新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

離婚してしまう夫婦の法則

提供: chakuwiki
2020年8月13日 (木) 17:36時点におけるAzu (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

一般編[編集]

  1. 夫が仕事の虫で家族を一切省みない。
    • またはDV常習者。
      • ついには妻に対する殺人未遂罪で逮捕される。
    • または極度のマザコン。母親のロボット状態。
    • またはディープなオタク。
      • 実はOTAKUと腐女子は上手くいきそうでNG。おそらく同属嫌悪。
    • またはヘビーギャンブラー。
    • または不倫常習者。
      • ただし芸能人の場合には当てはまらない。むしろ夫婦共々互いに不倫をしていたりする。
        • 大抵、不倫された側に対し、した側は首根っこを押さえられ、夫婦関係というより王様と奴隷の関係で再構築される。
        • 不倫は文化。
        • 浮気はバラエティー番組用のトークネタ。
    • または自分の趣味ばっかやっている。
  2. 妻は育児はおろか、家事一般ができない。
    • ひとまず家事は置いといて、DINKSならまだ大丈夫なんだが。
    • キッチンドランカー。
    • そして夫も家事を自分でする気がない。
    • 家事を一切しないのに専業主婦だ。
  3. お互い自分の子どもを可愛がることができない。
    • お互いの両親のおかげで、辛うじて児童虐待を回避している状態。
    • それ以前に二人とも育児よりも子供そのものが苦手。
  4. 別居状態が1年以上続いている。
  5. 超潔癖男と超ぐうたら女の夫婦。
    • 逆もあり。
      • 鬼嫁とダメ夫。
        • 片方がもう片方にやたらと厳しい。
        • 「いい家庭を築くには夫が妻の尻に敷かれる方が妻に頼られてるので無難」という考え方もあるが、一方的過ぎる場合はもちろんNGである。
        • 片方が片方をバカにしている。しかも子供の前でもお構いなし。
  6. どちらかの精神状態が×××になっている。
  7. 結婚しても独身時代の生活パターンや生活習慣を捨てられない。
    • 子どもが2人以上いるのに、いまだに2ドアクーペが愛車。
  8. 勢いに任せて結婚してしまった。
    • 知り合って1週間後には婚約。
    • こういう夫婦に限って、倦怠期が来るのが早い。
  9. 喧嘩がなさ過ぎる。
    • 不満を溜め込んでいつか爆発する。
  10. 妻が相変わらず忙しい。
  11. 親兄弟が離婚経験あり。
    • 別れたければ別れればいいと、相談相手が離婚をタブー視していないからだろうか。
      • その親兄弟の影響を受ける。
      • 結婚する前も含め、そういう身内の影響で結婚に対する夢や希望がなくなる。
      • 人を見る目のなさが親から遺伝してしまう。
      • 相談相手が相談相手なので再婚を考えづらい。
  12. お金があるから。
    • 養育費月額60万円など、簡単に払えてしまう。
    • 金持ちの結婚の理由は、離婚する時の慰謝料とか。
  13. 結婚前にちやほやされすぎて、その感覚から抜け出せない妻。
  14. 「性格の不一致」を理由にあげることが多いが、真の理由は「格」ではなく「生活」。
    • あるいは×××の不一致だ。
  15. どちらか一方が新興宗教にはまってしまう。
    • 過激派に感化される。
    • 訳の分からない怪しげな発明に走る。
  16. どちらも気が強くて、譲り合うことをしない。
  17. 結婚前に本当の自分の趣味や性格を隠し続けていた。
  18. どちらかが離婚経験あり。
  19. 歳が離れすぎ。
    • 例としては、夫の歳が妻の親と同世代。
      • 逆も然り。
      • そうでないとしても遺産目当てと噂される。
  20. 相手は子連れで高齢。結婚後は子づくりはしないと宣言される。当然連れ子の面倒はみなければならない。
    • そして連れ子を虐待。
    • その連れ子に、新しい親として認めてもらえない。
      • というか嫌われている。
  21. 喧嘩しすぎ。
    • 酷い場合、子供の居る前で普通に喧嘩している。
      • そのうち子供に呆れられる。
        • とうとう、子供にまで「別れたら」と言われてしまう。
    • 完全な喧嘩じゃなくても、言い争いそのものが多い。
      • 常に一触即発。
    • ちょっとしたことで言い争いが始まる。
    • 片方のことでイライラして、子供に八つ当たりしてしまう。
      • その逆もあり。
  22. お互い相手に飽きてしまった。
    • 倦怠期に入るのが早い。
      • 新婚時代の“ラブラブな状態”が終わるのが早い。
    • 既出の「勢い任せで結婚」も意外と冷めやすい。
  23. 10代の時に結婚した。
    • 結婚直前に駆け落ちしていた。
    • できちゃった結婚で、妊娠と同時に高校を中退。
      • できちゃった結婚で、寿退職した。
        • 20代以上も含め、でき婚で周りからの驚きや白眼視が大きい。
    • でき婚の夫婦に限って、後にシングルマザーになる人が多い。
      • これまた母親が母親なら娘も娘と、遺伝しやすい。
      • でき婚に限らず、勢い任せに×××をするだけして夫が子供や子育てには無責任だったりする。
  24. 夫が仕事ばかりして、妻や子供を寂しがらせている。
    • 転勤になると、単身赴任する。
    • 夫の定年退職を機に妻が離婚を宣言。
  25. 妻が子供のことに夢中になりすぎて、夫が呆れている。
  26. 姑が18782
    • 夫も姑の操り人形。「ボクちんのママに何するんだお」
    • 夫方の親族による介入が異常。
      • 妻方の場合も然り。
  27. 浪費が過ぎる
  28. 意味を失った偽装結婚または政略結婚。
  29. 我が子を亡くしたことが原因で夫婦関係が一変。
    • 責任を夫婦間で擦り付け合う。
    • あるいは我が子が何らかの病気を患った。
      • 特に先天性の病気の場合。
      • 最悪の場合、離婚の際親権を押し付け合う。
  30. 海外へのハネムーンで相手のとんでもない一面が発覚。
    • この場合は妻側から別れを切り出すケースが多い。
  31. 義理と人情を秤にかけた結果義理を貫くため妻と縁を切る羽目になった。
  32. カルチャーギャップが激しすぎる。
    • それ以前に意思疎通にすら支障がある。
  33. 片方だけが宗教、民族、信条などが原因で迫害対象にされる。
  34. 明らかに金目当て。
    • 財産だけが取り柄の×××と美人妻の夫婦。
      • こういう夫婦に限って子供は父親似になったりする。

