日本の河川

提供: chakuwiki
2015年4月16日 (木) 06:27時点におけるYddit (トーク | 投稿記録)による版

移動先: 案内検索

<

  • 水系を調べたい場合はこちらを参照。

北海道 東北 関東 北陸 東海 近畿 中国 四国 九州

独立項目

関東
  • 利根川(水系の鬼怒川・大谷川・渡良瀬川・吾妻川・江戸川を含む)
  • 荒川(水系の神田川・隅田川を含む)
北陸
  • 信濃川(水系の五十嵐川・大河津分水・関屋分水・通船川を含む)
  • 阿賀野川(水系の新井郷川・新発田川を含む)
近畿
  • 淀川(水系の桂川・木津川・道頓堀川・寝屋川・堀川・鴨川・名張川・布目川・宇陀川・滝川・シャックリ川などを含む)

北海道

石狩川

石狩川
  1. 大雪山の水を日本海へ流している。
  2. 石狩よりも空知を流れている距離のほうがどう考えても多いのに、それでも名前は石狩川である。
    • 空知よりも上川を流れている距離のほうがど考えても長いのに、空知川という名前の支流もある。
    • もともと空知・上川の一帯は石狩国だからだと思う。あとこういう由来もあるっぽい。
  3. 鮭のイメージが強いのは石狩鍋のせいだろうか?
    • 今でも鮭は遡上するらしい。5年に1度くらいは。
    • 河口付近に鮭の供養塔というのもあるくらいだし、間違ってないと思う。
  4. 護岸工事ついでに直線化される川は多いが、この川は特に極端にそれが行われた結果、三日月湖がたくさんできた。
    • 三日月湖の分際で川を名乗っている奴がいる。場所は石狩川河口付近である。
  5. 北海道開拓における中心的な役割を果たした川らしい。
    • 鉄道も道路も出来る前に寒い北の大地に入植された方々は、冷たい水が流れるこの川を上がっていったらしい。道民ではなくとも尊敬してしまう。

豊平川

  1. 石狩川の支流
  2. 札幌市民が川というと通常この川を指す。
  3. 時々、鹿が泳いでいる。
  4. 堤防道路は通称「豊平高速」。
創成川
  1. 豊平川の支流。
  2. 札幌市における「Y軸」。
  3. 札幌市民にとっては、川というと豊平川のイメージが強いらしく、創成川は単なる東西の分界基準か幹線国道の中央分離帯という感覚程度の物らしい。
  4. 明治に入って人の手によって造られた人造の川らしい。
    • 創成というのは、そういう意味もあるんだろうか?
    • 大友亀太郎という人が掘った大友堀のことかな。
精進川
千島桜がお見送り
  1. 豊平川の支流の一つ。
    • 合流点手前で千島桜の並木に見送られる。
  2. 距離が短いくせに、生意気にも雅称まで持っている。
  3. 川沿いにはアイヌの遺跡もあるらしい。
  4. 川沿いの地域は、地下水が殆ど無く、明治期に岩手の水沢から入植した人々は井戸水を掘り当てようと頑張ったが、結局諦めたほどらしい。
    • そこで、川から水を引くための用水路を掘ったらしい。
  5. 昔は、この川の上流の池で氷を作って、内地に輸出していたらしい。
  6. エゾリスなどが川ぞいの森に居たりする。
    • その川ぞいには、遊歩道が整備されている。
      • それを南区なんかはPRしようと努力しているようだが、誰もそんなことは知らないらしい。
  7. 平岸辺りに落差2mの滝があるらしい。
    • 落差2mなので、正直どうでもよさそうだが、実はそんなカスみたいな滝が河川名の由来らしい。

篠津川

篠津川
  1. 源流が石狩川、合流するのも石狩川というよく分からない川である。
  2. 途中で篠津運河という名前に変わる。
    • 運河というが川底は浅く、ミニボートでの通航も難しそうである。
    • ただ、川幅はかなり広い。
    • ちなみに、運河の起点は月形である。
  3. 新篠津村の一部の人だけの役に立ちそうである。

当別川

  1. 当別町の北の方、緯度で言えば、滝川市と同じくらいのところが源流である。
    • 沼から来る川というのが川の名前の由来らしいが、地図を見た限りそんなのは無さそうである。
    • 暑寒国道の横を流れる川がこの川になる。
    • 一方、石狩川への合流地点も当別町内である。
      • 両地点間距離は直線距離で見ても60km位はある。
      • 川そのものとは関係ないが、どちらも道警の北警察署の管轄エリアになるらしい。
    • そんだけの距離があるにもかかわらず、それほど川幅は広くはない。
  2. 実は結構、清流なところと濁っている所があって、両極端。

