「東海のサービスエリア・パーキングエリア」の版間の差分

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
(東郷PA)
(尾張一宮PA)
 
415行目: 415行目:
 
#**現在は上りはファミリーマートになっている。
 
#**現在は上りはファミリーマートになっている。
 
#**下りは2015年にサークルKに転換している…が、いずれ下りもファミマになるのは間違いない。
 
#**下りは2015年にサークルKに転換している…が、いずれ下りもファミマになるのは間違いない。
 +
#***案の定2017年に転換された。
 
#*先に上り線が開業し(1999年)、後から下り線が開業(2001年)。
 
#*先に上り線が開業し(1999年)、後から下り線が開業(2001年)。
 +
#*ここが開業するまで、売店のあるSAPAは養老~守山間に存在しなかった。なかなかの暴挙だと思う。
 
#ここが出来るまで愛知県にはハロースクエアの休憩所が存在しなかったらしい。
 
#ここが出来るまで愛知県にはハロースクエアの休憩所が存在しなかったらしい。
 
#SA・PAで初めてコンビニが出店したのはここの下り。(当時のエリアガイドに「高速初のコンビニ」と書かれていた)
 
#SA・PAで初めてコンビニが出店したのはここの下り。(当時のエリアガイドに「高速初のコンビニ」と書かれていた)

2019年10月10日 (木) 21:06時点における最新版

日本のサービスエリア・パーキングエリア > 東海

Signal off on.gif 広 域 情 報 Signal on off.gif
各都道府県内の新規追加は
路線別かつ起点から順にお願いします。

静岡[編集]

足柄SA[編集]

  1. ドリーム号。
    • 夜行バスがドリーム号くらいしかなかった時代からずっと休憩地にしている。非ドライバーでもこれでお世話になった人は結構多いだろう。
    • ドリーム以外の非ツアー系高速バスも多くはここで休憩する。
      • 理由は、東京からの所要時間が丁度運転手休憩が必要になる2時間程になるのと、海老名の混雑を避けるため。
    • しかし、ドリーム号はココの混雑に嫌気が差して鮎沢へ逃げる事態に。
  2. 下り線側が小山町、上り線側が御殿場市になるという微妙な場所にある。
  3. めちゃイケSA
    • 下り線がフジテレビの番組とコラボしたと思ったら、別の時期には上り線が日本テレビの番組とコラボしたり。
      • 今度はエヴァンゲリオンとコラボ。
  4. この先で圏央道に入るとGSの距離が開くので警告板がある。この区間と中央・関越方面の区間を利用するくらいなら普通は長野や大月まで廻りそうなもんだが・・・
    • 外環が開通してない中央道八王子以東とか圏央沿線ドライバーも居るし・・・
    • 静岡側から関越道埼玉群馬新潟方面だったら普通に圏央道経由だろう。
  5. 上下線ともに入浴施設がある。上り線は炭酸湯あり+地元リゾート施設運営のレストイン宿泊で無料、下り線は箱根山方面が見える展望風呂あり。
    • 足湯に浸かりながら食事を楽しめる足湯カフェなるものもある(下り線)。
  6. 上り線にキャンプ施設がオープンした。メディアに取り上げられまくっている。
  7. 東名全通50周年を記念してタイムカプセルが埋められることになった。10年後に開封予定だとか。

駒門PA[編集]

  • 東名高速道路 御殿場市
  1. ここといえばアメリカンドッ君。
    • あまりの人気ぶりに関連グッズも出ている。
      • 特設ページまでできているのは正直驚いた…
    • ちなみに駒門だけではなく少し離れた鮎沢PAや遠く離れた首都高川口PAでも買うことができる。
  2. 御殿場JCTの真下にある。
  3. 水が汲める。富士山の伏流水らしい。
  4. 東名の中では狭くて古いPA。
    • ローマ字のない予告標識があったはず。
    • 下りは御殿場JCTの増設に合わせて移設予定。その移設先は「駒門」ではなくなるが。
  5. 2017年(平成29年)4月20日、ついに駒門PA下りが移設。移設後は国道246号からも利用が可能になる。
    • 国道246号の場合は上りの方が便利だったりする。

愛鷹PA[編集]

  1. 東名ハイウェイバスの一部便がトイレ休憩をする。
  2. 上り線に「あったかちゃん」というマスコットキャラクターがいる。
    • 一方下り線には「たかぼー」というこれまた別のマスコットキャラクターがいる。一富士二鷹三茄子からヒントを得たらしく、頭が富士山・胴体がナスの鷹。

富士川SA[編集]

