「新潟の言葉」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(地域別の噂: 誤字修正)
(地域別の噂: 推定される出典)
27行目: 27行目:
 
#*中越北部こそが新潟弁の中心、で間違いないだろう。
 
#*中越北部こそが新潟弁の中心、で間違いないだろう。
 
#*新潟市あたりは「所属に議論のある方言」だ。それも標準語化で原型がわからなくなっている。
 
#*新潟市あたりは「所属に議論のある方言」だ。それも標準語化で原型がわからなくなっている。
 +
#*加藤正信先生の区画説ですね。多分これ以上のものは出ないでしょう…
  
 
===新潟市・県央とその近傍の言葉の噂===
 
===新潟市・県央とその近傍の言葉の噂===

2010年5月13日 (木) 23:12時点における版

トークに、新潟の言葉に関連する動画があります。

分割ページ

新潟弁全般の噂

  1. 他県人からはなまってると思われがちのようだが、若者は全くといっていいぐらいなまっていない。
    • ゆえに、祖母祖父が兄弟や友達と話しているのを聞いても何を言っているのかわからない。
    • 旧新潟市域は方言の廃れっぷりが特に顕著ですよね。
  2. 下手をすると町単位で方言が違う。
  3. かつて、マンガや深夜ラジオで、新潟弁全体がネタにされていた。
  4. 今すぐ使える新潟弁というCDが発売されている。BSNラジオ番組キンラジのコーナーとして放送されていた。文法編と日常編の2枚があり、一枚1,500円。
    • ある時ツタヤのレンタルCDコーナー覗いたらこのCDが置いてあって、全てレンタル中だったのにはビビった。
    • 続編も出ている。
  5. 「魚沼ことば」「魚沼ことば2」「魚沼ことば3」「新潟ことば」が出版され県内で販売されている。イラストとともにわかりやすく魚沼・新潟の方言を解説している。
  6. 地元のお年寄りには方言で返すのが礼儀だと思っている。
    • 県外出身者には、これが困る。標準語で話すと、途端に不機嫌になるので。

地域別の噂

  1. 無駄に広大な新潟県内には様々な方言があり、下越・中越・上越で同じ県内とは思えないほどに方言が異なる。
    • 多様性はやはり隣接県が多いことと、広い県域が原因らしい。特に米山と阿賀野川は境界なんだとか。
  2. 新潟日報(が配布した小冊子)によれば、新潟の方言は大きく分けて7つに分かれるらしい。(括弧内はここでの節名)
    1. 岩船・北蒲原系、東蒲原系(阿賀北・新潟市)
    2. 中越北部系(長岡周辺・県央)
    3. 中越南部系(魚沼)
    4. 西越系、西端越系(上越)
    5. 佐渡(佐渡)
    • 極論すれば、岩船・北蒲原は「山形弁」(庄内+置賜)、東蒲原は「会津弁」、魚沼は「群馬弁」、西越は「長野弁」、西端越は「富山弁」、そして佐渡弁は「能登弁」である。
    • 中越北部こそが新潟弁の中心、で間違いないだろう。
    • 新潟市あたりは「所属に議論のある方言」だ。それも標準語化で原型がわからなくなっている。
    • 加藤正信先生の区画説ですね。多分これ以上のものは出ないでしょう…

新潟市・県央とその近傍の言葉の噂

  1. 新潟市中心部の若者は標準語に近い。
    • ただ、他の市の人から見ると、男が女言葉を使っているように聞こえるらしい。「~らわ」とか。
  2. (長岡弁が新潟弁の代表とする意見に対して)
    • 蒲原弁がいわゆる新潟弁では?
    • どちらも正しい。上越・魚沼・阿賀北を除いた真ん中の地域が新潟弁らしい新潟弁と言えよう。それなりに多様性はあるけど外側から見れば似たようなもの。北・東・西の要素がブレンドされている。
    • 古町付近は天領になる前は長岡藩だったこともあるので元々は共通点が多かったらしい。
    • 沼垂は新発田藩だったので若干そちらの影響もあるけど・・・・
  3. 「やらいやー(いやだなぁの意)」など、その抑揚が他の地域の人には不思議に聞こえるらしい。沖縄?と聞かれたり
  4. 旧新潟市域とそのほかの地域の違いは西国的特徴の濃さ。県央地域に近づくにつれ西日本風の語彙が増える。
  5. 良く聞くと年寄りは「菓子」を「かし」ではなく「くわぁし」といっている。二文字の単語も発音が頭上がりで「く↑つ」「ふ↑く」「さ↑ど」。語尾にも「~だで」とか「~だど」なんていうあちさんの言葉も使ってる。用例「なら、くわぁし食べらんだらか(や)?」等々。県内でもここら以外では地蔵堂ぐらいでしか聞かない(三条と見附のあいだ)