千歳川

千歳川
  1. 源流は支笏湖。
    • ここから太平洋までの直線距離は20km切っているが、わざわざ、石狩平野を流れて江別市内で石狩川へと注ぐ。
      • そんなこともあってか、昔は、河道を大きく変更して苫小牧へ流すことを企んだこともあったらしい。
        • 未だに計画自体は残っているとか。
      • 千歳市から流れ出すので石狩支庁管内をずっと流れているものと思っていたら、実はわずかながら空知支庁管内を通って行くようだ。
  2. 鮭も遡上するのだが、それが実は千歳市の隠れたウリらしい。
    • インディアン水車、サケのふるさと館。

夕張川

  1. 温泉(もしくは鉱泉)の流れる川という意味らしい。
  2. 江別市内で石狩川へと合流する。

新川

  1. ほんとに新しい川らしい。
    • 治水目的で造ったはずが洪水を起こしまくるというとんでもなく迷惑な川だった。
  2. 水源は他の水系の川だったり、某国立大の便所の水だったりと結構滅茶苦茶なようだ。
    • もっと言うと札幌市民そのものが一番の水源という感じさえする。
  3. 川ぞいの道はやたらと風が強い。
    • しかも、海まで一直線ときたら……

琴似発寒川

  1. 琴似と発寒の間を流れるからという単純な理由で付いたらしい。
  2. 上流部には、札幌市で最も有名な心霊スポットとして知られる、平和の滝というのがある。
  3. 札幌市を流れる川にしては珍しく、石狩川水系ではない。

サクシュコトニ川

  1. 某国立大の便所の水が水源の川である。
    • 昔、その大学に着任した時、から5分程度の所で、あんな綺麗な川が流れているのかと思ってぶったまげた記憶がある。
  2. 名前が、搾取ってのが何となくよろしくない気がする。恐らく、アイヌ語地名なんだろうけど……
    • とはいえ、下水を搾取しているとでも考えれば面白いのかも。
  3. 脳科学者の澤口某氏が、人生に悩んだ時川ぞいの芝生に横になり、流れ行くこの川の水を見て物思いにふけったそうな。
    • それで悟ったという「ホンマでっか!?」な話がある。

十勝川

  1. 道東随一の大河。
    • だが、十勝管内を外れることはない。
    • こんな川があるのに、帯広近辺(というか十勝全域)は稲作は盛んではない。
  2. 帯広以北では河岸段丘が発達している。
  3. 十勝沖で津波が起こるとポロロッカみたいな遡上が発生するらしい。
  4. 10回勝つというのは縁起の良い名前かもしれない。しかも、支流に札内川(札が(懐の)内側にはいる)とか、売買川などもあるので、売買で10回勝って(=成功して)、札が懐の内側に入ると読めるので、商売の前に身を清めに行くといいかもしれない。
    • 帯広のばんえい競馬へ行く前にどうぞ。

売買川

  1. 十勝川の支流(札内川)の支流である。
  2. アイヌ語由来の川である。
    • 笹の実をとるところという意味があるらしい。笹に実なんてあるんだろうか?

釧路川

  1. カヌー乗りに大人気!
    • 塘路湖の辺りから釧路湿原の中を流れ下るコースが定番だが、屈斜路湖から河口まで下る猛者もいるらしい。
    • 何と真冬にカヌー下りをするツアーがあるらしい。万一転覆したら溺れなくても凍死しそうな気が...
  2. 一部で自然破壊として叩かれる河川の直線化だが、ここは特に評判が悪い。
    • 何故なら釧路湿原を破壊(乾燥化等)したから。
    • そのため、一部で過去に直線化した所を元の蛇行する河道に戻す「工事」が行われている。

天塩川

  1. 北海道第二の大河。
  2. 蛇行が多い。
    • かつての蛇行跡である三日月湖も多い。三日月湖が二重になっている所まである。
    • 宗谷本線の名寄以北の線形が悪いのは、これに付き合ってるから。
  3. 河口の手前まで来た所で「海に合流するのヤダ」と延々駄々をこねている。
  4. 「手塩川」ではない。
    • でもそのように間違って表記されていることも少なくない。漢字の読みとしては「手塩」の方が合ってるし...