  1. 上り線はGSが入ってすぐのところにある。油断していると通り過ぎる。
    • 本線に出るのもちょい複雑。その名の通りすぐ東側に富士川があるせいだろうか。
      • なんであんな河岸の断崖の真上に作ろうと思ったんだかな。
      • 富士川と支流の合流点というクリティカルな立地で、上り線施設と本線の間にその支流が流れている。まあ由比PAもそうだけど、富士-清水間は本当に平地がないからなあ……
    • なお東側にある商業施設、実は道の駅。
    • 給油所を利用する際には一度、入ってSAに入らないと利用できなくなる。
  2. 「ふじがわ」じゃなくて「ふじかわ」である。
    • 一応川の名前もそうなっている。
  3. かつては上下線集約エリアで、独特の形状のレストランや地下にあるトイレなどが特徴的だった。
    • スマートインター入口レーンは上下線集約時代の上り線ランプを再利用している。
  4. 富士川トンネルの工事で出た貫通石が置いてある。が、富士川トンネルは新東名のトンネル。
  5. 上り線に観覧車ができた。
    • 夜は愛鷹PA過ぎた位で光が見える。
  6. ただでさえ複雑な構造の上にスマートICまで造ってしまった。

由比PA[編集]

  1. 下り線は駐車場と自販機しかないPA。
    • 太平洋が眺められる展望台が設置してある。
    • あまりに海に近すぎて建物を作るスペースが無かったため。そのぶん太平洋がよく見える。
    • 初日の出を見るには絶好の場所だが、車が殺到することを見越して正月は本線の路肩共々封鎖
  2. 上り線はちょっとした売店とレストランがある。
    • 場所柄、桜エビとしらすのメニューが多く、一つの売りになっているので侮れない。
    • が、こちらも狭いスペースである事に変わりはないので、駐車場の配置が首都高っぽい。
  3. 冬→寒い雨→誰もいないと利用時間が限られる。
  4. その昔、バスストップがあったが、下り線はバスを降りてから一キロ位高速沿いに波打ち際を歩かねばならなかった。冬や荒天時は辛かったであろう・・・。

日本平PA[編集]

  1. 上り線は2階建ての休憩所。
    • SAと殆ど同じ規模。
  2. 下り線は食堂とミニストップがある。
  3. 以前はレストランのピクトサインが有った。
  4. 海老名SAで人気の海老名メロンパンが何故かここでも買える。

日本坂PA[編集]

  1. 日本平に比べてトラック野郎向けに特化されている。
  2. 以前はかなり狭かったが、トンネル改修による移転に伴い広くなった。
    • 昔は日本坂トンネルのすぐ西にあった。そのため上り線は利用すると強制的に左ルートを使うことになった。
  3. まぐろ(と思われる魚)のオブジェが目印。

牧之原SA[編集]

  1. 駐車場がとにかく大きい。
    • 東名高速道路全般の噂でも言及されているように、SAとPAが併設されているような状態だとか。
      • 上りの場合、早い話が本線から入ると手前に「牧之原PA」、その先に「牧之原SA」があると考えれば良い。
    • 下り線の予告標識には「P」のピクトサインがない。駐車はできませんってか(嘘)
  2. 周りにあるのは茶畑ばかり。
  3. 下り線は急勾配を上り詰めた所にある。その辺は談合坂に雰囲気が似ている。

小笠PA[編集]

  1. 上下線、どちらも食べ放題のメニューあり。
  2. 某番組の調査で東京~鹿児島間(東名・名神・中国道・山陽道・関門橋・九州道)の有人SA/PAで唯一ソフトクリームを売っていない所ということが判明した。

遠州豊田PA[編集]

  1. 売店以外にファミリーマート等が併設されている休憩所。
  2. この先にサンドラに人気ある浜名湖SAが近い為か、トラック野郎はここで休憩する。
    • 新東名が開通するまでは高速バスやツアーバスの溜まり場でもあった。
  3. 上り線施設のすぐ横にららぽーとがある。
    • 正直歩いて行けそうだができないらしい。
  4. 河岸段丘の段上に位置する。

三方原PA[編集]

  1. 規模は小規模だが、上りはサークルKがある。
    • 下りはデイリーヤマザキから普通の売店と軽食に代わった。

浜名湖SA[編集]

  1. 名前を決して裏切らない立地。
    • 遊覧船まで発着している。
  2. うなぎパイの種類が豊富。
    • 無印ではない一風変わった種類まであるので面白い。
  3. レストランは近鉄が運営している。
    • 売店では駅貼り時刻表や方向表示幕などの近鉄グッズを売っている。
  4. フードコートではうな重が人気。
  5. 上下線共に同じ店舗である。