芸能人編[編集]

  1. 10代または20代前半で結婚。別れる理由が「夫婦生活にすれ違いが生じたから」
    • きっかけは些細な夫婦喧嘩だったりする。そしてそのまま別居へ。
    • しかも「できちゃった婚」のカップルに多い。
      • ×××は大好きだが、子育てが大の苦手。
        • 酷い場合、子供そのものが苦手。
  2. 結婚式がテレビ中継されるほど派手だった。
    • 司会はT光K夫。
    • そして離婚後もネタにされる。
      • 再婚したとしてもやはりネタにされる。
  3. それぞれの仕事量にギャップがありすぎる。
    • あるいは両者とも別々の仕事で忙しすぎて、プライベートの時間が持てずにすれ違いまくり。
    • 妻は誰もが知っている有名芸能人。それに対し夫が全くと言っていい程無名(逆の場合はそうでもないような・・・)。
      • 大半の視聴者は結婚または熱愛報道で初めて夫の名前を聞いた。
  4. お互いに結婚前から多数の異性との交際が噂されていた。
  5. 「のび太としずか」ではなく、「のび太とジャイアン」のような関係。仕事量やギャラに差がつきすぎた故に、家の中でも上下関係ができていた。
    • 典型的な格差婚。
    • 男>女の場合はそうでもないが、男<女の場合に離婚しやすいような気がする。
      • 嫁が結婚後も積極的に男漁りに勤しんでいる。
    • 夫が若手芸人(芸能関係だと大抵どの職業よりも安月給なので格差ができやすい)。
  6. 妻が昼ドラで主演。
    • 妻が×××に手を出した。
  7. 結婚する直前まで公共の電波で見せつける熱愛ぶりは異常なほどだった。
    • 相手について語る際には変わった表現を使っていた。
      • しかしある日を境にお互いに相手について語らなくなった。
  8. 見ていて鬱陶しくなるまでの鬼嫁。
    • 鬼嫁に尻に敷かれる気弱な旦那の構図の方が、なんやかんやいって長続きしているように思える。
      • 万が一、浮気でもしようものなら公衆の電波を使って反省を促させられる。
  9. 夫はプロ野球選手。妻はアイドル。
    • 夫がスポーツ選手なのに、妻は家事洗濯食事などサポートの類を一切しない。
      • 「あげまん妻」ではなく「さげまん妻」になってしまう。
    • 例外もいるのはいるが、彼らが良過ぎてハードルが高くなる。
  10. そもそも、「二人とも芸能人である」という時点ですぐ離婚してしまうことが多い気がする。特に最近は。
  11. 夫よりも妻の方が学歴が良すぎる。夫婦生活でも会話がかみ合わない。
    • 夫がスポーツ選手で、学生時代も勉強を疎かにして高校卒業を機にプロに入ったため、基礎学力が低い。
    • 妻はミス〇〇にも選ばれた学部卒の才女で、事務所にスカウトされて芸能界入り。
  12. どちらかが異性絡みで芸能界引退レベルの不祥事を起こす。
  13. 妻は結婚と同時に引退または表舞台から姿を消していたが、ある日突然芸能界に戻ってきた。
  14. とうとう子供が芸能界デビューしてしまった
    • 特にどちらかが子供の芸能界入りに反対していた場合は尚更危険。

関連項目[編集]




関連記事