行きたくない国の法則

人気の噂
スポンサーリンク


行きたくない国の法則

政治・宗教編集

  1. 社会主義国で一党独裁だ。
    • 首都に独裁者の肖像画が掲げてある。
      • 法律により、全国の学校や公共施設にも掲揚が義務づけられている。
    • 独裁者に対する不敬罪のようなものがある。その国では常に緊張しないといけない。
  2. 自分の住んでいる国と国交が無い。
    • 但し、台湾を除く。
    • 国交はあるが…反日国だ。
    • 反米国にも行きたくない。
      • 要するに、特定の国(特に民主主義国家)を敵視することを国策としている国は(その国出身でなくても)やはり心地のいい国とはいえないのだろう。
  3. 人種差別が激しい。
    • 白人以外ホテルに入れない、レストランに入れない、国に入れない。
    • 日本人は名誉白人扱いでなんとか生活可能。
  4. 旅行者もその国の宗教に従わなければならない。
  5. 自国の大使館が設置されていない。万が一の時は悲惨なことに。
  6. 海外安全ホームページで「退避勧告」が発令されている。
  7. 国家レベルで反日教育が進んでいる。
    • 日本語を喋っているだけで白い目で見られる。最悪殴られたり物を投げつけられる。
  8. 渡航先の国民にさえ、自国が嫌われている。
  9. 特定の政府、与党、政治家をちょっと批判する(「○○の馬鹿」など)だけで投獄される。
    • ただし、野党を除く。

治安・衛生編集

  1. 治安が世界最悪。
  2. 得体の知れない病気が流行している。
  3. 死刑執行数が多い。
    • 賄賂絡みとかの下らない罪で。
    • 自国語以外の言葉を発した途端即座に警官に取り囲まれ路上法廷が開かれ即死刑。
    • 自国民以外の外国人を殺害しても死刑にならない。
      • まあ死刑廃止国は全てそうだけど。
    • 命を奪わない犯罪や、過失犯でも死刑になる。
  4. AIDSなど伝染病が流行。
    • 赤痢やコレラも流行。
    • しかも、病院や治療薬が普及していない。
  5. 飢餓がひどい。
  6. 現地の警察が無能。
    • 警察官に賄賂を渡しても、もらうだけもらって便宜を図ってくれない。
      • それでも、自分の行為を見逃してもらえればまだまし。
  7. 銃の国には絶対行きたくない。
    • 銃の国ならそこ以外も多々あるけどな
      • スイスやドイツとかどうするんだ?
  8. 警察に限らず、公務員が総じて無能。
    • 汚職だけでなく、職権濫用も横行している。
    • 陸路で入国する時、賄賂を要求してくる。
    • お役所がお役所仕事をしていない。
  9. 致死率の高い感染症にかかるリスクが高い
  10. 上下水が整備されておらず水が汚染されているので、まともにきれいな水が飲めない。流通が悪いので、ミネラルウォーターすら手に入らない。
  11. 強盗に遭遇する確率が高い。
    • むしろ強盗に遭遇した時、怖いものが強盗そのもの以外だ。
      • 強盗におとなしく金品を奪われるのならば被害はその金品だけだが、ヘタに返り討ちしたらその時は何も奪われずにしても、後から「その手」のうるさい人たちがあーだこーだ寄ってたかってきて社会的に葬られるなど、より多くの被害を受ける。

その他編集

  1. 旅行者も地元と同じ格好をしなくてはいけない。
  2. 行っても自由行動がほとんどできない。
    • 「○○記念堂」のような、国の指導者を称える施設を延々見せられる。
  3. マスゴミ共が一生懸命煽ってる国。韓国とか。
    • 君がマスコミ嫌いなだけだろそれ・・・
    • フランスのこと?
    • 戦後一貫して「マスゴミ共が一生懸命煽」り続けた国は、他でもないアメリカでしょう。
  4. 公共交通が壊滅に近い国。移動するのに一苦労・・・・・・。
  5. ハワイとかグアムとかせっかく海外にいっても日本に毛が生えたような感じで血が騒がないからつまらなそう。
  6. 英会話が通用しない。
    • 他の外国語を学ばない自分が悪い、といえばそれまでだが。
    • 逆に、その国の国民が日本に来ても、頑なに英語しか使おうとしない。
      • 実のところ英語圏のほとんどがこれに該当するような気がする。
    • いや、フランスは行きたいだろ
    • ある意味日本もそうかもしれない。
      • 逆に英語圏に行きなくないんだけど。par 生まれてから一度も米国に行ったことがない輩
  7. 自分の大好きなアレが、なんとその国では法律で禁止されている。
  8. あくまでここのタイトルは「行きたくない国」だが、そのうち「行かせたくない国」に、こじらせると「関わりたくない国」「許せない国」になってしまう。
  9. 自国から航空便を何本も乗り継がないといけない。
  10. 食事が昆虫食オンリー。
  11. 国名(正式名称、通称問わず)に方角が付く国は、不安定か独裁的で観光に適さない国が多い気がする。
  12. フィクションにおいて実名で登場することは皆無に近い。
  13. 観光客としてお客様扱いされず、自分の食料や寝床は自分で調達するしかない。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク


↑トップへ戻るホーム