阿賀北の言葉の噂

  1. 新潟市のある下越地方でも、村上方面のお年寄りの言葉は東北弁に近い。ゆえに新潟市中心部の若者が高校入学して地元以外の人間の会話を聞いた時にかなり驚くことがある。
    • 長岡出身です。新潟市の言葉は知っていましたが、阿賀野川を渡ったらはっきりイントネーションが変わったのには驚きました。
    • 新潟市以外は本当にすごい。五泉や阿賀野より北は完全に東北。
  2. 五泉市(旧村松町西部除く)は旧中蒲原郡でアクセントは外輪東京式(普通の越後弁と同じ)だが、発音は阿賀北弁(東北弁)そのもの。
  3. 阿賀町(東蒲原郡)は旧会津領のため会津弁混じり。阿賀北一般がどちらかというと北東北系の発音(じーじー弁)なのに対しこっちは完全に南東北(ずーずー弁)。
    • 鼻濁音の発音もある。一方で会津側が無アクセントなのに対しこちらは下越の阿賀野川沿いアクセント境界地帯に入る。
  4. 三面(みおもて)の方言はとりわけ特徴的。アクセントが特殊らしい。
  5. 近接する山形県小国町も米沢弁よりは阿賀北弁の系統に近い。
  6. 古くは新潟市/北区もこの地域に属したが、旧豊栄市を含めかなり前から新潟市内一般への同化が進行していたとも。地元紙の発行する百科事典がそう言うのだから間違いないだろう…
  7. 阿賀町(文法も完全な南東北系)以外は文法的には意外と西日本的なところがある。北前船による西国との結びつきや、より近くは佐渡などの影響があるのでは?なお、西国的特徴は新潟市・県央・長岡・柏崎にもある程度見られる。

長岡市とその近傍の言葉の噂

  1. 長岡など中越地方の方言が、いわゆる新潟弁。(ただ、一概には定義できない)
    • 長岡は三河の譜代大名(牧野氏)が赴任してきて江戸時代は士族(三河人)と農工商民(地元民)との交流が限られていたので、士族は三河弁を地元民は越後弁をそれぞれ話していた。
    • それが明治維新以降は一応、四民平等になったため両者の交流が増え、越後弁に三河弁が混流した。
    • だから長岡市民は少し変わった新潟弁を話している。例えば、この頁の下の方で紹介されている「腹くっちぇえ」は、長岡辺りで使用される語で三河弁が元になっているらしい。(四十代、新潟市生まれ)
  2. 中越地方(長岡近辺)では言葉の終わりに「が〜」をつけて発音する長岡弁(通称がーがー弁)を多様している。
    • 一番使われる長岡弁は「そいが〜」

魚沼の言葉の噂

  1. 「エ」が「イ」と発音されることが多い(by魚沼方面)
    • 年配の方でも「キイ(≒キエ)」「ハツイ(≒ハツエ)」「タイコ(≒タエコ)」という名前の人が多く見かけられる。出生時、役所でどのような手続きが行われたのか・・・
      • 「イミ」とかも「エミ」のつもりだったんだろう。発音どおり登録しちゃったわけか。
  2. 下越の阿賀町(東蒲原郡)とともに、西日本の影響が希薄であり、こちらは関東群馬/北毛)や長野/北信の言葉につながる点が多い。
    • 長岡市に「よう言うた」のような関西・北陸風の言い回しがあるのに対し、すぐ南の小千谷市では「よく言った」が普通。

上越の言葉の噂

  1. 北陸寄りの上越地方では、微妙に関西弁のイントネーションが混じってくる。
    • 内陸-海沿い-上越市北西部(桑取・名立)-糸魚川市東部(能生)-中部(市街地)-西部(青海)-親不知-富山県境(市振・玉の木・上路)の順に長野弁から富山弁へと移行する感じ。中越以東にある発音の訛りは少ない。
    • 糸魚川だと「居る」を「いる」でなく「おる」と言うね。
  2. 上越地方は城下町で人の流れが多かったため方言はそんなに多くない。ただしアクセントの違いなどはある。
  3. 糸魚川市は東からの上越市(さらに越後一般や長野北部)、西からの富山の他、南から北安曇さらに松本市の影響も受ける複雑な地域。