駿河湾沼津SA[編集]

  1. その名の通り、駿河湾と沼津市街が一望できる。
    • 下りのテラスからの眺めが特に良い。
    • 上りは展望台からの眺めがとりわけ良い。
    • 山間に立地するのが基本の新東名のSAPAだが、ここだけは格別。
      • 「新東名で唯一のオーシャンビュー」をウリにしている模様。
  2. 下の斜面を東名高速道路が走っているはずだが、掘割となっている為か確認は難しい。
  3. しかし駐車場が非常に狭いので混雑時はエリア内を何十周しても駐車スペースが空かないこともザラ。
    • その為、駐車場の拡大工事が行われている模様。
  4. ドライバーズスポットがなかなかの穴場。休日のちょうどお昼時でもガラガラな上、おいしい静岡おでんが食べられる。
  5. ここ最近じゃ食べ放題のイメージが強いニラックスが上りのフードコートの運営元だったりする。
  6. 駐車場が足りないせいか、駐車場拡張工事が行われている。

清水PA[編集]

  • 新東名高速道路 静岡市清水区
  1. 上下線集約エリアだが規模は大きく、新東名のPAでは珍しくNEOPASAの愛称がある。
    • 他は全てSAのみに付けられている。
    • 但し、ドライバーズスポットはない。
  2. 「くるまライフ、コミュニティーパーク」がコンセプト。施設外観は車のガレージをイメージしているそう。
    • 車やバイクの展示も行っている。
    • 特にバイクに特化しているようで、バイク用品の店が出店しているほか、レンタルバイクコーナーもあった。
    • バイク用品店は浜松の会社。浜松SAがピアノ推しなので、バイク要素は清水に持ってきた、のか?
  3. ドンキが高速道路初進出。あくまでも実験店舗だが、ウケが良ければ拡大しそう
  4. 高速道路にここまで必要なのかという店舗があるように感じるのは自分だけだろうか?

静岡SA[編集]

  1. 上り線は高速道路で休むにはお勧めできるが、下り線はあまりお勧めできない。
    • 下り線は、併設されているSICから静岡市街地に出れる利点だけある。
      • 下り線は上り線側にあり、そこから本線に合流するまで距離が長い為…。
  2. 新東名静岡県内の休憩所全般に言えるが、静岡おでんが販売されている。
  3. 上り線はスーパーエコ・エリアらしい。今後は小中学生の社会見学などにも活用する予定だとか。

藤枝PA[編集]

  1. 下り線側では静岡初出店のラーメン屋が営業している。
    • ラーメン屋の一角に突如キッズコーナーが出現する。確かに他はファミリーマートしかないからここにしか作りようがないけど。
  2. エリア内に藤棚がある。4月下旬~5月上旬くらいが見ごろ。
  3. 上り線の外観が宿場町風。
    • お座敷を使う事で一休みする事が出来る。但し、電源コードがない点は注意が必要。

掛川PA[編集]

  1. 上下線ともドライバーズスポットがあり、天神屋のおでんを買うならここがお勧め。
    • 上りは更にデイリーヤマザキがある。
  2. 深夜の休憩はここがお勧め。
  3. 実はここにもお座敷的な休憩所がある。
  4. 下りは藤枝PAと造りが似ているが、売店・フードコートともこちらの方が充実している。

遠州森町PA[編集]

  1. 下りは売店と食堂の他にデイリーヤマザキがある。
  2. 高速バスがよく休憩している。
  3. 明治時代のレトロな丸型ポストが置いてある。実際に手紙を出すこともできる。
  4. 一応、天竜浜名湖鉄道円田駅から割と近い場所に位置している。

浜松SA[編集]

  1. 見れば分かるが、ピアノ。
    • 「ミュージックスポット」なるものまである。
      • ヤマハ社・ローランド社のピアノやドラムがズラリと並べられており、実際に弾くことができる。
      • 外にスピーカーが付いていて、ピアノ弾いてたら;大音量で外に流れる。
  2. 「浜松ストレート」で有名。
  3. 下り線に庭園のようなものがある。

岐阜[編集]

神坂PA[編集]

  1. 中山道馬籠宿に最寄りのPA
    • 馬篭バス停が当PA内にある。
    • 下り線施設の外観もなんとなく馬籠宿っぽい。
  2. 下り線は左カーブ途中に入口があって構造上危険らしい。
  3. 恵那山トンネルの西側だけど昭和中期までは信濃国・(筑摩県)・長野県だった場所にある。

恵那峡SA[編集]