東北

奥入瀬川

  1. 源流は十和田湖。
  2. 内陸部の渓流が有名だが、この名を冠した町は河口付近に出来た。
  3. 津軽に「追良瀬川」という同音の川があり、ちと紛らわしい。
    • 語源はどちらも同じらしい。

北上川

  1. 大半が岩手県を流れている。
  2. 宮城県内で川が大きく2つに分離して太平洋に注いでいる。
    • あれはどっちが本流なんだろうか?
    • 石巻市中心部に行く方が本流で東に注ぐ方が放水路。

広瀬川

  1. 名取川の支流ながら「青葉城恋唄」で有名。
  2. 実は結構な河岸段丘がある。さとう宗幸の曲の雰囲気からは想像がつかないけども……
    • 想像がつかないといえば、鮎釣りが楽しめるというのも、なんか違う気がする……
  3. 仙台市という結構な都市を流れているにもかかわらず、化石が豊富に採集できるのでその方面のマニアがたまに出没している。

米代川

  1. 秋田県北部を代表する川だが、源流部だけは岩手県。
  2. 難しくはないが、知らないと読めない気がする。
  3. 河口が能代市にあるので、「能代川」と勘違いして覚えてしまっている人もいそう。
    • 河川の名前が命名基準の帝国海軍軽巡洋艦が「能代」だから勘違いというか別名扱いでいいのではないか。
  4. 鉄道界においては、同県の雄物川や子吉川より格上である。
    • 「おものがわ」や「こよし」は快速どまり。対して「よねしろ」は急行列車として長く活躍した。

雄物川

  1. 支流の玉川からくる酸性の水による漂白作用が秋田美人をつくった、との説があるが、都市伝説と思われる。
    • 何故なら玉川の合流しないこの川の上流部や、米代川、子吉川流域にも美人はいるから。

最上川

  1. 五月雨を 集めてはやし
  2. 米沢・山形方面の内陸で取れた米などを上方へ運ぶ際に使われた、山形県の重要な川。
    • で、酒田が発展した。
      • 商都:酒田VS藩都(?):鶴岡の構図はこの頃から出来たらしい。
    • 鶴岡出身の作家の藤沢周平の人気作、『蝉しぐれ』にも、この川の出水と治水をモデルにした話が出てくる。
  3. 意外なことに、本流は、山形市を通らず、寒河江で山の方へ分け入っていく。

須川

  1. 最上川の支流。山形市を流れるのはこの川である。
  2. 山形市民にとっては花火大会の開催地として知られる。
    • 或いは、芋煮会の会場か?
  3. 実は、23000年前のトウヒの樹林の化石という、地学的に大変重要な遺構が残っている。
  4. 支流とはいえ、集めてはやしのあの川の支流故に、しょっちゅう氾濫を起こしたのだとか。
    • 橋の欄干から飛び込んでも簡単に泳げたという話がある。
      • スゴイのになると、父親が子供泳げるようにするための荒療治で無理やり投げ込んだという話もある。
    • 治水工事用に堤防に建てた作業小屋をいとも簡単に呑み込んだとか何とか。
  5. 上山市内にはかかし橋という橋がある。
    • 名前だけを聞くと、物凄くひょろそうだが、実はとんでもなく立派な橋である。2桁の幹線国道のバイパスが通っている。

馬見ヶ崎川

  1. 伏見城で死んだ鳥居元忠の息子が治水をしたらしい。
    • その人が、馬に乗ってずっと先の方でやってる治水事業の様子を見たから「馬見ヶ崎」という名前になったとか。
  2. 御他聞に漏れずこの川も暴れ川として有名。河道もよく変わったとか。
    • 最上義光も相当苦心したらしい。
    • 昭和の中頃まで川の流れはしょっちゅう変わっていたので、川を挟んだ集落同士の対立はすごかったらしい。
      • 本当に血で血を洗うという感じだったとか……
    • 治水事業の完了は、上流の蔵王ダムの完成でやっとこさという感じだったらしい。
  3. お花見スポットとしても有名らしい……

阿武隈川

  1. 東北2位の大河である。
    • ほとんど福島で有名だけど。
  2. 太平洋に注ぐ川としては珍しく南から北に流れる。
    • そのおかげで流域の都市でもっとも温暖なのが北部の福島市。
  3. かつてここを村長が流れた。

荒川 (福島)

  1. 福島市民にとって最も身近な川。
    • 南東北の御多分にもれず芋煮会のメッカである。
  2. 名前の通り暴れ川。福島駅近くの地区を水没させたことがある。

逢瀬川

  1. 福島県のボラティア活動の元祖。
  2. 音速ラインの曲名にもなっている。

広瀬川 (福島)

  1. 川俣町から梁川に向かう阿武隈川の支流。
    • だいたい国道349号にそっている。
  2. パレオパラドキシアの化石が発掘された。

五百川

  1. どちらかと言うと川の名前より駅名、地域名としてのほうが有名。
  2. 京都から500本目の川らしい。

釈迦堂川

  1. 花火大会で川の名前だけは有名。

阿賀川(大川)

阿賀野川へ。

只見川

  1. 奥会津の大量の雪解け水を纏い、ゆったり流れる川。正直阿武隈川よりも大河に見える。
  2. 戦後の東京の発展を支えてきた大事な川。
    • 奥只見ダム、田子倉ダムなど流域に大型ダム、水力発電所を抱える一大電源地域。
  3. JR只見線とのコンビは最強。
    • だが、平成23年夏の豪雨では只見川や本名ダムが只見線の鉄橋を消し飛ばした。
    • 国道252号沿線からの蛇行も美観。

