Chakuwiki:チャクウィキについて

提供: chakuwiki
2018年5月26日 (土) 23:27時点における" (トーク | 投稿記録)による版 (チャクウィキとは)

移動先: 案内検索

チャクウィキとは

基本コンセプト:ネットワークにエンタメを。現代人の乾いた心に潤いを。
原則1:くだらない事。あるいはバカバカしい事。
原則2:ウソやネタでなく、あらゆるモノに対して各自が持つ思い込みを共有する事。
チャクウィキは、元々「バカが参考文献などを使わず、日本地図を書いたらどうなるか」というコンセプトのバカ日本地図から始まり、さらに日本各地についての思い込みをテーマとしたご当地の噂や、各種の単語やことわざに関する勘違いを集めたバカ日本語辞典など、主として「事実でなく、個人の主観」をテーマとし「各自の持つ視点の違い」を共有し、その違いをお互いに笑いあったり、驚いたり、楽しんだりすることを目標として発展してきた経緯があります。
その後、さらなるバカの思い込みを集めるべく、マーフィーの法則に似たバカの法則や、あらゆる分野でのバカが考えるベタな展開を集めたベタの法則などが作成され、これらのプロジェクトは今でも続いています。
最近ではさらに「常に争いが絶えない某百科事典では怖くて書けない」というバカのために、「出典をやたら求める某百科事典と異なり、出典の記載を求めない(※名前未定)も扱っています。
要するに「楽しければなんでも来い」というのが現在のチャクウィキです。ただし誰かが不快になったり、ごく一部の人にしかわからないものは「誰もが素直に楽しめない」ため避けてください。例えば次のようなものは歓迎されません。
ブラックユーモア
露骨な皮肉
ごく一部の人にしかわからない内輪ネタ
例:「○○小学校にはゴリラというあだ名の先生がいる」はNG。
ただし「△△会社には、こういうルールがある」といったものは、その会社の人でなくても「へえ~」と楽しめるので可。
事件・事故や災害を面白おかしく書くこと(単なる事実の記載は可)

※その他管理者が不適切と判断したもの

ウィキペディアとの違いについて

最大の違い:ウィキペディアは百科事典、チャクウィキは思い込みや脳内知識を共有する場所
ウィキペディアはあくまで事実を追求する場ですが、チャクウィキは事実かどうかは問題ではなく、あくまで投稿者自身の主観や知識を優先します。そのため、チャクウィキでは出典は必要でなく、事実かどうかも問いません。
最近になって「百科事典はじめました」と宣言されました。これはウィキペディアと重なる部分もありますが、こちらは事実優先であるものの、出典は不要です(必要に応じて出典の記載も可)。ルールの緩いウィキペディアと考えると良いでしょう。

アンサイクロペディアとの違いについて

最大の違い:アンサイクロペディアはウソ(ネタ)優先、チャクウィキは一応事実優先
アンサイクロペディアでは事実をそのまま書くことはほとんどなく、ウソやネタで成り立っています。チャクウィキは事実かどうかは関係なくその人が大真面目にそう思っている事を書くのでその点が異なります。
またアンサイクロペディアではブラックジョークや、個人・団体の皮肉や風刺を扱ったネタも多いですが、チャクウィキではそういった記事は「(主に書かれた当事者が)素直に楽しめない」ため、歓迎されません。

ルールについて

チャクウィキも不特定多数の人が出入りするコミュニティである以上、コンセプト以外にもルールが存在します。これらはウィキペディアなどと違い、ゆるく運用されます。また例えルールになくても、社会的に最低限のマナーは守ってください。

管理者について

チャクウィキでは管理者を置いています。チャクウィキの管理者の役割は、主としてガイド役であり、決して特権階級ではありません。管理者は特別:最近の更新で太字になっていますので、見かけたら気軽に声をかけてください。

管理者の役割についてはChakuwiki:管理者の責任と役割(※名前は仮)をご覧ください。

投稿ブロックについて

Chakuwiki:投稿ブロックの方針

禁止事項

チャクウィキでは、次のような行為を禁止しています

編集関係

  • 特定の企業、団体、個人などの批判やプロパガンダ - どうせ書くなら、書かれた当事者が思わず笑ってしまう位バカバカしくしましょう(それはそれで高度な文章力が必要なので、バカにはお勧めしません)。
  • 他人の投稿の無分別な書き換え、無断削除、他人の投稿の強い否定
  • 割り込み投稿
  • 編集などの強要行為 - 編集に締め切りなどありません。
  • 著作権侵害差別的内容など法律に抵触する行為。
    • チャクウィキでは明確なライセンスを指定していません。
    • ただし著作権法上で認められている「文章の引用」は可能です。
    • 画像は基本的にパブリックドメインのものか、自作の写真・絵に限ります。また画像に「引用」の概念はありません。特にご注意ください。

コミュニティ関係

  • 結論の出ない議論や言い争い。
  • サイトの楽しい雰囲気やゆるい空気を壊す言動
    • 例:サイトや特定利用者に対する不満を、「独り言」として自分の利用者ページに書いたとしても、書いた時点で「出版」とみなされこの行為に該当します。

その他




関連記事