  1. 名前詐欺のいい例。眼下に広がるのは住宅街。
  2. 地元民的には地元唯一のスタバがある場所。(一般道から駐車して立ち入り可)
  3. 屋外売店で売られている焼き鳥がうまい。
  4. 一応、御嶽が最も近くで見えるSAである。
  5. 下りは、コードがあるのでパソコンやスマホの充電にお勧め。
  6. ここで売られてる栗きんとんは坂本の「美濃屋」製。

屏風山PA[編集]

  1. 名前は『びょうぶうさん』と読む。
    • びょうぶざん(Byoubuzan)ですが?
  2. 上りと下りで規模が異なり上りの方が大きい。
    • 上りはミニストップ等が完備されている。

虎渓山PA[編集]

  1. 上り線のみの変則PA。
    • まぁ下り線になくても内津PAがあるから困らない。
      • 内津峠PAでしょ、
  2. 高速道路1,000km開通碑が建っている。
  3. 売店はさほど広くはないが、GSがある。
    • というか売店狭すぎな気が。
  4. 上りの給油所はここより内津峠PAにあった方が良いのでは?
    • 狭くてPA出口側に設置できないここより、比較的広く出口側に設置できる内津峠PAの方が便利なのかも…。

川島PA[編集]

  1. 下り線はセガが運営するオアシスパークがある。
    • 上りはトイレだけだが、下りの施設に行くことは可能。
    • 淡水魚水族館や観覧車などいろいろある。
    • 更に下りにはファミリーマートがある。イートインコーナーも完備。
  2. 上りも何かの施設があれば関SAと分散させる事が出来るのになぁと思っていたりする。
    • 因みに上りはこの先に一宮木曽川ICがあるのでそういう意味でも必要かなと思う。

関SA[編集]

  • 東海北陸自動車道 関市
  1. 上り線のみの変則SA。
    • 対になる下りのSAは長良川SA。
  2. 関市郊外の住宅地の中といった所にあり、関駅からも歩いて行けなくもない。
    • 「ぷらっとパーク」として一般道側の利用にも開放されており、立地の良さから一般道側の駐車場に停めて利用する人も多い。
    • ただ、土手の斜面のような所を無理やり?駐車場にしたため狭苦しく駐車しにくそう。
  3. 美濃を名乗る街よりも更に南(飛騨国は遥か北)なのに、フードコードが「飛騨牛カレーパン」「高山ラーメン」などやたら飛騨推しである。
    • お土産コーナーも関のものと飛騨地方のものでほぼ埋め尽くされている。
  4. 高速関バスストップが併設されている。
    • こちらも長らく上り線のみの変則BSだったが、後から下り線にBSだけ新設されて上下そろった。
  5. ミニストップがある。
    • ご当地ドリンク等は全部ミニストップ内のドリンクコーナーにある。お土産コーナーには無い。
  6. 給油所は以前はキグナス石油だった。
    • 現在はENEOS。
  7. 関は刃物の街、ということで12種ほどの爪切りを試すことのできるコーナーがある。

長良川SA[編集]

  • 東海北陸自動車道 関市
  1. 下り線のみの変則SA。
    • 対になる上りのSAは関SA。
      • 内装は関SAとおおよそ似た感じ。
  2. 何て大雑把なネーミング、と思ってしまうが、SAの敷地の西端から細い道を挟んだ先はすぐ長良川の本流だから、まあ許せるか...?
  3. かつてはこちらにも下り線のみの変則的なバスストップがあったが、関が上下そろったんでBSイラネ、になって今は使われていない。

古城山PA[編集]

  1. 瓢ヶ岳PAの対となる休憩所だが、瓢ヶ岳とは対照的にトイレのみ。
    • 名前は違えど両方山から名前がとられている。ただ古城山はPAすぐ南のトンネルで通るのに対して瓢ヶ岳はかなり遠い。
  2. 本線上の案内標識がかなりミニサイズ。

瓢ヶ岳PA[編集]

  1. 第三セクターの会社が運営しているPA。
  2. 郡上市の観光案内板に加えて何故か福井県の観光案内板も置いてある。
    • 福井県に近いというわけでもなく、中部縦貫道との分岐前最後のPAというわけでもなく理由は謎。
    • 次の下り線休憩所であるぎふ大和PAがトイレのみだし、白鳥ICを降りて西へ行けば福井に近いのが理由かも。
  3. フードコーナーの水はその辺りの湧き水(を殺菌したもの)。
  4. 独自の記念スタンプがある。ほかの所よりサイズが大きめ。
  5. 読みは"ふくべがたけ"。

ぎふ大和PA[編集]

