリキュラムが企業に受け、就職実績がよかったために秋田県以外からもたくさんの学生が集まるようになった。

スポーツ

サンデーサイレンス
  1. アメリカの競走馬。ダービー・プリークネスS・BCクラシックを勝ち競走実績は文句なしだが、種牡馬としては買い手がつかず即日本に売却されることに。
  2. 来日後の活躍は説明不要。日本史上最高の種牡馬である。
2008年大リーグ
  1. デビルレイズからデビルを取ったとたん、ア・リーグ優勝してしまった。
2015年ラグビーワールドカップ
  1. 日本の初戦で、世界ランク2位の南アフリカに勝ってしまった。
    • 日本の関心がラグビーに向いた。
  2. 五郎丸ポーズが流行った。
    • 勘違いしている人多数。でも悪いのは勘違いしている人たちであって、ラグビーではない。
2016年大リーグ
  1. カブスが108年ぶりに優勝した。
    • バック・トゥ・ザ・フューチャーの予言が1年遅れで当たった。
鈴木明子
  1. 10代では成績が伸びず、摂食障害にまで悩まされた。
  2. 20歳を過ぎてから才能が発揮、オリンピック2大会連続出場と世界選手権銅メダルを果たした。
    • 引退時のスポーツ人生を振り返る言葉は、「人生谷あり谷あり谷あり谷あり山あり」。

その他

メッテ=マリット
  1. 2019年現在のノルウェー王太子妃。
  2. 王太子とは大学で知り合ったのだが、当時すでにシングルマザーだったことや麻薬パーティーに参加した経歴が問題視され、当然のことながら国民からは反発を食らった。
  3. しかし婚約が発表された際に自らの過去を反省した会見で好感度を上昇させ、見事王太子との結婚にこぎつけた。

関連項目




関連記事