佐渡の言葉の噂

  1. しかも佐渡は京都訛り。
  2. 方言に微妙な関西なまりがある。
    • 江戸時代に北前船だかの航路で大坂(当時はこう書いた)との交易があったためだと思います。うちの地元の豪商が交易で佐渡にもいってたそうです。(大阪人より)
      • 西廻り航路ですね。
    • 普段は標準語だが怒らせると「何すんねん糞野郎がぁ!!」と何故か関西っぽく怒られる。
    • それって南のほう(小佐渡)じゃない? あまり関西なまりの方言って聞いたことない。(加茂線沿線住民)
    • 一応富山や能登以西と同じ北陸弁の一種(大きなくくりでは関西系)というのが定説です。関西との直接交渉もあったようですね。
      但し越後本土や江戸・東京との交流もあり、両者の特徴が混じった中間的な特徴を持っています。最近は標準語の影響が強いようですね。
    • 修学旅行が関西だからじゃないですか?
    • !
  3. だ行「だぢづでど」を「らりるれろ」にしてる場合が多い。
  4. ラムちゃんみたいな喋り方っちゃ♪
    • それはもちろん作者の故郷だからだっちゃ。
  5. 仲間に入れてもらうときは「おしえて」という。「野球おしえてー」と子供がやって来ても「なんだこいつ野球知らねえのかよ」と思ってはいけない。
  6. 「しょうしねえ」=みっともない、みずぼらしい。実家にヨレた服を着て帰るといつも母に言われる。
  7. 「しょーべぇ(商売)」は仕事全般に使う。「畑にしょーべぇしに行った(畑仕事に行った)」
  8. 「いとしげ」はかわいいのほかに「小さい」の意味でも使う。「いとしげなサザエとってくんなっちゃ(小さいサザエは取るな)」
  9. 小木半島には、逆説をあらわす博多弁「ばってん」が使われていた地域がある。
  10. 佐渡の人に「道具んならず」「ふんたかまつ」と言われたら、あなたは使えない人というレッテルを張られたことになる。気をつけましょう。
  11. 「へちこーぜぇ」=余計なこと、おせっかい。基本は動詞だが、「このへちこーぜぇが(=このおせっかい野郎)」というように名詞的用法もある。
  12. 「べりこき」=ごますり野郎、おべんちゃらを言う人。「べり」単体でおべっかという意味もあるので「あいつはべりばっか言いやがる」という使い方もある。
  13. 「たがく」=持ち上げる。「箱が重てーてたがえんっちゃ」(箱が重くて持ち上げられない)。
  14. 「ガメ」=子供。転じてミソッカスなどの意味にもなる。
  15. 「やぼ」=とても。英語で言うVery、新潟弁で言う「ばっか」と同意。「(佐渡弁)おめーやぼにええ服きとるっちゃなあ」=(新潟弁)ばっかええ服着とるねっか=(英語)Oh,your dress is very nice.
    • 単体で感嘆詞的に使うこともある。「そりゃーやぼらなあ」(それはひどい)。