  • 東海北陸自動車道 郡上市
  1. 上り線は第三セクターの会社が運営しているPA。
    • 下り線はトイレのみ。
    • そんなわけでか売店の開店時間が他のSA/PAよりも遅め。
  2. 収容台数は多い。
  3. ICとPAを併用することは出来ない。

ひるがの高原SA[編集]

  • 東海北陸自動車道 郡上市
  1. 観光目的で東海北陸道を使うなら、まずここに寄るはず。
    • 周りにまともな休憩所が少ないので必然的に入ることになる。
      • 休憩所の混雑状況を案内する電光掲示板で、周辺のPAは「空有」なのにひるがの高原SAだけ「混雑」になっていることがよくある。
      • 本線がガラガラなのにSAの流入路は渋滞している、ということも。
      • 関越赤城高原と状況が似ている。
      • 富山方面はここを過ぎると給油所がないので必然的による事になる。
    • それもあって、スナックが豊富。飛騨牛とか五平餅とか。
      • ソフトクリームが冬の午前中でも売れていることにビビることまちがいなし。一番人気も納得。
  2. この名前になったのは、絶対「牧歌の里」のせいだと思う。
  3. とんがり屋根のサークルKがある。
    • 上り線にはファミリーマートがある。
    • とんがり屋根のコンビニがサークルKという時点でどういうことになるかはお察しの通り
  4. 下り線に小高い丘があり、周りの山々を見渡せる。
  5. サービスエリアを名乗っているが開業当初は無人だった。
  6. 上り線は「クックラひるがの」がある。SAから徒歩で利用可能。
  7. GSが追加設置される前の標識は他では見られない独特のピクトサインが使われていた。

松ノ木峠PA[編集]

  1. 日本一標高の高いところにあるPA。
    • 高速道路の標高最高地点のほぼ真横につくるとは…
    • 敷地内に「日本で一番空に近いPA」の案内板がある。
  2. 施設自体はトイレしか無い。
    • 但し、飛騨清見ICで降りる際には最後の休憩所のせいか、駐車台数は多くある。

飛騨河合PA[編集]

  1. トンネルとトンネルの間に挟まれた秘境PA。圏央八王子JCTみたく、トンネル内で分合流あり。
  2. 上り線側はトンネル出口の脇の方に施設があるため、流入路が急カーブになっている。
  3. PAから富山方向には東海北陸道で最も長い飛騨トンネルがある。

飛騨白川PA[編集]

  1. 上りは冬の時以外には簡易売店が土休日運営している。
  2. ここからぎふ大和PAまでは4文字以上のSA/PAが5つも続く。
    • 3文字以上にハードルを下げれば下り線は7つも続く(長良川SA~飛騨白川PA)。東海北陸道のSA/PA名は総じて長い。

羽島PA[編集]

名神高速道路 羽島市

  1. 新幹線を眺めるには最適なPA。
  2. 施設自体はトイレのみだが、昔の高速道路らしい風格を感じる。
    • 雰囲気的に都市高速のPAの様な感じ。
  3. 下り線のみのPAだが、上り線にも仮設トイレが置かれている。
    • 上り線も一宮JCT付近の渋滞を考えるとあった方が良いかと思ったりする。

養老SA[編集]

  1. 利用者は多いが、テコ入れがあまりされていない印象。
  2. 飛騨牛を使った名物がやたら多いが、完全に便乗商法。
    • 関ヶ原の歴史グッズはわかるけど。
  3. 県内で唯一、伊勢の赤福餅が売っている。
  4. ここから名古屋方面は平野が続き、京都方面は山道に入る。

上石津PA[編集]

  1. 名神の迷パーキングエリアその1。
    • 事実上「上石津チェーン装着場」であり、普通のPAとしての設備すらなかった。
  2. 跡地が地味。通過していると管理施設との区別がつかない。

美濃加茂SA[編集]

  1. 上下線とも利用可能な休憩所で環状道事実上唯一の有人休憩所。
  2. 他には鞍ヶ池PAの内回りにサークルKがあるが、NEXCO運営外。
  3. 少々、和風な三セク運営。
  4. ハイウェイオアシスを通じて日本昭和村に行ける。

愛知[編集]

新城PA[編集]

  1. 下り線はファミリーマートにうどん屋さんがあるだけ。
  2. 上り線はサガミというチェーン店が運営しているらしい。
    • 2018年に撤退してデイリーヤマザキになりました。

豊橋PA[編集]

  1. 豊橋料金所の生まれ変わりで、現状では下りのみ。
  2. 早い話、トラックドライバーが寝るためだけに作られたPA

赤塚PA[編集]

