「近鉄の車両/形式別」を編集中

移動先: 案内検索

警告: ログインしていません。編集を行うと、あなたの IP アドレスが公開されます。ログインまたはアカウントを作成すれば、あなたの編集はその利用者名とともに表示されるほか、その他の利点もあります。

この編集を取り消せます。 下記の差分を確認して、本当に取り消していいか検証してください。よろしければ変更を保存して取り消しを完了してください。
最新版 編集中の文章
138行目: 138行目:
 
#当初は奈良線に配置されていたが現在は名古屋線に移籍している。
 
#当初は奈良線に配置されていたが現在は名古屋線に移籍している。
 
#1200系の奈良線版。
 
#1200系の奈良線版。
 +
#*違いは車体幅と連結器の高さ。
 +
#*登場時の連結器の高さは800mmだったが、1233系投入に伴い、大阪・名古屋線標準の連結器高さ880mmに揃えられた。
 
#性能は1200系と同一だが制御装置のメーカーが異なる。(1200系:三菱製 9000系:日立製)
 
#性能は1200系と同一だが制御装置のメーカーが異なる。(1200系:三菱製 9000系:日立製)
  
161行目: 163行目:
 
#**ダイヤが大幅に乱れると、大阪線4連運用の関係で、たまに名古屋線にやってくる事もある
 
#**ダイヤが大幅に乱れると、大阪線4連運用の関係で、たまに名古屋線にやってくる事もある
 
#2050系の奈良線版。
 
#2050系の奈良線版。
 +
#*違いは車体幅と連結器の高さ。
 +
#*登場時の連結器の高さは800mmだったが、1233系投入に伴い、大阪・名古屋線標準の連結器高さ880mmに揃えられた。
 
#性能は2050系と同一だが制御装置のメーカーが異なる。(2050系:三菱製 9200系:日立製)
 
#性能は2050系と同一だが制御装置のメーカーが異なる。(2050系:三菱製 9200系:日立製)
  
363行目: 367行目:
 
#奈良線系統では最初の20m級の大型車両。
 
#奈良線系統では最初の20m級の大型車両。
 
#*車体幅に関しては大阪・名古屋線用車両よりも広くなり、以後これが奈良線の標準となった。他路線がこの車体幅になるのは1980年代のVVVF車の時代になってから。
 
#*車体幅に関しては大阪・名古屋線用車両よりも広くなり、以後これが奈良線の標準となった。他路線がこの車体幅になるのは1980年代のVVVF車の時代になってから。
 +
#*8000系列もそうだが、広い車体幅に対して連結器の高さは大阪・名古屋線用車両に比べて低かった。
 +
#*登場時の連結器の高さは800mmだったが、1233系投入に伴い、大阪・名古屋線標準の連結器高さ880mmに揃えられた。
 
#登場当初は生駒トンネルの改良が完了していなかったため、瓢箪山以西の平坦線で運用されていた。
 
#登場当初は生駒トンネルの改良が完了していなかったため、瓢箪山以西の平坦線で運用されていた。
 
#同時期製造の1480・1600系が非冷房で廃車されたのとは対照的に、1980年代後半になって冷房改造と車体更新が行われた。
 
#同時期製造の1480・1600系が非冷房で廃車されたのとは対照的に、1980年代後半になって冷房改造と車体更新が行われた。

■投稿する前に以下を確認してください■

  • 他の方の投稿を削除または改変、あるいは他の方の文章の上に自分の投稿を割り込ませないでください!
  • あなたの文章が他人によって自由に編集、配布されることを望まない場合は、投稿を控えてください。
  • あなたの投稿する文章はあなた自身によって書かれたものであるか、パブリック・ドメインかそれに類する自由なリソースからの複製であることを約束してください(詳細はChakuwiki:著作権を参照)。あなたが著作権を保持していない作品を許諾なしに投稿してはいけません!

このページを編集するには、下記の確認用の質問に回答してください (詳細):

取り消し | 編集の仕方 (新しいウィンドウで開きます)

このページで使用されているテンプレート:




関連記事