文法の噂

  1. 語尾は「がー」。イントネーションによっては疑問形になる。
    • 長岡を中心とした地域。
    • そいがー(そうですか) どいがー(どうですか)などなど。
      • 新津だと「そういんだー」か「そういんのー」だな
    • 長岡弁と県内でも区別されてる。通称「がーがー弁」
    • アヒルのCMで言ってるね
      • 長岡生まれ長岡育ちですが現在金沢在住です。で、金沢でも「ガー言葉」一般的に使われていました。よって、北陸語もしくは日本海語と思われます。
      • 「がーがー弁」の南限は小松市加賀市福井にはない。なお、濃度は格段に下がるものの越後側には対応する表現がある。但し佐渡には皆無。
        • 「越後の雁は食えないガンだ」…佐渡住民(出身者)が対岸の住民(この地域では「~がんだ」のように使うという)をからかう時の言い回し。これに対して越後人は「佐渡の茶は飲まれんチャ」と応酬する。
    • 人や物を「がん」という。「あのがん(=あれ、あのもの、あの人)」など。
  2. 「よろしかったでしょうか」 = 「よろしいでしょうか」
    • なんで過去形なのでしょうか?
      • 具体的に言うと、過去形というのは英語・日本語に関係なく、「話題・意識の対象が現在の自分から見て距離がある」ことを示すために使われます。
        • たとえば「Open the window.」を丁寧に言おうとすると、なぜ過去形の「Could you open the window?」になるのか。それは自分が話しかけている相手(対象)に対して、自分の意識が距離を置いているからです。
        • つまり話者はお願いしている相手に対して、メンチ切る(死語?)くらいの勢いで横柄に言っているのではなく、ちょっと遠くから遠慮がちに申し訳なさそうに言っているのです。
        • この状況はまさに、「話題・意識の対象が現在の自分から見て距離がある」ために、過去形での表現になるのです。
        • そこから考えると、最近の若い人が「1000円からでよろしかったですか?」と過去形で言うのは、そこまで相手に気を使わなければいけないほど、今の世の中が緊張している証拠とも取れるかもしれません。
        • 昔から過去形で言っている新潟の人は、相手に対する気持ちが繊細なのか、あるいは新潟には怖い人が多いから自然とこのような言葉遣いになったのかはわかりませんが。
          • 後述の「寝った」もそうだが、新潟弁の過去形表現には時間の継続・完了のニュアンスもある。
  3. 「だすけ」、「だーすけ」という長岡弁があります。
    • 「だから」という意味。
      • 同義異音で「らっけ」「らーすけ」という中級技法もそんざいする。
        • お年寄りの言葉を聞いている限りでは語頭や「ん」の後がダ行、それ以外がラ行の音で発音されてるように思う。特に音として区別されていない。(見附民)
      • 「らーすけそー」「だーすけそー」と使います。(十日町)
      • 三条でも使う。また、「~だけど」 は 「~らろも」 と言う
    • 「だからねー」だと「だっけんねー」と使ってました(by十日町の隣)
    • 「だすけそー」を強調すると「だーすけそー」になる。「だっけん」も使う。(魚沼)
    • 「だすけ」「だーすけ」「らっけ」「らーすけ」「らろも」は聞き覚えあり。(by秋葉区16歳)
    • 「〜すけ」は関西方言の「〜さかい」と同系。
      • 「〜すけ」を更に略して「〜っけ」とも言う。
        • 「もう帰るっけ」と言われても別にあなたに聞いている訳ではない。安心してほしい。
    • 長岡弁ではないと思う。地元では「だっけ」を多用。(新発田)
  4. 語尾に、「こて」または「こって」が付く。(例:「そうじゃないよ」=「そうらねーこって」)
    • ある。(by秋葉区16歳)
    • さらに強調が進むと「~こってま」もある。(「君にきまってるじゃん」=「おめさんらこってま」)(西蒲原)
  5. 同じ町の同じ一つの言葉でもいくつ種類がある。例「(標準)そんなの」が「そっけんが」→「そっつぁんが」にパワーアップする言葉がある。
    • みじょげ派とめじょげ派で対立が起こっている。
    • 「そっつぁがん」「そんげがん」なら聞いたことありますね
    • 「そっつぁがん」がパワーアップして「そっつぁらがん」もある。
      • 「そんつぁらがん」は三条で使う。てっきり新潟全域だと思ってた。
        • 「そんがん」「そんつぇがん」「そんげん」「そんが(ん)の」などいろいろ言い方ありますね。
  6. 「を」の代わり(?)に「こと」を用いることがある。「それこと取ってー」「傘こと貸してもらったいや」(西蒲原)
  7. 「やらんば」「しねーば」など、英語のhave to表現に相当する「ば」に特徴がある。(「なんでやらなくちゃなの?」=「なんでやらんばらんだー?」)(西蒲原)
  8. 上にちなんで「やらない」「しない」という言い方に、関西系の表現「やらん」「せん」と東北系表現の「やんね」「しね」の両方が新潟にはあるように感じる。「やらなくては」は「やらんば」「やんねーば」、「しなくては」は「しんば」「しねーば」のどっちを使ってもあまり違和感がない。(西蒲原)

発音の噂

  1. ただしイントネーションには致命的欠陥があり、「後ろ」う↑しろ、「苺」い↑ちご、「卵」た↑まご、の様に発音してしまい何故か平らには発音出来ない。で、やっぱり田舎者ということになる。
    • いや、できますが(新潟市出身21歳)
    • 「卵」を平坦に発音すると、かえって訛ってるように感じる。たま↑ごが標準じゃないですかね?(東京42歳)
    • その代わりにタ↑オルはたお↑るである。(特に亀田方面)
    • 単語レベルの違いであって尾高や平板もきちんと区別できるし、茨城や栃木のようになんでも尻上がりにはならない。
    • 「苺」や「卵」は共通語イントネーションを使っていると自負していた私ですが「カ↑ラシ(芥子)」や「ホ↑クロ(黒子)」が訛りだと知ってショック。
  2. イとエが混ざる(特に年配の人)。
    • 「越後線の駅」を「イちごせんのイき」とネイティブっぽく発音できるようになると新潟弁使い中級者。
      • 上越新幹線で「イちごゆざわ」と聞こえる場合は新潟の車掌さん。
    • 「苺」と「越後」に発音上の差異はない。
      • 実際には若干の差異はありますよ。「い」=い、「え」=イェと発音します。
      • 燕のJAには、「越後のいちご」という、新潟人には非常に発音しづらい苺があります。
    • 難しいのは「英語」。「イェーゴ」と発音します。パソコンで“iigo”と入力し、変換できずに苦しむお年寄りは多い。
  3. 埼玉や群馬同様に鼻濁音が発音できない。
    • 阿賀北(福島山形に近い、特に阿賀町)や糸魚川市(富山長野/北安曇に近い)では発音できる人が多い。
    • 三国峠越えで群馬の言葉が影響したか?(特に信濃川水系の魚沼・中越・県央・新潟市)



関連記事