  1. 上り線の方が明らかに規模がでかい。
    • 吉野屋・ローソンなどは上り線のみにある。
  2. 下りは新東名の影響をまともに受けてしまって営業終了。
    • 新東名開業の影響もあると思うが、本当の理由は1969年の開業当時からそのままだったと思われるトイレの建て替え。

美合PA[編集]

  1. 赤塚とは逆に下りの方がでかい。
    • マクドナルド・ローソンなどがある。
    • 収容台数でいえば2倍以上の差。

上郷SA[編集]

  1. 伊勢湾岸道の開通で利用者が減った休憩所。
  2. 下り線はかつてはカレーパンが名物だった。
    • 更に給油所はかつては上りはコスモ石油、下りはキグナス石油だった。
      • 現在は上下線ともENEOS。
  3. 歩道橋を使って上下線の行き来が可能。駐車場を横断しないといけないが…
  4. 上り線のトリックアートが見もの。
  5. 上下線ともぷらっとパークが完備されている。ここから愛知環状鉄道永覚駅は比較的近くにあるので、永覚駅から名古屋方面(下り線)のぷらっとパークまで歩いて行けます。
    • 更に歩道橋を利用すれば名古屋方面と東京方面の施設の往来が可能になるのでどちらでも利用できる。
    • 但し、永覚駅は東口しかない為、西口が開設しないと便利とは言いがたい。
  6. かつてスマートインターチェンジがあった。
  7. 所在地は豊田市上郷町ではない。豊田市に合併する前の碧海郡上郷町に由来。
  8. 上下線ともタリーズコーヒーがある。高速はスタバが主流なので割とレア。
  9. 読みは「かみごう」。「かみさと」ではない。

東郷PA[編集]

  • 東名高速道路 日進市
  1. 東京方面や新東名高速からだと名古屋ICに出るまでの最後の休憩所。
  2. ハイウェイオアシスではないが愛知池や愛知牧場に歩いて行く事が可能。
  3. 名前からして東郷と書かれているので東側にありそうだが、上郷SAより西側にある。
    • 因みに中郷SAからだとうんと西にある。
  4. 上り線は以前はドトールコーヒーがあった。が、エリアガイドの扱いは地味な方だった。

守山PA[編集]

  1. 名古屋市にある唯一のPAということもあってか、いわゆる「名古屋めし」のほとんどが味わえる。
    • きしめんと味噌カツ丼をセットにした「名古屋名物セット」なんてものも。
  2. お隣春日井市はサボテンの生産が盛ん、ということでサボテンアイスなるアイスクリームが販売されている。
  3. スマートインターがある。名古屋ICより春日井ICのほうが近い。
  4. 下り線は東名最後の休憩所。次の尾張一宮PAは既に名神に入っている。

尾張一宮PA[編集]

  1. 2000年代に作られた休憩所。
    • その時に下りはサンクス、上りはケンタッキーが作られた。
      • 現在は上りはファミリーマートになっている。
      • 下りは2015年にサークルKに転換している…が、いずれ下りもファミマになるのは間違いない。
        • 案の定2017年に転換された。
    • 先に上り線が開業し(1999年)、後から下り線が開業(2001年)。
    • ここが開業するまで、売店のあるSAPAは養老~守山間に存在しなかった。なかなかの暴挙だと思う。
  2. ここが出来るまで愛知県にはハロースクエアの休憩所が存在しなかったらしい。
  3. SA・PAで初めてコンビニが出店したのはここの下り。(当時のエリアガイドに「高速初のコンビニ」と書かれていた)

長篠設楽原PA[編集]

  1. どう見ても、合戦。
    • 命名の経緯的に「長篠」は後付け。きっと企画会議中に「合戦ネタ」が思いついたんでしょうね。
      • 仮称は「設楽原PA」だった。
    • だからと言って上下線にも勝者と敗者を設定しなくてもいいから。
      • 下り…織田側。売店も幾つかあり、食堂も広い。刀の展示など。
        • 信長の陣地跡にも行ける。
        • 下り線で展示されている槍は買うこともできる。67000円もするけど買う人いるんだろうか…?
      • 上り…武田側。売店はコンビニを基本にお土産少し。食堂は狭い。
        • ファミリーマートなんだけど品揃えが少ない。普通のPAといった感じ。
          • しかも、下り線側に施設がある。
    • 下り側はラーメンも織田と武田に別れている。どっちも注文可。
  2. 展望台の形がどう見ても物見櫓。高所恐怖症にとっては怖すぎ。
  3. ここに限らず、新東名のSAPAはほぼすべての売店でEdy以外の電子マネーやクレジットカードなどが使えるので、陸マイラーはお忘れなく。
    • 差し詰めトヨタファイナンスが織田側。
  4. 下り線では長篠合戦関連の資料が販売されている。歴史好きなら、見ておくとよいかも。
    • 更に下り線では長篠合戦か関連の資料も展示されている。
      • 加えて下りPAから隣接する織田信長本陣跡に徒歩で移動可能。