北陸

関東

東海

近畿

中国

四国

吉野川

  1. 四国4県を何らかの形で制覇している。
    • 香川にはこの川から香川用水が。
  2. ズバリ、その名を冠したサービスエリアがある。
  3. 大歩危小歩危などの渓流で有名。
    • 支流の祖谷川は祖谷のかずら橋で有名。
  4. 銅山川というネーミングかそのまんまの支流もある。
    • 別子銅山があるのでそうなった。
    • 徳島県側では伊予川と呼ばれている。
  5. 高知にあるのに香川県民がその貯水量を気にするダムがある。
  6. 徳島県内の中流域でのキャッチフレーズ(?)が「なかよしのかわ」である。もちろん「中吉野」「仲良しの」のダブルミーニング。
  7. ポカリスエットはここの水を使ってるそうだ。

那賀川

  1. 那珂川ではない。
  2. 地元徳島県民でも吉野川流域民は存在自体を知らないことが多い。
    • そんな川だが、四国地方整備局が水質の良さ四国一の認定を出したことがある。
  3. 支流含めて徳島県内で完結する。しかし、それでも一級水系である。
  4. 酷道として有名な195号線とともに流れる。
  5. 支流の一つに坂州木頭川という川がある。
    • さぞかし由緒有りそうな気がするが、実はただの坂州と木頭という2つの集落名の合成であるに過ぎない。

四万十川

四万十川の沈下橋とライダー
  1. 高知県の川として知られているが、宇和島もれっきとした流域である。
    • 宇和島市の一部、ね。全域じゃないので。念のため。
  2. 中村が河口のせいで窪川の町を流れている川が四万十川だというと違和感を感じる人が多い。
    • 蛇行っぷりはすごい。窪川あたりだと海まで直線距離が10kmないのに河川の延長としてはそこまでで100km近かったっけ?
    • そんな声にお答えしてか、窪川は平成の大合併で「四万十町」を名乗ることに。
      • おまけに町内の道の駅はいちいち「四万十」を冠している。
      • 高速道路のICまでいちいち「四万十」を冠している(仮称は窪川と影野だった)
  3. 日本最後の清流とか言われる。
    • 水質そのものは特に澄んでいるわけではない。
      • 周辺の他の川のほうがきれいとかいう話しもあるし、私も隣の仁淀川上流部も充分に清流だったと思う。
      • 冬の雨の日に訪問したが、宮崎の五ヶ瀬川とそんなに変わらない印象を受けた。
    • 大規模ダムがないのが清流の所以。
  4. 沈下橋で有名。増水時に橋が流されないように欄干のない橋。
  5. かつては「渡川」が正式名称だったらしい。
    • 今も川の最下流域の名称は渡川らしい。
    • ワタリガニとは関係無さそう。
  6. なぜか四万十川→愛燦々のイメージ。

肱川

  1. 伊予大洲が小京都を名乗れている理由である。
    • 鵜飼いが隠れたウリらしい。
  2. この川は本支流ともにとんでもない流れ方をしている。
    • 源流から河口までの直線距離はわずか20kmもない。
      • しかし、長さは100km以上である。
    • 卯之町が実はこの川の上流であると聞くとたいてい違和感を覚える。
      • わざわざ、山深いエリアに入り込んでいくので、尚の事違和感が増す。
  3. 肱川おろしで有名。
    • 大洲盆地から、瀬戸内海までV字谷の直線が続くのが要因らしい。
    • BSプレミアムで何故か、半年に一回くらいの割合で何がしかの形で取り扱われている。
    • これが発生した時に河口付近の橋の真ん中で立っていると、どちらの岸も見えないらしい。しかも、めちゃくちゃ強い風が吹いてとんでもないらしい。
  4. 伊予柑はじめ愛媛みかんの母親である。
    • 佐田岬宇和島市にまで、農業用水(ほとんどがみかん畑用)を供給しているため。

重信川

  1. 重信川の「重信」は、実は人名。
    • 江戸時代にこの川がよく氾濫し、殿様から河川改修を命じられた足立重信という人物の功績がたたえられて、その人の下の名前を付けたらしい。
  2. 石手川と合流する地点につけられた地名は「出合」。

石手川

  1. 松山の街中の近くを通る川。
    • 昔はさらに街中(二番町など)を通って、吉田(松山空港の辺り)で海に注いでいたらしい。
      • こちらも重信川と同様に、足立重信が現在のルートに改修したらしい。
  2. 松山の水がめである、石手川ダムがある。
    • でも、小さいからすぐに渇水になる・・・。
  3. あまり水は流れていない。

九州




憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事