岡崎SA[編集]

  • 新東名高速道路 岡崎市
コノハズク
  1. 名古屋東海地方の名物が勢ぞろい。
    • 勢ぞろい過ぎて、愛知県民が行き帰りで使うにはセブンイレブンくらいしかないというのが。せめて直営のお土産売り場くらいもう少し広く作ろうよ。
      • というか、テナント以外のスペースって…あるの?
    • 矢場とんは…多分高速道路初進出。
  2. 刈谷や上郷からの近さを考えると、もう少し東に作った方が良いと思う。
    • 大まかに言って刈谷まで20km、上郷まで10km、浜松まで60km。岡崎東ICのあたりにあればちょうどいい計算か。
  3. 上りと下りで建物の表情が違う。行き来は簡単なのでご覧になってちょうだい。
    • というか、周りにICもSAPAもロクにないというのに上下線集約とか…。繁忙期の昼食時とか考えるだけで恐ろしい。
  4. やはり、と言っていいのかトイレで困ることはなさそう。あの量はすごい。
  5. トイレの入り口の自動ドアの四角形をよーく見ると…。
  6. 2階建てであり、1階は店舗、2階はルーフガーデンになっている。
  7. この区間が開通するまで、東京方面からやってきて伊勢湾岸経由で東名阪に抜けると愛知県内にSAがなかった(静岡の浜松SAか浜名湖SAの次が三重の御在所SA)。もっとも、「SAがないのはおかしい」ではなくて「刈谷がPAを名乗っているのはおかしい」というだけの話である。

刈谷PA[編集]

  1. もはやパーキングエリアではない。
    • 観覧車があるパーキングエリアとは。
    • 正直名古屋近郊なら、ここだけでも目的地になる。
      • 名産品を集めた売店がちょっとしたスーパーマーケット状態。道の駅でもあそこまではない。
        • 「えびせんべいの里」はおススメ。
    • 遊園地に分類されるらしい。
      • 日本で3番目だとか。
        • 観覧車に乗らなくても、土産を買えば「刈谷ハイウェイオアシス遊園地に入場した」ことになるらしい。年間入場者数はTDRUSJに次いで3番目だが、TDRをランドとシーに分けると4位。
      • PA部分に観覧車以外遊園地の要素はないが、それに付随する公園(岩ヶ池公園)に金をとる遊園地の遊具があって遊園地の分類はこれもある。
    • しかし深夜帯はサークルKとGS以外閉鎖、というのがパーキングエリアらしさか。
  2. 阪神ファンの聖地…かも。
    • 上り線の売店には、ドラゴンズのグッズが売られているらしい。
  3. デラックストイレで名高いが、本当にデラックスなのは女子トイレのみ。男子トイレは外から丸見え。
  4. 上りは名鉄、下りは近鉄が運営している。
    • ただし、施設全体運営は刈谷市などが主体の3セクになる。というのも、観覧車横にあるオアシス館刈谷が自治体のPRコーナー化としているからである。
    • 観覧車の運営は、観覧車製造の泉陽興業がしていたりする。
  5. なかなかファミリーマートにならない。
    • 2018年のファミマ鞍替え政策に伴って、ようやくファミマ化された。
  6. 京都本店で愛知にも出店している「ラーメン横綱」がここにも「刈谷オアシス店」として出店している。
    • 何気に上り線には知立駅でお馴染みの藤田屋のあんまきもあります。
  7. 一般道からの利用が非常に多く、混雑が激しい。
  8. 名古屋市営地下鉄桜通線がここまで延伸する計画がある。
  9. スマートインターチェンジが併設されるらしい。

内津峠PA[編集]

  1. 下り線ではスマホやパソコンの充電が出来る。
    • 逆に上り線は古めの休憩所。
  2. 下り線の給油所はかつてはキグナス石油だった。
    • 現在は出光。
  3. 虎渓山PA上りにある給油所はここに移転した方が利用しやすくなるがどうだろうか?

阿久比PA[編集]

  1. セントレアへ行く際の最後の休憩所。
  2. 海産物系のお土産が目立つ。
  3. 以前行った際はご当地キャラ「知多娘。」がPRされていた。

鞍ヶ池PA[編集]

  1. 実は内回りだけだが、サークルKが存在している。
    • だが高速道路情報誌などからは軒並み無視されている。
      • 新東名の愛知区間開通した影響で増えているから売店などがあれば助かる気がする。
    • NEXCO系列の管轄ではないから、らしい。
  2. ハイウェイオアシスが併設されているが、外回りだとスマートICを経由しなければならない。
    • だから、余計に売店などが必要なんだよな…。

せと赤津PA[編集]

  • 東海環状自動車道 瀬戸市
  1. ICと併設されているが、ICからPAへの流入も、PAからICへの流出も利用できない。
  2. ここの新東名愛知区間が開通して利用者が増加したからそろそろ売店があっても良いでは?

三重[編集]

湾岸長島PA[編集]

  1. ナガシマスパーランドを尻目に。
    • 夜景が綺麗なのは、これのおかげか。
  2. 長島ICがあった元々あった影響で、パーキングエリアもこんな名前に。
    • 入り方をうっかり間違えると、インターを降りてしまうので注意。
  3. 名港トリトンの広報施設があり、橋脚ファン必見。
    • 小中学生 (?) が作った工作はなかなかのもの。
    • 少し年月が経っているので、ぼやけて見えない写真があったりするのが難点。
  4. 足湯がある。記憶違いかもしれないけど、昔はちゃんとしたお風呂だったけど改修してこうなった、はず。
  5. ガソリンスタンドこそないものの、規模はサービスエリア並みらしい。

鈴鹿PA[編集]

  • 新名神高速道路 鈴鹿市
  1. 鈴鹿市に所在するPAだが、市街地からは明らかに遠い。
    • 市街地からだとここより御在所SAや亀山PAの方が近い。
      • スマートIC併設だが、言うまでも無く鈴鹿ICの方が近い。
  2. F1車が設置されている。
  3. 高速道路では珍しくプロントが入居している。
  4. ここのドライバーズスポットは何故か、岡崎SAと同じくセブンイレブン。

大山田PA[編集]

  1. 伊勢湾岸方面と間違えて慌てているドライバーが行き着く先。
    • 元に戻る方法が貼られたポスターがあちらこちらに。
  2. 上り線ではその先の名古屋高速・名二環に休憩所がないため、ここまでには休憩しておくことが望ましい。

御在所SA[編集]

  1. 三重県一番のサービスエリア。
    • 一時期は亀山に負けていたと感じる時代もあったが、リニューアルで名実共にサービスエリアらしくなった。
    • EXPASA第一号である。
  2. 給油所はかつては高速道路側にあったが、現在はどちらも出口側に設置されている。(ブランドはそのまま。)
  3. 上り線だけ赤福のお店があって赤福氷やぜんざいという期間限定商品も食べられる。下りは伊勢行く人だろうということからお店がない。

亀山PA[編集]

  1. 上りはSA並みだが、下りは普通のPA。
    • 一応ハイウェイオアシスだが、地元での存在感の薄さは鞍ヶ池といい勝負。
  2. 名物に亀山茶ソフトクリームがあるのだが、普通の抹茶ソフトとの違いがよくわからない。
  3. 名古屋名物と大阪名物が共存している不思議な光景を目撃できる。
    • 確かうなぎパイも売っていたような…。
    • 大阪みやげはおそらくここが最東端。
      • いや、隣の御在所も同様なのでこっちが最東端。
  4. 名阪国道方面と伊勢道方面を間違えないように、という看板が掲示されているが、コラが非常に雑。
    • しかもその看板には最近まで堂々と「日本道路公団」が残されていた(現在はマスキング済)。

安濃SA[編集]

  1. 飲食店の驚異の麺率の高さ。
    • 伊勢に近いだけあって、おかげ横丁風。
  2. 東名阪の他の施設と比べたら地味。リニューアルも積極的にはされていない。

嬉野PA[編集]

  1. 伊勢神宮に向かう最後の有人休憩所。
    • この先の多気PAはトイレのみ。
    • 一方、紀勢自動車道は奥伊勢PAが有人である。

奥伊勢PA[編集]

  1. 紀勢自動車道にある小さな休憩所だが、売店は完備。

関連項目[編集]


 0  高速道路・都市高速 ∞km
-1  IC・JCT ○km
北海道 東北 関東(埼玉千葉神奈川) 甲信越・北陸 東海 近畿 中国 四国 九州
-2  SA・PA !km
北海道 東北 関東 甲信越・北陸 東海 近畿 中国 四国 九州
 関連項目 ?km
ハイウェイラジオ ETC 高速隊 料金収受員



関連記事